アメリカ

日本経済

欧州

2019年5月6日

【三橋貴明】ネーデルラント連邦共和国の勝利

From三橋貴明

【今週のNewsピックアップ】
神話の国を未来に引き継ぐ(令和ピボットへの道 その8)
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12457832300.html
歴史をつむぐ(令和ピボットへの道 最終回)
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12458103425.html

ビジネス社「米中覇権戦争 残酷な未来透視図」は
「覇権」がテーマです。
https://amzn.to/2UEWkYK

過去の覇権国は「二系統」あった。
アメリカ型覇権国と、ロシア型覇権国。

なぜ、「アメリカ」型とロシア「型」と
表現しているのかと言えば、トクヴィルの有名な予言、
『アメリカ人は自然がおいた障害と闘い、ロシア人は人間と戦う。

一方は荒野と野蛮に挑み、
他方はあらゆる武器を備えた文明と争う。

それゆえ、アメリカ人の征服は農夫の鋤でなされ、
ロシア人は兵士の剣で行われる。(中略)

両者の出発点は異なり、たどる道筋も分かれる。
にもかかわらず、どちらも神の隠された計画に召されて、
いつの日か世界の半分の運命を手中に収めることになるように思われる。
(1835年刊行「アメリカのデモクラシー」)』
に由来しています。

トクヴィルは、アメリカとロシアが
それぞれ覇権国になる(冷戦期に現実になった)ことを予言しましたが、
実は過去の覇権国はそれ以前から「二系統」存在しました。

〇アメリカ型覇権国:ネーデルラント連邦共和国、連合王国、アメリカ合衆国
〇ロシア型覇権国:大モンゴル帝国、ロシア帝国、ソ連邦、大清帝国

興味深いことに、上記は梅棹忠雄の
文明の生態史観(第一地域と第二地域)、
マキンダーの地政学(シーパワーとランドパワー)に、
見事に対応しています。

ところで、アメリカ型のシーパワーのはずが、
ランドパワーのロシア型領域帝国を拡大したのが
スペイン王国になります。

スペイン王国は第零次グローバリズム
(いわゆる「大航海時代」)の口火を切ったシーパワーですが、
アメリカ大陸で残虐な征服戦争を展開し、
ランドパワーを兼ねました。

興味深いことに、上記の国々「全て」と
衝突あるいは戦争を繰り広げた国が
世界に一カ国だけあります。すなわち、我が国です。

元寇、スペインの侵略撃退、日清戦争、日露戦争、そして大東亜戦争です。

さて、トクヴィルの言う通り、
ロシア人は「人間」と戦い続けました。
具体的には、大軍を持って他国を侵略し、
自らの帝国を拡大していくのです。

必然、ロシア型覇権国は
「多民族」「多言語」「多宗教」となります。
複雑な構成の帝国を、たった一人の男(皇帝)が支配するのです。
ロシア型覇権国の権力の源泉は、圧倒的に「軍事力」です。

それに対し、アメリカ型覇権国は
「生産性向上により供給能力(=経済力)を圧倒的に高める」
ことで覇権国となります。(※スペイン除く)

アメリカ型覇権国の特色は、
「ナショナリズム」「統一言語」「人手不足」「生産性向上」の四つです。

別に「同一民族」である必要はありませんが、
統一言語でなければなりません。

19世紀のアメリカは移民を入れたにも関わらず、
超絶的な人手不足が続きました。
アメリカの人件費は、常に欧州の三割増しだったのです。

健全なナショナリズムの下、同じ言葉を話し、
コミュニケーション上の障壁がない国民が、
人手不足解消のための生産性向上
(厳密には「投資」)により、覇権国へと成長する。
ネーデルラント連邦共和国も、連合王国も、
アメリカ合衆国も、全て同じルートを辿りました。

それでは、スペインは?
スペイン王国は、アメリカ大陸を支配し、
原住民や黒人奴隷を酷使し、「銀」「金」を採掘。
イベリア半島へと輸送しました。

金属主義が基本の中世欧州で、
国内に運び込まれる「金銀の量が膨大」だったスペインは、
それが故に繁栄し、そしてそれが故に衰退しました。

スペインから覇権を奪い取ったのは、
元々はスペイン王国の被支配国であった
ネーデルラント連邦共和国(オランダ)でした。

ネーデルラント連邦共和国は、なぜ覇権国に成長したのか。
国内に金銀がなかったためなのです。

この辺りは、国家の経済を考える上で、極めて重要です。
我々が「MMT(現代貨幣理論)」にこだわる理由とも、
思いきり関係しています。

というわけで、経世史論「歴史時事」の第六回は、
「ネーデルラント連邦共和国の勝利」を予定しています。

【経世史論~「正しい祖国の歴史」を学び、「現代」を読み解く~】
http://keiseiron-kenkyujo.jp/apply/
※5月15日(水)までに新規お申込み頂いたお客様に、
三橋貴明:著「99%の日本人が知らない明治維新の大嘘」の
サイン本をプレゼント致します。
(送料も不要です。また、サイン本にはお名前が入ります)

是非、ご入会下さいませ。

関連記事

アメリカ

日本経済

欧州

【三橋貴明】経世済民の国家

アメリカ

日本経済

欧州

【三橋貴明】マクロン大統領の「民主主義」

アメリカ

日本経済

欧州

【三橋貴明】EUの罪

アメリカ

日本経済

欧州

【青木泰樹】レームダックTPP

アメリカ

日本経済

欧州

【三橋貴明】厳冬期を迎える北海道にて

【三橋貴明】ネーデルラント連邦共和国の勝利への3件のコメント

  1. ぬこ より

    アホくさ
    そろそろ西洋知識人の詐欺師の様な連中からの引用を止めては?
    アメリカだって有色人種を玩具の様に殺戮してるでしょ?
    何が自然の脅威との戦いだって話。
    自分を正当化する事だけは長けてるのが欧米人。

    故西部ススムもそこが分かって無かった。
    彼等は日本人を妙に見下す様な事を言いますが、知り合いの英国人曰く、そうした日本人こそが一番見下されてるみたいやね(笑)

    奴らにとっては学問も政治プロパみたいなもんらしいね。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. 大日本共産党 より

    それよりも、この貨幣を作り中央銀行のシステムを構築した一族の暴露本をお願いします。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. たかゆき より

    歴史と法則

    それは そもそも 後付け論 かと、、

    後付け論で 未来を予測できる 
    訳がない 

    初期条件が たとえ一緒でも
    時間の経過で 歴史の結果が同じになるはずもなし

    所詮 歴史は 「物語」
    事実に対する 憶測 推測
    現実に対する ケイザイガクの 姿勢と一緒

    MMT と 歴史を 絡めるのは 危険では。。

    ちなみに MMTが 今の日本において
    大正解という説には 
    これっぽっちも 異論は ございません ♪

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

まだデータがありません。

まだデータがありません。

最新記事

  1. 日本経済

    【室伏謙一】足して合わせれば良くなるという考え方が日本...

  2. 日本経済

    【三橋貴明】豊かで安全な国家を取り戻すために

  3. 日本経済

    【三橋貴明】我々はなぜ銀行預金を貨幣と認識するのか?

  4. 政治

    【施 光恒】「英語入試改革」で教育現場は大混乱

  5. 政治

    日本経済

    【藤井聡】『ホントに国土は強靱化できるのか』・・・につ...

  6. 日本経済

    【三橋貴明】国民を豊かにする令和の政策大転換

  7. 日本経済

    【三橋貴明】現代貨幣理論が日本を救う

  8. 日本経済

    【saya】クールジャパン は 狂うジャパン

  9. 政治

    日本経済

    【小浜逸郎】横浜IR誘致に反対すべき本当の理由

  10. 日本経済

    【室伏謙一】足して合わせれば良くなるという考え方が日本...

MORE

タグクラウド