政治

日本経済

2021年10月22日

【小浜逸郎】ポリコレ神経症からもっと自由に

From 小浜逸郎@評論家

世はポリコレブームです。
差別とは言えないような事象に対しても、やたら「サベツ」というレッテルを貼ることで、人を貶める行為が流行しています。

この風潮の中では、「差別の多くは無意識に行なわれる」という考え方がよく唱えられています。
「足を踏まれた者の痛みは踏んだ者にはわからない」という古くからの言葉もあります。

これらは、被差別意識を持つ者からの告発の一種の決まり文句です。
こうした言葉が出されると、言われた方はたいてい萎縮してしまいます。

しかし最近では、むしろ、ポリコレを唱道している勢力は、現に差別を受けている人々自身であるよりも、これらの言葉を受け取った「優位者」の側、たとえばアメリカの白人インテリなどであるケースが多く見られます。

要するにポリコレを普遍的な「正義」と見なす人々ですが、ここには自虐的な心理が働いています。

たとえば、「VOGUE」2021年6月1日のウェブサイトに、「無意識に誰かを傷つけないために」という記事が載っています。この記事から抜粋しましょう。

《アメリカでは人種差別に対する抗議が再燃している。差別に関する認識が広まってきた今、注目を集めている言葉が「マイクロアグレッション」だ。

対話が生まれ、1970年代に精神医学者のチェスター・ピアスが最初に提唱した概念で、のちにコロンビア大学心理学および教育学教授のデラルド・ウィン・スーが「無意識の行動や言動に何気なく表れる、人種やジェンダー、性的指向など歴史的に疎外されてきたグループに対する差別や偏見」と定義した。

(中略)ケビン・ナダル教授によると、マイクロアグレッションを発する側は無自覚なケースがほとんどだという。

たとえば、「英語がうまいね」と、アジア系アメリカ人をアメリカ人ではないと思い込んだり、黒人男性がエレベーターに乗ってきたときにバッグをしっかり持ち直すなど、黒人男性を「脅威」と見なしたり。

LGBTQの人に対する「ゲイっぽい」といったコメントも同様だ。(中略)
マイクロアグレッションを経験するのは、有色人種や社会的少数者だけとは限らない。

「白人男性の異性愛者は、それらの人々に比べると遭遇する回数は少ないが、誰にでも起こり得る」のだとナダル教授は言う。

そしてマイクロアグレッションを受けた場合は、何気なく発せられた言葉を意識化させ、発言者に何が問題なのかを気づかせるべきだと続ける。

上司や同僚に指摘するのは容易ではないかもしれない。だが、人々が気づきを得て、認識を深めることこそが結果的に抑止につながるのだ。》

神経質きわまるというべきです。
アジア系アメリカ人を、その容貌からアジア人だと思い込んだのなら、「英語がうまいね」は、なんら無意識の差別ではないはずです。

黒人男性がエレベーターに乗り込んできた時に思わずバッグをしっかり持ち直すのは、必ずしも偏見とは言えません。

黒人男性が起こす犯罪が実際に多いという社会的な現実が背景にあるからです。
また、黒人でなくても、マッチョで荒々しい雰囲気の屈強そうな男がエレベーターに乗り込んできたら、他に客がいない場合、女性なら本能的に身を固くするでしょう。

それはごく自然な振る舞いです。
だから、黒人が乗り込んできたというのでバッグを握りしめたのではないかもしれません。

そこに差別感情を読み込むのは、深読みのしすぎです。
「ゲイっぽい」の原語はわかりませんが、日本語では少なくとも「ゲイ」は差別語ではありません。

おそらくこの場合も、うちとけた場面でおおらかに言われたので、相手も気にしていないはずです。

このナダル教授という人は、「マイクロアグレッション」なる固定概念を利用して、どんな人にも、どんなところにもこれが起こりうると断定しています。

このような概念の固定化(名詞化)は、そういうものが麻薬や銃器と同じように実在するという効果を生み出します。

そして相手がそれを「持っている」と感じたら、いちいち気づかせて、それを捨てるように態度を改めさせるというのです。

こんなことを四六時中やっていたら、円滑に運んでいた人間関係は確実に壊れるでしょう。
本人の精神衛生上もあまりよくありません。

ナダル教授は、「反差別」イデオロギーに金縛りになっているのです。
さすがは、精神分析が大流行した国です。精神分析では、些細な言動にいちいち「無意識の意図」を読もうとしますから。

心や言葉の動きは状況に応じてじつに多様で流動的、また場面に応じていろいろな気分のもとに発せられます。

ある気分のコンテキストのなかでひょいとある言葉や態度を示したからと言って、それが差別主義者である証拠にはなりません。

受け取る方も、それをいちいち差別だなどと受け取らないかもしれません。

だから次の機会には、マイクロアグレッションだなどという指摘など受けなくても、当の相手と友好的になり得るのです。

それに相手の性格も思想も知的水準もさまざまです。個人的なやりとりの中で、こんな方法をとるのは、差別を克服する方法としても得策ではありません。

もっともこの記事では、こういう考えに批判的な声があることも指摘されています。

《一方で、多くの人がマイクロアグレッションを指摘されると「繊細過ぎる」「冗談が通じない」と反発するのも事実だ。

著名人の差別的な言動が批判される度に、「騒ぎ過ぎだ」と反論する声も存在するし、そもそもマイクロアグレッションに批判的な研究者もいる。

カリフォルニア州立大学社会学教授のブラッドリー・キャンベルらは、マイクロアグレッションは被害者意識を助長させ、被害者・加害者という二者の対立を生み出すと評した。》

この通りだと思います。
もちろん、無意識の差別という現象はこの世に数多く見られます。そのことを否定しようとは思いません。

それは、差別というものが、集団によって培われるものであることからして不可避的なのです。
しかしこの社会は、個人間の陰口の空間から、政治家の公開演説の空間まで、じつに多様な場面で構成されています。

それらの多様性に対して、一律で同じ反差別摘発の原理を適用すべきでしょうか。

たとえば「きちがい」という言葉は、誰かひどい奴を陰でののしったり、夢中になりすぎている人を評したりする時にはよく使われますが、それを使う同じ人が、テレビカメラの前では使わないでしょう。

そういう使い分けのモードは、守られるべきであり、同時に許容されてしかるべきだと思います。

また、差別をなるべく無くそうと考えるのであれば、フロイトのように個人の「無意識」を洗い立てるのはまずい方法です。

そうではなくて、明確な差別的言動が行なわれている集団的状態をきちんと把握・確認した上で、その事実を公にしつつ、世論に訴えかけるべきなのです。

むろん、個人的関係でも、露骨な差別的言動を繰り返すような人格に対しては、タイミングをとらえて、はっきりと批判すべきですが。

【小浜逸郎からのお知らせ】

●新刊『人生のトリセツ』(徳間書店)好評発売中!
画像
https://qr.paps.jp/DwTa

●YouTube動画「いっちゃんねる」
第1回~第44回
https://www.youtube.com/channel/UCQ_9oNDbNEPYatn6IltaXEQ/videos

●「思想塾・日曜会」由紀草一・小浜逸郎主宰
https://kohamaitsuo.wixsite.com/mysite-3

●新刊『まだMMTを知らない貧困大国日本 新しい「学問のすゝめ」』(徳間書店)好評発売中。
画像
https://amzn.to/2vdCwBj

●『倫理の起源』(ポット出版)好評発売中。
画像
https://www.amazon.co.jp/dp/486642009X/

●『日本語は哲学する言語である』(徳間書店)好評発売中。
画像
http://amzn.asia/1Hzw5lL

●『福沢諭吉 しなやかな日本精神』(PHP新書)好評発売中。
画像
http://amzn.asia/dtn4VCr

●長編小説『ざわめきとささやき――2018年ふたりの秋』の連載がすでに完成しています。
社会批判小説ですがロマンスもありますよ。
https://ameblo.jp/comikot/

●ブログ「小浜逸郎・ことばの闘い」
https://blog.goo.ne.jp/kohamaitsuo

●ブログ「楽しい渇き」
https://ameblo.jp/comikot/

関連記事

政治

日本経済

【藤井聡】レイ教授、ミッチェル教授のMMTシンポジウムを、心から楽しみにしています。

政治

日本経済

【三橋貴明】「国の借金」という壁を壊すために

政治

日本経済

【平松禎史】霧につつまれたハリネズミのつぶやき:第十四話

政治

日本経済

【三橋貴明】議論の基本

政治

日本経済

【島倉原】やはり緊縮財政だった?アベノミクス

【小浜逸郎】ポリコレ神経症からもっと自由にへの5件のコメント

  1. この世は既にあの世 より

    ポリコレには基本沿った考え方は出来ませんね。ホモは気持ち悪いし、ホモはホモなのてホモと呼びます。自称ホモにホモと言って何か悪い。喧嘩したろか?ホモと呼んで欲しいからカミングアウトするんですよね?

    ホモの種類なんかどうでもいいです。

    同じ様に自称保守は馬鹿なので馬鹿、ゴミ、くそ、知恵遅れ、人間のクズと呼びます。だって自民党が保守だという根拠は何一つないので、例えばキチガイ水島とか、知恵遅れ上島とかでOKやと思います。

    国を売った安倍にはボンクラ、馬鹿、低脳児、嘘つき、売国奴でOKです。

    何か間違ってます?本当のことですよね?

    安倍信者はカルト、奇形児、ただの馬鹿、ボンクラ、迷惑だから今直ぐ死んだら?くらい言って構わない。

    人種差別はあまりありませんかね。技能実習生や移民を呼び込んだのは安倍であり、今の高齢者、財界などの日本人ですから批判すべきは日本人高齢者と自民党や安倍ですね。

    不細工は見た目、不細工だから不細工。

    デブはデブ、または豚。

    加齢臭やワキガは臭いので臭いから臭いと言われて当たり前。

    ハゲはハゲ。又は亀頭。本当のこと。授業中にハゲの先生が黒板に書いてる時に、日光を虫眼鏡で反射させ焦点合わせて焦がす対象。

    カツラはヅラ。

    不細工でダッチワイフに似てる女教師はダッチワイフ。通称「ダッチ」似てるんだから仕方ない。

    高齢者で聖子ちゃんカットの片山さつきはカメラを向けると目を見開きぶりっ子するから気味が悪い。気味が悪いし性格悪いから妖怪そのもの。妖怪に投票する連中は恐らく同類。妖怪を政治家にしている日本国民は馬鹿、愚民、キモい国民。

    言葉で「死ね、殺すぞ」は私は30代まで普通に社会下で使ってましたので私は変えません。

    プロ野球には乱闘、佐山聡道場で佐山聡は「殺すぞこの野郎」と言って塾生を木刀で殴る、蹴るですし、そこが基準ですね。戸塚ヨットスクールもありましたし、私は基準は変えません。

    煽り運転?ドラレコ必要無いし、キチガイが降りて来たら「動揺してブレーキとアクセル間違って轢き殺しちゃいました」でOK。

    キチガイに馬鹿正直に対応する必要無い。轢き殺す。

    それが売られた喧嘩に勝つということ。

    まあ、その人の基準ですよねぇ、罰則を重視するか、喧嘩に勝つ事を重視するか?私は後者。

    喧嘩する程度や基準にもよりますが。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

      1. 拓三 より

        己が出来ない事を妄想して、本音を代弁してるつもりのヘタレのポン中君w いつもナイスなコメント楽しんでいますw

        君みたいな経験の無い妄想だけで社会を分かったつもりになってる奴らが社会を壊してるんだね。インテリさんとか。

        ところで君の思想は維新と変わらないね。

        君は維新に投票すれば良いよ! 仲間が沢山待ってるよw

        返信

        コメントに返信する

        メールアドレスが公開されることはありません。
        * が付いている欄は必須項目です

  2. 日本晴れ より

    故西部邁先生が冗談でアメリカから日本に入って来る文化は
    どれも下らない物ばかりと言ってましたけど
    これもその一つですね。そもそもの話アメリカでは黒人が日本人を無差別に攻撃するという事件も起きてるし
    あんまりその一概に言えるもんじゃないなと思います
    一概に言えないって事は正しさもはっきりとは無いという事だと思います

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. この世は既にあの世 より

    物心付いた時からヒーローものがアニメやドラマにたくさんあったんですよ。

    尊敬する山本小鉄はホモが大嫌い。

    「僕はホモなんです」←だから?その先を言わないと要求が分かりませんよ。孤児をホモカップルが引き取るのは許されませんよ。釘を刺しとかないといけない。

    タイガーマスクは唯一無二の人。

    常にしなやかな蹴りなど相手に効く技を考えている。

    喧嘩よ、喧嘩、勇気、

    利権投げ出してより正義な桜井誠か山本太郎を選んでみろ。

    自民党に正義は無い。

    常識や良識が無い、自分さえ良ければいいと考えてるクズが自民党に投票する。

    大局を見て勇気ある人間は罪人や売国奴のそれを選ばない。自民が保守なんて普通の知能があればそう言えない。

    水島は下村博文と長尾を応援し、自民狂信者ぶりを発揮、やはりヤツは売国奴である。桜井誠の言う様に「水島は若い人間が大嫌い」なのである。

    だから徹底的に日本を破壊し、後世の生活を破壊し続ける。

    まだ政治に詳しくない老人など一般人ならそれも致し方なかろうが、水島のコイツは確信犯である。

    チャンネル桜はカルト集団ではないのか?

    便所論で必死に米国の属国がいいと叫びまくる。そりゃそうだ水島は「米国は中国と浮気をしている」と中国に嫉妬した過去があり「日本は米国の古女房なのであります」とも述べていた。

    田母神問題では西村眞悟氏や一部右翼界隈から批判の嵐であったが、こういう人間のクズを右翼そうがかりで潰すべき時が来たようだ。

    水島にぶら下がってる糞女共もいるやん、そいつらも馬鹿、要するに女には本質を見る目が無いことと、所詮女は金、男にぶら下がるしかないことの証明。

    チャンネル桜の女性陣に中身なんて無い。

    くにもり衆w

    飯盛衆w

    大義もヘチマも何も無い。安倍や自民党を全力で長年応援したテメェらが日本を叩き壊しといて馬鹿言ってんじゃねぇよ。

    親中派一掃だってw

    あのなあ、お前らみたいにビビりじゃねぇんだわな。悪いけど。安倍が親中派だよね?インバウンドは?安倍だよね?親中派の経団連は?自民党のスポンサーだよね?

    馬鹿じゃねぇの。

    ポリコレなんか糞喰らえ、

    SDGS?はあ?知らん。

    禁煙?知らん。

    暴対法?知らん。

    30年間売国の限りを尽くした一自民議員が正しいことを言っている?

    アホか、ボケが。

    「自民党に入れる僕ちんは常識、良識派」

    残念だが馬鹿確定やで。ミジンコ脳やで。選挙前だけ詐欺師や嘘つきが毎回いいこと言ってるだけで支持する理由無いやんけ。

    それくらいも解らない大人は幼児か馬鹿と鉄板確定。

    男なら仁義のきりあいよ、アホンダラ。

    “冷めた大人の常識が俺にささやく
    出過ぎないこと人に合わせること

    ガキの頃 憧れたヒーローどんなつらい時も
    立ち上がり最後には
    今でも正義が勝つと信じてる”

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  4. 大和魂 より

    あの~コメントされる皆さんには半藤一利や、その崇拝者のモップみたいに低次元の言論は謹んで貰いたいですね。

    要するに端的に表現すると先ず国内の混乱は歴史からの真実が歪曲されていまして、先の大戦の敗戦によってGHQの検閲により隠蔽され、葬り去られたわけで具体的に数々の重要文献や資料はことごとく彼らの都合のよいように意図的に焚書されのが実態なんですな!

    ちなみにですが春先頃に、東京都のトップである緑のタネキと関係ある中山泰秀が発言した、被害者面したサイモン何ちゃら集団ありましたよねアレも構造的には、慰安婦問題や拉致問題などと同じ紛れもない加害者側の住人なんだよな!!

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

最新記事

  1. 政治

    日本経済

    【施 光恒】法務大臣もかぶれている「グローバル化史観」...

  2. 政治

    日本経済

    【藤井聡】「岸田内閣の55.7兆円の経済対策」、前から...

  3. 政治

    日本経済

    【室伏謙一】立憲民主党代表選をどう考えるか?

  4. 日本経済

    【三橋貴明】自民党に財政政策検討本部が設置された

  5. 日本経済

    【三橋貴明】お金は使っても消えないという単純な事実

  6. 政治

    日本経済

    【藤井聡】『なぜ、日本人の9割は金持ちになれないのか』...

  7. 日本経済

    【三橋貴明】墓穴を掘った矢野康治・財務事務次官

  8. 日本経済

    【三橋貴明】縄文文明にはまっている

  9. コラム

    【竹村公太郎】日本の歴史が創った近代日本 ―不思議な京...

  10. 政治

    日本経済

    【藤井聡】岸田内閣「新しい資本主義」を巡る絶望的人事 ...

MORE

タグクラウド