日本経済

2020年4月12日

【三橋貴明】嘘だらけの緊急経済対策

From 三橋貴明

【近況】

4月6日に、
緊急経済対策「事業規模108兆円!」
という数字「のみ」がリリースされました。
各紙が一斉に報じ、違和感を覚えたわたくしは
「財政赤字」の数字を探します。

ところが、全ての新聞社が「事業規模」
のみしか数字を載せていなかったのです。

政府は財政赤字(新規国債発行)の額を
当初時点で隠蔽し、「事業規模」のみを拡散。
実際の経済対策の「小ささ」を隠蔽しようと
する意図があるのではないかと予想しました。

その通りでした。

事業規模108兆円とはいっても、
新規国債発行は16.8兆円のみ。
つまりは、16.8兆円の
財政赤字=民間黒字拡大に、

「税金や社会保障費の猶予(26兆円)」

「台風19号の普及事業(19.8兆円)」

など、新たなGDPにはならない施策、
以前から決定している予算などを全て突っ込み、
事業規模108兆円の数字を
でっち上げたのです。

正直、ここまでやるか・・・・、
という印象です。

しかも、
16.8兆円の新規国債発行の中身を見ると、

『Ⅲ.次の段階としての官⺠を挙げた
   経済活動の回復

1. 観光・運輸業、飲⾷業、イベント等に
 対する⽀援 【1兆6,794億円】
 • 観光・運輸業、飲⾷業、イベント・
 エンターテインメント事業等を対象に、
 感染症流⾏が収束した後の⼀定期間に限定して、
 官⺠⼀体型の消費喚起キャ ンペーンを実施。

2. 地域経済の活性化 【25億円】
 • 地域産品・サービスの磨き上げや、
 地域へのキャッシュレス導⼊等を⽀援』

と、新型コロナウイルス感染症の疫病が
「収束した後」の予算が約1.7兆円、
含まれているのです。

現時点で疫病に負け続けている日本政府が、
「勝利の後」の景気対策を予算化する。
率直にいって、「狂気」としか
表現のしようがありません。

しかも、16.8兆円の財政赤字
(新規国債発行)額を当初は隠蔽し、
「事業規模108兆円」のみで報じさせた
ということは、政府関係者は、

「16.8兆円では額が少なすぎ、
 国民の顰蹙を買う」

ことを理解していたことになります。
自分に「非がある」という意識がなければ、
隠蔽工作をする必要はありません。

長年、日本政府や財務省、御用学者たちの
財政破綻論と戦い続けてきたため、
彼らのプロパガンダは一発で分かるのですが、
国民の多くは騙されることでしょう。

以前から、

「このままでは財政破綻論の
 プロパガンダに日本国民が殺される」

と、主張し続けてきましたが、
まさに「その時」が訪れたのです。

さあ、どうしますか?

◆時局 2019年05月号に、連載
「三橋貴明の経世論 第38回
「令和恐慌」始まる」が掲載されました。
https://amzn.to/2JQhImR

◆週刊実話 連載
「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」
第365回 疫病恐慌曲線
なお、週刊実話の連載は、以下で
(二週遅れで)お読み頂くことが可能です。
http://wjn.jp/article/category/4/

◆メルマガ 週刊三橋貴明
Vol568 恐慌のメカニズム(中編)
http://www.mag2.com/m/P0007991.html
主流派経済学者がなぜ「恐慌」に対して
無力なのか。ミルトン・フリードマンの
「説」から、彼らの間違いの根幹を
明らかにします。

◆メディア出演

三橋TV 続々とアップされています。

三橋TV第219回
【パンデミックの向こう側
 希望ある世界に向けて足掻け!】
https://youtu.be/WehjKI3NdfA
三橋TV第220回
【疫病恐慌曲線 疫病と恐慌に立ち向かう
 たった一つの賢いやり方】
https://youtu.be/-PDUSuKfGZs
三橋TV第221回
【恐怖に怯える日本国民を利用し
 政治権力を高める】
https://youtu.be/WETl5m66Shk

新型コロナウイルス感染症パンデミック、
第二次世界恐慌を受けた特別動画を
配信しています。

偽りだらけの経済対策108兆円のカラクリ
|三橋貴明×藤井聡
https://youtu.be/Q8i6OgivRjM

4月10日(金) チャンネル桜
「Front Japan 桜」に出演しました。
【Front Japan 桜】呪うならば、政府を呪え!
/ ウイルスにゴマカシは効かない!
[桜R2/4/10] https://youtu.be/7HD7reNVcAM

◆三橋経済塾

4月18日(土)三橋経済塾第九期
第四回対面講義申込の受付を開始致しました。
https://members9.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=1032
第四回は場所は仙台、
ゲスト講師は室伏謙一先生です。

第四回は、塾生ではない皆様でも
ご参加頂けます。非塾生の皆様は、
以下からお申込み下さい。
https://ws.formzu.net/fgen/S55685186/

※ご入塾は以下から。
https://members9.mitsuhashi-keizaijuku.jp/

◆チャンネルAJER 
今週の更新はありません。

関連記事

日本経済

【三橋貴明】財政破綻論者を駆逐せよ(後編)

日本経済

【藤井聡】「小池知事・AI発言」の謎を解く ~「隠蔽」を「隠蔽」し続ける小池炎上劇場~

日本経済

【三橋貴明】「国の借金」プロパガンダを打破せよ!

日本経済

【三橋貴明】財政破綻論者を駆逐せよ(前編)

日本経済

[三橋実況中継]かつてのアテネのように

【三橋貴明】嘘だらけの緊急経済対策への2件のコメント

  1. 赤城 より

    >「このままでは財政破綻論の
     プロパガンダに日本国民が殺される」

    と、主張し続けてきましたが、
    まさに「その時」が訪れたのです。

    長らく嘘にまみれた悪政を放置してきたツケがとうとう現在の日本国民全員に回ってきた。言葉の通りの現実がこんなに早くに実現してしまった。しかも、多くの国民はその現実を政治家つまり自分たちのせいだとは思っていない。せいぜいが困窮した後で社会や政府を怨むだけだろう。

    本当の意味で国家国民を守護する国家の核たるエリートが組織が存在しない国の末路とはこういうものだと思ってしまう。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. たかゆき より

    『始末の極意』

    日本の末路

    落語の オチ そのままですね。。

    大店の旦那が 従業員を全員解雇

    女房も無駄と 離縁

    最大の無駄は 自分の存在 と 自覚し 

    自死

    あるいは

    溺れかけた男

    助けてくれるという 男と 値段の交渉

    交渉決裂して 

    溺死

    ちなみに コロナ収束後の

    極楽で使える チケットの 名称は

    Go to Travel Go to Eat とか、、、

    一期は夢よ ただ狂へ。。。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント



メルマガ会員登録はこちら

最新記事

  1. 日本経済

    【小浜逸郎】緊急事態宣言は不要だった

  2. 政治

    【藤井聡】「インターネットの力」で、政府支出が数十兆円...

  3. 政治

    【室伏謙一】国民を分断させるショックドクトリン -得を...

  4. 日本経済

    【三橋貴明】自己責任論と財政破綻論

  5. 日本経済

    【三橋貴明】貨幣と権利

  6. 日本経済

    【藤井聡】【正式の回答を要請します】わたしは、西浦・尾...

  7. 政治

    日本経済

    【三宅隆介】[特別寄稿]なぜ日本のメディアはPCR検査...

  8. 日本経済

    【三橋貴明】自民党の消滅(後編)

  9. 日本経済

    【三橋貴明】自民党の消滅(前編)

  10. 日本経済

    【小浜逸郎】コロナ騒ぎで頭の病が悪化したインテリ愚民(...

MORE

タグクラウド