政治

日本経済

2019年1月14日

【三橋貴明】政府の統計操作の三大手法

From 三橋貴明

【近況】

【今週のNewsピックアップ】
公共事業費の真実を知ってください
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12432157390.html
統計インチキは、国家の揺らぎである
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12432368284.html

政府の統計操作の手法は、
まあ色々とあるわけですが、
代表的なものをご紹介しておきましょう。
1) 完全捏造
2) 定義操作
3) サンプリング操作

まずは、1)の完全捏造ですが、例えば、

「中国の地方のGDPを合計すると、
中央の共産党政府が発表するGDPよりも大きくなる」
などが該当します。

要するに、完全に捏造であり、
恐らくは発表している本人
(上記の例でいえば中国共産党)ですら
正しいデータが分からないというケースです。

中国のGDPの場合、
まずは習近平の「毎年7%成長」
という予め決められた結論があり、
そこに持っていくために発表数字がいじられるわけです。

これは想像ですが、
各地方から上がってくる数字を見て、
「あ、これは経済の調子は悪くないな。
じゃあ、7.5%くらいで発表しとくか」

「ありゃりゃ、経済絶不調だな、
これは。ならば6.5%程度で」

と、共産党の指導者たちが
鉛筆なめなめ「調整」をしているのだと思います。

というわけで、中国のGDP成長率が
6.5%を切ることは絶対にありません。

世界が大恐慌に突入し、
支那大陸が失業者で溢れかえったとしても、
6.5%成長です。

次に、2)の定義操作。

代表的な例が、先日のエントリー
「公共事業費の真実を知ってください」で取り上げた、
社会資本特別会計の一般会計化です。

公共事業の一般会計に、
いきなり社会資本特別会計
(6千億円)が移ってきたため、
公共事業支出が大きく見えるというわけです。

とはいえ社会資本特別会計は、
元々特別会計として存在したわけで、
別に実質的に公共事業が増えたわけではありません。

あるいは、GDPの2008SNAへの変更。

技術投資等を
GDPとしてカウントするのは構いませんが、
ならば「名目GDP目標600兆円」も
変更しなければならないはずです。

SNA変更により、
名目GDPは約30兆円増加しました。

というわけで、GDP目標600兆円は
「630兆円」にしなければならないわけですが、
現実には据え置き。

「汚い・・・・」以外の感想を持つ人は、
極々少数派でしょう。

最後に、3)のサンプリング操作。

毎月勤労統計調査において、
賃金統計のサンプルを変更したにも関わらず、

「サンプル変更前」の事業所群と比較し、
対前年比%を発表している。

率直に言って「頭がおかしい」としか思えません。

さすがに批判が殺到し、厚生労働省は
変更前から存在した事業所群に限定した
「共通事業所」についての数字も公表するようになりました。

すると、毎月の賃金統計が
「共通事業所」限定よりも
高く出ている事実が明らかになりました。

数字をお化粧するために、
サンプルを変更したのでは?
という疑いをもたれて当然です。

もっとも、毎月勤労統計調査は、
従業員500人以上の企業について、

本来は全数調査のはずが、
東京都で3分の1しか調査していなかったという、
衝撃の事実が明らかになりました。

となると、
勤労統計を参照している
過去のGDP統計も、

04年以降は全て「間違い」
という話になってしまいます。

それどころか、
雇用保険や「予算」までもが、
間違った数字を前提に
支出されていたことになるのです。

ここまでくると、
もはや1)の完全捏造である
と認識しなければなりません。

三橋は祖国を悪く言うのは
非常に嫌なのですが、

我が国が「このレベル」にまで
落ちぶれてしまったという現実を、
まずは認めなければなりません。

その上で、祖国をどうしていくのか、
一人の主権者として考える必要があると思うのです。

◆一般参加可能な講演会のお知らせ。

経営塾 八鷲会 創立40周年記念講演会
https://www.facebook.com/events/535796403568985/
2019年1月26日(土) 14:00〜
八代ホワイトパレス〒866-0883 熊本県 八代市松江町290-1

◆時局2019年2月号 に連載
「三橋貴明の経世論 第23回
英国を勝利に導いた「財政革命」」が掲載されました。
https://amzn.to/2D5LPEr

◆週刊実話 連載
「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」

第303回 ヨーロッパの奇妙な死
なお、週刊実話の連載は、
以下で(二週遅れで)お読み頂くことが可能です。
http://wjn.jp/article/category/4/

◆メルマガ 週刊三橋貴明
Vol502 ソ連の”イズム”(後編)
http://www.mag2.com/m/P0007991.html

ソ連経済が1930年代になぜ急激に成長し、
第二次世界大戦後に急激に衰退したのか。真実を知ってください。

◆メディア出演

1月7日(月)
チャンネル桜「Front Japan 桜」に出演しました。
1/2【Front Japan 桜】資本主義経済と負債 / 大晦日にトランプ大統領が署名した法律とは(他)[桜H31/1/7]
https://youtu.be/O10n6C0bjWc

2/2【Front Japan 桜・映画】
中国マネー映画の新傾向~映画『マイル22』[桜H31/1/7]
https://youtu.be/4ZJRifJ-iM0

◆三橋経済塾

1月19日(土)
三橋経済塾第八期第一回講義が開催となります。
http://members8.mitsuhashi-keizaijuku.jp/

皆様、是非ともご入塾くださいませ!
第一回のゲスト講師は河添恵子先生。

◆チャンネルAJER

今週の更新はありません。

関連記事

政治

日本経済

【三橋貴明】「デフレは貨幣現象」で五年間を無駄にした日本

政治

日本経済

【三橋貴明】フランスを縛る二つの鎖

政治

日本経済

【藤井聡】日本経済は3年以内に「どん底」に落ちる ~日本経済2020年危機論~

政治

日本経済

【藤井聡】政府は「正々堂々」とプライマリーバランス目標を解除せよ

政治

日本経済

【藤井聡】「高潮」の恐怖―――強靱化を「急がない」政治家・公務員は、即刻辞すべきである。

【三橋貴明】政府の統計操作の三大手法への1件のコメント

  1. 半存・フォード より

    >2)定義操作

     これにはパソナークロー竹中大臣が内閣に健在だった時の、マクロ(ン?)経済指標(先生の塾を購入していないプロレタリアート階級なのでこれが私の知識不足での表現力の限界なのですが書き込むのを緩和してお赦しください。)最大供給力を平均供給力に代えた(或いは権力でごり押し、強引に捩込んだ?)所(詐欺)業は入りませんでしょうか。

    これも含めれば3)の14年間どころか17年間(たった3年間の加算ですけど)・・・・考えてみると3)の話もパソナークロー竹中大臣が健在だった時期ではないですか!シェーッよのさっ!アッチョンブリケーッ!
    やっぱりパソナークロー竹中南部前原等反日進次ケート軍団パーティーは逮捕しないといけません、いや速攻っ退治ダァーッ!3、2、1・・・。しかしW7も草波検事総長の存在は在りはしません。(別の所に書いた話と同じに成ってる?)
    どうして国民に反日行為をさせる要因をこさえるパソナークロー進次ケートなんでしょうかね。やっぱりCIAのSpyばかりで政治家は埋められてしまったんでしょうか。しかし、W7も草波・・・また繰り返してる、TheEndにします。愚文、失礼しました。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

最新記事

  1. 政治

    未分類

    【小浜逸郎】「エリート愚民」を駆除せよ

  2. 日本経済

    【藤井聡】景気指数が浮き彫りにする、安倍内閣の「スーサ...

  3. 政治

    【室伏謙一】レントシーカーの手口 ― 国有財産を狙え!

  4. 日本経済

    【三橋貴明】最悪の政府「三冠王」

  5. コラム

    【三橋貴明】地形やエネルギーという「レンズ」から歴史を...

  6. 日本経済

    【施 光恒】40年前の『ジャパン アズ ナンバーワン』...

  7. 日本経済

    【藤井聡】「15兆円のマイナス財政政策」を毎年続ける安...

  8. 日本経済

    【三橋貴明】PB黒字化目標という悪夢から目覚めるために

  9. 歴史

    【三橋貴明】不屈のポーランド

  10. コラム

    【平松禎史】「霧につつまれたハリネズミのつぶやき」第六...

MORE

タグクラウド