日本経済

2018年8月9日

【三橋貴明】ILC(国際リニアコライダー)の二つの意義

「ILC(国際リニアコライダー)の二つの意義」
From 三橋貴明@ブログ

8月5日、ILCに関連した
ノーベル物理学者である
シェルドン・グラショー博士と
バリー・バリッシュ博士をお招きし、
ILCシンポジウムが
大々的に開催されました。

『<ILC>ノーベル賞の米国人研究者2氏、
施設の必要性強調
東京でシンポ1000人参加
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201808/20180806_73066.html

岩手、宮城両県にまたがる
北上山地が建設候補地の超大型加速器
「国際リニアコライダー」(ILC)
構想について、ノーベル物理学賞
受賞の米国人研究者2人が意義を
語るシンポジウムが5日、
東京都文京区のお茶の水女子大であった。

研究機関など約20の組織でつくる
「ILC推進プロジェクト」が主催。

約1000人が参加した。

講師を務めたのは物理学の
標準理論の進展で1979年に
受賞したシェルドン・グラショー氏(85)
と、重力波初観測への貢献で2017年に
受賞したバリー・バリッシュ氏(82)。

ILC国際共同設計チームの
責任者も務めたバリッシュ氏は

「ILCは標準理論を探究する
国際プロジェクト。

世界中からさまざまな技術や
専門知識が集まる」

と指摘。

グラショー氏は

「数十年にわたり素粒子物理学の
中心となる実験施設だ」

と必要性を訴えた。

ILC構想を巡っては、文部科学省が
誘致の可否の判断材料にするため
日本学術会議に検討を依頼。

近く審議が始まる。』

実は、わたくしはシンポジウムの翌日、
チャンネル桜の収録で
両博士にインタビューをしております。

インタビューの映像は、
恐らく8月末から9月頭には
放映できると思います。

「CERNのLHC開発に際しては
グリッドをはじめとする
様々な技術が生まれたが、
日本のILC建設も
技術進歩に影響を与えるか?」

といった、核心を突いた
質問をしておりますので、
お待ちくださいませ。

わたくしは、日本がILCを開発、
建設する意義は、大きく二つ
あると考えています。

一つ目は、
「結果が確実に出ない
かもしれないプロジェクト」
であっても、人類の進化に
影響する可能性があるならば、
果敢に投資するという
姿勢を取り戻すことです。

最近の安倍政権や
自民党の政治家に顕著な、

「選択し、集中して投資する」

は、企業の経営戦略としては
間違っていません。

とはいえ、国家の政策としては、
「完璧に」「間違いなく」
「徹底的に」間違っているのですよ。

なぜならば、政府は「国民」を
見捨ててはならないためです。

この理屈がわからない国会議員は、
全員、政治家を辞めるべきです。

向いていません。

例えば、何らかの障害により、
平時は他者のために
貢献できない人がいるかも知れません。

そういう人を見捨てていいのですか?

人権云々で「そんなことはいけない」
と、倫理的に答えるのは簡単です。

とはいえ、それ以上に
重要で決定的なのは、
大戦争や大震災といった
非常事態が発生した際には、
「その人」が我々を助けてくれる
かも知れないためです。

いざというときは、国民の
「助け合い」の一助になる
可能性がある時点で、
政府は特定国民を
見捨ててはならないのです。

もちろん「特定地方」も同じです。

それ以前の話として、政府が
「国民の政府」である以上、
特定の国民、特定の地方、
特定の産業を「滅ぶに任せる」
などとやってはならないのです。

そんなことは「常識」だと思うのですが、
この常識に思いっきり
逆らっているのが安倍政権であり、
特定の政治家です。

ILC建設は、この狂った
「選択と集中」思想を
吹き飛ばします。

二つ目。

これはバリッシュ博士が
太鼓判を押してくださったのですが、
ILC建設は様々な
「派生技術」を生み出します。

日本に技術的ブレイクスルーを
引き起こす可能性が濃厚なのです。

何度も書いていますが、
技術とは「需要」なしでは
発展しません。

そして、ILC建設(および運用)は、
日本の技術ブレイクスルーを
もたらすに十分な「需要」なのです。

日本は、将来の繁栄を望むならば、
ILCの誘致を早期に
決定しなければなりません。

関連記事

日本経済

[三橋実況中継]中小企業の人出不足の裏側で

日本経済

【三橋貴明】分散して暮らす国民を市場的に統合する

日本経済

【佐藤健志】熊本地震発生にかんがみ、消費税率の引き下げを!

日本経済

【三橋貴明】ポイントオブノーリターン

日本経済

【三橋貴明】人手不足のリスクとチャンス

【三橋貴明】ILC(国際リニアコライダー)の二つの意義への1件のコメント

  1. たかゆき より

    ILC is marvelous

    一粒で二度 美味しい ♪

    ゼニかね ゼニかね って 守銭奴でもあるまいに、、、
    (もしかして守銭奴?)

    人類の文明に貢献できるなら カネなんか心配するな 俺に任せろ って 言いますよ

    小生が大臣さまなら(たぶん)。。。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】吉川洋氏の「地震に備えて消費増税を」論を完全撃破し...

  2. 2

    2

    【三橋貴明】思想の対立

  3. 3

    3

    【小浜逸郎】令和元年6月10日経済罪政諮問会議議事録

  4. 4

    4

    【角谷快彦】ドラッグ・ラグで岐路に立つ国民皆保険制度(前編)

  5. 5

    5

    【三橋貴明】ピボット(軸)のモーメント

  6. 6

    6

    【三橋貴明】MMTと政府の選択と集中

  7. 7

    7

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

  8. 8

    8

    【室伏謙一】「増税の前にやるべきことがある」、「身を切る改革...

  9. 9

    9

    【藤井聡】近い将来、リーマンショック級の危機が「絶対」起こる

  10. 10

    10

    【藤井聡】財務省が紹介した「有識者のMMT批判」の「間違い」...

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】近い将来、リーマンショック級の危機が「絶対」起こる

  2. 2

    2

    【藤井聡】<号外速報>「内需冷え込み」による輸入急落が無けれ...

  3. 3

    3

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

  4. 4

    4

    【藤井聡】吉川洋氏の「地震に備えて消費増税を」論を完全撃破し...

  5. 5

    5

    【藤井聡】「財政悪化」を導く消費増税が生み出すのは、「害のみ...

MORE

最新記事

  1. 政治

    日本経済

    【藤井聡】元内閣官房参与として、「令和日本・再生計画」...

  2. 日本経済

    【角谷快彦】ドラッグ・ラグで岐路に立つ国民皆保険制度(...

  3. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】ピボット(軸)のモーメント

  4. 日本経済

    【三橋貴明】思想の対立

  5. 日本経済

    【小浜逸郎】令和元年6月10日経済罪政諮問会議議事録

  6. 日本経済

    【藤井聡】吉川洋氏の「地震に備えて消費増税を」論を完全...

  7. 日本経済

    【室伏謙一】「増税の前にやるべきことがある」、「身を切...

  8. 日本経済

    【三橋貴明】MMTと政府の選択と集中

  9. 日本経済

    【三橋貴明】財政民主主義派 対 非・財政民主主義派

  10. 未分類

    【竹村公太郎】不思議な日本共同体(その2)流域封建から...

MORE

タグクラウド