日本経済

2018年5月1日

【三橋貴明】艦艇強化し、ヒト削る

From 三橋貴明@ブログ

海上自衛隊の護衛艦「いずも」が、
「空母」に改修されるとの
報道が流れています。

元々、いずもは甲板が
248mと長大で、少し
改装するだけで「空母」になる
のではないかと言われてきましたが、
いよいよ「日本国産空母」が
現実味を帯びてきました。

『「いずも」空母化へ
19年度にも改修
防衛省 調査結果を公表
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-04-29/2018042902_04_1.html

防衛省は26日、海上自衛隊の
ヘリ搭載型護衛艦「いずも」を
改修し最新鋭のステルス戦闘機
F35Bの運用を可能に
することを視野に入れ、
2017年に同艦の建造業者の
「ジャパン・マリンユナイテッド(JMU)」
に委託した調査・研究結果と
関連資料を公表しました。

資料は、「米軍の後方支援」を
目的に19年度の改修工事実施を
目標とすると明記。

憲法違反の「攻撃型空母」の
保有に向け、安倍政権が本格的な
検討を行っている実態が
明らかになりました。(後略)』

赤旗はいずもの空母化について
「批判的」に報道するのでしょうが、
日本の海洋権益がここまで
犯されている状況である以上、
日本が空母を保有することは
至極当然です。

といいますか、赤旗は日本国の
空母保有に文句をつけるならば、
その前にこちらを猛烈に
批判しなければならないでしょう。

『中国初の国産空母、試験航海へ…
就役前倒しも
http://www.yomiuri.co.jp/world/20180430-OYT1T50024.html

中国初の国産空母が、大連港で
就役に向けた準備を
本格化させている。

近く初の試験航海を行い、
「2020年まで」とされていた
就役も前倒しされる
との見方が強い。

新たな空母建造も始まり、
駆逐艦や潜水艦などを含む
空母打撃群を20年までに
3個群配備するという
習近平シージンピン政権の
計画が急ピッチで進んでいる。(後略)』

まさか、

「中国の空母は良い空母。
日本の空母は悪い空母」

などと、ダブルスタンダードは
使いませんよね。
(使うんでしょうけれども)

中華人民共和国という仮想敵国が
空母戦力を増強している以上、
我が国も「対応」せざるを得ません。

これを否定する人は、
刀と包丁と鉄砲で隣人が
武装している状況で、

「憲法九条があるから、
我が家は大丈夫」

と、言っているのも同然です。

つまりは「狂人」という
わけでございますが、さすがに
現在の日本で防衛力の強化を
否定する人は「狂人」以外に
表現のしようがないでしょう。

問題は、国民世論ではなく
「プライマリーバランス黒字化目標」
です。

信じがたい話ですが、PB目標は
自衛隊の防衛力強化にも
影響を与えており、現在の日本は、

「いずもなど、海上戦力を
強化するならば、
その分、人件費を削れ」

という、狂ったコンセプトの下で、
予算が組まれる状況になっているのです。

もちろん、PB黒字化目標が
ある限り、海上戦力を強化した分、
自衛隊員を「減らす」ことは
正当化されますが、「防衛」とは、
そういうモノなのでしょうか。

普通に考えて、海上戦力を強化し、
艦艇を増やすのであれば、
自衛隊員も増強
しなければなりません。

当たり前すぎるほど、
当たり前です。

現在の自衛隊の定員数は
約24.7万人です。

信じたくない話ですが、
仮想敵国である中華人民共和国が
軍事費を毎年、二桁増加させ、
北朝鮮のミサイル危機が
深刻化しているにも関わらず、
自衛隊の定員数は減ってます。

自衛官の定員数は、
2014年までは
24万7410人でした。

それが、2015年以降に
24万6747人に
減らされてしまったのです。

自衛官の定員は、
70年代から97年までは、
30万人前後で推移していたのが、
98年以降は「着実に減少」
させられていき、現在は
25万人を割りこんで
しまいました。

しかも、24万6747人
とは定員数です。

実際の現役自衛官の人数は、
約22.7万人。

すなわち、充足率が
92%です。

九割を超す充足率と表現すると、

「確かに定員は満たせていないが、
そこまで悲惨な状況ではないのでは?」

という感想を覚えるかも知れませんが、
事実は異なります。

確かに、幹部(将官、佐官、尉官)、
准尉、曹(曹長、1曹、2曹、3曹)
といった階級の充足率は
90%を超えています。

ところが、実際に防衛の現場を担う
「士(士長、1士、2士)」の充足率が、
何と75%に低迷しているのです。

PB黒字化目標などと、
狂った目標を政府が掲げている以上、
自衛官の採用も「予算」を
理由に絞らざるを
得ないのでございます。

頭がおかしい。以外に、
いかに表現すればいいのでしょうか。

この状況で、

「いや、日本国は繁栄する。
亡国には至らない」

などと断言できる人がいますか?

日本国はPB黒字化目標を
破棄しない限り、防衛力弱体化
という「ルート」を辿り、
亡国に至ることは確実なのです。

関連記事

日本経済

【藤井聡】「週刊新潮」で訴えた「PB亡国論」 ~動き始めたPB撤廃シナリオ~

日本経済

【三橋貴明】日本はすでに財政健全化を達成している

日本経済

【三橋貴明】日本のデフレ脱却議論の論点

日本経済

【平松禎史】「霧につつまれたハリネズミのつぶやき」:第丗六話

日本経済

【三橋貴明】OECD、財政再建再考を提唱

【三橋貴明】艦艇強化し、ヒト削るへの1件のコメント

  1. たけちゃん より

    出雲は攻撃型空母とはいえないし、たった一隻では攻撃力とはいえない。 おそらく米強襲揚陸艦ワスプ級に帯同して米海兵隊のF35の支援協力が主任務になると思われる。
    何れにしても集団的自衛権発動に伴い、米第7艦隊と一体化して運用される筈だ。 

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】吉川洋東京大学名誉教授が『詭弁』を弄して、『防災を...

  2. 2

    2

    【三橋貴明】安藤提言

  3. 3

    3

    【三橋貴明】デフレ完全脱却による財政再建に向けた提言(後編)

  4. 4

    4

    【小浜逸郎】角栄の政治家魂を復権させよう

  5. 5

    5

    【三橋貴明】平成30年7月豪雨〜不作為の殺人者たち〜

  6. 6

    6

    【三橋貴明】頻発する自然災害

  7. 7

    7

    【竹村公太郎】見えないインフラ

  8. 8

    8

    【saya】「10分いくら?」の世界

  9. 9

    9

    【施光恒】朝顔と日本人

  10. 10

    10

    【藤井聡】「目標成長率シーリング」を実現せよ 〜骨太2018...

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】吉川洋東京大学名誉教授が『詭弁』を弄して、『防災を...

  2. 2

    2

    【施光恒】園芸からみえる日本

  3. 3

    3

    【藤井聡】大阪北部地震が導く「巨大地震」 〜速やかな対策に向...

  4. 4

    4

    【小浜逸郎】安倍政権20の愚策(その1)

  5. 5

    5

    【藤井聡】なぜ、南海トラフ地震の被害が1400兆円を超えるの...

MORE

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】マッチポンプ

  2. 日本経済

    【三橋貴明】技能継承

  3. コラム

    【竹村公太郎】見えないインフラ

  4. 政治

    【三橋貴明】平成30年7月豪雨〜不作為の殺人者たち〜

  5. 政治

    【小浜逸郎】角栄の政治家魂を復権させよう

  6. 日本経済

    【藤井聡】吉川洋東京大学名誉教授が『詭弁』を弄して、『...

  7. 政治

    【三橋貴明】デフレ完全脱却による財政再建に向けた提言(...

  8. 政治

    【三橋貴明】安藤提言

  9. 日本経済

    【三橋貴明】頻発する自然災害

  10. 日本経済

    【saya】「10分いくら?」の世界

MORE

タグクラウド