日本経済

2018年2月25日

【三橋貴明】人手不足は利益拡大のチャンス

From 三橋貴明

【近況】

2月19日から21日にかけ、
箱根で第一回「人手不足解消合宿」
を開催いたしました。

合宿において、全国からお集まり頂いた
(主に)経営者の方々から
お話を伺ったのですが、
日本の人手不足は洒落に
ならない状況になっています。

2017年の若年層失業率は4.6%と、
ついに年平均で5%を切りました。

世界に目を向けると、
若年層失業率が二桁の国が
当たり前の状況です。

4.6%という若年層失業率は、
他の国々から見れば「驚異的」
といっても過言ではない数値です。

ちなみに、ギリシャやスペインの
若年層失業率は、未だに
40%を超えています。

「国が亡ぶ」レベルでございますね。

日本の場合、少子高齢化により、
生産年齢人口比率が低下している以上、
若年層失業率が下がり続けて
当たり前なのですが、この
「人手不足というチャンス」を
「東京一極集中の解消」や
「生産性向上」に結び付ける
ことができるのか。

面白かったのは、人口流出が
著しい地域からお越しに
なられた経営者が、

「マスコミでは、東京が景気が良く、
地方は人口流出で衰退している
印象で語られるが、現実は違う」

と、断言されたことです。

少子高齢化に加え、若い世代が
都会に出てしまっている状況は、
「地元に残った若い世代」にとっては、
仕事はあるにも関わらず、
競合がいないという、ビジネスという観点から、

「大変、好ましい環境」

になっているとのことです。

それはまあ、高齢者という
「需要」は残るものの、生産の
担い手という「供給能力」が
減っているわけです。

経済構造がインフレギャップ
(総需要>供給能力)になるのは当然です。

などと書くと、

「若い世代が流出しているということは、
需要も減っているはずだ」

と、反論を受けるわけですが、
経済は「バランス」です。

需要が減ったとしても、
それ以上に供給能力が減れば、
インフレギャップという企業にとっての
「利益拡大のチャンス」
が訪れることになります。

実際、地方の人手不足を
「チャンス」としてとらえ、
業績をアップしている企業が
次々に出現しています。

それにしても、落ち着いて考えてみれば、
「地方から若い世代が流出する」
という現象は、需要以上に供給能力を減らし、
経済成長や企業の業績アップに
必須のインフレギャップを
もたらすのは必然なのですが、
やたらネガティブな捉え方をする人が
少なくないのはなぜなのでしょうか。

結局、過去二十年間、
日本経済が成長していなかった
という「歴史」を受け、
「今後も日本経済は成長しない」
という思い込みをしている人が
多数派になっているという話なのでしょう。

少子高齢化に端を発した人手不足は、
企業に利益拡大のチャンスを
もたらしつつあります。

この「目の前の現実」をとらえそこなうと、
企業はひたすら機会損失に苦しみ、
最悪、「人手不足廃業」という
結末を迎えることになってしまうでしょう。

チャンスを逃してはなりません。

◆2月17日(土) 三橋経済塾第七期 第二回対面講義が開催されました。。
http://members7.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=2341
インターネット受講の皆様、お待たせいたしました。

◆週刊実話 連載「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」 第260回「東京都とシンガポール」
なお、週刊実話の連載は、以下で(二週遅れで)お読み頂くことが可能です。
http://wjn.jp/article/category/4/

◆メルマガ 週刊三橋貴明 Vol457 効用最小化(前編)
http://www.mag2.com/m/P0007991.html
経済学は「効用最大化」を目的として発展した学問です。とはいえ、現実世界には効用が「小さいほうが望ましい」財やサービスも存在するのです。

◆メディア出演

今週のメディア出演はありません。

◆三橋経済塾

2月17日(土) 三橋経済塾第七期 第二回対面講義が開催されました。。
http://members7.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=2341
インターネット受講の皆様、お待たせいたしました。

◆チャンネルAJER
『国土経済論(前編)①』三橋貴明 AJER2018.2.20
https://youtu.be/A-NfdYbNwkk

関連記事

日本経済

[三橋実況中継] 出生率が最も低いのはどこ?

日本経済

【三橋貴明】第四次産業革命

日本経済

【三橋貴明】ついに失業率が3%を切った日本

日本経済

【三橋貴明】2016年を迎えて

日本経済

[三橋実況中継]地方から完全雇用に至りつつある日本国

【三橋貴明】人手不足は利益拡大のチャンスへの1件のコメント

  1. 人手不足だとはいっても給料が上がらない現実。本当は人手不足なのではなく、低賃金で働く奴隷不足なだけでしょ。
    奴隷不足を人手不足とはいわないでほしい。
    給料上げればなんぼでも人は集まります。
    地方で人手不足で給料高いなら、俺は地方に移住しても良いよ。
    でも実際は地方は給料も安い。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】ケルトン教授来日! そのお気持ちに応えるためにも「...

  2. 2

    2

    【三橋貴明】MMT週間が始まる

  3. 3

    3

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

  4. 4

    4

    【三橋貴明】数字は残酷で素晴らしい

  5. 5

    5

    【三橋貴明】ステファニー・ケルトン教授の出演

  6. 6

    6

    【saya】TBS〝音楽の日〟〜歌は世につれ、世は歌につれ〜

  7. 7

    7

    【藤井聡】政府与党の「増税」断行で、日本の「先進国からの脱落...

  8. 8

    8

    【三橋貴明】ケルトン教授の「おカネのプール論」

  9. 9

    9

    【藤井聡】「プライマリー・バランス目標は国際公約だから撤廃で...

  10. 10

    10

    【藤井聡】財務省が紹介した「有識者のMMT批判」の「間違い」...

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】ケルトン教授来日! そのお気持ちに応えるためにも「...

  2. 2

    2

    【藤井聡】政府与党の「増税」断行で、日本の「先進国からの脱落...

  3. 3

    3

    【三橋貴明】ステファニー・ケルトン教授の出演

  4. 4

    4

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

  5. 5

    5

    【藤井聡】「事を荒立てず、仲良くしようとする」だけの、情けな...

MORE

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】MMTが提供してくれる「正確な理解」

  2. 日本経済

    【三橋貴明】ケルトン教授の「おカネのプール論」

  3. 日本経済

    【藤井聡】ケルトン教授来日! そのお気持ちに応えるため...

  4. 未分類

    【saya】TBS〝音楽の日〟〜歌は世につれ、世は歌に...

  5. 日本経済

    【三橋貴明】数字は残酷で素晴らしい

  6. 日本経済

    【三橋貴明】MMT週間が始まる

  7. 未分類

    【竹村公太郎】不思議な日本共同体(その3)情報共有の日...

  8. 政治

    【小浜逸郎】熊さん、増税に大いに憤慨

  9. 日本経済

    【藤井聡】政府与党の「増税」断行で、日本の「先進国から...

  10. 政治

    日本経済

    【室伏謙一】その場しのぎの御都合主義の説明の先にある外...

MORE

タグクラウド