日本経済

2017年12月21日

【小浜逸郎】才能を潰すのが得意な日本

From 小浜逸郎@評論家/国士舘大学客員教授

以前このメルマガに、
日本からはもうノーベル賞受賞者は出ない?
という稿を寄せました。
https://38news.jp/economy/11171

ノーベル賞受賞者で京都大学iPS細胞研究所長の
山中伸弥さんが「ご支援のお願い」として
寄付を募っているのです。
そのなかで山中さんは、
「弊所の教職員は9割以上が非正規雇用」
書いていました。
研究所の財源のほとんどが期限付きだからです。
https://www.cira.kyoto-u.ac.jp/j/fund/

10年、20年という長期間を要する基礎研究に、
政府や大学は十分な資金を与えず、
しかも短期間に成果を出す研究のみを
優遇する方向にシフトしています。

非正規雇用では給料が不十分なだけではなく、
安心して研究に打ち込めません。
それで、若い優秀な人たちが
基礎研究を諦めてしまう傾向が増大しています。

12月13日18時ごろのNHKラジオ番組に、
一昨年、ノーベル物理学賞を受賞した
梶田隆章さんが出演していました。
梶田さんは、
ニュートリノが質量を持つことを示す
「ニュートリノ振動」の発見という偉大な
業績を成し遂げた方です。

この番組で、梶田さんは、
自分が若い頃は、カミオカンデなどの
巨大な装置による実験を長いこと繰り返し、
結果を理論にまとめ上げることが可能だったが、
今では、基礎研究に取り組もうと思っても、
期限付きの研究費しか得られないので、
若い人たちが自分の若い時のように、
腰を据えて研究に集中することができないと、
山中さんと同じことを話していました。

この問題は、自分たちがいくら頑張っても
どうすることもできない。
できるだけ広くみなさんにこの事情を
知ってもらうほかないと、
切々と訴える梶田さんの声が、
今も耳に残っています。

12月5日には、日本のスパコン開発の第一人者
齋藤元章さんが詐欺容疑で逮捕されました。

齋藤さんは天才です。
2014年に株式会社ExaScalerを立ち上げ、
理化学研究所(RIKEN)および、
高エネルギー加速器研究機構(KEK)と
共同研究契約を結び、
わずか七カ月で「Suiren」を開発します。
これが、スパコンの省エネ性能を競うGreen500で
2位にランクイン。
2015年には、同じくGreen500)で、
RIKENの「Shoubu」、KEKの「Suiren Blue」および
「Suiren」の3台が1位から3位までを独占します。

2017年1月には、科学技術振興機構(JST)が、
未来創造ベンチャータイプの新規課題の緊急募集に、
ExaScalerのスパコンが採択されたと発表。
開発期間2017年1月から12月まででしたが、
齋藤さんは、その締め切り直前に
逮捕されてしまいました。

逮捕容疑は、技術開発助成金を得るのに、
報告書を他の目的に書き換えて
四億円程度の水増し請求をしたというもの。
もちろん容疑が事実なら、いいとは言いませんが、
まだ実際に四億円をもらったわけでもないし、
他の研究者の言によれば、
この程度のことは日常茶飯事だそうです。
注意勧告して書き直させれば済む話。

なぜこういうことになるのか。
政府が先端技術研究のための資金を出し惜しみ、
国家的プロジェクトに
十分なお金をつぎ込まないからです。

齋藤さんは、雑誌『正論』2017年2月号で、
次のように訴えています。

このままでは日本はスパコンで中国に
負けてしまう。中国が一位になると、
エネルギー、安全保障、食料、医療、
自然災害対策など、すべての面で中国に
支配されてしまいかねない。
自分たちのプロジェクトのために
せめて三百億円の資金がほしい、と。

国家の命運がかかっている問題で、
政府がちゃんと資金援助をしないから
最高の頭脳を潰すことになるのです。
これによる日本全体の損失は計り知れません。

三橋さんの著書の題名ではありませんが、
こうして財務省の緊縮路線が日本を滅ぼします。

日本は江戸時代以来の倹約道徳教国家で、
いつも小さなことを大げさに騒ぎ立てて、
物事の優先順位を間違えます。

さらに想像をたくましくすれば、
逮捕した東京地検特捜部にも
反日勢力が入り込んでいるのではないか。
つい数日前も、リニア新幹線の工事をめぐって、
大手ゼネコン四社が談合の疑いで
特捜部の捜査を受けました。
これでリニア新幹線工事はまた遅れるでしょう。
齋藤さん逮捕にしてもリニア新幹線にしても、
某国の勢力が手をまわしているという
陰謀論に与したくなります。

もしそうでないとすれば、
東京地検特捜部や公取委は、
大局を見失い、正義漢ぶって摘発教条主義に
陥っているのです。
亡国を目指す官庁がまた増えました。

【小浜逸郎からのお知らせ】
●ようやく『福沢諭吉と明治維新』(仮)を脱稿しました。
来年1月末か、2月初めに、PHP新書として発売される予定です。
どうぞご期待ください。
●12月23日(土) 20時より、チャンネル桜の「闘論・倒論・討論」に出演します。
●『表現者』連載「誤解された思想家たち第28回──吉田松陰」
●「同第29回──福沢諭吉」
●月刊誌『Voice』12月号「希望の党に政界の絶望を見る(仮)」
●ブログ「小浜逸郎・ことばの闘い」
http://blog.goo.ne.jp/kohamaitsuo

関連記事

日本経済

【藤井聡】「骨太」における経済財政運営の「目標」を考える

日本経済

【三橋貴明】対外直接投資と逆輸入

日本経済

【藤井聡】「アベノミクスの好循環」を加速する「構造政策」を!

日本経済

【藤井聡】「落としどころを探る」ような財出規模の決定は、愚の骨頂である。

日本経済

【藤井聡】「大規模・再生可能エネルギー」への「未来投資」を

【小浜逸郎】才能を潰すのが得意な日本への6件のコメント

  1. Komiyet より

    日本人は狂っている。最近そう思います。テレビの見過ぎです。

    みんながそう言うから、それが正義って思いこむ。
    暴力を振るわれた被害者側を印象操作で、悪者にする。

    信念を持って研究している人を、金が無いからと研究をあきらめた学者たちが、権力にすり寄って、リンチをする。

    テレビを見ている傍観者はリンチに参加していることに気が付かない。そして、自分が愚者になっていくことにも気が付かない。

    狂ったマスコミを見て、己も狂っていく。ごく自然な成り行きですね。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. とすくん より

    全く同感です。気味が悪いったらありゃしない。上記2点(スパコン、ゼネコン)のケースは多大なる損害だとしか思えません。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. 赤城 より

    このままでは日本はスパコンで中国に
    負けてしまう。中国が一位になると、
    エネルギー、安全保障、食料、医療、
    自然災害対策など、すべての面で中国に
    支配されてしまいかねない。
    自分たちのプロジェクトのために
    せめて三百億円の資金がほしい、と。

    国家の命運がかかっている問題で、
    政府がちゃんと資金援助をしないから
    最高の頭脳を潰すことになるのです。
    これによる日本全体の損失は計り知れません。

    だからこその突然の先取り逮捕なのでしょうね。
    日本国家の中には主権を国家の中枢から操作して好きなように国家自殺に追いやることができる諜報工作員がうじゃうじゃいて、そいつらが日本人を冤罪逮捕しようが、暗殺に見せかけた自殺させようが、買収しようが拉致しようが止めることはできず、大手を振って公共活動できる国なんですから。
    国家自殺を止める術はもうありません。少なくともそいつらの活動を抑えることが出来なければ。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  4. 拓三 より

    国家にも、そしてそれをチクる民間にも反日はいるでしょう。

    国家が陣頭で動いているのか?
    民間のチクリで国家が動かされているのか?
    あるいはどちらも同じ方向をむいているのか?

    ここを見余っては反日の餌食になります。
    一つの見方ではなく、多面的に判断しなければなりません。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

      1. コメントに返信する

        メールアドレスが公開されることはありません。
        * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】なぜ、南海トラフ地震の被害が1400兆円を超えるの...

  2. 2

    2

    【三橋貴明】歴史上最大の危機

  3. 3

    3

    【藤井聡】「骨太の方針2018」で、デフレ脱却は出来るのか?

  4. 4

    4

    【藤井聡】大阪北部地震が導く「巨大地震」 〜速やかな対策に向...

  5. 5

    5

    【小浜逸郎】所有者不明の土地対策は、爆買いを誘発する

  6. 6

    6

    【三橋貴明】どうでもいい目標が亡国をもたらす

  7. 7

    7

    【三橋貴明】イタリアの転舵と日本の「最悪の世代」

  8. 8

    8

    【三橋貴明】日本国民は「想像力」を取り戻さなければならない

  9. 9

    9

    【三橋貴明】凋落する科学技術力を食い止める

  10. 10

    10

    【三橋貴明】ルサンチマン国民(前編)

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】「骨太の方針2018」で、デフレ脱却は出来るのか?

  2. 2

    2

    【藤井聡】「財政健全化投資」こそが、財政再建のために必要であ...

  3. 3

    3

    【藤井聡】なぜ、南海トラフ地震の被害が1400兆円を超えるの...

  4. 4

    4

    【藤井聡】「『歴史の謎はインフラで解ける』 〜政府投資こそが...

  5. 5

    5

    【小浜逸郎】「骨太の方針」をどう評価するか

MORE

最新記事

  1. 政治

    【藤井聡】大阪北部地震が導く「巨大地震」 〜速やかな対...

  2. 日本経済

    【三橋貴明】日本国民は「想像力」を取り戻さなければなら...

  3. 日本経済

    【三橋貴明】どうでもいい目標が亡国をもたらす

  4. 日本経済

    【三橋貴明】歴史上最大の危機

  5. 日本経済

    【三橋貴明】凋落する科学技術力を食い止める

  6. 欧州

    【三橋貴明】イタリアの転舵と日本の「最悪の世代」

  7. 政治

    【小浜逸郎】所有者不明の土地対策は、爆買いを誘発する

  8. 日本経済

    【藤井聡】なぜ、南海トラフ地震の被害が1400兆円を超...

  9. 日本経済

    【三橋貴明】長崎新幹線 フル規格軸に検討を!

  10. 日本経済

    【三橋貴明】ルサンチマン国民(後編)

MORE

タグクラウド