コラム

2017年12月29日

【上島嘉郎】太平洋戦争ではなく大東亜戦争

From 上島嘉郎@ジャーナリスト(『正論』元編集長)

12月23日、東京・大崎で開かれた「月刊三橋シンポジウム」に参加しました。今回は、その懇親会で出会った皆さんにお話したことを記しておきたい(一部ですが)と思います。

「同時代というものをほぼ百年だと思っている」と語ったのはコラムニスト山本夏彦です。彼は「私たちは大正十二年の震災と昭和二十年の戦災で過去にさかのぼる手がかりのすべてを失った。残ったのは言葉だけである」といい、大東亜戦争後、長く猖獗をきわめ今も続いている戦前日本暗黒史観といも言うべき言説に異を立て、“誰か「戦前」を知らないか”と軽妙洒脱にその嘘を暴いてみせました。戦後生まれの筆者は、夏彦翁に多くの言葉を教えられました。

さて、都知事時代の石原慎太郎氏にうかがったとても印象深いエピソードがあります。「大空のサムライ」と呼ばれた旧海軍航空隊の撃墜王・坂井三郎さんが、生前外国人記者クラブで講演をしたときの話です。坂井さんはガダルカナルでの戦闘で片方の目を失い義眼でした。

「私はご覧のように“あの戦争”で片方の目をなくした。しかし何の後悔もしていない。あの戦争は、私に言わせれば偉大な戦争だった。たしかに多くの有為な人間が死んだ。彼らがもし今日生きてあるならば、数多の才能を発揮して素晴らしい貢献を国家のために為しただろう。私はそれを信じて疑わない。慙愧の念の一つではあるけれど、しかし、相対的に私はあの戦争は素晴らしい戦争だったと思う」

坂井さんがそう語ると会場を埋めた聴衆(主に白人記者)はシーンとしてしまいました。

坂井さんはニコッと笑って、「だってみなさん、そうじゃないですか。あの戦争が終わってからたくさんの有色人種の国が誕生し、国際連合に参加しました。一国一票を持って人類の歴史を左右する、運命を左右する権利を持った。みんな白人の植民地だった国だ。やっと有色人種が世界の舞台に出た。その引き金はあの戦争ですよ」。

白人記者の多くが憮然とする中で、石原さんは一人拍手をした。するとメインテーブルに並んでいた記者の一人が石原さんにこんなメモを渡したそうです。
“Ishihara,you are ultra rightist(極右)and a lunatic.(狂人)”

その後、石原さんと坂井さんは親交を結ばれました。あるとき、坂井さんがとんでもない話をしていると知人から聞かされた石原さんは、その話の中身にびっくりして、直接坂井さんに電話をします。

「この話、本当ですか」
「いや、石原さん、本当です」

この話というのは、坂井さんがある日電車に乗っていたときのこと。目の前に大学生が2人座った。坂井さんはどんな話をするのかと思って聞いていると、「おい田中、知ってるか。50年前な、アメリカと日本で戦争をしたんだってよ」。
田中が「えーっ、ほんと。マジ?」
「マジだよ、お前」
「マジか、で、どっちが勝ったの」というものです。

石原さんは、「これはすごい話だ」と苦笑いし、「戦後50年は、日本人の、植民地化も拒否し、国家近代化のための苦闘の歴史について、戦争という決して好ましくはない民族の出来事もふくめて、私たちはよくも知らずに済んできた。それは幸いなことでもあったけれど、日本という国についての本当の認識、アイデンティティを持つためには、戦争の功罪、つまりその史実を相対的に知ることが必要であるにもかかわらず、それが一向に行われてこなかった」と戦後の日本人が「知ること」を怠ってきたことを指摘しました。

さて、坂井三郎さんが語った“あの戦争”とは何か。先の大学生はともかく、日本とアメリカが戦争をしたことを知っている戦後の世代にとって、あの戦争は「太平洋戦争」と教えられてきました。「大東亜戦争」の呼称に対し、「えっ、太平洋戦争じゃないの?」と聞き返されたこともあります。

昭和16(1941)年12月8日、日本は米国、英国に対し宣戦を布告しました。4日後の12日、政府は「今次対英米戦を支那事変をも含め大東亜戦争と呼称す」と閣議決定します。この時点で、12月8日に始まった戦争は、昭和12年7月7日から続いていた支那事変(日中戦争)をも含め「大東亜戦争」と呼称することが正式に決まったのです。

昭和20年8月15日、日本は「ポツダム宣言」を受諾し、大東亜戦争は敗北に終わりました。その後日本は7年近くの間GHQ(連合国軍総司令部)の支配下に置かれ、占領政策として徹底的な言論統制、情報管理を受けました。その実態は故江藤淳氏の『閉された言語空間』(文春文庫)などに詳述されていますが、その言論統制下の時代に日本人は「大東亜戦争」を忘れさせられ、代わりに「太平洋戦争」を教えられたのです。

昭和20年12月7日、GHQは新聞各社の代表を集め、GHQが作成した彼らにとっての「太平洋戦争史」を示し、その掲載を命じました。新聞各社はそれを特集とし、開戦からちょうど4年後に当たる翌8日付の紙面から一斉に掲載しました。

朝日新聞はその後「太平洋戦史 続編」を連載し、NHKも「真相はこうだ」というラジオ放送を開始しました。これは「真相箱」、「質問箱」と名称を変え、同種の番組は昭和23年8月まで約3年間続けられました。新聞社も放送局も「大東亜戦争」の呼称は使わず、すべて「太平洋戦争」とし、以後長く、マスコミから「大東亜戦争」の文字は消えることになったのです。

『「真相箱」の呪縛を解く』(小学館文庫)を著したジャーナリストの櫻井よしこさんは、番組の台本をまとめた「真相箱」を読み込んだ上で、その内容についてこう語っています。

「これでもか、これでもかというふうに、日本は悪い国で、好戦的で、愚かで、アメリカの平和への努力を認めずに戦争に突っ走っていったと主張する内容」で、「こんなに国民に嘘をついた悪い悪い悪い日本軍と日本政府だと強調しています。正義のアメリカはそこから日本国民を救うために、どれだけ努力をしたか──こういうストーリーを繰り返しいろいろなバージョンで日本人の心に刷り込もうとしている」。

GHQはさらに、昭和20年12月15日、日本政府に対し、いわゆる「神道指令」(国家神道の禁止と政教分離を徹底する覚書)を出し、その中で「大東亜戦争」や「八紘一宇」といった用語を禁じました。マスコミだけでなく、公の言語空間から「大東亜戦争」という言葉はなくなったのです。

いったい大東亜戦争とはいかなる戦争だったのか。果たして東京裁判史観に代表されるように一方的な日本の侵略戦争だったのか。帝国主義の時代、世界の列強は利害の対立を力に訴えて解決することを当然の権利と考えていました。日本が米英に宣戦布告した戦いも、そうした当時のグローバル・スタンダードに従ったものではなかったのか。

と同時に、中国大陸、東南アジアに攻め込んだのは侵略なのか、白人支配からの解放なのか。相手がある戦争で、どちらかが一方的に悪いということは言いえるのか。戦争当事国それぞれに主張があるのは当然です。

三百万人を超える戦没者を出したこと、アジア各国を戦場とし数多の市民を巻き添えにしたことなど、大東亜戦争について日本が反省すべき点、教訓とすべき点は多々あります。村山富市元首相が語ったように、「国策の誤り」を指摘することもできる。「戦争責任」をはっきりさせよ、という声が内外から出るのもわかる。

しかし、では国策の誤りとは、戦争責任とは何か。戦争を始めたことか。戦争によって多くの犠牲者を出したことか。捕虜虐待や一般市民の殺害などの国際法違反か。あるいは敗北を喫し、国を滅亡の淵に追いやったことに対する責任か。そのいずれもだ、ということか。

筆者は、“あの戦争”の責任の追及と反省を口にするならば、一つだけ心しておくべき態度があると考えます。それは、いま生きているわれわれは大東亜戦争が敗北に終わったことを知っているということ、敗北という結果がわかっていて、まるで歴史のカンニングペーパーを見て答案を書くような態度で父祖たちの当時の行動を裁いてはならない、という現代に生きる者の自省です。

自身在日韓国人として生まれ育った格闘家の前田日明氏(現在は日本に帰化)から同じ考えを持っていることを聞かされ、そうしたいまの日本人の態度は「卑怯だ」と言われたとき、私はなんとも言えない思いに駆られました。父祖たちが何に苦悩し、煩悶し、何のためにあのような戦争に突入していったのか──。その結果を、「アホな戦争」(半藤一利氏)、「自爆戦争」(猪木正道氏)と括ってしまっていいのか。

真摯に、反省や教訓を導き出そうとするならば、多様な角度から事実を知る必要があります。他者が語る“あの戦争”の事実だけでなく、自らの血肉につらなる父祖の戦争として知ること、その苦悩や煩悶を引き受けることから考察を始めなければならない。「太平洋戦争」からは見えてこない、われわれの父祖は、「大東亜戦争」を戦ったのだという事実を、われわれの歴史から消し去ってはならない。

〈上島嘉郎からのお知らせ〉
●大東亜戦争は無謀な戦争だったのか。定説や既成概念とは異なる発想、視点から再考する
『優位戦思考に学ぶ─大東亜戦争「失敗の本質」』(PHP研究所)
http://www.amazon.co.jp/dp/4569827268

●慰安婦問題、徴用工問題、日韓併合、竹島…日本人としてこれだけは知っておきたい
『韓国には言うべきことをキッチリ言おう!』(ワニブックスPLUS新書)
http://www.amazon.co.jp/dp/484706092X

●拉致問題啓発演劇『めぐみへの誓い─奪還』の公演予定
http://www.rachi.go.jp/index.html
入場無料ですが事前申し込みが必要です。

関連記事

コラム

【三橋貴明】安全保障的な思考

コラム

【佐藤健志】ワイズ・ファイティングと「不戦勝の誓い」

コラム

【上島嘉郎】地獄への道は…

コラム

【上島嘉郎】追悼 西部邁先生

コラム

【小浜逸郎】東部戦線、異常だらけ

【上島嘉郎】太平洋戦争ではなく大東亜戦争への2件のコメント

  1. たかゆき より

    あの戦争と この戦争

    この戦争とは、、
    情報戦 歴史戦 そして
    アメリカからの独立戦争

    この三戦に勝利しないかぎり日本は溶けてなくなる(たぶん)

    あの戦争でアジア諸国は植民地支配から脱した が、、、

    日本はアメリカの植民地にされるという喜劇

    金君の戦争によって
    日本はアメリカの支配から脱した と 歴史の教科書に記載される日が訪れるのか しら ん。。。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

      1. 赤城 より

        横から失礼します。

        >この戦争とは、、
        情報戦 歴史戦 そして
        アメリカからの独立戦争

        この三戦に勝利しないかぎり日本は溶けてなくなる(たぶん)

        あの戦争でアジア諸国は植民地支配から脱した が、、、

        >日本はアメリカの植民地にされるという喜劇

        まったく同感です。
        旧日本は本土決戦せず日本人の命を多く生かすことを優先させたが、そのために肉体が生き残るために日本精神や日本民族の魂は殺した殺させた死んでしまった消してしまった。という結果になったと解釈しています。
        日本という国家は主権を失ってその後取り戻す意志もなく、名目上の主権国家でしかなくなった。その意志を持つための国家民族意識や精神を完全に捨てた失った殺した死んでしまったためでしょうね。これほどまでに動物としての意味しかない日本人という存在をここに体だけ生かしてもらっているのはまさに飼い主のアメリカ様のおかげでしょうから、飼い主に飼ってもらえさえすればまだ運がいい幸福なレベルでしょうね。その他の国が飼い主に立候補しそうだからさすがにその場合は一気に悲惨度がマックスですね。

        返信

        コメントに返信する

        メールアドレスが公開されることはありません。
        * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】大阪北部地震が導く「巨大地震」 〜速やかな対策に向...

  2. 2

    2

    【施光恒】園芸からみえる日本

  3. 3

    3

    【三橋貴明】歴史上最大の危機

  4. 4

    4

    【藤井聡】なぜ、南海トラフ地震の被害が1400兆円を超えるの...

  5. 5

    5

    【三橋貴明】どうでもいい目標が亡国をもたらす

  6. 6

    6

    【三橋貴明】有事に備える

  7. 7

    7

    【三橋貴明】日本国民は「想像力」を取り戻さなければならない

  8. 8

    8

    【藤井聡】「骨太の方針2018」で、デフレ脱却は出来るのか?

  9. 9

    9

    【平松禎史】「霧につつまれたハリネズミのつぶやき」:第四十六...

  10. 10

    10

    【三橋貴明】イタリアの転舵と日本の「最悪の世代」

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】「骨太の方針2018」で、デフレ脱却は出来るのか?

  2. 2

    2

    【藤井聡】なぜ、南海トラフ地震の被害が1400兆円を超えるの...

  3. 3

    3

    【藤井聡】大阪北部地震が導く「巨大地震」 〜速やかな対策に向...

  4. 4

    4

    【藤井聡】「財政健全化投資」こそが、財政再建のために必要であ...

  5. 5

    5

    【藤井聡】「『歴史の謎はインフラで解ける』 〜政府投資こそが...

MORE

最新記事

  1. 日本経済

    【平松禎史】「霧につつまれたハリネズミのつぶやき」:第...

  2. コラム

    【施光恒】園芸からみえる日本

  3. 日本経済

    【三橋貴明】有事に備える

  4. 政治

    【藤井聡】大阪北部地震が導く「巨大地震」 〜速やかな対...

  5. 日本経済

    【三橋貴明】日本国民は「想像力」を取り戻さなければなら...

  6. 日本経済

    【三橋貴明】どうでもいい目標が亡国をもたらす

  7. 日本経済

    【三橋貴明】歴史上最大の危機

  8. 日本経済

    【三橋貴明】凋落する科学技術力を食い止める

  9. 欧州

    【三橋貴明】イタリアの転舵と日本の「最悪の世代」

  10. 政治

    【小浜逸郎】所有者不明の土地対策は、爆買いを誘発する

MORE

タグクラウド