アジア

2017年8月31日

【小浜逸郎】東部戦線、異常だらけ

From 小浜逸郎@評論家/国士舘大学客員教授

今年に入って14回目。

儀式のようになった北朝鮮のミサイル発射ですが、
8月29日の発射では、襟裳岬上空を通過し、太平洋上に落下。
迎撃措置は取りませんでした。

本土上空を通過したのは、2007年以来とのこと
(当時は人工衛星と発表されていました)。

安倍総理大臣は、
「我が国の安全保障にとって、これまでにない深刻かつ重大な脅威」
と発表し、「断固たる抗議を北朝鮮に対して行」うとともに、
「国連安保理に対して、緊急会合の開催を要請し」、
「さらなる圧力の強化を国連の場において求め」、
「いかなる状況にも対応できるよう、
緊張感をもって国民の安全・安心の確保に万全を期して」いくと発表しました。
http://www.yomiuri.co.jp/matome/20170416-OYT8T50000.html

毎度の決まり文句で、何とも空しく響きますね。
「断固たる抗議」なんて効くわけないのに。

万全を期するとは、いったい何をやるというのでしょうか。

次の措置も空しいとしか言いようがありません。

政府は発射直後、全国瞬時警報システム「Jアラート」を通じて、
北海道・東北などの住民に避難を促した。(同記事)

Jアラートを発令した地域は、
北海道、東北各県、北関東、新潟など、
12の地域にまたがっています。

こんな広い地域に警報を発令して、
そこに住む膨大な住民の人たちはどうすればいいというのでしょうか。

できること、やるべきこと、何にもありませんよね。

いくつかの自治体で避難訓練をやっている映像を
テレビで見たことがありますが、滑稽そのものです。

駆り出されている人たちも緊張感はまったくなく、笑ってさえいました。

北朝鮮のミサイル発射については、さまざまな事情により、
日本独自の抑止策はほとんど不可能です。

それを裏づけるため、信頼のおける情報を並べてみましょう。

1.
北朝鮮の貿易は、カギを握っているはずの中国に9割依存している。
仮に(ほとんど考えられませんが)、中国が北への石油輸出を止めたとしても、
ロシアからの輸入を倍増させることが可能である
(現在ロシアからの輸入は中国の六分の一)
http://news.livedoor.com/article/detail/12980205/

2.
国連安保理の制裁決議があっても、中国やロシアが守るかどうかきわめて怪しい。

3.
北朝鮮の存在は、中露にとって、米国および
その同盟国の圧力に対する緩衝地帯の役割を果たしている。
金正恩体制が崩壊することは、
中露が米と直接対峙する事態を招き、彼らにとって思わしくない。

4.
北朝鮮に実質的な影響を与えている中国の北部軍区は、
江沢民派が支配しているので、習近平主席は、
たとえトランプ大統領からの協力要請に応じる気があったとしても、何もできない。
https://38news.jp/politics/10321

5.
今年4月初めに北朝鮮が発射したミサイルは、中国製の弾道弾である。
中国製の弾道弾には暗証チップが組み込まれており、
暗証コードがなければ発射出来ないそうである。
推測だが、このほかにも、これまで発射されたミサイルが
中国製であることが十分考えられる。
そうして、この中国製ミサイルを管理しているのは
おそらく北部軍区である。
ことほどさように、北部軍区と北との結びつきは強いのである。
実質的には中国は、北のミサイル発射を強力にサポートしているわけだ。

6.
日本の現在の防衛力、防衛体制では、
どこに飛んでくるかわからないミサイルを迎撃することはきわめて困難である。
PAC3は沖縄を含め全国に16基しか配備されておらず、
また海上からの迎撃が可能なイージス艦も3隻にすぎないので、
予告なしの攻撃にはとても対処できない。
また、核基地やミサイル基地に対する先制攻撃も、
理論上は可能だが、諸般の事情によりまず無理。

7.
北朝鮮は、米国との直接対話を通して核兵器保有を
認めさせるために武力行使をしているので、
米国がそれを認めない限り(認めるはずがありませんが)、
対話は不成立である。
ティラーソン国務長官の先の対話ほのめかしは、ポーズのみ。
したがって北朝鮮は、いつまでも、ボカボカと
日本近海あるいは西太平洋にミサイルを撃ち続けることをやめない。
これは、米の同盟国・日本の弱点を知悉した北の、
いわば武力による「瀬戸際外交」である。
先になされたグァム近海への発射予告の実行を
引き延ばしているのも、その一つの手である。
今回の発射は飛行距離がグァムに近いところから見て、
グァムにだってこの通り撃てるぞというアッピールの意味があるだろう。

8.
日本は北朝鮮と国交がないので、
政府にとって有効な情報の直接入手や、
外交交渉による圧力のかけようがない。
たとえこれらができたとしても、
いまの外務省の体たらくでは、その限界は推して知るべし。

9.

日本人一般に危機意識が不足している。
たとえあったとしても、それを活かすための
新たな実践的方策がとられていない。
財務省が防衛予算倍増を阻止しているからである。

というわけで、結局は、いつも通り、アメリカ親分の
意向に全面的に依存するしかない、というのがいつわらざる実情なのです。

しかし覇権崩壊と内政危機を抱えるいまの親分に依存しても、
それが役に立つかどうかは、はなはだ心もとない。

なので、核武装の可能性も含めた自主独立・自主防衛の
必要を訴え続けることはぜひとも必要ですが、
情けないことに、政府がそれを積極的に進めようという気配はまったく感じられません。

本来なら、わが国にとっての緊急事態なのですから
(それはもうずっと前から続いてきたのですから)、
政府は直ちに特別予算を組んで、
国防のためのあらゆる手段を速やかに講ずるべき「だった」のです。

普通の国なら、とっくにそうしているでしょう。

北朝鮮問題に関して唯一、理想的で、
かつ実現可能な方策として考えられるのは、次のシナリオです。

これもアメリカ親分にやってもらうほかないのですが。

アメリカが戦後行なった戦争で唯一成功したのは、湾岸戦争でした。

この時のスピーディーな処理に学ぶべきです。

つまり、当時よりもはるかに進歩している
ハイテク軍事技術を駆使して、北朝鮮の核基地、ミサイル基地を
ピンポイント攻撃で一挙に破壊します。

金正恩体制を崩壊させるための斬首作戦も
同時並行的に遂行すべきでしょう。

韓国や日本を巻き込んだドンパチは、犠牲が大きすぎるので禁じ手。

さてこれが成功したとして、代替政権の樹立に当たって、
中露が黙っているはずはなく、世界大戦の危機は
いっそう高まるかもしれません。

しかし、北と話し合うよりは、中露相手のほうが
まだ対話の可能性があります。

大国同士のプライドがそれを許すのです。

【小浜逸郎からのお知らせ】

●小浜逸郎ブログ「ことばの闘い」
http://blog.goo.ne.jp/kohamaitsuo

●最近著
『13人の誤解された思想家』(PHP研究所)
『デタラメが世界動かしている』(PHP研究所)
『なぜ人を殺してはいけないのか・増補版』(PHP研究所)

●雑誌掲載原稿
「誤解された思想家たち(23) 鈴木正三」(『表現者』70号)
「誤解された思想家たち(24) 伊藤仁斎」(『表現者』71号)
「誤解された思想家たち(25) 山本定朝」(『表現者』72号)
「誤解された思想家たち(26) 荻生徂徠」(『表現者』73号)
「誤解された思想家たち(27) 石田梅岩」(『表現者』74号)

●ネットテレビ

★チャンネル桜「闘論!倒論!討論!」出演
「世界は今、そしてこれからー西部邁氏を囲んで」
https://www.youtube.com/watch?v=FHEalfD_4wc&t=1420s

★Channel Ajer出演
「日本の民主主義が正しく機能していない」
http://ajer.jp/video/search?k=%E5%B0%8F%E6%B5%9C%E9%80%B8%E9%83%8E&x
「公共投資を増やさなければ日本は亡びる」
https://www.youtube.com/watch?v=1cjSk_5JePE&t=3s
「トランプ氏の難民政策は自由への裏切りではない」
https://www.youtube.com/watch?v=pA6Ij3d6uyk&t=351s
「『日本学術会議』というアホ集団」
https://www.youtube.com/watch?v=koo25PgOUUE
「経済音痴が日本を滅ぼす」
https://www.youtube.com/watch?v=RnKTp8YjAlU
「今後の政局、ヤな予感」
https://www.youtube.com/watch?v=YoIpBs3qwro

関連記事

アジア

【上島嘉郎】パクパクの自由とカエルの楽園

アジア

【三橋貴明】日本の正しい貧困対策

アジア

【小浜逸郎】「新」国家改造法案

アジア

【三橋貴明】安倍政権は移民推進内閣である

アジア

【三橋貴明】自業自得の認識がスタートライン

【小浜逸郎】東部戦線、異常だらけへの4件のコメント

  1. 神奈川県skatou より

    世界政府がない現状、外交と軍事は両輪であります。
    軍事力行使、軍事的示威行為、どれも国家のマネジメントの
    俎上だと思われます。
    ならば北朝鮮が日本を攻撃する、威嚇でなく、の理由はあるか、考えてみました。なにせ反撃しない国ですから。日本は。チャンスです。

    日本が列強に見なされたのは日清、日露戦争により、アジアの大国を破り、ユーラシアの帝国を打ち負かしたからです。つまり、今に続く日本の地位の源流は、シナ、ロシアを踏み台にしたものです。

    北朝鮮が日本を限定的でも実際に攻撃し、日本が軍事的反撃をできなかった場合、つまりアメリカが米朝和平を最優先した場合、中国は東、東南アジアの覇権を手に入れ、ロシアは緩衝地帯を確保し、韓国は同胞に喝采するでしょう。北朝鮮はどれだけ彼らに恩を売ることが出来るでしょう?それが核弾道弾だけでない、北朝鮮の存続戦略ならば?

    逆に日本が主体、米軍が援軍として北朝鮮の王朝崩壊、核関連技術の壊滅を行った場合、その結果で国連常任理事国入り以上のものをえることができるのではないでしょうか。
    国連(連合国)なんてやめて、日英米で調整組織を作れるか。

    要は米がグローバリズムに邁進するのかどうか、正念場なのかもしれません。ポストグローバルの世界を語る言葉をアメリカが持っているでしょうか。持っていなければ、日本かイギリスが、それを語るのでしょうか。
    ずいぶん剣呑になりそうです。読み違い、検討不足が怖いですね。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. Komiyet より

    テレビを見ている人が知っている知識をなんでわざわざ書くの?

    みんなが知ってるよ。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. robin より

    総理「安心して下さい!(米国とか国連は)万全です!」って日本国の安全保障の話は出来ないのか。敗戦国にあるのは従属国なりの主権なのか。北朝鮮という狂犬?を嗾ける北部軍区と米軍という虎の威を借る狐?(日本)、ニュースに出るのは上澄だけでマスコミは過剰な言葉で視聴者を催眠状態にして思考停止させるのか。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  4. あまき より

    我が国上空を通過した弾道ミサイルは、人工衛星と自称するものを含め1998年8月テポドン1号、2009年4月銀河2号、2012年12月光明星3号2号機、2016年2月飛翔体の4発、今回の火星12による物騒なウェイクアップ・コールが5発目。「これまでにない深刻かつ重大な脅威」と安倍首相が述べた由だが、どの辺りが「これまでにない」のか説明に乏しい。今回初めて上空通過の脅威を経験したかのような認識に聞こえる。

    言葉を尽くしていないと感じるのは、防衛予算もろくろく増額せず「断固抗議」の類いを繰り返す点にも感じられる。核実験を興されても選挙カーのウグイス嬢よろしく連呼反復するのみ。

    言論の自由が憲法で保障されている我が国においては、北朝鮮の核保有を認めようとする向きが左に存在し、また核兵器保有の検討を求める声が右にある、度重なる北朝鮮の示威行動はこれらの一部世論を拡大に導き、核不拡散の国際世論に同調する日本政府の立場を我が国内部から危うくするもので、まったく認められない、くらいのことがなぜ言えないのかと思う。佐藤健志さんの登用を官邸に急ぎ求めたい。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】スラムに消えた情けない男の話

  2. 2

    2

    【三橋貴明】続 財務省が日本を滅ぼす

  3. 3

    3

    【三橋貴明】財務省主権国家

  4. 4

    4

    【島倉原】インドブームに思うこと

  5. 5

    5

    【三橋貴明】共犯者育成プロパガンダ

  6. 6

    6

    【佐藤健志】若者が政治に求めているのは「結果」だ

  7. 7

    7

    【上島嘉郎】〈朝日新聞、死ね〉はただの暴言か

  8. 8

    8

    【藤井聡】「日本が再び、被爆国となる」という、今そこに在る危...

  9. 9

    9

    【浅野久美】君のいない場所

  10. 10

    10

    【三橋貴明】三橋貴明の「人手不足解消合宿」

MORE

累計ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】大阪都構想:知っていてほしい7つの事実

  2. 2

    2

    【藤井聡】「公明党・大阪市議団が日本を破壊する」というリスク...

  3. 3

    3

    【藤井聡】「橋下入閣」は、日本に巨大被害をもたらします。

  4. 4

    4

    【藤井聡】「日本が再び、被爆国となる」という、今そこに在る危...

  5. 5

    5

    【三橋貴明】人間の屑たち

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】人手不足は利益拡大の絶好のチャンスだ!

  2. 日本経済

    【三橋貴明】三橋貴明の「人手不足解消合宿」

  3. コラム

    【浅野久美】君のいない場所

  4. メディア

    【上島嘉郎】〈朝日新聞、死ね〉はただの暴言か

  5. 日本経済

    【島倉原】インドブームに思うこと

  6. 政治

    【佐藤健志】若者が政治に求めているのは「結果」だ

  7. 政治

    【藤井聡】スラムに消えた情けない男の話

  8. 日本経済

    【三橋貴明】共犯者育成プロパガンダ

  9. 日本経済

    【三橋貴明】財務省主権国家

  10. 日本経済

    【青木泰樹】単位労働コストの見方

MORE

タグクラウド