アーカイブス

2013年9月2日

【三橋貴明】売国ビジネス

FROM 三橋貴明

【今週のNewsピックアップ】

●刑務所の稼働率
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11601397954.html

●ミャンマー 驚きの素顔
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11602133894.html

前回、本メルマガで取り上げた「ミャンマー」の政商と軍官僚との「癒着」の問題が、産経新聞に取り上げられていました。産経の記事には、

「現地の事情通は「政商は政権幹部に食い込み、賄賂と引き換えに事業の許認可を独占的に得ていった。欧米の経済制裁の下で、政権も彼らを経済発展、開発の担い手として使った」と解説する。」

とありますが、何となく「現地の事情通」が誰かわかったような気がいたします(笑)。実際、現地に常駐している日本人は、誰でも同国の「所得格差」に気がつくでしょう。何しろ、月収が日本円で9000円程度のミャンマーで、日本の中古車が新車価格の二倍以上で売られているのです。書き間違いではありません。日本の中古車が、新車の二倍の価格で売られているのがミャンマーです。しかも、国民の平均月収は9000円。

「い、一体、これはどうなっているんだ〜っ!!!!」

というのが、実は「ミャンマー驚きの素顔(http://www.amazon.co.jp/dp/4408110205/)」を書くことを決心した最大の動機だったりします。ちなみに、ミャンマーは世界で最も「日本車率」が高い国です。(日本よりも高いと思います)

それはともかく、公共交通機関が発達しておらず、民族資本の自動車企業が存在しないミャンマーでは、外国からの輸入車が経済やビジネスの必需品です。そういう意味で、ミャンマーはギリシャと似ています。ギリシャも交通交通機関が貧弱で、国民車が存在しません(というわけで、ドイツ車だらけ)。

日本の「中古車」に対する需要が大きいミャンマーで、中古車輸入を「独占」することができれば、これはもう「巨万の富」を築くことが可能なわけです。そして、軍事独裁のミャンマーは、以前はあらゆる経済活動が「認可制」でした。特に、外国からの製品輸入が「認可制」だったのは、これはミャンマーの国民経済にとって極めてよろしくない状況といえます。すなわち、認可を下す「誰か」と結びついた政商が、所得を独占することを可能としたのです。

さて、ミャンマーから遠く離れたアメリカでは、刑務所や少年院までもが民営化され、コンセッション方式により「企業の美味しいビジネス」になっています。
民間刑務所株式会社は、刑務所の運営という「サービス」を供給することで、行政府から「サービス費用」の支払いを受けます。
問題なのは、刑務所株式会社に支払われるおカネが、刑務所の稼働率で変わってくるという点です。
犯罪者が多ければ多いほど、収監された受刑者が長くいればいるほど、刑務所株式会社は売上を増やすことができます。
もちろん、刑務所株式会社に支払われたおカネの出所は、国民の税金です。ということは、論理的には、

「本来は収監不要な人間を長く収監すればするほど、刑務所株式会社の売上は高まり、国民が余計な負担を強いられる」

ということになります。不当に収監される人に対する人権侵害であるのはもちろんのこと、国民から制度的にレントを吸い上げるという点でも問題です。

ん・・・・? 上記の構図、何かに似ていませんか? そう、FIT(再生可能エネルギーの固定価格買取制度)です。

アメリカ(及び日本)の公共サービスの「民営化」を調べれば調べるほど、

「ああ、彼らにとって【あの国】が理想なんだなあ・・・・」

ということが分かってきます。

【あの国】とは、ミャンマーではなく、中華人民共和国でございます。

PS
月刊三橋「アメリカ格差社会〜グローバル資本主義の悪夢」の配信は9/10まで。
今ならお試し音声を聞けます↓
http://www.keieikagakupub.com/sp/38NEWS_SAMPLE/index_usa_mag_sl.php

PPS
10月号は「尖閣」がテーマです。日本の防衛問題の本質とは?

関連記事

アーカイブス

【三橋貴明】日本国を亡ぼす情報の間違い

アーカイブス

[三橋実況中継]NHKとの訴訟

アーカイブス

【渡邉哲也】マスコミが報じない水面下の戦い

アーカイブス

【佐藤健志】驚異! 九条せんべい

アーカイブス

【三橋貴明】国難をもたらしたのは、誰なのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【三橋貴明】財務省にとっての痛恨の一撃

  2. 2

    2

    【藤井聡】「令和ピボットニュース」にご登録ください!

  3. 3

    3

    【室伏謙一】政策評価は緊縮財政推進ためのものか?

  4. 4

    4

    【小浜逸郎】なぜ経済問題は敬遠されるのか

  5. 5

    5

    【藤井聡】『消費税増税の「リスク」に関する有識者会議」を開催...

  6. 6

    6

    【藤井聡】財務省が紹介した「有識者のMMT批判」の「間違い」...

  7. 7

    7

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

  8. 8

    8

    【三橋貴明】「MMTポリティクス」

  9. 9

    9

    【三橋貴明】アメリカ版「国の借金時計」があった!

  10. 10

    10

    【竹村公太郎】不思議な日本共同体(その1)江戸の強固な流域封...

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

  2. 2

    2

    【藤井聡】財務省が紹介した「有識者のMMT批判」の「間違い」...

  3. 3

    3

    【藤井聡】『消費税増税の「リスク」に関する有識者会議」を開催...

  4. 4

    4

    【藤井聡】政府の支出拡大が財政を健全化することを「数学的に証...

  5. 5

    5

    【三橋貴明】ネーデルラント連邦共和国の勝利

MORE

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】「MMTポリティクス」

  2. 日本経済

    【藤井聡】「令和ピボットニュース」にご登録ください!

  3. 日本経済

    【小浜逸郎】なぜ経済問題は敬遠されるのか

  4. 政治

    日本経済

    【室伏謙一】政策評価は緊縮財政推進ためのものか?

  5. 日本経済

    【三橋貴明】財務省にとっての痛恨の一撃

  6. 日本経済

    【三橋貴明】アメリカ版「国の借金時計」があった!

  7. 未分類

    【竹村公太郎】不思議な日本共同体(その1)江戸の強固な...

  8. 日本経済

    【施 光恒】令和と「日本語のこころ」

  9. 日本経済

    【藤井聡】『消費税増税の「リスク」に関する有識者会議」...

  10. アメリカ

    日本経済

    欧州

    【三橋貴明】ネーデルラント連邦共和国の勝利

MORE

タグクラウド