アジア

2017年12月1日

【三橋貴明】2018年 戦争へ向かう世界(前編)

From 三橋貴明@ブログ

明日(11月30日)、徳間書店から
「2018年 戦争へ向かう世界 日本経済のラストチャンス 」
が刊行になります。

本書では、やはり「北朝鮮問題」について
大きくページを割きました。

厳密には、北朝鮮危機の深刻化、
戦争へ向かう世界、そして「何もできない日本」です。

北朝鮮が本日(11月29日)午前3時18分頃、弾道ミサイルを発射。

高度4000kmを超すロフテッド軌道で打ち出され、
青森県西の海域に落下しました。

『北朝鮮がミサイル発射、テロ支援国家再指定に反発か
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24021330Z21C17A1000000/

韓国の聯合ニュースは29日未明、
北朝鮮が同日午前3時17分ごろ、
首都平壌近郊の平安南道・平城(ピョンソン)付近から
日本海に向けてミサイル1発を発射したと報じた。

韓国軍合同参謀本部の関係者の話としている。

同軍が米軍と連携してミサイルの種類など
詳細な分析を急ぐとともに、追加挑発の
可能性に備えて警戒を強めている。

米国防総省は、ミサイルは大陸間弾道ミサイル(ICBM)の
可能性が高いとする初期分析の結果を発表した。(後略)』

小野寺防衛大臣は、今回のミサイルについて、

「大陸間弾道ミサイル(ICBM)級と判断している」

と、発言。

韓国軍は、ミサイルが高度およそ4500km
まで上昇したと発表。

過去最高の高度に達し、飛行距離は960km。

総理は北朝鮮のミサイル発射を受け、

「国際社会の一致した平和的解決への強い意志を踏みにじり、
このような暴挙を行ったことは断じて容認できません。
北朝鮮に対して厳重に抗議を行いました。」

と、語り、国連安保理の緊急会合を要請すると表明。さらに、

「引き続き強固な日米同盟のもと、
高度の警戒態勢を維持し、
国民の命と平和な暮らしを守り抜いて参ります。」

と発言していますが、現実問題としてロフテッド軌道で
日本に「着弾」する形でミサイルを撃たれると、
現在の技術では迎撃は困難です。

11月27日、欧州のシンクタンクである
ECFR(欧州外交評議会)が、北朝鮮の
「核攻撃」の標的リストを公表しました。

ECFRは、

「北朝鮮の情報源から、核攻撃の標的となる
可能性のある場所のリストを作成することができる」

と報告し、具体的には
東京、横浜、名古屋、大阪、京都、
ソウル、グアム、マンハッタン、D.C.
などを挙げています。

ECFRの報告書では、

「平壌は、アジア太平洋の米軍の拠点と
米本土の都市を襲う準備ができていると、脅迫を繰り返している」

「日本の都市はより明確に標的とされており、
それには東京、大阪、横浜、名古屋、京都が含まれている」

と、明記されているのです。

日本の都市はより明確に標的にされている。

ロフテッド軌道でミサイルを撃たれると、
現在の技術では極めて困難。

これが、日本が置かれている現実なのです。

まずはこの現実を認めて、我々日本国民に、
あるいは日本国に何ができるのか冷静に見極め、
政治的に声を出す必要があります。

「2018年 戦争へ向かう世界 日本経済のラストチャンス 」
でも取り上げましたが、日本の安全保障強化を妨害する
二つの壁のうち、憲法九条第二項の改正は
あまりにもリスクが高く(下手をすると否決されかねない)、
さらに時間的にも間に合いません。

というわけで、とにもかくにも
二つ目の壁である「PB黒字化目標」は
何としても破棄しなければなりません。

その上で、敵基地反撃能力の議論を進め、
早急に予算措置をとる。

非核三原則見直し、核武装の議論を始める。

各家庭や公共施設に対し、核シェルター整備を
推進する特別法を成立させ、予算措置をとる。

そして、恐らく最も重要なのは、

「現行法や韓国政府との関係では、
朝鮮半島が戦場になったとしても、
自衛隊が邦人救出に向かえない可能性がある」

ことを、政府が明確に国民に知らせることです。

次なる安保理決議は、北朝鮮にとって
「最後の一撃」になる可能性が高いと思います。

世界はまさに「戦争」へと向かってるのです。

総理は「国民の命と平和な暮らしを守り抜いて参ります」
と宣言するならば、「具体的な措置」に
踏み込まなければなりません。

この期に及んで「敵基地反撃能力は議論もしない」
などとやっているのでは、とてもではないですが、
日本政府に国民を守る意志があるなどと信じることはできません。

PBというバカげた「カネの目標」に固執し、
日本国民の生命や財産が害されたとき、
安倍総理は「亡国の総理大臣」として
歴史に名を残すことになるでしょう。

関連記事

アジア

【浅野久美】遠い志

アジア

【藤井聡】「景気対策としての大型補正」と「教育国債」で、アベノミクスを完了すべし

アジア

【三橋貴明】2018年 戦争へ向かう世界(中編)

アジア

【平松禎史】「霧につつまれたハリネズミのつぶやき」第丗八話

アジア

【佐藤健志】「日本の防衛は万全だ」と閣議決定せよ!

【三橋貴明】2018年 戦争へ向かう世界(前編)への2件のコメント

  1. 紅川 より

    来年度予算で防衛費は5.2兆円が要求された。その殆どが人件費等の自衛官への直接費用、武器開発費用は1兆円程しか計上されていない。
    500兆円の経済規模に掛けられている保険が5兆円。
    GDPの1%枠という何の根拠もないものに日本の安全保障は縛られてきた。
    結果、現状では相手が攻めてこないことを祈るだけしか出来ない国にしてしまった。
    これは、それを良しとした日本国民の責任なのです。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. たかゆき より

    PB

    プレイボールの声が掛りつつあるのに
    プライマリーバランスで簀巻きにされボックスに立たされる、、

    タマを打ち返すどころか 顔面直撃のタマすら除けられない。。

    チームアメリカでプレイなんてするから この体たらく、、、

    現在の情勢は準戦時
    ということで 
    戦時国債を発行し
    多目的に利用可能な災害時避難施設の建設

    ならびに 敵基地反撃能力として核武装した原潜配備をすべきかと、、

    まあ チームアメリカの一員のままだったら
    アメリカ様の盾のまま
    敵にも味方(一応)にもナメられる

    原潜配備どころか タマを打ち返すことさえ許してもらえないタマ拾い

    貴様らタマつけてんのか(失礼) と
    申し上げたい今日この頃でございます。。。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【小浜逸郎】技術文明との向き合い方

  2. 2

    2

    【三橋貴明】民主主義国「日本」最悪の問題

  3. 3

    3

    【竹村公太郎】西部邁先生の教え

  4. 4

    4

    【三橋貴明】おカネとは何なのか?

  5. 5

    5

    【三橋貴明】日本国の縮図

  6. 6

    6

    【三橋貴明】またもや「デフレ型」経済成長

  7. 7

    7

    【藤井聡】危機と対峙する保守思想誌、『表現者クライテリオン』...

  8. 8

    8

    【三橋貴明】言葉を正す

  9. 9

    9

    【三橋貴明】イタリアの「国の借金」問題

  10. 10

    10

    【三橋貴明】移民問題の「国民 対 国民」

MORE

累計ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】大阪都構想:知っていてほしい7つの事実

  2. 2

    2

    【藤井聡】「公明党・大阪市議団が日本を破壊する」というリスク...

  3. 3

    3

    【藤井聡】「橋下入閣」は、日本に巨大被害をもたらします。

  4. 4

    4

    【藤井聡】「日本が再び、被爆国となる」という、今そこに在る危...

  5. 5

    5

    【三橋貴明】人間の屑たち

最新記事

  1. 欧州

    【三橋貴明】イタリアの「国の借金」問題

  2. 日本経済

    【三橋貴明】民主主義国「日本」最悪の問題

  3. 日本経済

    【三橋貴明】おカネとは何なのか?

  4. 欧州

    【三橋貴明】移民問題の「国民 対 国民」

  5. 日本経済

    【三橋貴明】またもや「デフレ型」経済成長

  6. コラム

    【小浜逸郎】技術文明との向き合い方

  7. 日本経済

    【三橋貴明】日本国の縮図

  8. 日本経済

    【三橋貴明】リニア新幹線と文房具、あるいはカローラ

  9. 日本経済

    【三橋貴明】平時の「ムダ=余裕」

  10. 日本経済

    【三橋貴明】言葉を正す

MORE

タグクラウド