アーカイブス

2015年7月27日

【三橋貴明】日本の神様

FROM 三橋貴明 http://keieikagakupub.com/38news/

【今週のNewsピックアップ】
生産年齢人口対総人口比率
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12052854948.html
若者が貴重になる国の幸運
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12053201013.html

「私は、神様を信じてゐるのです。私の神様といふのは、日本の八百万の神々をはじめ、釈迦も孔子も、また耶蘇も、全てを含んだ神様です。人間、自分よりも上のものがないと、どうも自惚れていけません。自惚れが出ては、人間もおしまひです。神様を忘れると、人間が破滅するばかりです。」
といえば、「コレキヨの恋文」の高橋是清の名台詞ですが、実は上記は元々は「高橋是清:著『随想録』」に是清自身が書いた文章なのです(ほぼ引用です)。

三橋も、日本に神様はいると信じていますよ。さもなければ、デフレで国民の所得が減り、貧困化が続いている環境下において、
「少子高齢化により、生産年齢人口対総人口比率が低下し、インフレギャップが拡大することで人手不足が深刻化する」
という、「プレゼント」的な機会がめぐってくるはずがないじゃないですか。日本は少子高齢化によるインフレギャップ拡大を「好機」として捉え、生産性向上のための投資(設備投資、人材投資、公共投資、技術開発投資)におカネを投じることで、再び目覚ましい経済成長率を取り戻せるのです。
とはいえ、現実の安倍政権といえば、「経済成長の機会」を逆効果の政策で潰そうとしています。外国移民受入や労働規制の緩和、緊縮財政、TPP、農協改革、発送電分離などなど、安倍政権の経済政策はマクロ的に逆効果な上に、国家の安全保障を弱体化させ、日本国家を最終的には「亡国」へと導くものばかりが目立ちます。

特に、農協改革や「競争を前提とした地方創生策」は、地域消滅を加速させ、最終的に人口を都市部、特に首都圏へと集中させることになるでしょう。
世界屈指の自然災害他国であり、人口が「分散」していなければ、非常事態時に「お互いに助け合えない」国である我が国が、地域消滅と都市部への人口加速を促す政策を推進したら、どうなるか。

東京圏の人口が日本全土の過半を上回るような異常事態になった段階で、首都直下型地震が発生。日本は「国家存亡の危機」を迎えることになります。
日本の神様は、優しく、そして意地悪です。

日本の政治家が、あるいは日本国民が、「日本国のため」を思って日々、努力を重ねたとき、日本の神様は微笑んでくれます。そうではなく、一部のグローバル投資家のための政治を続け、国民をないがしろにしたとき、天罰が下ります。

信じられないかも知れませんが、三橋は本気でそう思っています。だからこそ、日々、様々な荒唐無稽な批判、誹謗中傷、人格攻撃を受けつつも、ひたすら「日本国の経世済民のため」の政策を訴え続け、安倍政権の経済政策を批判しているわけでございます。

三橋も、神様を信じているのですよ。

PS
強制徴用で騒ぐ韓国が仕掛けた罠とは?
月刊三橋の今月号のテーマは、「歴史認識問題」です。
https://www.youtube.com/watch?v=vGLmma-WA14&feature=youtu.be

関連記事

アーカイブス

【三橋貴明】御用学者たちの真実

アーカイブス

【三橋貴明】分散して暮らす国民を市場的に統合する

アーカイブス

【藤井聡】一体、どの<アベノミクス>なのか?

アーカイブス

【藤井聡】消費増税ショックで「日本の貧困化」が進行しています。

アーカイブス

【施 光恒】日本印度化計画

【三橋貴明】日本の神様への6件のコメント

  1. akkatomo より

    日本の神様は信仰するに値します。ですから、現状の風潮が続けば過たず天誅を下すでせう。日本に神なるものがいるとして現状の日本を見たならば、どう思うか。ヤーウェの神辺りに感想を述べさせれば、かういう愚昧の民は一掃してしまへ、そう言われても仕方のない有様でございましょう。現人神にあらせられる陛下におかれましては、そうとまでは仰られないでせうが何事につけ限界というものは御座います。我が国は今、文字通り分水嶺にいるのでしょう。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. ぬこ より

    >日本の神様は、優しく、そして意地悪です本当にこうですよね(笑)、国民を試してるちゅうか、修行させているちゅうか…ちなみに、先日、香取神宮に行きましたのん。小生が大鳥居に差し掛かった時、カラス様が鳥居の上に停まりましたのん。来月、伊勢の神宮にも行きたいちゅうて思いマウスのん。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. メガゾーン より

    >自惚れが出ては、人間もおしまひです。神様を忘れると、人間が破滅するばかりです。 日本メディア媒体は既に陥っている気がします。戦後世代メディアのネオリベ的公共叩き、偏・反共は、ある面、自由の侵害であり、戦前のスパイ、コミンテルンの裏返しに過ぎなく、新手のスパイ、エコノミンテルン・タケナカに業界は侵されている。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  4. robin より

    日常的に食事の前に「頂きます」と手を合わせたり神社で柏手を打ち墓前で心静かに手を合わせる習慣があれば自然と日本や日本と運命を共にする(将来の)自分達に思いを馳せ、互いに感謝・尊敬の念が生まれるのではないか。一方テレビでは中身も無く言葉=プロパガンダの道具以外の何物でもなくインスタントな権力を求める有象無象が跋扈してるように見える。彼らは事件や不幸がある度縋り付いてくる大衆を見て内心興奮してるのか。安易な共感の求めに応じれば不安定な心象に大きい音に反応するおもちゃのようなものにされそうで内心恐ろしくある。過剰な富の蓄積によって国境を自由自在に行き来するグローバル投資家に守りたい国はあるのか。大金持が尊敬される社会は嫉妬と裏表で足の引っ張り合いになる。権力者を信仰し畏怖する社会は碌なものじゃなさそう。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  5. 福迫智美 より

    いつも三橋先生が発信されるメッセージから、新たな価値観をいただき、先生と同時代に産まれる事が出来たことを、心から感謝しております。発想の転換以上に、わたくしの中で何か生きるパワーの様なものも、先生には大きく育んでいただいております。日本の神様は懐が深いと感じます。様々な試練を与えられますが、私たちが失敗し、考え、反省し、正しい方向に修正していけるよう、きっと気長に見守って下さっている。試練を超えた後、気付けば以前より成熟した社会になってたら素敵だなと思います。その時に、神様が与えた試練は罰ではなく、愛だったんだと、感じることが出来た人は幸せ者ですね。日本が抱える問題は、まだ乗り越えられる可能性があるものばかりですから、三橋先生のような方を通して、国民がちゃんと真実知ることが大事だと思います。知らないだけなら、日本人の民意はきっと高いと思いますので、知ることで何かが確実に変わるはずです。きっと日本の神様は、何十年何百年も、慈愛に満ちた目で、涙を流しながら見守って下さるんでしょうね。「神」という言葉は、歴史上で散々利用されてきた単語ですし、単一の「神」を信じる人が団体化してしまうと、あまりにも排他的になってしまうので、「神」という単語は誤解されやすいですね。悲しいことですが。眉つばな霊能者も多いですし。現代の人には、「宇宙を創造したエネルギー」といった方が、納得がいくのかもしれませんね。大自然を前にした時に、畏敬の念が沸き起こるあの感覚ですね。今回の三橋先生のメッセージが、反三橋派に、三橋教だとレッテル張りに利用されることがあれば、レッテルを張る人たちは、余りにも無責任で、心が貧しい人だと思います。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  6. 神奈川県skatou より

    三橋先生をいつも熱く応援しております。自分も「太刀打ちできない現実」「理屈でも洞察でも覗けない深淵」を感じて、神というほかない、昔のひとが、たどり着いたとおなじ境地を持つことがあります。そして日々過ごす中で、己の行為が裏目にでるときは、神のことわり(理)とすこし外れたことをやっているのかと、用心を喚起したりするものです。ただそれは、唯唯諾諾と現実に従うのでなく、対話なのだと、思っております。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【小浜逸郎】技術文明との向き合い方

  2. 2

    2

    【三橋貴明】民主主義国「日本」最悪の問題

  3. 3

    3

    【三橋貴明】おカネとは何なのか?

  4. 4

    4

    【竹村公太郎】西部邁先生の教え

  5. 5

    5

    【三橋貴明】またもや「デフレ型」経済成長

  6. 6

    6

    【藤井聡】危機と対峙する保守思想誌、『表現者クライテリオン』...

  7. 7

    7

    【三橋貴明】イタリアの「国の借金」問題

  8. 8

    8

    【三橋貴明】実質消費の四年連続減少が意味するもの

  9. 9

    9

    【三橋貴明】移民問題の「国民 対 国民」

  10. 10

    10

    【三橋貴明】言葉を正す

MORE

累計ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】大阪都構想:知っていてほしい7つの事実

  2. 2

    2

    【藤井聡】「公明党・大阪市議団が日本を破壊する」というリスク...

  3. 3

    3

    【藤井聡】「橋下入閣」は、日本に巨大被害をもたらします。

  4. 4

    4

    【藤井聡】「日本が再び、被爆国となる」という、今そこに在る危...

  5. 5

    5

    【三橋貴明】人間の屑たち

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】人手不足のリスクとチャンス(前編)

  2. 日本経済

    【三橋貴明】実質消費の四年連続減少が意味するもの

  3. 欧州

    【三橋貴明】イタリアの「国の借金」問題

  4. 日本経済

    【三橋貴明】民主主義国「日本」最悪の問題

  5. 日本経済

    【三橋貴明】おカネとは何なのか?

  6. 欧州

    【三橋貴明】移民問題の「国民 対 国民」

  7. 日本経済

    【三橋貴明】またもや「デフレ型」経済成長

  8. コラム

    【小浜逸郎】技術文明との向き合い方

  9. 日本経済

    【三橋貴明】日本国の縮図

  10. 日本経済

    【三橋貴明】リニア新幹線と文房具、あるいはカローラ

MORE

タグクラウド