アーカイブス

2015年5月11日

【三橋貴明】「大阪市」の暴走

From 三橋貴明 http://keieikagakupub.com/38news/

——————————————————-

●●三橋貴明が実践する経済ニュースを読む技術とは?
http://keieikagakupub.com/lp/mitsuhashi/38NEWS_CN_mag_3m.php?ts=hp

——————————————————-

【今週のNewsピックアップ】
デモクラティア(前編)
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12023113820.html
デモクラティア(中編)
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12023541470.html
デモクラティア(後編)
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12023953217.html

この世に完璧な政治制度はありません。民主制を含む全ての政治制度は、欠陥を持っています。
特に、民主制は古代ギリシャの時代から「衆愚化」「扇動政治」「ポピュリズム」といった問題を抱えてきました。

興味深いことに、「民主制が機能するか否か」は、三橋が批判している「経済学(主流派経済学)」の考え方に似ています。

主流派経済学では、人間は「経済合理性」以外の価値観を持たない経済人として定義されます。全ての経済人は情報を均等に共有しており、市場で自由にモノやサービスの取引を実施することで、効用が最大化されるという「考え方」になっているのです。

とはいえ、お分かりでしょうが、この世に経済人など一人も存在しません。さらに、情報が均等に共有されるはずがありません。結局、経済人をベースにした経済学は、机上の学問に過ぎないのです。

民主制も似ていませんか?

全ての有権者が「善人」で、民主主義を悪用しようなどとは考えていない「民主人(※三橋の造語です)」であり、民主人の間で情報が均等に共有されていれば、民主制により素晴らしい政治(恐らく、人類が経験したことがない水準の)を実現することができるでしょう。

とはいえ、現実には扇動者やポピュリストが存在し、しかもほとんどの有権者は「情報」を正しい形で保有していません。十分な情報を持たない有権者が「民主人」として投票に挑む以上、「民主人ではない誰か」の思惑に沿った形の民主制にならざるを得ないわけでございます。

といいますか、三橋を含めて「民主人」などこの世に一人もいません。常に「善意」に基づき行動する人などいませんし、民主政治の下で「自分に都合がいい結果」を望んでいない人など、一人もいないでしょう。といいますか、皆が「自分に都合がいい結果」を望むからこそ、投票により決定するという民主制のプロセスがあるわけです。

要するに、民主制度を「信仰」することは、経済人をベースとした経済学を「信仰」するのと同じほどに、愚かなことなのです。

ならば、どうするのか。と、思われた方が多いかも知れませんが、結局、この世はバランスです。ナチスの例を思い出すまでもなく、民主制、民主主義は時に暴走します。暴走する民主主義に、対抗する機能が国家にあれば、何とか「革命」的なイベントを避けることが可能です。

民主主義に対抗する機能とは、時には官僚制度であり、時には(日本の場合は)皇室に代表される「権威」なのかも知れません。三橋は政治制度の専門家ではないため、これ以上、深く考察することは難しいのですが、少なくとも現在の「大阪市」では、民主主義が暴走を始めようとしているように見えます。

といいますか、例えば日本国民が民主的に「自衛隊廃止(かつ、代替の軍隊を一切持たない)」という決定を下してしまったとき、我が国はどうなるのでしょうか。間違いなく他国(というか中国)の侵略を招き、日本国という共同体が崩壊することになりますが、それでも「民主主義の結果だから、正しい」という話になるのでしょうか。

そんなはずがありません。

本稿では、あえて結論を出しません。といいますか、結論など出しようがないわけですが、いずれにせよ今回の大阪の「大阪市解体構想」の住民投票を巡り、三橋は「民主制」「民主主義」について改めて考えさせられたのでございました。

PS
もしあなたが、
日本の民主制や民主主義について考えるのなら、
この無料Videoレポートが参考になります。
http://keieikagakupub.com/lp/mitsuhashi/38NEWS_CN_mag_3m.php?ts=hp

関連記事

アーカイブス

【三橋貴明】マネタリーファイナンス

アーカイブス

【平松禎史】霧につつまれたハリネズミのつぶやき:第八回

アーカイブス

【藤井聡】最悪の未来

アーカイブス

【島倉原】奇妙な世界に(パート2)

アーカイブス

【三橋貴明】本当の意味の「将来世代の悲劇」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【三橋貴明】財務省にとっての痛恨の一撃

  2. 2

    2

    【藤井聡】「令和ピボットニュース」にご登録ください!

  3. 3

    3

    【三橋貴明】アメリカ版「国の借金時計」があった!

  4. 4

    4

    【室伏謙一】政策評価は緊縮財政推進ためのものか?

  5. 5

    5

    【小浜逸郎】なぜ経済問題は敬遠されるのか

  6. 6

    6

    【藤井聡】財務省が紹介した「有識者のMMT批判」の「間違い」...

  7. 7

    7

    【藤井聡】『消費税増税の「リスク」に関する有識者会議」を開催...

  8. 8

    8

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

  9. 9

    9

    【竹村公太郎】不思議な日本共同体(その1)江戸の強固な流域封...

  10. 10

    10

    【三橋貴明】ネーデルラント連邦共和国の勝利

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

  2. 2

    2

    【藤井聡】財務省が紹介した「有識者のMMT批判」の「間違い」...

  3. 3

    3

    【藤井聡】『消費税増税の「リスク」に関する有識者会議」を開催...

  4. 4

    4

    【藤井聡】政府の支出拡大が財政を健全化することを「数学的に証...

  5. 5

    5

    【三橋貴明】ネーデルラント連邦共和国の勝利

MORE

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】「MMTポリティクス」

  2. 日本経済

    【藤井聡】「令和ピボットニュース」にご登録ください!

  3. 日本経済

    【小浜逸郎】なぜ経済問題は敬遠されるのか

  4. 政治

    日本経済

    【室伏謙一】政策評価は緊縮財政推進ためのものか?

  5. 日本経済

    【三橋貴明】財務省にとっての痛恨の一撃

  6. 日本経済

    【三橋貴明】アメリカ版「国の借金時計」があった!

  7. 未分類

    【竹村公太郎】不思議な日本共同体(その1)江戸の強固な...

  8. 日本経済

    【施 光恒】令和と「日本語のこころ」

  9. 日本経済

    【藤井聡】『消費税増税の「リスク」に関する有識者会議」...

  10. アメリカ

    日本経済

    欧州

    【三橋貴明】ネーデルラント連邦共和国の勝利

MORE

タグクラウド