日本経済

2019年8月16日

【施 光恒】カジノと大麻と緊縮主義

From 施 光恒(せ・てるひさ)@九州大学

おっはようございまーす(^_^)/

先月末から、IR(統合型リゾート)、つまりカジノの開業に向けて、政府の動きが活発になってきました。

カジノ免許の付与や事業者の監督を担う「カジノ管理委員会」の設置や候補地の選定の話が、ニュースでよく報じられるようになっています。

本来はもっと早く進めるはずだったのですが、下記の産経の記事が伝えるように、「政府・与党内で参院選に逆風になるとの懸念」があったため、参院選が終わった先月末から動きが本格化してきました。
(;´д`)トホホ

「政府、カジノ管理委人事案を秋の臨時国会に提出へ」(『産経新聞』2019年8月1日付)
https://www.sankei.com/politics/news/190801/plt1908010005-n1.html

現政権が進めてきたカジノ解禁・開設の流れは、緊縮財政主義と大いに関係します。緊縮主義に固執しているため、カジノ解禁のような怪しげな政策に頼らざるを得なくなっているのです。

日本が約20年もの長期にわたってデフレ不況に苦しんでいるのは、政府がずっと緊縮路線をとってきたからです。

デフレのときは、合理的な個人や企業はあまりお金を使いません。デフレの時期は、物価が下がる、つまりお金の価値が相対的に上がるわけですから、モノを買うよりもタンス預金にでもしていたほうがいいからです。

個人があまりモノを買わない、つまり消費しないので、企業も投資を控えます。そうなると、ますます需要不足、つまりデフレが悪化していきます。

中野剛志さんの近著『目からウロコが落ちる 奇跡の経済教室【基礎知識編】』(KKベストセラーズ、2019年)にも、次のようにわかりやすく書いてありました。

「デフレ(需要不足)で不景気の時に、個人や企業が消費や投資を手控え、貯蓄に励むというのは、まったくもって経済合理的な行動だということです。

給料が下がっているのに、モノを買うのを増やすとしたら、その人は、明らかにおかしいでしょう。モノが売れないのに、設備投資を拡大する企業があったとしたらその企業もおかしい」(37~38頁)。

中野さんが説明するように、デフレ不況から脱却するためには、本来、政府が働く必要があります。「デフレ不況、不安よな。政府、動きます」とならなければいけません。

政府が公共投資や社会保障などで財政支出を増やし、需要を作り出さなければなりません。

あるいは、政府が民間の消費や投資を促進する必要があります。そのためには、減税が効果的です。例えば、消費税を下げる、あるいは企業に対しては投資減税を行うなどの政策をとる必要があるのです。

ですが、我が国の政府は、長らく緊縮主義に陥っており、財政支出を十分に増やそうとは決してしません。消費税に関しては、引き下げどころか10月には引き上げを断行します。

その結果、デフレ脱却はますます遠のきます。合理的な個人や企業は、消費や投資を手控え、お金をこれまで以上に使わなくなるのです。

政府は、緊縮主義に固執し、積極財政政策をとりません。その代わりに何をするかといえば、情けないことに、個人の非合理な欲求に訴えかけようとします。それがカジノです。

デフレ不況下では合理的な個人はカネを使わないんだったら、非合理な欲求に訴えかけ、金を使わせる仕組みを大々的に作りましょう!ということで始めるのがカジノというわけです。あたま痛いですね…。
┐(´д`)┌ヤレヤレ

政府は、ギャンブル依存症対策をしっかりやると言っているようですが、ギャンブルというのはどのみち非合理な欲求です。依存症に陥る人が多数出るのは目に見えています。

私は思うのですが、カジノの次は大麻解禁ではないでしょうか。政府が緊縮主義を取り続ける限り、需要を喚起するには人々の非合理な欲求に訴えかける必要があります。ギャンブルという非合理な欲求の次は、ドラッグではないでしょうかね。

米国では大麻解禁に踏み切った州がいくつかありますし、カナダでは全国規模で大麻が合法化されています。欧州でも、最近、ルクセンブルクで大麻合法化が検討されています。

日本でも、オリンピックの後ぐらいに、デフレ不況がさらにひどくなった時、「大麻解禁はグローバルな潮流だ!」「大麻特区を作り、地域創生を!」などという話が出てくるような気がします…。杞憂ならいいのですが。

カジノや大麻に頼るような「ブラック政府」になる前に、緊縮主義と決別し、真っ当な経済政策をとるようになってほしいものです。

長々と失礼しますた…
<(_ _)>

関連記事

日本経済

【三橋貴明】公共サービスは撤退してはならない

日本経済

【三橋貴明】令和の政策ピボット 賛同者数1万人突破

日本経済

[三橋実況中継]シンガポールに行ってきます

日本経済

【三橋貴明】国難をもたらしたのは、誰なのか?

日本経済

【島倉原】耐久財消費は格差問題の指標?

【施 光恒】カジノと大麻と緊縮主義への4件のコメント

  1. 大和魂 より

    カジノ推進の本質も戦後から一貫して続く悪しき慣習の保身ですね。ついでに先月の国政選挙でも安全保障を優先するなら衆参同時選挙をするべきでしたが、結局は保身の為の選挙でしかありませんでした。となれば消費税増税を促進する連中もグローバリズムを歓迎する連中も主流派経済学を主張する連中なども同じく保身のためとなる訳です。そして、それが少子化の主因の国家不信になることに、もういい加減に気づくべきです。でないと修正不可能の後の祭りとなる訳ですよ。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. たかゆき より

    飲む 打つ 買う、、

    最高のロマンじゃあ ないですか(たぶん)

    先の事は 思い煩うな 
    と 聖書にもあり、、、

    一期は 夢よ

    ただ 狂へ ♪

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. 斑存・フォード より

    >大麻解禁

     流石に200%当たりそうな先生の解禁ブーム予言。

    そして次に控える銃刀所持解禁!
    その先は大麻覚せい剤使用に因る銃刀乱射乱切りハイパー大量殺戮大事件!

    日本は恐怖政治に包まれ、おまけに国会審議は、タリラリラーンっのコニャニャチワっ!コニャニャチワぁーっ!
    ツケを回し日本を壊し続けるのはおもてなし政治家達連中自身なのだぁーっ!

    誹謗中傷者と、韓国との喧嘩に明け暮れる国家のどっちが大馬鹿者なのか?
    もうどうにもならない。by幹渓洋文(?)

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

      1. ワシ本人ントン より

         悪魔に魂を売った日本政府。

        その連帯責任を喰らうのは日本国民。
        もうどうにもならない。by 幹渓洋文(?)

        しつこいコメントでした。

        返信

        コメントに返信する

        メールアドレスが公開されることはありません。
        * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

まだデータがありません。

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】我々はこの選挙結果を受けて、「消費増税」に対して如...

  2. 2

    2

    【藤井聡】MMT理解のコツ(実践編):「政府が貨幣の供給者だ...

  3. 3

    3

    【室伏謙一】「大きな政府」はダメで、「小さな政府」を目指すべ...

  4. 4

    4

    【小浜逸郎】MMTの正しさ、リフレ派の誤り、誤解のひどさ

  5. 5

    5

    【三橋貴明】MMTが提供してくれる「正確な理解」

MORE

最新記事

  1. 日本経済

    【室伏謙一】シェアリングエコノミーなるもののお寒い実態...

  2. 日本経済

    【三橋貴明】国家の店じまい

  3. 日本経済

    【三橋貴明】MMTの新たなレンズ

  4. 日本経済

    【施 光恒】カジノと大麻と緊縮主義

  5. 日本経済

    【藤井聡】オリラジ中田のナイスプレー。令和の政策転換(...

  6. メディア

    日本経済

    【小浜逸郎】MMTの服用を拒否する〇〇病患者を診断する...

  7. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】アベ・ショック

  8. アメリカ

    政治

    【三橋貴明】主流派はなぜケインズに勝利したのか

  9. 未分類

    【竹村公太郎】不思議な日本共同体(その4)アイデンティ...

  10. 政治

    日本経済

    【藤井聡】山本太郎氏の「れいわ新選組」は、安全保障を明...

MORE

タグクラウド