アーカイブス

2014年8月18日

【三橋貴明】マイナス6.8%

From 三橋貴明

————————————————————

●韓国の不都合な真実とは?
https://www.youtube.com/watch?v=BX2vC35PCFQ&list=UUza7gpgd6heRb8rH4oEBZfA

————————————————————

【今週のNewsピックアップ】
●マイナス6.8%
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11909178161.html

●続 マイナス6.8%
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11909653601.html

●続々 マイナス6.8%
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11910089055.html

日本のマイナス成長の陰に隠れてしまいましたが、ユーロ経済もまずい状況になっています。

欧州連合統計局が14日に発表したデータによると、ユーロ圏18か国の4−6月期の域内総生産が、実質で「ゼロ成長」になってしまったのです。しかも、ドイツとイタリアというユーロの中心国の経済成長率が、対前期比マイナス0.2%に落ち込んでしまいました。

そして、何度も「予想」した通り、ドイツの長期金利(十年物国債金利)が、ついに1%を割り込んでしまいました(本メルマガ執筆時点で0.95%)。三橋は政局の予想は全く当たりませんが、経済系の予想は割と当たります。と言いますか、当たるで可能性が高い予想しか公表しません。というわけで、「三橋さん、次に株が上がる企業はどこですか?」などと問われても、答えようがありません。

ちなみに、「日経平均は上がりますか? 下がりますか?」という質問には、
「為替レートが円安になれば、日経平均は上がります。円高になれば、日経平均は下がります」
と、答えるようにしています。何しろ、日本の株式市場の「取引」の六割は外国人投資家によるものです。外国人投資家は「外貨」でものを考えますので、円安になれば日本株が「お買い得」になり、買い越します。逆に、円高になれば「売り時」ということで、売り越します。日経平均に最も影響を与えるのは、現時点では間違いなく円の為替レートなのです。

予想といえば、昨年十月、消費税増税により14年4月に「国民経済の崖」が来ると予想しました。実際に、崖になったわけですが、中身を見ると「予想よりも悪い」というのが本当のところです。

特に、民間最終消費支出が統計的に比較可能な94年以降で最悪の落ち幅となり、在庫変動の「増加」の寄与度が1%というのは衝撃的です。在庫が変動しなかった、つまりは積み増しされなかった場合、4−6月期の実質GDPは対前期比でマイナス2.7%となり、年率換算で10%を超えるマイナス成長になったことになります。

しかも、消費減少で在庫が積み上がった以上、7−9月期の在庫は減少になる可能性が濃厚です。と言いますか、100%減少するでしょう。4−6月期の実質GDPのマイナスを対前期比1.7%で「食い止めた」在庫増は、7月以降はGDPの抑制要因になるわけです。

現在、日本の長期金利は0.5%に低迷しています。もちろん、世界最低の金利水準です。
地球上で最も安い金利で金を借りられる日本政府が、「財政破綻」というファンタジーを信じ込み、国民を貧困化させる財政均衡主義、緊縮財政路線を歩み続けている。これが1997年以降の日本です。何というか、言葉になりません。

とはいえ、実際に黙り込んでしまったら、状況は好転しません。次なる増税を阻止するためにも、できるだけ「大きい声」で、「正しいデータ」に基づき、しつこく、意地悪に政府の緊縮財政を批判していかなければなりません。日本は民主主義国ですから、政府の失政路線を変更させたい場合、言論が唯一の武器になるのです。

PS
マスコミが言わない韓国の正体とは?
https://www.youtube.com/watch?v=lvJ52DpgTGE&list=UUza7gpgd6heRb8rH4oEBZfA

関連記事

アーカイブス

【柴山桂太】産業政策の再評価

アーカイブス

【上島嘉郎】〈朝日新聞、死ね〉はただの暴言か

アーカイブス

【佐藤健志】信頼できる指導者の発言、またはグッバイTPP

アーカイブス

【三橋貴明】ザ・テンプレート

アーカイブス

【三橋貴明】国土強靭化への道

【三橋貴明】マイナス6.8%への2件のコメント

  1. 名無しの権兵衛 より

    今の日本経済において、緊縮財政思想は本当に間違っていると思います。なぜ、国内経済状態よりも増税が主導されるのか...理解できません。ところで三橋さんと同じような事を1997年に警鐘を鳴らしていた方がいました。その内容とは、「デフレ」「グローバル化」「アメリカ経済」「市場原理」「金融経済」「LBO」に対しての危険性です。その講演動画は以下で見れます。http://www.nicovideo.jp/watch/sm16203080

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. 核家族ロビンソン より

     A氏は「民衆はもう我慢できなくてこれからは消費をする」(らしい?)との発言されたみたいです‥‥。 もう30年以上拡大し続けてきたシャブ経済理論トンカチ詐欺頭だ。ある意味国家が推進する詐欺商法ならぬ。詐欺政法だ。 もうどうあっても政権交代をもう一度起こすして、ネオリベ真理教頭を引き摺り降ろすしかない。(掲載破棄されてもかまわないコメントです)

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】<号外速報>「内需冷え込み」による輸入急落が無けれ...

  2. 2

    2

    【三橋貴明】財務省にとっての痛恨の一撃

  3. 3

    3

    【藤井聡】「令和ピボットニュース」にご登録ください!

  4. 4

    4

    【室伏謙一】政策評価は緊縮財政推進ためのものか?

  5. 5

    5

    【三橋貴明】「MMTポリティクス」

  6. 6

    6

    【小浜逸郎】なぜ経済問題は敬遠されるのか

  7. 7

    7

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

  8. 8

    8

    【藤井聡】『消費税増税の「リスク」に関する有識者会議」を開催...

  9. 9

    9

    【藤井聡】財務省が紹介した「有識者のMMT批判」の「間違い」...

  10. 10

    10

    【三橋貴明】財務省への宣戦布告

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】<号外速報>「内需冷え込み」による輸入急落が無けれ...

  2. 2

    2

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

  3. 3

    3

    【藤井聡】財務省が紹介した「有識者のMMT批判」の「間違い」...

  4. 4

    4

    【藤井聡】『消費税増税の「リスク」に関する有識者会議」を開催...

  5. 5

    5

    【藤井聡】政府の支出拡大が財政を健全化することを「数学的に証...

MORE

最新記事

  1. 未分類

    【角谷快彦】介護職員の待遇改善とCCRC(前編)

  2. 日本経済

    【藤井聡】<号外速報>「内需冷え込み」による輸入急落が...

  3. 日本経済

    【三橋貴明】財務省への宣戦布告

  4. 日本経済

    【三橋貴明】「MMTポリティクス」

  5. 日本経済

    【藤井聡】「令和ピボットニュース」にご登録ください!

  6. 日本経済

    【小浜逸郎】なぜ経済問題は敬遠されるのか

  7. 政治

    日本経済

    【室伏謙一】政策評価は緊縮財政推進ためのものか?

  8. 日本経済

    【三橋貴明】財務省にとっての痛恨の一撃

  9. 日本経済

    【三橋貴明】アメリカ版「国の借金時計」があった!

  10. 未分類

    【竹村公太郎】不思議な日本共同体(その1)江戸の強固な...

MORE

タグクラウド