アーカイブス

2013年12月19日

【渡邉哲也】「タダ乗り」包囲網

From 渡邉哲也@経済評論家

————————————————————

●いよいよ1/7開講! 三橋経済塾2014、塾生募集
99%を不幸にする経済学の正体について学びます。
http://members.mitsuhashi-keizaijuku.jp/

※会員サイトの閲覧は1/7からですが、会員資格は1/1から発効します。

※月刊三橋会員は、三橋経済塾に大幅な割引価格で入会できます。
http://keieikagakupub.com/lp/mitsuhashi/38NEWS_video.php?ts=sidebar

※月刊三橋特別価格のお問い合わせは、こちらまで
http://takaaki-mitsuhashi.com/economic-school/

————————————————————

前回の【渡邉哲也】動き始めた「タダ乗り」との戦い
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2013/12/05/watanabe-6/

の続きとなる。

来年の確定申告(今年12月31日時点)から対外資産5000万円以上の申告義務が課せられることになっている。実はこれまでも年収2000万円以上の人に限り、申告義務があったのだが、罰則がなかったため、事実上機能していなかったのである。また、海外の機関との提携が不完全で日本側に海外資産を把握する仕組みもなかったのであった。

しかし、前回述べたように、海外の金融当局との連携体制が完成し、これを把握できるようになったわけである。そして、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金という罰則も付けられ、これが機能を始めるのである。

誤解なきように申し上げれば、別に海外に資産を持つことそのものは罪でも何でもない。しかし、主たる納税地が日本であり年収がないのにもかかわらず、海外に高額な資産を保有するのはおかしな話となる。所得がないのに資産を買うことなど出来ないからである。また、相続を理由としたとしても、日本で相続していれば日本に税金を支払う義務があるわけで、これも時効以外の理由では逃げられない。

すでに日本の金融当局は、日本国籍保有者及び日本居住者の海外資産の保有状況を各国に問い合わせ、条約を元に各国は開示を始めている。このデータと申告内容に違いが生じれば、それが第一段階での税務調査の対象となると言う仕組みである。そして、次の段階で日本の所得と海外資産保有量の差が生じている人が対象となる。

この規制から逃れるには、本人を確定できない仕組みが必要となる。しかし、昨年から外国人住民票制度が始まり、通名変更の規制が入ったため、本人を確定しやすい仕組みが構築されている。そして、マイナンバー制度により、複数名義を利用とした取引も名寄せが完了することになる。今まで架空や複数の名義を利用していた人は、これが一本化されることになり、過去の不正が明確になるということでもある。

これから逃れるためには、海外に国籍と居住地を移すと言う手段があるが、それをしたとしても過去の居住実績が変化するわけではなく、日本に国内資産がある限り取り立て可能というわけだ。

来年の確定申告以降、沢山のネズミが捕まることになりそうである。

PS
2014経済ショックと韓国通貨危機のXデーはいつか? 無料音声を公開中
http://www.keieikagakupub.com/sp/CPK_38NEWS_C_D_1980/index.php

<渡邉哲也からのお知らせ>

新刊「日本ダメだ論の正体~新聞テレビは日本を9割ダメにする」
http://amzn.to/1j5II0q

関連記事

アーカイブス

【三橋貴明】目隠したまま交差点を渡る日本国民

アーカイブス

【青木泰樹】限界が見えてきた量的緩和

アーカイブス

【東田剛】あ〜最悪。日米と米中の大きな差。

アーカイブス

【三橋貴明】正論

アーカイブス

【三橋貴明】国家のお金の発行と国債発行の仕組み

【渡邉哲也】「タダ乗り」包囲網への2件のコメント

  1. コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】<号外速報>「内需冷え込み」による輸入急落が無けれ...

  2. 2

    2

    【三橋貴明】財務省にとっての痛恨の一撃

  3. 3

    3

    【藤井聡】「令和ピボットニュース」にご登録ください!

  4. 4

    4

    【室伏謙一】政策評価は緊縮財政推進ためのものか?

  5. 5

    5

    【三橋貴明】「MMTポリティクス」

  6. 6

    6

    【小浜逸郎】なぜ経済問題は敬遠されるのか

  7. 7

    7

    【藤井聡】『消費税増税の「リスク」に関する有識者会議」を開催...

  8. 8

    8

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

  9. 9

    9

    【藤井聡】財務省が紹介した「有識者のMMT批判」の「間違い」...

  10. 10

    10

    【三橋貴明】財務省への宣戦布告

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】<号外速報>「内需冷え込み」による輸入急落が無けれ...

  2. 2

    2

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

  3. 3

    3

    【藤井聡】財務省が紹介した「有識者のMMT批判」の「間違い」...

  4. 4

    4

    【藤井聡】『消費税増税の「リスク」に関する有識者会議」を開催...

  5. 5

    5

    【藤井聡】政府の支出拡大が財政を健全化することを「数学的に証...

MORE

最新記事

  1. 未分類

    【角谷快彦】介護職員の待遇改善とCCRC(前編)

  2. 日本経済

    【藤井聡】<号外速報>「内需冷え込み」による輸入急落が...

  3. 日本経済

    【三橋貴明】財務省への宣戦布告

  4. 日本経済

    【三橋貴明】「MMTポリティクス」

  5. 日本経済

    【藤井聡】「令和ピボットニュース」にご登録ください!

  6. 日本経済

    【小浜逸郎】なぜ経済問題は敬遠されるのか

  7. 政治

    日本経済

    【室伏謙一】政策評価は緊縮財政推進ためのものか?

  8. 日本経済

    【三橋貴明】財務省にとっての痛恨の一撃

  9. 日本経済

    【三橋貴明】アメリカ版「国の借金時計」があった!

  10. 未分類

    【竹村公太郎】不思議な日本共同体(その1)江戸の強固な...

MORE

タグクラウド