政治

2020年12月6日

【三橋貴明】三橋経済塾第十期 開講(前編)

【近況】

三橋経済塾第十期の
お申込受付を開始いたしました!
https://members10.mitsuhashi-keizaijuku.jp/

ゲスト講師の皆様も
続々と決まって参りまして、

1月が藤井聡先生、
2月が林千勝先生、
3月が大石久和先生、
4月が中野剛志先生、
5月が室伏謙一先生になります。

林先生は(意外でしょうが)
三橋経済塾初登場ですね。

長年の言論活動を経て
、三橋は現在の日本国民に
必要なのは「国家観」と「貨幣観」の正常化だと確信しました。

【国家観と貨幣観】

世界最古の国である日本には、
意外にまともな国家観をお持ちで、
「共同体意識」が高い方が少なくないと思います。

ところが、その種の共同体を大切にし、
「将来世代」のことをきちんと
考える人であっても、貨幣観が間違っているため、

「国の借金のツケを
 将来世代に先送りしてはならない」

というレトリックにコロリと騙され、
緊縮財政や消費税増税に賛成してしまう。

あるいは、財政破綻を否定する人であっても、
貨幣観を間違えているため、

「いざとなれば、
 国の資産を切り売りすれば大丈夫」

などと、「国民の資産」の
切り売りを言い出す。

貨幣とは、単なる債務と債権の記録、
つまりは貸借関係の情報(データ)に過ぎない。

変動為替相場制の独自通貨国は、
政府の国債発行は「貨幣発行」に過ぎない。

政府が純負債(債務超過)が増えれば、
国民の純資産が増える。

政府の財政黒字化は、国民の赤字化。

この種の「考えてみれば、当たり前」の
事実を教えてくれる場所は、
今のところ「三橋経済塾」のみでございます。

是非とも、ご入塾くださいませ。
https://members10.mitsuhashi-keizaijuku.jp/

◆「日本をダメにした財務省と
 経団連の欺瞞(小学館)」が刊行になりました。
 https://amzn.to/38q1LPW

◆「自民党の消滅(ベストセラーズ)」
 (書籍版)が刊行になりました。
 https://amzn.to/3dEIFqS

◆週刊実話 連載
 「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」 
 第396回 菅内閣の地方経済潰し

◆メルマガ 週刊三橋貴明 Vol602 
 日本銀行の政策金利
 http://www.mag2.com/m/P0007991.html

 実は、現在の日本の「政策金利」は
 「マイナス0.1%」だって、知ってました?

◆メディア出演
 
 三橋TV、続々公開中です。

 戦後初の「戦死者」が出る? 
 歴史は取り返しがつかないのか?
  [三橋TV第321回] 中野剛志・saya
 https://youtu.be/E_EnDKnJftE

 GoToビジネス! 
 全ては「オレ様の利益」のために
 [三橋TV第322回] 三橋貴明・高家望愛
 https://youtu.be/8YgXl2GY9yw

 全ての日本国民へ 
 菅・アトキンソン内閣の地方経済潰しに抗え!
  [三橋TV第323回] 三橋貴明・高家望愛
 https://youtu.be/DRIHXFmEuac

 特別コンテンツ、配信。

 日本だけ?奴隷と去勢の文化がない
 地政学的理由(三橋貴明)
 https://youtu.be/NgepDeOAWPA

 11月30日(月) チャンネル桜
 「Front Japan 桜」に出演しました。

 【Front Japan 桜】
 日本政府よ、国家を衰退から救い出す「貨幣」の真実を知れ!(他)
 https://youtu.be/A_iLcsl2oWg

 12月2日(水) チャンネル桜
 「Front Japan 桜」に出演しました。

 【Front Japan 桜】
 竹中平蔵はなぜ「反・緊縮」に転じたのか? (他)
 https://youtu.be/V8nDjVBpxj8

 【ch桜・別館】
 肉食系が見た草食系と緊縮[R2/12/2]  https://youtu.be/RPxJ6x-47H4

◆三橋経済塾

 11月21日(土) 
 三橋経済塾第九期第十一回対面講義が配信されました
 https://members9.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=1300

 ゲスト講師は九州大学大学院
 比較社会文化研究院教授 施光恒先生でした。

 インターネット受講の皆様、
 お待たせいたしました。

 三橋経済塾第九期第十二回
 対面講義申込受付を開始致しました。
 https://members9.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=1316

 三橋経済塾第十期のお申込受付を開始いたしました!
 https://members10.mitsuhashi-keizaijuku.jp/

◆チャンネルAJER 
 今週の更新はありません。

関連記事

政治

【三橋貴明】トリニティに支配された安倍政権

政治

【藤井聡】政府の「東京一極集中」対策、未だ成果まったく見られず。〜EBPMに基づく「本気」の対策を進めよ〜

政治

【島倉原】憲法改正論議の背後にある緊縮財政

政治

【三橋貴明】たかだか貨幣観

政治

【三橋貴明】デフレ脱却、積極的財政政策で

【三橋貴明】三橋経済塾第十期 開講(前編)への3件のコメント

  1. たかゆき より

    紙幣とは

    単なる二次元情報

    理解できる方々には 瞬時に解る
    が、、

    アホには 死ぬまで 解らない、、、

    あのアインシュタインでさえ(たぶん アホ)
    「神は サイコロを振らない」 と
    仰って

    量子力学を 受け入れませんでした
    もの。。。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. 大和魂 より

    三橋先生こんにちは。しかし名古屋で騒動をやっていた奴等の報道って、素早くかき消した勢力も恐らく共同通信とかDHC当たりでしょうから、虎八の連中はやっぱり屑たちだってことですね。

    ならばこの辺の邪な連中こそ、今だけ、金だけ、自分だけで日本社会に迷惑をさんざん掛けて庶民を結果的には惑わせたのだから大人の責任ぐらいは最低取らないと!

    ちなみにこんなで野党云々とか、大阪のゴミ政党ソックリですし、常識の行動なんてやっぱ期待できないですね。つまりコイツらが戦後負け犬の敗戦利得者で、まっ!前から予見してたし、案の定その通りでしたよゴミ売上新聞の関係者でした!!

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. 利根川 より

    三橋TV第323回 視聴しました。

    三橋貴明「勝つまであきらめない」

    熱いセリフでしたね。
     三橋さんをはじめとする多くの方の活動の成果か、緊縮政策(プライマリーバランス黒字化)の言いだしっぺである竹中平蔵さんですら

    「緊縮政策は間違いだった。日本は国債を100兆円発行して使ったとしても財政破綻などしない。なぜなら日本にはそれだけの供給能力があるから」

    と認めるに至りました。
     私が建部正義さんの貨幣の動態を知ったのは中野剛志さんの本でしたが、読んだ当初はいまいち理解できないものでした。当時はまだ「目から鱗が落ちる奇跡の経済教室」は出ていませんでしたので、そのままなら、よくわからないまま忘れていったことと思います。
     理解できるようになってきたのは、三橋さんが当時やっていたお金の本質を解説する動画を見てからでした。
     三橋さんは活動歴が長いので、色々な動画や記事をあげていますが、おそらくはそれらが

    「俗語翻訳」

    のような役割を果たしたことで、理解できるようになった人が爆発的に増えたのがよかったのではないかと思います。
     理解できてしまえば声を上げてくれる勇気のある人達(三橋TVのゲスト)も増えて軌道修正をする力も働きやすくなると。
     
    三橋貴明「私が敗れたとしても第二、第三の三橋貴明が…」

    三橋さんの解説で「共同体意識」「現代における貨幣の仕組み」双方について理解を深めることができた方も多いと思います。後進も育っているなら滝川クリステルさん(中野剛志さん)が予想する未来よりかはいくばくかはよくなるのかもしれません。
     

    三橋TV第323回についてですが

    政府は生産性を上げるための協力は何もしないけど、民間は最低賃金をアップする努力をしてね(ハート)

    菅政権は本当に民間に丸投げして自分は金も出さない責任も負わないという塩対応が目立つ政権ですね。
     地方の賃金が低いのは、東京一極集中で地方が衰退しているからですよね。
     東京一極集中の原因は、政府が南関東”だけ”に投資をしているからですよね。
     
    ※建設政策研究所のデータ(日本の地域別公共投資額の推移)をみると、南関東以外の地域は軒並み2000年の額よりも低い額で推移している

     投資が少ない地域には仕事も少ない。仕事が少ないなら生産性を上げてより多く生産できるように投資をする必要性も生じない。生産性が低いから賃金も低い。
     原因は、政府が南関東に”だけ”投資をしていることにある。にもかかわらず
     
    デービット・アトキソン「地方企業の生産性が低いのは経営者が投資をサボっているから。そんな企業はつぶれても自己責任」

    原因を民間のせいにしている。
     地方はたしかに南関東に比べ投資額も生産性も低いが、それは仕事が少ないからだし、そういった状況に追い込んでいるのは政府なのにコレである。
     しかも、この地方企業潰し、デービット・アトキソンや竹中平蔵のような政治商人が「政治を私的に利用して稼ぎたいだけ」である疑いまであるという。
     どういうことかというと、地方企業や地方銀行を政策によって締め上げて、経営をわざと傾かせれば、そのドサクサにまぎれて自身と関係のあるハゲタカファンドに買収や合併をやらせて荒稼ぎできると…これ、地方議員や各都道府県知事、市議などは何も言わないのでしょうか。
     

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

最新記事

  1. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】なぜ、日本は政策を転換できないのか

  2. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】徴税しても政府に富が蓄積されるわけではない

  3. 政治

    日本経済

    【藤井聡】田原総一郎氏との対談本『こうすれば絶対よくな...

  4. 政治

    日本経済

    【室伏謙一】経済成長と環境保護、持続可能性は両立しない...

  5. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】技術投資は「数撃てば当たる」であるべき

  6. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】政府の選択と集中の愚

  7. コラム

    【竹村公太郎】桓武天皇の失敗と成功―日本列島のアイデン...

  8. 政治

    日本経済

    【藤井聡】ワクチンが出来た今、コロナの指定感染症法の分...

  9. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】邪な政治

  10. 日本経済

    【三橋貴明】PB黒字化目標と単年度主義

MORE

タグクラウド