政治

欧州

2018年12月3日

【三橋貴明】次なる覇権国

From 三橋貴明
【今週のNewsピックアップ】

土木・建設の供給能力の虐殺
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12422306459.html
ILC~未来を夢見る力を取り戻せ!~
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12422532268.html

ポール・ケネディの「大国の興亡」では、
ハプスブルク帝国(スペイン)以降の

世界の「覇権国」あるいは「大国」の興亡が、
壮大なスケールで描かれています。

日本人が特に注目すべきは、
産業革命以降の世界です。

イギリスで産業革命が本格的に始まる前、
1750年の時点では、

中国(大清帝国)は世界の工業生産の
33%を一国で占めていました。インドは25%。

中印両国だけで、
世界の工業生産に占めるシェアが
何と50%を超えていたのです。

その後、産業革命により
イギリスを中心に欧州の生産性が急増。

欧州諸国が生産した製品が、
「自由貿易」の名の下で、

中印を含むアジア、アフリカ、アメリカの
市場に雪崩れ込んでいきます。

結果、1900年時点で、
中国の工業生産は世界のわずか7%、
インドに至っては2%にまで落ちぶれてしまったのです。

「大国の興亡」を読むと、

国家の「軍事力」が
工業生産力を中心とする「経済力」に
依存することが分かります。

産業革命により、イギリスやドイツ、
さらにはアメリカなどの
経済力≒軍事力が膨張する反対側で、

中国やインドは「最貧国」へと落ちぶれ、
植民地と化していきます。

帝国主義国を「帝国主義国」と化したのは、
軍事力とそのバックボーンである
経済力、工業生産力なのです。

上記を理解すると、
中国が「メイドインチャイナ2025」を打ち出し、
全ての製品について上流から下流まで
「自国生産」を実現しようとする意図が理解できます。

さて、軍事力の背骨たる経済力とは、
資本、労働、技術の総和です。

そして、果敢な設備投資、公共投資、
人材投資、技術投資こそが経済力を強化し、
その国を「強国化」「大国化」することになります。

カネではないのですよ、カネでは。
投資こそが全てを決めるのです。

そして、投資とは何らかの
「需要」がなければ始まりませんし、
拡大することもありません。

供給や技術より先に「需要」があるのです。

現在の中国は、
一帯一路やメイドインチャイナ2025により、

政府主導で「需要」をコントロールすることで、
覇権国の座を目指しています。

対する我が国は、
実際には「需要」があるにも関わらず、
政府や企業が「カネ、カネ、カネ」になってしまい、

最低限必要な支出すら躊躇し、
投資が不足し、経済成長率が低迷しています。

この自然災害大国において、
国土強靭化という「需要拡大」に
反対する人がいるのでしょうか。

あるいは、
ILC(国際リニアコライダー)建設を決定し、
人類の文明をリードすることに反対する人は。

確かに、反対する人はいます。

とはいえ、彼らの反対理由の
ほぼすべてが「カネ」なのです。

財政問題など存在しない我が国において、
「カネ」を理由に需要拡大に乗り出さず、
(※支出される需要。ケインズの言う有効需要)

経済力強化の絶好の機会を、
みすみす失おうとしている。

あまりにも、もったいない話ではないですか。

国民を自然災害から守る。

第二国土軸を建設し、防災安全保障を強化する。

世界全体のインフラ技術をブレイクスルーさせる。

ILCをはじめ科学技術予算を拡大し、人類の文明を牽引する。

上記の役目を担う国こそが「日本国」であることを決意し、
「カネ、カネ、カネ」の呪縛から解き放たれたとき、
我が国は新たな「覇権国」の座を目指すことすら可能です。

別に、誇張でも何でもなく、
三橋は「データ」「歴史」から、
日本国には次なる覇権国の資格があり、
それが「人類」のためであることを知っているのです。

=============

消費税増税の「凍結」を目指し、
藤井聡先生と対談しました。三橋TV番外編です。是非、ご視聴下さいませ。

三橋TV番外編#1
【国民をコケにしている?2014年の消費増税は国家的詐欺だ】
https://youtu.be/e_oLOPO7JgY

三橋TV番外編#2
【9割の国民が騙されている?
「一人あたり857万円の借金…消費増税は仕方がない」という財務省のペテン】
https://youtu.be/ces4KIY5xUs

三橋TV番外編#3
【新聞にカットされた?マスコミがひた隠しにする財務省の不都合な真実】
https://youtu.be/KuPbFqb2V20

三橋TV番外編#4
【日本が韓国に抜かれる日 10%消費税が日本を破壊する?】
https://youtu.be/ruO_nbT3rEM

◆三橋経済塾

三橋経済塾第七期 第十一回対面講義がアップされました。
http://members7.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=2758
ゲスト講師1 施 光恒先生(九州大学准教授)
ゲスト講師2 室伏謙一先生(室伏政策研究室代表、政策コンサルタント)
インターネット受講者の皆さま、お待たせいたしました。

12月15日の三橋経済塾第七期最終回では、
塾生の皆様の「経世済民プレゼンテーション」を企画しております。
お題は「経済」「おカネ」「グローバリズム」
「財政」「増税」「移民」など、
三橋が普段使っているキーワードに関係していれば、何でも構いません。

一人当たりの持ち時間は、10分。先着五名までとさせて頂きます。

プレゼンの資料は、ご自身でお作りになられても、
三橋作成チャートの「この図を」と
指定して下さっても構いません。

我こそは、と思われる方
(そこまで気負わなくても構いませんが)、
是非とも以下メールアドレスまで、
まずは「タイトル」をご連絡ください。

keizaijuku@mitsuhashi-takaaki.jp

関連記事

政治

欧州

【藤井聡】度重なる自然災害。消費「増」税は、極めて難しくなった。

政治

欧州

【三橋貴明】帝国対民主国家の最終戦争が始まる(前編)

政治

欧州

【三橋貴明】理想主義者マクロン

政治

欧州

【佐藤健志】保守と新社会主義

政治

欧州

【三橋貴明】ピボット(軸)のモーメント

【三橋貴明】次なる覇権国への3件のコメント

  1. 赤城 より

    資本主義の国家が必要な投資をしないということは
    国家自殺をしているということですね

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. たかゆき より

    派遣国家 もとい

    覇権国家 になること

    日本の場合は 十二分に可能でせう

    が、、、

    平和を愛する諸国民は許してくれないでせうね。。

    ちなみに 小生

    起きて半畳 寝て一畳の空間を有し

    日がな一日 うすらぼんやり と 

    空を眺めていれば それで 幸せですけど

    平和を愛する方々のやうに

    個人の嗜好を他人様に押し付けようなどとは

    これっぽっちも おもっては おりません ♪

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. たかゆき より

    ちなみに おフランス

    日本よりは 少々 まとも かと、、、

    twitterより 引用

    tomop- さんがBNL NEWSをリツイートしました

    フランスの警察官グループは、フランス全土で抗議行動が続いていることから、エマニュエル・マクロン大統領に対するフランスの人々との連帯を示すため、ヘルメットを取り外す。
    #GiletsJaunes

    日本の機動隊 なら 逆立ちしても
    無理でせう ♪

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

最新記事

  1. コラム

    【竹村公太郎】治水の原則 ー1cmでも10cmでも低く...

  2. 政治

    未分類

    【小浜逸郎】「エリート愚民」を駆除せよ

  3. 日本経済

    【藤井聡】景気指数が浮き彫りにする、安倍内閣の「スーサ...

  4. 政治

    【室伏謙一】レントシーカーの手口 ― 国有財産を狙え!

  5. 日本経済

    【三橋貴明】最悪の政府「三冠王」

  6. コラム

    【三橋貴明】地形やエネルギーという「レンズ」から歴史を...

  7. 日本経済

    【施 光恒】40年前の『ジャパン アズ ナンバーワン』...

  8. 日本経済

    【藤井聡】「15兆円のマイナス財政政策」を毎年続ける安...

  9. 日本経済

    【三橋貴明】PB黒字化目標という悪夢から目覚めるために

  10. 歴史

    【三橋貴明】不屈のポーランド

MORE

タグクラウド