政治

2018年2月1日

【小浜逸郎】「安倍首相の平昌出席の是非」議論は無意味

From 小浜逸郎@評論家/国士舘大学客員教授

このところ、平昌オリンピックの開会式に、
安倍首相が出席すべきか、すべきでないかの議論が、
一部で盛り上がっています。
筆者は、こんな議論自体がもはや空しいと思っています。
出席してもしなくても、事態は何も変わらないでしょう。
その理由を以下に述べます。

文在寅政権が親北べったり政権というか、
北のエージェント政権であることはもはや明らかです。
また、2015年12月の慰安婦問題をめぐる日韓合意を見直すというのが、
この政権の基本的な立場ですから、
たとえ首脳会談で「合意を守れ」と釘をさしても、
ただの物別れになることは目に見えています。

一方では、「平和の祭典」という建前が、
政治利用にまみれている実態もあります。
金正恩様はこれをチャンスと見て、
いろいろと工夫なさっているようですね。
だからこそ、行くなという議論も成り立ちますし、
だからこそ、行ったほうがいいという議論も成り立ちます。

アメリカからは出席を要請されているに違いないでしょうから、
それに適当につきあっておくという外交的意義が絶無とは言い切れません。
なにしろ、ペンス副大統領も行くのですから、
そこで米韓の水面下の交渉に加わっておくのも得策かもしれません。
筆者としては、
まあ、行かないよりは行ったほうがいいかな、
くらいの気持ちでおります。

しかしいずれにしても、
これは対韓外交としての意義というレベルでは、
興奮してその是非を論ずるに値しない議論です。
それよりも、これを機会に再確認しておくべきことがあります。

それは、
あの日韓合意がどういう性格のものであったか、
その結果国際社会で何が起きたか、
以上を国民がしっかり思い出すことです。

これに関して、次の二点を肝に銘じることが最も重要です。
(1)間違った中韓の「歴史認識」を誘発し助長させ、
さらに、それを承認してきたのが当の日本人であること。
(2)この「歴史認識」は中韓を利するのみならず、
第二次大戦の戦勝国である米英豪にとってもはなはだ都合がよいこと。

(1)の日本人の主役は、朝日新聞などの反日メディアであり、
敗戦利得を手放したくない国内左翼勢力です。
しかし彼らの言動を無意識のうちに支持し、
暗黙の承認を与えているのは、
戦後教育を受けた一般の日本人です。

戦後教育は、
七年間にわたるGHQの占領統治期間に巧妙に準備されました。
これによって日本人は、魂を抜かれ、
主権回復後もその路線を歩み続けることになりました。
自虐史観に骨の髄まで侵されてしまったのです。

多くの戦後日本人は、周辺諸国に対して、
謝罪姿勢を自ら進んでとる習慣を身につけてきました。
さらに、そういう姿勢をとっておけば、
向うは許してくれて丸く収まるだろうという、
お人好し丸出しの習性まで身につけてしまったのです。
国際社会はそんなに甘くないのだというまともな感覚の喪失です。

(2)の、中韓の「歴史認識」が戦勝国にとって都合がいいという点。
このでっち上げられた「歴史認識」は、
戦勝国の「正義」を揺るぎないものにすることに貢献してきました。
また原爆投下など、民間人大量虐殺行為の「悪」を隠蔽する効果もあります。
中共は、そのことをよく知っていて、
欧米が抱いている「あの戦争では日本が一方的に悪い」という、
自分たちに都合のよいイメージを大いに活用し、
日米分断を図ろうとしているわけです。

そもそも「日韓合意」は安倍外交の致命的な失敗です。
この合意によって安倍政権の対韓外交は、
河野談話、村山談話と何ら変わらない醜態をさらしました。
当時の岸田外相発言、
「軍の関与の下に多数の女性の名誉と尊厳を傷つけた。日本政府は責任を痛感している」
は、誰が読んでも軍の強制性を認めたとしか解釈できません。
また安倍首相は「心からのお詫びと反省」発言をしています。
さらに韓国新財団に10億円の出資
これは名目上「賠償」ではないと謳ってはいますが、
国際社会はそう見ません。

以上の三点セットで、
「旧日本軍は20万人もの韓国女性をセックス・スレイヴとして扱い、虐殺した
とのこれまでの戦勝国の定説を、
オウンゴールで追認したことになります。

その後、欧米メディアがこの「日韓合意」をどうとらえたかを見ると、
この認識が見事に裏付けられます。
山岡鉄秀氏が主宰するAJCNが、
合意直後の二〇一六年一月七日に出したレポートによると、
次のような記事が目白押しであることがわかります。

2015-12-28 The Guardian (Australia)
日本政府は、女性の性奴隷化に軍が関与していたことを認めた。
日本統治下の朝鮮半島で強制的に売春をさせられた女性の数には論争があるが、
活動家らは20万人と主張している。

2015-01-01 New York Times, To the editors (U.S.A)
生存者の証言によれば、この残酷なシステムの標的は生理もまだ始まっていない13,14歳の少女だった。
彼女たちは積み荷としてアジア各地の戦地へ送られ、日常的に強姦された。
これは戦争犯罪のみならず、幼女誘拐の犯罪でもある。

2016-01-03 Ottawa Citizen (Canada)
多くの被害者は14歳から18歳の少女で、軍の狙いは処女だった。
抵抗する家族は殺されるケースもあった。
41万人の少女や女性が誘拐され、生存者は46人のみ。
安倍の謝罪は誠意がなく、安部の妻は戦争犯罪者を奉る神社に参拝した写真を公開している。
10億円は生存者を黙らせるための安い賄賂だ。

ご覧の通りの集中砲火です。
これが戦勝国包囲網の常識なのです。
安易な「謝罪」や「責任表明」が何を呼び起こすか、
日本人は改めて肝に銘じるべきでしょう。

そもそも日本側には韓国の会談要求に応ずる必要などまったくなかったのです。
しかし応じてしまったからには、
最低限、次の三つを交渉の絶対条件として臨むべきでした。

(1)慰安婦問題に関してあらゆる意味で日本国には責任など存在しないことの確認
(2)大使館前の慰安婦像の撤去
(3)慰安婦問題に関するいかなる形での資金拠出も行わない。

あの反日メディア・朝日新聞が二〇一四年八月に、
はなはだ不十分ながらも慰安婦報道が誤報であったことを自ら認めました。
にもかかわらず、
安倍政権はこの合意によって、その事実をもひっくり返してしまいました。
安倍首相もまた、
占領統治時代の洗脳政策に始まる戦後教育の犠牲者です。
口では「戦後レジームからの脱却」などと言っていても、
その無意識レベルでは全然脱却などできていなかったわけです。

こういう状況ですから、
嫌韓感情から「安倍の平昌出席を認めるわけにはいかない」と言って、
毅然と拒否の姿勢を示したつもりになっても、
周辺の国際社会は「子どもの喧嘩だ」と受け取るだけでしょうし、
外交的配慮で出席して何か日本にとっての成果を期待しても、
アメリカ親分にくっついて日米同盟の堅固さを、
多少印象づけるくらいの効果しかないでしょう。

大切なことは、
短期間の時局に視野を限定して大騒ぎすることではなく、
私たち国民が日韓合意の大失敗を忘れず、
日本に対する国際社会の恐るべき名誉毀損を、
いかにして雪ぐかに知恵とエネルギーを集中させることなのです。

なお、以上の主張の基礎になる認識は、
拙著『デタラメが世界を動かしている』で展開しております。
http://amzn.asia/a6JfmV1

【小浜逸郎からのお知らせ】
●『福沢諭吉と明治維新』(仮)を脱稿しました。出版社の都合により、刊行は5月になります。中身については自信を持っていますので(笑)、どうぞご期待ください。
●『表現者』連載「誤解された思想家たち第28回──吉田松陰」
●「同第29回──福沢諭吉」
●月刊誌『正論』2月号「日本メーカー不祥事は企業だけが悪いか」
●月刊誌『Voice』3月号「西部邁氏追悼」
●ブログ「小浜逸郎・ことばの闘い」
http://blog.goo.ne.jp/kohamaitsuo

関連記事

政治

【三橋貴明】お花畑的平和主義の強制終焉

政治

【上島嘉郎】拉致被害者をなぜ救出できない─日本のジレンマ

政治

【三橋貴明】日本国を亡ぼす情報の間違い

政治

【藤井聡】日本の防衛力を激しく弱体化させた、「世界最低の経済政策」

政治

【三橋貴明】未知の世界

【小浜逸郎】「安倍首相の平昌出席の是非」議論は無意味への4件のコメント

  1. ぬこ より

    ミッツ不起訴良かったね。

    ここぞとばかりに、ミッツの事をあること無いこと吹き込んでいた連中が大量に居ましたが、僕は静観してましたよ。
    ミッツの皇室対するスタンスと同じで、判らない事には触れないのがマナーですよね。

    もしかしたら、そうしたプレーかもしらんし(笑)。

    ただ、あの時のミッツ叩きの風潮で不気味だったのが、続に言われる左翼よりも、保守からのバッシングが多かった事。
    得にリフレ派や安倍政権の腰ぎんちゃく評論家は蛇蝎如く、時には人格や人間性にまで踏み込んで、ミッツ否定してた。
    何が彼らをここまでファビョらせていたのか?
    どうも、アメが裏に居そうなんですよね。

    日本の保守派と、トランプさんを支持する反グローバリズムの層を結び付けたくない米国ウォール街の脈動を感じますよね。
    彼らは、日本のリベラルよりも、日本の いわゆる 保守派の方に、力を入れてそうですよね。
    この失われたから20年で中国を軍事強国にしてきたのも欧米投資銀行ですよね。
    日米の両翼が既存の枠を超えて、反格差・反グローバリズム・反中国共産党で、共闘されたくないのが米中支配層ですよね。

    そこを本質部分で繋ぐ力があるのが、ミッツや堤未果さんなどの米国の暗部を知る人達。
    そして何気に米国人もミッツらの言説に注視し始めてますよね。
    奪い合いに因らずに先進諸国の構造的な不況を打破できる人達が日米で求められてるのかと。
    そこ具体的に提言でき人達が次のリーダー層かと。

    これからもミッツに期待してます。

    PS SAYAの事も大事にしてね

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. 赤城 より

    何がすごいってこれだけの外交的大失敗を決定的にやった安倍政権安部外交について擁護したり賛美してる自称保守がいっぱいいること。
    大失敗まで逆に賛美できるんだからそりゃあ20年もデフレ政策の大失敗を延々と続けることが出来るわけです。
    検証するための知性さえなくなって頭が狂ったり腐ったりしてるんでしょう。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. momo より

    日韓合意なぞこっちから願い下げだというのに、頑なに合意させようとする日本政府の馬鹿さ加減にはうんざりしますね。これはもう論ずるに値しない。

    平昌オリンピックに北韓連合で出場すると言うのは注目に値し、また日本にとって非常に危険な状況である事を示唆しています。
    北朝鮮のオリンピック参加並びに合同チームでの出場は、北朝鮮が軍事的威圧(主に核兵器)をし、他国の政策を変更させたと言っていい。つまり北朝鮮が核を持っている事の実質的な承認、加えて他国の政策を変えさせるほどの強大な力を持つ国であるという事を世界に知らしめたのです。
    韓国国内では合同チームに反対の意見が非常に多い。にも関わらず、文政権は北朝鮮に対して三顧の礼で歓迎しています。オリンピックに参加するための話し合いの場を設けても、北朝鮮は来るか来ないかはっきりしない態度。韓国政府はそれに一喜一憂している。あれだけ失礼な態度を取られて、なぜニタニタ笑っていられるのか。日本とアメリカのような胸糞悪い服従関係に見えました。
    文大統領がスパイ説もあるにせよ、そんな理屈を用いなくても、今の韓国政府の目も当てられない様を理解できるでしょう。

    となれば、次に標的となるのは日本です。
    このままでは日本も韓国と同じく、惨めな植民地に成り下がるのは間違いないです。
    というかもうその前兆が現れているでしょう。平昌オリンピック開会式に出席するんですから。北朝鮮が怖くて参加せざるを得ないんでしょう。そうでなくても、国際社会や北朝鮮はそう見るでしょうね。

    つまるところ、開会式は参加すべきだし、日韓合意は韓国様のおっしゃるとおりしなければならない。わが国にはまともな防衛手段も、まともな経済力もないのだから、いっぱしの独立国のような交渉の真似事なんかする権利もない。

    それが間違ってる、嫌だと言うなら、プライマリーバランス黒字化を破棄しろと叫ぶしかない。特に自称保守の方々、このままだとあんたらが馬鹿にしていた韓国(主は北朝鮮)に支配される時が来るぞ。ちゃんと現実を見ろよ。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  4. 神奈川県skatou より

    戦勝国(自称含む)という意味で、日本こそ米中やその尻尾らに、くさびを打ちたいものですね。

    戦後を終わらせたいならば、戦争するしかないでしょう。

    第二次朝鮮戦争にわが自衛隊が主役クラスの活躍をし、東アジアを震源とする核拡散危機を取り除く活躍を期待しています。
    戦争に及び腰の米軍は、日本軍をアシストして頂ければ。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【三橋貴明】民主主義国「日本」最悪の問題

  2. 2

    2

    【三橋貴明】おカネとは何なのか?

  3. 3

    3

    【三橋貴明】実質消費の四年連続減少が意味するもの

  4. 4

    4

    【三橋貴明】イタリアの「国の借金」問題

  5. 5

    5

    【三橋貴明】人手不足のリスクとチャンス(前編)

  6. 6

    6

    【藤井聡】危機と対峙する保守思想誌、『表現者クライテリオン』...

  7. 7

    7

    【三橋貴明】移民問題の「国民 対 国民」

  8. 8

    8

    【小浜逸郎】技術文明との向き合い方

  9. 9

    9

    【竹村公太郎】西部邁先生の教え

  10. 10

    10

    【三橋貴明】またもや「デフレ型」経済成長

MORE

累計ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】大阪都構想:知っていてほしい7つの事実

  2. 2

    2

    【藤井聡】「公明党・大阪市議団が日本を破壊する」というリスク...

  3. 3

    3

    【藤井聡】「橋下入閣」は、日本に巨大被害をもたらします。

  4. 4

    4

    【藤井聡】「日本が再び、被爆国となる」という、今そこに在る危...

  5. 5

    5

    【三橋貴明】人間の屑たち

最新記事

  1. 日本経済

    【上島嘉郎】「移民立国」こそ時代に逆行

  2. 日本経済

    【三橋貴明】人手不足のリスクとチャンス(前編)

  3. 日本経済

    【三橋貴明】実質消費の四年連続減少が意味するもの

  4. 欧州

    【三橋貴明】イタリアの「国の借金」問題

  5. 日本経済

    【三橋貴明】民主主義国「日本」最悪の問題

  6. 日本経済

    【三橋貴明】おカネとは何なのか?

  7. 欧州

    【三橋貴明】移民問題の「国民 対 国民」

  8. 日本経済

    【三橋貴明】またもや「デフレ型」経済成長

  9. コラム

    【小浜逸郎】技術文明との向き合い方

  10. 日本経済

    【三橋貴明】日本国の縮図

MORE

タグクラウド