政治

2016年4月15日

【施 光恒】グローバル化のもたらす堕落

From 施 光恒(せ・てるひさ)@九州大学

———————————————

<PR>

「日本が国債破綻しない24の理由 ~国の借金問題という<嘘>はなぜ生まれたか?」
http://www.keieikagakupub.com/sp/38DEBT/index_mag2.php

p.1 日本は「国の借金」でなぜ破綻しないのか?
p.13 ”国民1人当たり817万円の借金”を広める財務省の記者クラブ
p.20 日本国民は債務者ではない、「債権者」である
p.36 かつて、本格的なインフレーションが日本を襲った時代があった
p.42 “日本は公共投資のやり過ぎで国の借金が膨らんだ”は全くの嘘
p.55 グローバリストから財務省まで、消費税増税を訴える人々の思惑

http://www.keieikagakupub.com/sp/38DEBT/index_mag2.php

———————————————

おっはようございまーす(^_^)/

このところ話題になっている「パナマ文書」に関する騒動、いろいろと考えさせられますね。

パナマの法律事務所の書類が流出し、世界の多くの政治家や富裕層が、「タックスヘイブン」(租税回避地)を利用し、税金逃れを行っていたことが明るみに出たという問題です。

このような報道を耳にするといつも感じるのは、グローバル化が進むと、世界はどんどん不平等になり、また倫理的でもなくなってしまうのではないかということです。

グローバル化が進むと格差が拡大するとはよく言われることですが、税金の問題でもそうですね。

各国の一般庶民は、まじめに納税せざるを得ませんが、今回明らかになったように、富裕層やグローバル企業は、国境を越えて資本を移動させ、タックスヘイブンを利用するなどして税金を逃れることがわりと可能なのです。

日本の大企業や富裕層も、タックスヘイブンを大いに利用しているようですね。

財務省の官僚で税金を徴収する側だった志賀櫻(しが・さくら)氏が著した『タックスヘイブン――逃げていく税金』(岩波新書、2013年)を読むと、日本の大企業や富裕層も、タックスヘイブンをかなり利用していることがよくわかります。

例えば、この本に、「申告納税者の所得税負担率(平成22年度)」と題する図が掲載されています。日本の納税者の税負担率を所得金額別に表したグラフです。このグラフによると、日本の所得税負担率は、所得金額が一億円を超えると不思議なことに低下していっています。

(志賀氏の本に掲載されているグラフ自体はネット上で見つけられなかったのですが、例えば、平成19年度の数値を用いた同種のグラフは、下記のリンク先の財務省HPで見られます。「資料2」の「申告納税者の所得税負担率」のグラフです。)
https://www.mof.go.jp/tax_policy/tax_reform/outline/fy2010/zei001e.htm

日本の所得税制は、累進課税制度のはずですので、本来ならば、所得額の増加にともなって右肩上がりでなければおかしいのですが、実際にはそうなっていません。所得額一億円をピークに、それ以上の所得層では税負担率が低下する山型のグラフになっているのです。

つまり所得金額が一億円を超えると、おそらくタックスヘイブンなどを利用し、税金を巧みに逃れる者が増え、所得税負担率は下がってしまっているのです。

また、大企業もタックスヘイブンを活発に利用しており、日銀作成の国際収支統計(2008年)によると、日本からの対外直接投資の仕向地は、第一位はアメリカ、第二位はオランダ、第三位はケイマン諸島となっています。

第一位のアメリカは理解できるとしても、第二位のオランダ、第三位のケイマン諸島は意外です。これは日本企業による租税回避の実態を示しています。

オランダにはさまざまな優遇税制があり、国際取引をする際にオランダを経由する節税方策がいろいろ編み出されているそうです。

第三位のケイマン諸島は、いわずと知れたタックスヘイブンです。

志賀氏によれば、日本の企業の間でも、「節税(ときには脱税)の仕組みを考える場合には、まずケイマン諸島を利用するのが一種の基本となっている」とのことです。

そういえば、ケイマン諸島に関しては、最近、こんな記事もありました。

「パナマ文書で晒される日本企業“61兆円”ケイマン隠れ資産」(『日刊ゲンダイDIGITAL』2016年4月13日配信)
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/179264/1

このように、日本の大手企業の間でも、タックスヘイブンを利用した課税逃れは決して少なくないことを念頭に置けば、下記の記事にあるように、財界団体がいまだに消費税率の引き上げを強く主張しているのを見ると、暗澹たる気分になります。

「経団連会長が消費税10%は「予定通り引き上げを」と強調 消費拡大を前提に」(『産経ニュース』2016年4月4日配信)
http://www.sankei.com/economy/news/160404/ecn1604040025-n1.html

「同友会代表幹事 消費税「上げないと、日本は不幸な国になる」」(『日本経済新聞』2016年4月12日配信)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL12HM2_S6A410C1000000/

上記の日経の記事によれば、経済同友会の小林喜光代表幹事は12日午後の記者会見で、来年4月に予定される消費税率の引き上げについて、次のように述べたそうです。

「(税率を)上げないと日本は不幸な国になる」「国の借金が増え続けているというこの現実を、もっとみんなが共有しなければならない」。

まさに、「お前が言うな!」と口にしたくなります。
(・3・)ブー

まあ経営者にしてみれば、すっかりアングロサクソン型の株主中心主義が「グローバル・スタンダード」になってしまった現在の資本主義の下では、タックスヘイブンを利用した租税回避をしなければ、株主に突き上げられるという恐れもあるのでしょう。

しかし、そうは言っても、庶民は、マイナンバー制を義務付けられ、ますますきっちりと課税されるよう進んでいるのに、大企業や富裕層の間では課税逃れが横行しているという現状は、不公正であるとしか言いようがありません。格差もいっそう拡大していきます。

経済のグローバル化は、倫理の堕落、特に、エリート層の倫理の堕落や無責任化を招くようです。国のため、地域社会のため、という倫理観が失われていきます。

現在でもよく引用されますが、英国の文学者サミュエル・ジョンソン(1709-1784)は、かつて、「愛国心とは、ならず者(卑怯者)たちの最後の避難所である」と言ったそうです。

しかし現代では、グローバル化が、ならず者に避難所を与え、また、「グローバル化」という言葉のほうが、卑怯な振る舞いの各種の言い訳として利用されているように感じます。

日本は現在、文科省をはじめとして「グローバル人材」なるものの育成にやけに熱心で、税金を大量に投入していますが、育成される「グローバル人材」たちは本当に我々に有益な存在になってくれるんですかね。大いに心配になります。

長々と失礼しますた。
<(_ _)>

〈施 光恒からのお知らせ〉
5月13日(金)に、川久保剛、星山京子、石川公彌子の各氏の共著『方法としての国学――江戸後期・近代・戦後 (叢書新文明学3 )』の刊行記念のトークイベントに、ゲストとして参加します。19時30分からジュンク堂池袋本店です。詳細は下記のリンク先をご覧ください。
http://honto.jp/store/news/detail_041000018301.html?shgcd=HB300&extSiteId=junkudo&cid=eu_hb_jtoh_0411

●施 光恒よりお詫び

本メルマガ記事(2016年4月15日)に、私の事実誤認に基づく誤った記述がありました。

記事の8〜9段落目で、志賀櫻氏の著書『タックスヘイブン――逃げていく税金』(岩波新書、2013年)を取り上げ、この本の中に引用されているグラフ「申告納税者の所得税負担率(平成22年度)」に言及しました。そして、「このグラフによると、日本の所得税負担率は、所得金額が一億円を超えると不思議なことに低下していっています」と述べたうえで、その低下の理由について、「おそらくタックスヘイブンなどを利用し、税金を巧みに逃れる者が増え、所得税負担率は下がってしまっている」(12段落目)からだとしました。

この12段落目の記述は、正しくありませんでした。一億円を超える高額所得者の所得税負担率が低下している理由は、主に、高額所得者の所得の多くを占める株式からの配当や譲渡所得に対する税制上の優遇措置のためでした。

志賀氏の著書のなかには、正しくそれについての記述もあったのですが、私が誤解してしまいました。

メルマガ読者の皆様、および参考図書として挙げた本の著書である志賀櫻氏には、大変、ご迷惑をおかけいたしました。謹んでお詫び申し上げます。

今後、このようなことのなきよう、気を引き締めて参りたいと存じます。

なお、12段落目の記述「つまり所得金額が一億円を超えると、おそらくタックスヘイブンなどを利用し、税金を巧みに逃れる者が増え、所得税負担率は下がってしまっているのです」は、少し長くなりますが、次のように修正したいと思います。

(12段落目に以下を挿入)
「累進課税の理念に反するこうした逆進性が生じている理由は、高額所得者の所得の多くを占める株式からの配当や譲渡所得については、税制上の優遇措置があるためです。グラフの低下は、その効果によるものです。もちろん、こうした不公平は国会でしばしば指摘され、税制改正の懸案事項にもなっています。

それを踏まえたうえで、志賀氏は、このグラフの表題が「申告納税者の所得税負担率」であることに注意を促し、次のように記しています。

「つまり、税務署に所得金額を申告したベースでは、こういう負担率になるということである。これは裏を返せば、正しく申告していなければ、こういう負担率はもっと低くなっているということである。

実際、課税当局は、所得金額を実際よりも低く申告して課税を逃れている高額所得者が多数存在すると見ている。そうした高額所得者たちの税負担率は間違いなく、このグラフの示す数字よりも格段に低いはずである。

それは租税回避によるものか、ひどい場合には脱税である。しかし、その実態を正確に把握するのはきわめて難しい」。

そして、志賀氏は、こうした租税回避や脱税を助けるさまざまなカラクリがあり、そのカラクリの核心部に「タックスヘイブン」を利用した課税逃れがあると指摘しています。」

関連記事

政治

【島倉原】グローバリゼーションの再定義

政治

【佐藤健志】前衛の最大の危機とは

政治

【佐藤健志】今日から自由貿易を「無防備主義」と呼ぼう!

政治

[三橋実況中継]グローバリズム対民主主義

政治

【三橋貴明】資本主義を破壊するデフレーション

【施 光恒】グローバル化のもたらす堕落への4件のコメント

  1. 施 光恒 より

    ●お詫び上記の記事の著者の施 光恒です。本メルマガ記事(2016年4月15日)に、私の事実誤認に基づく誤った記述がありました。記事の8〜9段落目で、志賀櫻氏の著書『タックスヘイブン――逃げていく税金』(岩波新書、2013年)を取り上げ、この本の中に引用されているグラフ「申告納税者の所得税負担率(平成22年度)」に言及しました。そして、「このグラフによると、日本の所得税負担率は、所得金額が一億円を超えると不思議なことに低下していっています」と述べたうえで、その低下の理由について、「おそらくタックスヘイブンなどを利用し、税金を巧みに逃れる者が増え、所得税負担率は下がってしまっている」(12段落目)からだとしました。この12段落目の記述は、正しくありませんでした。一億円を超える高額所得者の所得税負担率が低下している理由は、主に、高額所得者の所得の多くを占める株式からの配当や譲渡所得に対する税制上の優遇措置のためでした。志賀氏の著書のなかには、正しくそれについての記述もあったのですが、私が誤解してしまいました。メルマガ読者の皆様、および参考図書として挙げた本の著書である志賀櫻氏には、大変、ご迷惑をおかけいたしました。謹んでお詫び申し上げます。今後、このようなことのなきよう、気を引き締めて参りたいと存じます。なお、12段落目の記述「つまり所得金額が一億円を超えると、おそらくタックスヘイブンなどを利用し、税金を巧みに逃れる者が増え、所得税負担率は下がってしまっているのです」は、少し長くなりますが、次のように修正したいと思います。(12段落目に以下を挿入)「累進課税の理念に反するこうした逆進性が生じている理由は、高額所得者の所得の多くを占める株式からの配当や譲渡所得については、税制上の優遇措置があるためです。グラフの低下は、その効果によるものです。もちろん、こうした不公平は国会でしばしば指摘され、税制改正の懸案事項にもなっています。それを踏まえたうえで、志賀氏は、このグラフの表題が「申告納税者の所得税負担率」であることに注意を促し、次のように記しています。「つまり、税務署に所得金額を申告したベースでは、こういう負担率になるということである。これは裏を返せば、正しく申告していなければ、こういう負担率はもっと低くなっているということである。実際、課税当局は、所得金額を実際よりも低く申告して課税を逃れている高額所得者が多数存在すると見ている。そうした高額所得者たちの税負担率は間違いなく、このグラフの示す数字よりも格段に低いはずである。それは租税回避によるものか、ひどい場合には脱税である。しかし、その実態を正確に把握するのはきわめて難しい」。そして、志賀氏は、こうした租税回避や脱税を助けるさまざまなカラクリがあり、そのカラクリの核心部に「タックスヘイブン」を利用した課税逃れがあると指摘しています。」

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. 稲美弥彦 より

    パナマ文書で引っかかる点が幾つかあります。勿論、租税逃れなどは許せる訳ではありませんが、アメリカ人のリストだけが異様に少ないが気になります。つまり、世界の富をアメリカが独り占めしようとするところです。情報技術産業(IT)の電子構文(プログラム)をほぼ全て英語にする事でアメリカが独占する馬鹿げた行為と一緒です。更に、「共有報告基準」と言うタックスヘイブンを防ぐための国際協定にOECE加盟国の主要国ではアメリカだけが署名していないのも不可解です。この編からもアメリカのタックスヘイブン行為の悪質さが出ていると思います。グローバリズムは逃げの言葉なのはアメリカのこの行為と似ていると思います。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. kanata より

    日本人経営者の倫理観も完全にグローバル化してしまったのでしょうか。1998年に日産自動車が経営危機に陥り、翌年ルノーのカルロスゴーンが乗り込んできて日産を立て直した時、彼がスーパーマンのように見えたものでした。その時から社員を大切にし、系列企業を大切にする日本型の経営スタイルが否定されていったように思います。株主に高い配当金を支払うのが良い経営者。大金持ちは税金すら払わぬ手管を身に着け、働き蟻だけがせっせと納税する。増税して国民の購買力が削られて税収が減り、さらに増税して税収は減り続ける…。いつか日本は、昔は世界一金持ちだったという貧乏国家になっていくのでしょうか。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  4. たかゆき より

    tax hell ♪節税も 脱税もせず 喜々として納税してまいりました ぼくは地獄に いるのでございますね。。。何が赦せないと 言って納税の不公平感ほど 赦せないものはありません!!富裕層の幇間、、もとい 幇菅さまは精査する意思はない とのこと、、、そうですか、、そうなんですか、、そんなの ありなんですね。。。民殺納税地獄天井裏でネズミが 暴れ ホウカンどもの悪事が 露見する証文が落ちてくる その日を楽しみにしているのだ ♪

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

まだデータがありません。

累計ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】大阪都構想:知っていてほしい7つの事実

  2. 2

    2

    【藤井聡】「公明党・大阪市議団が日本を破壊する」というリスク...

  3. 3

    3

    【藤井聡】「橋下入閣」は、日本に巨大被害をもたらします。

  4. 4

    4

    【三橋貴明】人間の屑たち

  5. 5

    5

    【藤井聡】「日本が再び、被爆国となる」という、今そこに在る危...

最新記事

  1. 日本経済

    【島倉原】緊縮財政が招いた製造業の綻び

  2. 政治

    【佐藤健志】天高く総崩れの秋

  3. 日本経済

    【藤井聡】クルマを捨ててこそ地方は甦る

  4. 日本経済

    【三橋貴明】財務省が日本を滅ぼす」刊行間近!

  5. 日本経済

    【三橋貴明】道州制

  6. 日本経済

    【青木泰樹】国債発行は将来世代の負担ではない

  7. 日本経済

    【施光恒】国民経済を重視したエコノミストの迫力

  8. 日本経済

    【小浜逸郎】日本からはもうノーベル賞受賞者は出ない?

  9. 日本経済

    【佐藤健志】感情的貨幣論と風水的財政政策

  10. アジア

    【藤井聡】「日本が再び、被爆国となる」という、今そこに...

MORE

タグクラウド