欧州

2018年2月20日

【三橋貴明】イタリアの「国の借金」問題

From 三橋貴明@ブログ

3月4日に総選挙が行われるイタリアでは、
中道左派の民主党(与党)、
中道右派連合、五つ星運動と、
三つ巴の争いになっています。

現時点では、ベルルスコーニ元首相が
率いる政党を中心とする中道右派連合が
若干、リードしているようです。

もっとも、過半数に届かないのも
確実と言われています。

移民問題に対する姿勢を見ると、
中道右派連合が「移民制限」、
民主党は「容認」。

五つ星運動は態度を決めかねている、
といったところです。

大変、興味深いのは、イタリアでも
「国(イタリア)の借金」が
問題視されており、日本さながらに
「借金時計」までもが登場している点です。

『イタリア総選挙、甘い公約に潜む「財政債務の時限爆弾」
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/02/post-9549.php

「すべての約束は借金です。よく考えて」──。

ローマやミラノの主要駅を訪れると、
巨大な「債務時計」の下にこうした
メッセージが掲げられている。

シンクタンクが設置したこのデジタル時計は、
現在2兆3000億ユーロに膨らんだ
イタリアの債務をリアルタイムで表示。

3月4日の総選挙に向け、減税や歳出増加
といった甘い約束をする政治家に
だまされないよう有権者に呼び掛けている。

イタリアの債務比率は
国内総生産(GDP)比132%と、
ユーロ圏でギリシャに次いで2番目に高い。

2011年のような債務危機が再来すれば、
もろい立場にある。

アナリストによると、世論調査でリードしている
中道右派連合の公約が最も浪費的で、
大幅な減税と公的年金および社会福祉費引き上げ
の組み合わせとなっている。(後略)』

重大かつ決定的な「事実」ですが、
イタリア政府が債務不履行(デフォルト=財政破綻)
に陥る可能性はあります。

何しろ、イタリアはユーロ加盟国であり、
独自通貨国ではありません。

イタリア政府は借り入れたユーロについて、
中央銀行の国債買取で「対処」
するわけにはいかないのです。

ちなみに、五年前は5%に近かった
イタリア国債(十年物)の金利は、
現在は1.97%と2%を下回っています。

インフレ率は1.5%を下回り、
失業率は二桁。

特に、若年層失業率は40%近くにまで
高騰しているのが、現在のイタリアです。

本来であれば、イタリア政府は
普通に国債を発行し、雇用対策を
打ち出すべきです。

ところが、例によりイタリアもまた緊縮財政。

マーストリヒト条約により、
イタリア政府は債務対GDP比率の
引き下げを欧州委員会から要求され、
緊縮財政を強行。

国民の雇用や所得を犠牲にするにも関わらず、
状況が好転しないという悪循環が続いていました。

と言いますか、若年層失業率四割の国が
緊縮路線を突き進み、状況が
好転するはずがないのですが。

というわけで、今回の総選挙において、
各政党ともに、

「財政緊縮路線は失敗した、
これからは成長が鍵を握る」

という認識では一致しています。

緊縮財政の転換ということで、
たとえば中道右派連合は個人・法人の
所得税率の引き下げなどの
公約を打ち出しています。

また、五つ星運動や民主党も、減税と支出拡大。

既存政党がこぞって「財政拡大」を訴える中、
例によりシンクタンクや経済学者、エコノミストたちが
「警鐘」を鳴らしており、日本同様に、
ローマやミラノといった主要駅に
「債務時計」が掲げられている、
という話なのでございます。

もっとも、イタリアと日本が決定的に違うのは、
日本政府の財政破綻はあり得ない
(負債が100%日本円建てであるため)ものの、
イタリアはあり得るという点です。

それはまあ、イタリア政府は
勝手にユーロを発行することはできませんので、
当然ながらデフォルトの可能性はあります。

とはいえ、この種の「日本とイタリアの違い」
について無視し、イタリア政府が
財政危機に追い込まれた際に、

「イタリアは破綻した。
日本の状況はイタリアよりも悪い。
日本も破綻する」

と、やってくるのが、日本の財務省を
はじめとする財政破綻主義者たちの
テンプレートです。

日本とイタリアは違う。

日本政府の負債は100%日本円建てで、
「子会社」の日銀が買い取れば
実質的に返済負担が消滅する。

イタリアの場合は、同じことができない。

この当たり前の「事実」だけでも、
日本国民はあらかじめ共有しておく
必要があると思うのです。

イタリアにはありますが、日本に
「国の借金問題」などありません。

関連記事

欧州

【藤井聡】「プライマリー・バランス亡国論」、その7つの理由

欧州

【三橋貴明】ストローマン・プロパガンダ(前編)

欧州

【藤井聡】元経済学会会長と元日銀副総裁による「フェイクレポート」の疑義

欧州

【藤井聡】終戦記念日に考える、「戦後レジームからの脱却」と「デフレ脱却」。

欧州

[三橋実況中継]デフレとインフレの狭間で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】消費税は、「10%はもうしようがない」と諦めれば、...

  2. 2

    2

    【三橋貴明】ストローマン・プロパガンダ(前編)

  3. 3

    3

    【小浜逸郎】泊原発を再稼働すべき理由

  4. 4

    4

    【藤井聡】度重なる自然災害。消費「増」税は、極めて難しくなっ...

  5. 5

    5

    【三橋貴明】ストローマン・プロパガンダ(後編)

  6. 6

    6

    【三橋貴明】国土強靭化・防災省の「予算」

  7. 7

    7

    【三橋貴明】賃金統計に関する安倍政権の嘘

  8. 8

    8

    【竹村公太郎】地球気候変動の歴史

  9. 9

    9

    【藤井聡】「消費増税」を凍結せよ。

  10. 10

    10

    【上島嘉郎】「常識」の回復

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】「高潮」の恐怖―――強靱化を「急がない」政治家・公...

  2. 2

    2

    【藤井聡】「消費増税」を凍結せよ。

  3. 3

    3

    【藤井聡】度重なる自然災害。消費「増」税は、極めて難しくなっ...

  4. 4

    4

    【藤井聡】消費税は、「10%はもうしようがない」と諦めれば、...

  5. 5

    5

    【三橋貴明】安藤裕衆議院議員との対談

MORE

最新記事

  1. 政治

    【平松禎史】「霧につつまれたハリネズミのつぶやき」:第...

  2. メディア

    未分類

    【上島嘉郎】「常識」の回復

  3. 日本経済

    【小浜逸郎】泊原発を再稼働すべき理由

  4. 政治

    【藤井聡】消費税は、「10%はもうしようがない」と諦め...

  5. 政治

    【三橋貴明】国土強靭化・防災省の「予算」

  6. 日本経済

    【三橋貴明】ストローマン・プロパガンダ(後編)

  7. 日本経済

    【三橋貴明】ストローマン・プロパガンダ(前編)

  8. 日本経済

    【竹村公太郎】地球気候変動の歴史

  9. 日本経済

    【三橋貴明】賃金統計に関する安倍政権の嘘

  10. 日本経済

    【三橋貴明】日本国は残酷な国

MORE

タグクラウド