日本経済

2021年12月6日

【三橋貴明】矢野論文が日本を積極財政に転換させる

【今週のNewsピックアップ】

三橋経済塾第十一期 開講!
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12713432305.html

矢野康治・財務事務次官が
日本の緊縮路線を転換させた
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12713624461.html

12月1日、
自民党の財政政策検討本部の
第一回会合が開催されました。

同本部の目的は、
積極的な財政出動を念頭に、
国債の増発が市場に与える影響や
財政健全化目標の在り方などを検証し、
来年6月までに提言をまとめることです。

なぜ、6月なのかといえば、
もちろん骨太の方針閣議決定があるためです。
骨太の方針から、PB黒字化目標を排除する。

財務省の「飼い犬」である
財政制度等審議会は、
同じく12月1日に会合を開き、
PB黒字化目標について、
「凍結するという方針変更を行うことなく、
改革を進めるべきだ」
として、歳出、歳入の両面で改革を行い、
財政の健全化を着実に進めるよう求めました。
露骨です。

いずれにせよ、
自民党内積極財政派と財務省が、
本格的な政治バトルに
突入することになりました。

とはいえ、問題の本質はシンプルです。

「自国通貨建ての国債を発行している日本は、
財政破綻しない」
単に、これだけの話。

これだけでも早急に政治家、
国民が共有しなければなりません。
何しろ、
「先進国の自国通建て国債はデフォルトしない」
と、あの「財務省様」も言っているのです。

財務省のこれまでのスタイルは、
外(外国格付け会社)には正しいことを主張し、
内(国内)に対しては御用学者や
マスコミの後ろに隠れ、
「財政破綻の定義」を曖昧なままとし、
財政破綻を煽る。

緊縮財政を継続させ、
諸官庁に対する権力を高める、
というものでした。

この「省益」のために汗を流した者が、
出世する。

というわけで、
財務省にとって
「オープンな議論」はタブーでした。
あくまで、財務省ではなく、
飼い犬である御用学者やマスコミに言わせる。

もっとも、矢野論文以降、
財務省は「表」に顔を出してしまった。

孫子ではないですが、
賢い者は「戦わずに勝つ」のです。
何しろ、その方が損害が少ない。

矢野康治・財務事務次官は、
何が理由かは分かりませんが、
前線に出てきてしまった。

結果、自民党が動き、
財政政策検討本部が作られた。
報道によると、矢野論文について、
「政治を刺激するだけだ」
と、当たり前の認識を持っていた
財務官僚もいたようです。

やはり、矢野論文は矢野の「暴走」の面が
相当に強いようですね。

矢野論文が世に出た結果、
与野党の積極財政派が「激怒」し
(どう考えても「選挙妨害」だった)、
自民党の財政政策検討本部発足に繋がった。

皮肉でも何でもなく、
単なる事実として
「矢野康治・財務事務次官が、
日本の緊縮路線を転換させた」
という結果になるかも知れない。

いや、そうしなければならないのです。

◆「日本をダメにした財務省と
経団連の欺瞞(小学館)」
が刊行になりました。
https://amzn.to/38q1LPW

◆「自民党の消滅(ベストセラーズ)」
(書籍版)が刊行になりました。
https://amzn.to/3dEIFqS

◆週刊実話 連載
「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」 
第444回 「自民党の財政政策検討本部」

◆メルマガ 週刊三橋貴明 Vol656 
中央銀行の国債買取のインフレ効果
http://www.mag2.com/m/P0007991.html

インフレ率は財やサービスが
買われなければ上昇しません。
日銀が買っている国債は、既発債で、
すでにインフレ効果は「完了済み」なのです。

◆メディア出演

三橋TV、続々公開中です。

V字回復できない日本経済 
政府は「妄想」ではなく
「現実」を見ろ!
[三橋TV第475回] 三橋貴明・高家望愛
https://youtu.be/jtws63ozvo8

西田昌司・財政政策検討本部長登場!
自民党は財政観の転換ができるのか?
[三橋TV第476回] 西田昌司・三橋貴明・高家望愛
https://youtu.be/Nj6D5wKRjXM

積極財政の継続こそが
潜在成長率を引き上げる
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12713796930.html

特別コンテンツ配信中。

シンガーsayaの3分間エコノミクス
【第12回 経済成長】
https://youtu.be/e8dWv903hf4

土曜の夜には 第十五曲目 
シューマン作曲「ピアノ協奏曲イ短調」
及び「大切なお知らせ」
https://youtu.be/86DB2nYqFJ0

【ダイジェスト】
ショボイ給付金と看護師賃上げ。
岸田政権が低レベルな政策しかできない理由
(三橋貴明)
https://youtu.be/FZtX9DrGKI0

分子人類学から読み解く
日本人のルーツとは?(長浜浩明)
https://youtu.be/-qwim83ScRY

哀れな中国2000年・・・
「自滅」のカラクリ(三橋貴明)
【12月8日(水)23:59までの限定公開】
https://youtu.be/kriBfAbKxy8

12月1日(水) 
チャンネル桜「Front Japan 桜」
に出演しました。

【Front Japan 桜】
移民国家は経済成長できない
/ 風化させない~シベリア抑留の記憶
[桜R3/12/1] https://youtu.be/59DwpdykDGc

【RE:明るい経済教室 #44】
財務省が緊縮をゴリ押しするために作った
「国の借金」というパワーワード
[R3/12/1] https://youtu.be/6goxbWoIZRc

12月2日(木) チャンネル桜
「日本よ、今…「闘論!倒論!討論!」」
に出演しました。

【討論】世界経済戦争の現在と大東亜戦争
[桜R3/12/2] https://youtu.be/hEA5dd4RdVM

◆三橋経済塾

11月20日開催 
三橋経済塾第十期第十一回対面講義
を配信しました。
https://members10.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=1649

ゲスト講師は森永康平先生でした。
インターネット受講の皆さま、
お待たせいたしました。

12月18日 
三橋経済塾第十期第十二回対面講義
のお申込受付を開始しました。
https://members10.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=1658
ゲスト講師は佐藤健志先生です。

◆チャンネルAJER 
「令和3年度補正予算と
防災安全保障の崩壊」(前半)
三橋貴明 AJER2020.11.30
https://youtu.be/ajz0ppYz5qc

関連記事

日本経済

【三橋貴明】国債という「利付貨幣」

日本経済

【小浜逸郎】コロナは壮大な茶番だった

日本経済

【東田剛】構造改革かよ

日本経済

【藤井聡】「半自粛と財政政策でコロナを乗り越える」という「第三の道」を選択せよ。

日本経済

【竹村公太郎】私的年代論ー戦後の日本社会を創った1930年代生まれー

【三橋貴明】矢野論文が日本を積極財政に転換させるへの12件のコメント

  1. 通りすがり より

    第26回参議院議員通常選挙
    だい26かいさんぎいんぎいんつうじょうせんきょ
    第26回参議院議員通常選挙は、2022年7月25日までに日本で行われる予定の国会議員の選挙である。

    のためでしょ
    進軍ドラムは鳴らないよ!

    死して屍、拾う者なし

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

      1. Pomsora5 より

        三橋さんのおっしゃられることは、ふむふむなるほどと思うのですが、そもそも財務省の官僚はPB黒字化は日本経済に逆効果だとわかっていてなぜPB黒字化しようとするのか、もしくは逆効果だという認識までは無くてもそれにより財務省官僚にとって何がお得なのか(例えばそれを進めることで進めないことよりも天下り先が多くできるとか)、等を説明してほしいと思います。ちなみに私は三橋さんのファンなので本を何冊も買っています!

        返信

        コメントに返信する

        メールアドレスが公開されることはありません。
        * が付いている欄は必須項目です

  2. 日本は自主防衛(核武装)するしかない より

    そりゃもちろん、自国通貨建て国債のほとんどを自国で保有しているかぎりにおいて、過度のインフレさえ避ければ財政破綻しない――それは正しいでしょうね。あくまで、"理論上"は。

    三橋先生、あなた肝心の部分をごまかしてますよね?

    日本は残念なことに、自由に国債発行する権限を(事実上)持っていません。何故なら日本はアメリカに軍事的に依存させられており(日米同盟という名の奴隷契約)、経済政策をコントロールされているから。

    構造改革だってアメリカの指示じゃないですか、何故それを黙っておいでなのですか?

    仮に積極財政を敢行する政権が誕生しても、すぐにアメリカに圧力をかけられて退陣に追い込まれます。それを回避するには、自主防衛するしかないでしょう(アメリカは軍事的に無力な国の要求を受け入れてやるような国ではありません)。

    自主防衛(核武装)してアメリカの要求を拒否できる力を持つことではじめて、長期の積極財政が実現できるのです。あなたはこの前半部分をすっ飛ばして、後半の都合の良い部分だけを吹聴している。

    これをね、「イカサマ」というんですよ。

    イカサマの積極財政論をばら撒くのを止めて、早急に自主防衛の議論をはじめてくださるようお願いしますm(_ _)m

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

      1. 失礼します より

        「イカサマ」とまでは言いませんが、概ね私も同じように考えています。

        矢野事務次官の寄稿により、緊縮財政の元凶が財務省であること、その事実が明るみになった。

        同じように、アメリカや国際金融資本からの様々な圧力も明るみに出し、いろいろなところで議論されるようになればと思います。

        というのも、先日、元農水官僚の鈴木宣弘氏の発言から、農水省がアメリカや国際金融資本からの圧力を受け、その交渉には、時には命を狙われるほどの覚悟が必要な事実が分かりました。

        そこで当然の疑問として、財務省も同じようにアメリカからの圧力を受けている可能性はないのか?と考えることは自然だと思います。「自国通貨建ての国債はデフォルトしない」と正しく理解している財務省が「借金で破綻する」という矛盾を主張をすることも、これらアメリカからの圧力が大いに関係しているのではないでしょうか。

        ですので、農水省と同じように、それに反対するには、それこそ決死の覚悟が必要なのではないのでしょうか?アメリカからしてみれば、日本はデフレのままの方が、様々な面で都合がいいでしょう。

        誰にも認知されない敵と戦うことに、命を懸ける人は少ないと思います。ですので、アメリカや国際金融資本からの圧力を国民に認識してもらえた場合、命を懸けて対峙する財務官僚や政治家も現れてくる可能性はあるのではないでしょうか。

        返信

        コメントに返信する

        メールアドレスが公開されることはありません。
        * が付いている欄は必須項目です

  3. この世は既にあの世 より

    有権者の99.9%は矢野なんて知らないか、既に忘れたか。です。

    「自民党は戦ってるのだあ!」「糞本売るどお」

    毎度乙です。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

      1. この世は既にあの世 より

        アヘとか西田とか菅「うーん、矢野くん、頼むよ出世の代わりに悪玉買って出てよ」

        矢野「えー?」

        アヘ「西田くん、君は積極財政派演じなさい。三橋くん藤井くんも頼むよ」

        矢野、三橋、藤井「ははーっ、仰せの通りに」

        安藤「(へへ、チョロいチョロい)皆様、政治が変わろうとしております」

        水島「ここはおいどんも保守の役割で中国脅威論、移民をスケープゴートにし、アヘをアシストや!」

        ま、こんなとこでしょう、

        ボンボン馬鹿ボン糞本本♪自民一家だ、馬〜鹿ボンボン!

        返信

        コメントに返信する

        メールアドレスが公開されることはありません。
        * が付いている欄は必須項目です

        1. 拓三 より

          お前、カネ(BI)配ったら誰でも良いんちゃうのw

          維新に可能性あるぞw(自民も同じ)

          理屈は、「シナ様! BI配れば、BIの予算が他の予算の足枷になって、安全保障予算を押さえ込む事が出来ますぞ!
          BIで膨れた需要はシナ様が貰えば良いだけ。一石二鳥ですわw」

          お前が望む世界じゃねw

          返信

          コメントに返信する

          メールアドレスが公開されることはありません。
          * が付いている欄は必須項目です

  4. 拓三 より

    たぶんやけど…財務省…意固地になってんじゃね?

    戦後、財務省(インテリ)からすれば、

    「米国様が言われるように、これだけ尽くしてきたのに…
    憲法、財政法など日本が独立に必要な法案改正を全て事前に潰し(人まで○ろし)貴方様が仰る様に国家を長年に渡り解体する事に成功し、貴方様が言われる様に資本の流動性を貴方様有利に作り替え、何もかも貴方様が戦後仰った世界平和を実現する為じゃ無かったのですか?
    ここに来て自分の国は自分で守れとはどうゆう事…
    ならシナと手を組んでグローバル社会を作り上げるわ!」

    と、まあ、こんな感じw

    つまり日本(インテリ)はグローバルが基本。討論でも少しあったけど、明治から戦前までも同じ思想なの。戦後は「プレーヤーとしての立ち位置」が違うだけで思想は同じ。

    ハッキリ言ってバカです。

    国家が弱まれば権力者が出てくるだけ。※ちなみに税は権力者を押さえ込む役割です。

    国家を否定するインテリさん多いけど、インテリさん? 権力に媚び売る人生、面白いか?

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  5. 凡暗ノビテルが内閣官房参与に就けて三橋氏が就けないのはなぜ より

    官邸が人事権を掌握して久しいのにまだこんな疑似餌であほなお客を釣ろうとしているのですか。この対決図式が財務省への憎しみを駆り立て自民党支援を呼びやすいのはわかりますけれど、なんでこうまでして自民党に操を捧げ続けるのか理解に苦しむ。どんなもの書きでも振るサイコロにははじめから鉛が仕込んである、ということなのかな。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  6. 大和魂 より

    岸田総理も所信表明した真意と同じく、どいつもこいつも単なる高学歴者の劣化が予想以上に酷くて際限なく止まらんから、矢野次官は痺れを切らして論文で訴えたわけなのに、それを単純に大局的な観点から常識ある分析をすれば本質は【国益】だから、なにも指摘を受けるまでもない事柄なんですよ。

    それよりも、むしろ私が維新の会から明確に矛先を変えたのは総選挙特番で一線を越えたメディア関係者でもあり、その後から後出しの下劣なパフォーマンスをやらかした与党の一部の存在がありまして、しかも彼らは日本の味方のフリをしながら実際は【天の声】に従う己らの党利党略による私利私益の発言で本性をむき出しにしたからには、その関係者との関係も破談になるのは必然になるわけです。

    ちなみにですが私は、日本国内で社会の浄化が不可能であれば国益どころか私利私益を優先している、れいわや諸派党のNHK党は撲滅させて岸田政権が掲げる移民政策を歓迎しますわ。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  7. 糞安倍と官邸揃い踏み写真何処捨てたのですか それに最近この新聞にアホ安倍の積極財政を阻む3つのバカて本の広告消え失せましたね より

    今朝ラジオで森永卓郎氏は補正予算は超緊縮つってましたよ。
    積極財政が現実になる確信あるのですか?

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  8. Pomsora5 より

    三橋さんのおっしゃられることは、ふむふむなるほどと思うのですが、そもそも財務省の官僚はPB黒字化は日本経済に逆効果だとわかっていてなぜPB黒字化しようとするのか、もしくは逆効果だという認識までは無くてもそれにより財務省官僚にとって何がお得なのか(例えばそれを進めることで進めないことよりも天下り先が多くできるとか)、等を説明してほしいと思います。ちなみに私は三橋さんのファンなので本を何冊も買っています!

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

最新記事

  1. 政治

    日本経済

    【藤井聡】小池知事そして岸田総理よ、「緊急事態宣言」の...

  2. 政治

    日本経済

    【室伏謙一】デフレの原因は人口減少ではない

  3. 日本経済

    【三橋貴明】日銀の国債買取と市中銀行に現金紙幣を「預け...

  4. 政治

    日本経済

    【藤井聡】オミクロンでなく、「小池知事のパフォーマンス...

  5. 日本経済

    【三橋貴明】デラシネの貧困と「ジョーカー」

  6. 日本経済

    【三橋貴明】コストプッシュ型インフレの解消法

  7. コラム

    【竹村公太郎】地形と気象が生んだ中部モノづくり -情報...

  8. 政治

    日本経済

    【藤井聡】2022年「積極財政」祈願 ~元日放送・東京...

  9. 政治

    日本経済

    【室伏謙一】「日本人は働き過ぎ」は何を意味していたのだ...

  10. 日本経済

    【三橋貴明】日本には凄まじい「繁栄の余地」がある

MORE

タグクラウド