日本経済

2021年11月1日

【三橋貴明】白髪になったオオカミ少年たちよ、いい加減にケリを付けよう

【今週のNewsピックアップ】

国家は外敵ではなく国内の狂った思想により亡びる
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12706813107.html

白髪になったオオカミ少年
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12707016930.html

矢野論文以降、
矢野の尻馬に乗った財政破綻論者たちが、
色々と恥をさらしてくれて面白いです。

朝日新聞の原真人・編集委員は、
一応、MMTをかじったようで、

 『MMT論者らは、
  政府と日本銀行との「統合政府」で考えると、
  日銀が買い上げている国債(現在は約540兆円)は
  政府の借金にはならないと主張する。

  だが、それで借金が
  魔法のように消え去るわけではない。
  日銀が民間銀行から借りている
  「当座預金」の借金は残る。』

と、抱腹絶倒なことを書いていました。

いや、確かにその通りですよ。
日銀当座預金も、
原の財布に入っている現金紙幣も、
共に「日銀の負債」です。
原真人式に言えば「借金」ですわな。

で、それが何か?

そもそも、貨幣とは「誰かの債務」なのですよ。

日銀当座預金という日銀の負債を
問題視するならば、原の財布の中の現金紙幣も
「これは日銀の借金だ~っ!」と
批判しなければ、筋が通りませよ。

貨幣経済を否定する原は、
何となくそろそろ「真実」を
学びそうな気がしますが、こっちはさらにひどい。

経済評論家の加谷珪一は、ニューズウィークで、

 『この状態を不安視して
  銀行が日銀当座預金から資金を引き出せば、
  市中に大量の現金があふれ、
  たちまちインフレになるし、
  それを防ぐには高い金利を付与するしかなく、
  巨額の国民負担が必要となる。』

と、正直、「頭、大丈夫か?」と
言いたくなる奇想天外な説を披露。

もしかして、加谷は
「現金紙幣は、
日銀当座預金を紙の形にしたもの」である事実を
知らないのでしょうか。
加谷は「現金紙幣」は
「神が与えてくれた財産」と勘違いしているのでは。

銀行が日銀について不安視したとして、なぜ、
「日銀の負債である日銀当座預金を、
日銀の負債である現金紙幣に交換する」
などと、奇妙奇天烈な行動に出るのでしょうか。

原や加谷のような財政破綻論者が、
矢野の威を借りて破綻論をまき散らすのは
予想していましたが、
逆に意味で驚愕したのが、オリックスの
宮内義彦オリックスシニア・チェアマンです。

何と、宮内氏は、三橋でも
文句を付けられないレベル(※レベルが高い)の
「新自由主義批判」を展開。

 『構造改革、規制改革は
  掛け声のみで頓挫しました』

 『日銀は市中銀行から国債を購入し、
  お金を流します。
  銀行に低金利で流せば、企業や個人は
  積極的に借り入れると期待するからです。
  しかし現実は、資金需要はなく、
  借り入れを増やす動きは限定的でした。』

 『財務省や官庁エコノミストは
  長年にわたり財政健全化を主張し、
  政府の借金が増えれば国債価格が
  急落して財政が破綻し、
  日本経済が大混乱するとの見方を示しています。

  しかし20年余りこうしたことが起きる兆候は
  全くなく、国債の信用力は維持されています。
  しかもどのようなメカニズムでこうなるのか、
  しっかり説明された記憶もありません。

  イソップ物語の「オオカミ少年」のように、
  「今に国債価格が暴落するぞ」と脅し続け、
  もう何十年もたってしまいました。
  そんな「少年」ももはや白髪です。』

 『私は主要通貨を発行する国は
  インフレにならない限り財政を拡張しても
  問題ないとするMMT(現代貨幣理論)の考えが
  正しいと考えます。』

と、日経新聞
「「白髪になったオオカミ少年」
 経済政策の大胆な修正を」
において主張しているのです。

宮内氏の見事な表現を借りると、
財政破綻論を何十年も唱え続けてきた
オオカミ少年たちは、白髪になりました。

もっとも、我々の方も白髪になりつつあります。
いい加減にケリをつけましょう。

◆「日本をダメにした
財務省と経団連の欺瞞(小学館)」
が刊行になりました。
https://amzn.to/38q1LPW

◆「自民党の消滅(ベストセラーズ)」
(書籍版)が刊行になりました。
https://amzn.to/3dEIFqS

◆週刊実話 連載
「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」 
第439回 「財政観と経済政策」

◆メルマガ 週刊三橋貴明
Vol650 政府と海外が「存在しない」世界
http://www.mag2.com/m/P0007991.html

政府と海外が存在しない世界とは? 
社会全体の純資産が
「絶対に増えも減りもしない」世界になるのです。

◆メディア出演

三橋TV、続々公開中です。

総選挙を前に知っておくべきこと
政府の財政支出は悪じゃない!
[三橋TV第460回] 三橋貴明・高家望愛
https://youtu.be/obOomSqsgTM

米中の植民地から脱しよう!
東京九区、小林興起氏登場
[三橋TV第461回] 小林興起・三橋貴明・高家望愛
https://youtu.be/F7DlzcThcWc

総選挙の前に知らなければならないこと
消費税・社会保険料・インボイス
[三橋TV第462回] 三橋貴明・高家望愛
https://youtu.be/2i5mroiXINE

特別コンテンツ配信中。

シンガーsayaの3分間エコノミクス
【第7回 名目と実質】
https://youtu.be/xRWcgpbHsaE

土曜の夜には 第十二曲目
リチャード・クレイダーマン「渚のアデリーヌ」
https://youtu.be/lG6LVWZmBDI

11月8日(月)開催
緊急シンポジウム
(田原総一朗×藤井聡×水道橋博士)
@銀座ブロッサム
https://youtu.be/tIQxQmaBB5s

バラマキを批判する人が知らない日本国債の真実
https://youtu.be/FtH7vMH1jmI

【三橋貴明の緊急提言】
グローバリズム(新自由主義)からの転換を
https://youtu.be/Hrr6DTM8C14

◆三橋経済塾

10月16日開催 
三橋経済塾第十期 
第十回対面講義を配信致しました。
是非ご視聴下さいませ。
https://members10.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=1608

ゲスト講師は一般社団法人「経済学101」
所属翻訳者・経済研究家 望月慎先生でした。
インターネット受講の皆様、
お待たせいたしました。

三橋経済塾第十期の入塾お申込は以下から。
https://members10.mitsuhashi-keizaijuku.jp/

◆チャンネルAJER 
今週の更新はありません。

関連記事

日本経済

【藤井聡】豊かな大阪をつくる

日本経済

【三橋貴明】「原発ゼロ」の真実

日本経済

【小浜逸郎】新型コロナ、10のウソ

日本経済

【藤井聡】「財政悪化」を導く消費増税が生み出すのは、「害のみ」である。

日本経済

【藤井聡】「新幹線」整備は、デフレ時代の超優良プロジェクトです。

【三橋貴明】白髪になったオオカミ少年たちよ、いい加減にケリを付けようへの13件のコメント

  1. この世は既にあの世 より

    選挙の結果を受けて、やはりベーシックインカムですね。

    新自由主義とベーシックインカムはセットです。

    嫌だ嫌だじゃありません。

    ベーシックインカムがあれば何かあれば速やかに自粛出来る。

    保守なんていないのですから保守面してる連中に虫唾が走る。長尾、飯盛衆、落選おめでとうございます。

    西岡力、あれは完全にアメポチやな。「日米安保、安保、ぼくちん米国の守ってもらわないと怖いのー、」だもの、だから今の高齢者はダメなんだよ。

    それで内弁慶になる。今度はこっちが高齢者を虐待する番なんや。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

      1. 拓三 より

        近い将来、シナが倭州(日本)にBI出すかw

        一億歩譲ってBIの議論するのであれば、日本が独立国になる事による全ての安全保障にかかる予算を始め、維持、就業率など様々な要因となるものを計算し、予測されるインフレ率、成長率を出してから議論したるわ。

        「一度やってみないと解らない」と言てる奴ら居るけど維新と変わらんのw

        返信

        コメントに返信する

        メールアドレスが公開されることはありません。
        * が付いている欄は必須項目です

  2. 大和魂 より

    そうそう特に読売グループを筆頭に地上波TVは大阪府民を、いたずらに洗脳し維新の会の不祥事は誤魔化し続け、しかも滅茶苦茶にかなりの偏向報道でしたから、これからは気兼ね無く永田町でも取り上げて議員糾弾決議も含めて全開にマスメディア共々追求して皆さん裁判して参りましょうね!!

    ところで特に、今回の総選挙でも大阪府民の教養の無さから改めて見識が皆無であることが明確に示されましたことと、大阪のアゴ叩き乞食弁護士と同じく歪んだルサンチマンを昨日のTV報道でも再認識できましたよね。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. ジジイこそ欲望に際限ないでしょ コイツ近江商人ですよ より

    新総理岸田のウソ発言に忖度ヨイショしてると普通の人間なら思いますがね、
    年取れば益々欲望が増幅するのが人間の嵯峨、
    ミヤ●●はタクシー自由化でレンタカー貸し出しでタクシーを飽和状態にした真正新自由主義者
    関空もコイツが実質経営者、
    白髪だろうがなんだろうが棺桶入った後も後継者に利権を与え続けるよ。
    ジジイだから反省すると本気で思ってるんですか?
    死んだ反省猿見世物芸人とミヤ●●は同じレベルとしか思えませんがね!!!

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

      1. 日本人から全て奪った張本人の世迷い言 より

        民営化 規制緩和と称して公共財を竹中の旗降りで奪いつくした黒幕が今更何をかいわんやだ、
        オケラの日本人から奪うとしたら残るは人●売買か臓●売買位しかないだろ。

        返信

        コメントに返信する

        メールアドレスが公開されることはありません。
        * が付いている欄は必須項目です

  4. この世は既にあの世 より

    安藤、長尾と撃沈したのであとはブルーマウンテン議員ですね。

    甘利も茂木も変わりませんよ。

    擬装保守派一掃作戦やな。水島は小泉安倍を全身全霊で応援した売国奴。何が保守だよ。

    日本や若者が大嫌いな団塊クズゴミ世代を一掃せなあかん。

    新自由主義社会ですから暑苦しい口先だけで一銭にもならない臆病者の美徳は要らん。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

      1. 拓三 より

        つまり君は売国を認めるんだね。

        っとすると、君が主張するBIは、日本では無く誰が決めるのかな?

        つまり、君が言っている事は、BIと言う餌(みせかけ)をぶら下げ、日本国民をたぶらかし、売国を押し進める人達の協力者という事になっちゃうねw

        返信

        コメントに返信する

        メールアドレスが公開されることはありません。
        * が付いている欄は必須項目です

  5. この世は既にあの世 より

    島倉大輔氏によると、「ジジイのジジイによるジジイの為の政治をいい加減やめろ」という選挙結果だそうです。

    水島もジジイだし水島は何目的で政治に口を出すのか知らないがコイツに媚びる必要はなく追い出すべきである。

    維新は若い。

    糞ジジイを財界、メディア、政界から叩き出すんだ。

    ATM、レジで糞ジジイがモタモタし、軽トラでいつまでもノロノロ運転しジジイを先頭に渋滞を巻き起こす。

    この前も自転車乗った糞ジジイが「私の家はどこですか?」と聞かれたが、「知るか糞ジジイ!」と言いたかったがついてくるんねん。

    仕方ないから迷子ということで警察呼んだ。

    自粛保守の糞ジジイ共がいるじゃん。テメェは糞ジジイで戦地にはいかないクセして「中国が中国が」って、糞ジジイは誰に守れ言うとるの?

    悪いが糞ジジイ共は人柱候補第一やで。

    れいわ新選組除いた野党も野党で古臭いんだよ。

    立憲、共産は自民党や大企業とグルとなってたって仕方ないし、ホモ問題とか綺麗事はどうでもいいねん。ホンマ糞共が。

    糞老人共の米国左翼とシナ中共露の左翼同士の内ゲバはウンザリなんだよ。

    糞老人共は早よ死ねよ。しつこいな。大体水島お前には主張が無いやんけ。ただの反共やろ?

    中高年はゴミみたいな役立たずの糞老人に媚びてたって仕方ないぜ。

    皇室がどうとか関係あらへん。一般の日本国民のゴミ虫共がああだこうだ皇室に口出ししても相手にされない百姓なんだよ。

    百姓が偉そうに皇室がどうとか言ってんじゃない。そもそも水島お前は人間や日本人ですからなく米国の飼い豚なんだから。

    早く死ねよ。

    邪魔なんだよ。

    汚い豚顔を世間様に晒すな。呼んでないのに自画自賛をするんじゃない!何が「我こそは真の保守だ」?コラ!舐めとんのか?

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  6. 利根川 より

     選挙戦おつかれさまでした。とりあえず、財政出動派の議員が大量に落選とかそういったことになっていないことに安心しました。
     TVでも選挙特番が組まれていて私も見ていましたが、TVは相変わらず緊縮応援団をやっているようですね。

    TVコメンテーター「私は経済のことは詳しくないけど、かつてバブルの頃、土地の価格は下がらないという土地神話があったがバブル崩壊で土地の価格は下がった」

    TVコメンテーター「原発は爆発しないという原発神話があったが、東日本大震災で原発は爆発した」

    TVコメンテーター「財務省は『日・米など先進国の自国通貨建て国債のデフォルトは考えられない』と言っているが、きっと財政破綻するに違いない」

    こんな内容でした。
     当たり前ですが、全ての物事にはそこに至るまでの原因と経過があるわけです。たとえば、バブル崩壊で土地の価格が崩壊した原因はアメリカからの要求に従って日銀が金融引き締めをすべき時にしなかったせいです。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    1、大韓航空撃墜事件発生

    2、ソ連の軍事的脅威にさらされた日本はアメリカに守って頂くことを決意

    3、アメリカにまもってもらうかわりにアメリカの経済的要求を丸吞み。プラザ合意。これにより円高不況に陥る

    4、1986年1月~1987年2月までの間、日銀は公定歩合を計五回、2.5%までに引き下げて景気対策をした

    5、1987年春ごろから景気が回復し”資産価値の上昇”が顕著になったため金融引き締めを計画

    6、1987年5月の日米首脳会談でアメリカは日本に金利の引き下げを要求。日銀は金融引き締めをどころか短期市場金利はさらに引き下げられた

    7、日銀は1987年8月から短期市場金利を高くしようと画策するもアメリカの株価暴落(ブラックマンデー)で中断を余儀なくされる

    8、1988年1月の日米首脳会談においてもアメリカから「短期金利低めにせよ」とのお達しがくる。金融引き締めができない状況が続く

    9、日銀はアメリカからの圧力で金融引き締めの機会を再三失う

    10、金融引き締めが行われずに金を借りやすい状況が続いたため、金が”実体経済ではなく”土地や株といった金融商品に向かい資産バブルが起きる

    11、1989年5月まで約2年3ヶ月にわたって続いた「歴史的低金利」による「資産バブル」がついに崩壊する

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    土地の価格が上下せずに安定しているというのは、日銀がきちんと仕事をするという前提があってのことです。他国の目を気にして「自殺まがいのこと(バブルを発生させる)」をするなどと言うことは想定の範囲外だったと言うことでしょう。
     原発が爆発した件についても、あれは経費をケチって予備電源を地下にしか設置していなかったせいです。そもそも、国の重要電力施設を一企業単独で運営しろというのが無茶ぶりだったのではないのでしょうか。
     
    TVコメンテーター「財務省は『日・米など先進国の自国通貨建て国債のデフォルトは考えられない』と言っているが、きっと財政破綻するに違いない」

    物事にはそこに至るまでの原因と経過がある。財政破綻するというのであれば、どういったことが原因になりうるのか、その場合どういった経過をたどって財政破綻するのか、「きっと財政破綻するに違いない」というフワッとした話ではなくそこを説明していただきたい。
     因みに、国家の財政破綻が何が原因でどういった経過をたどるのかというのがコチラになります⇓

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    <財政破綻のプロセス レバノンの例>

    1、複雑な宗教勢力による政治闘争や内戦などで治安が悪い(いつ何時、政府が消し飛ぶか分からない)

    2、そんな危ない所にわざわざ工場建てたりしないので、生産能力が低い←ココ原因

    3、生産能力が低いので国民が必要とする品物を国内で生産できない

    4、国内生産できないので国民が必要とする品物は海外から買う(輸入する)

    5、外国の輸出業者はレバノンに住んでいるわけではないので支払われたレバノンポンドをドルに両替する

    6、レバノンポンドがどんどん外貨に両替されていくので、レバノンポンドがケツを拭く紙の代わりに使ってもいいくらい余る

    7、余りまくってるレバノンポンドの価値が下がる

    8、最初、1ドル1500レバノンポンドで交換されていたものが、レバノンポンドの価値が下がったことで15000レバノンポンドださないと1ドルと交換してもらえなくなる

    9、昔は輸入物の1ドルチョコレートは1500レバノンポンドで買えたのに、15000レバノンポンド出さないと買えなくなる(インフレ率急騰)

    ※輸入に頼らざるを得ない国なのに輸入価格が上がる

    10、インフレを抑えるためレバノン政府は手持ちのドルを使って余りまくってるレバノンポンドを回収して1ドル1500レバノンポンドを維持する(固定為替相場制)

    11、手持ちのドルが尽きる

    12、手持ちのドルが無くなってしまったのでドル建て国債を発行する(外国からドルを借りる)

    13、レバノン政府はドルを発行することはできないので、借りたドルでレバノンポンドを回収する作業を続けると借りたドルを返せなくなって財政破綻する

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    お分かりいただけるでしょうか、どうして財政破綻するのかというと、その国の生産能力が低すぎるせいで”過度に輸入に頼らねばならない”からなんですね。
     日本やアメリカ・イギリスといった国が何に困っているのかというと「生産能力が高すぎて需要が足りない」ことなんですよ。AIによる自動生産が進歩していけば更に生産能力が向上していくのでしょうね。
     作ろうと思えばもっと製造できるわけですが、増産しても売る相手が居ない(需要が足りない)だから、外国に要りもしない物を押し売りしているわけだ。
     もし日本が財政破綻するというのなら、その原因は日本から生産施設や技術者が居なくなったときだと思います(=発展途上国化)
     現在の日本は、おおくの中小企業(生産施設)やその従業員(技術者)が存在しているので

    「日本の中小企業は多すぎる。ゾンビ企業は潰さねばならない」

    などと言って虎の子の生産能力を自ら削る「自殺まがいのこと」をするような者が出てこない限り財政破綻はしないと言うことです。
     財政破綻しないためには生産能力が大事という話をしましたが、商品を生産したところでその商品が売れなかったら意味がないわけです。というか、売れる商品だから生産し続けることができるわけですよね。つまり、

    需要を高く維持できる社会こそが生産能力も高くできる社会

    というわけです。
     日本の場合、長年GDPの6割を占める個人消費が伸び悩んできました。個人消費が伸び悩む、つまりは需要が伸び悩んでいるわけですね。需要が伸び悩むと言うことは生産も伸び悩むと言うことに繋がります。
     なぜ個人消費が伸び悩むのか。

    ・たばこ税はタバコを吸う人を減らすための税

    ・炭素税はCO2排出を減らすための税

    ・消費税は消費を減らすための税

    そうですね、日本は長年「消費を減らすための税」である消費税の増税を繰り返してきました。個人消費が伸び悩むって…「だろうねぇ」としか言いようがないことを続けてきたわけです。これも「自殺まがいのこと」に含まれますね。
     それだけではなく、「働き方改革」だとか「職業選択の自由アハハン♪」だとか言っては派遣の拡大やウーバーイーツのようなギグワーカーの存在を認めてきました。いまや、日本の労働者の約4割が非正規雇用ですし、非正規雇用の平均年収は175万と惨憺たるありさまになっています。
     非正規雇用の場合、消費したくても消費するためのお金をそもそも持っていないので、これで個人消費を増やせなどと言われても無理なわけですよ。くわえて何かあるたびに派遣切りにあって収入を絶たれますしね。日本の政治家・国民は自ら需要を減らすような「自殺まがいのこと」を選択してきたわけです。
     このコロナ禍でも多くの経営者はなんとか従業員や取引先に迷惑をかけないように、雇用の維持を模索していました。こうした態度からもわかるように、経営者も好き好んで派遣やギグワーカーを使っているわけではないのです。むしろ、正社員として雇えるなら雇いたいというのが本音だと思われます。では、なぜそれが出来ないのか。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    三橋TV第362回 森井じゅん回

    森井さん「ご存知のように社会保険料というのは従業員から半分天引きして、事業者がそれに半分上乗せして労使折半という形で行われている」

    <年収314万の人を雇った場合の事業者負担>

    年収314万の従業員1人あたり 47万円を給料から天引き 事業者は年間94万円社会保険料を支払う

    年収314万の従業員20人あたり 940万円を給料から天引き 事業者は年間1880万円社会保険料を支払う

    森井さん「そこそこの売り上げがある事業者さんでも年間1880万円の負担というのはすごく重い負担なんです」

    三橋さん「社会保険料だけでこれ(1880万円の事業者負担)ですからね」

    森井さん「この社会保険料も年々上がり続けていて事業者さんの首を絞めています」

    森井さん「事業者さんが従業員にお給料を支払う場合、社会保険料というものがお給料にかかってきます」

    森井さん「つまり、人を雇うと罰金を科されているわけです」

    森井さん「さらに問題は消費税なんですね」

    森井さん「消費税というのは、海外では付加価値税と呼ばれていて、消費者が払っているつもりになっていますが、実際の納税義務者は事業者さんです」

    森井さん「だから、消費税というのは事業者さんへの税金なんですね」

    森井さん「じゃあ、付加価値って何?っていうと、人件費+利益なんです」

    森井さん「人件費+利益のところに消費税はかかっているというのを知っておいてもらいたい」

    森井さん「給料というものにペナルティーの社会保険料がかかります。さらに利益がくわわります」

    森井さん「『社会保険料、給与、利益』(=付加価値)このすべてに消費税がかかります」

    森井さん「今、財界の要望で消費税が導入されましたが、同じく財界の要望で法人税は下がり続けています」

    森井さん「この状態では、消費税がかかる付加価値は増やしたくない」

    三橋さん「払う消費税が大きくなっちゃいますからね」

    森井さん「だけれども、利益は大きくしたい」

    森井さん「何をするかって言うと『給料を下げる』か『社会保険料を下げるか』ということになる」

    森井さん「人件費と呼ばれるものを削る方法をありとあらゆる方向で考えるわけです」

    森井さん「経営コンサルタントなんかもどうやったら人件費を圧縮できるかという話ばかり」

    森井さん「結局、人件費を圧縮するというのが経営目標みたいになってしまう」

    森井さん「人件費圧縮のために給料カット」

    森井さん「非正規化。従業員を非正規化すると社会保険料の負担が減りますよね」

    森井さん「社会保険料の負担が減ると、社会保険料にかかる消費税も減るという」

    森井さん「ダブルで美味しくなっているわけです」

    森井さん「さらに、給料も社会保険料も両方減らすにはどうしたらいいでしょうか」

    森井さん「外注化するわけですよね」

    森井さん「外注化すると、社会保険料とか給与が消費税がかかる範囲から出る」

    森井さん「外注化は節税効果があるわけです」

    三橋さん「外注化っていうのは、要は、従業員さんを『個人事業主あつかい』や『フリーランスあつかい』にして業務委託契約するってことですよね」

    森井さん「そうです、その通りです」

    森井さん「外注というのは雇用ではなく、委託契約という形にするんですね」

    森井さん「何が言いたいのかというと、日本の労働者の給料を上げるためには、まず消費税を廃止して社会保険料を減免していくしかないんですね」

    三橋さん「労働規制の強化ですね」

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    正規で人を雇うと罰金(消費税+社会保険料)が課される。しかも、それが重税とくれば当然、非正規で雇うしかなくなるわけです。どうして日本が非正規だらけになったのかというと経営者のせいではなく税制が悪いわけですね。その税制をきめているのは我々国民が選んだ政治家達と言うことになります。
     これもまた、「自殺まがいのこと」の一つになるわけですね。
     財政出動派の議員達は「財政破綻しないように」これ以上、緊縮政策・新自由主義政策を続けて日本社会をボロボロにするのをやめてくれと言っているわけです。「自殺まがいのこと」を主張する人たちに対してね。
     財政破綻しないというのは今現在、そしてこれからもおそらく日本が途上国化したりすることなく、高い生産能力を維持するだろうことが予想されるからそう言っているわけで、何の根拠もなく無条件に言っているわけではないのですよ。
     まあ、

    ・東日本大震災が起きても財政健全化のために復興資金を出し渋って復興増税をやる、被災者からも容赦なくとる

    ・水道橋が壊れて住民から苦情が来ても財政健全化の為にケチってほっておく

    ・世界的パンデミックでも財政健全化のために補償は出さずに少額の協力金でお茶を濁す

    ・外資のハゲタカファンドを儲けさせて差し上げるために地銀や中小企業潰しをやってM&Aで儲けさせて差し上げる

    これだけオウンゴールをぶち込んできてもなお日本から生産能力は失われていないわけで、日本が財政破綻するほど国内の供給能力を壊滅させるのは難しいものと思われます。つまり

    「日・米など先進国の自国通貨建て国債のデフォルトは考えられない。デフォルトとして如何なる事態を想定しているのか。」

    ということです。
     さて、私は何故財政破綻しないのか、もし財政破綻するとしたら原因は何なのか。それを説明してきました。TVで財政破綻すると言っている人達は自分達の説をきちんと説明できるのでしょうか。

    ・タイタニック号がっ

    ・巨大な氷山がっ

    ・霧に包まれてっ

    こういった抽象語で誤魔化すのはやめてくださいね。
     ああ、それから選挙特番のコメンテーターは

    コメンテーター「日本円の信認が低下して財政破綻する」

    なんてことも言っていましたが、日本円の信認ってどういうことなのか説明できるんでしょうか。
     MMTがどうして世界中で話題を呼んだのかというと

    ”ただの紙切れにしかすぎない不換紙幣(もしくは銀行で記録されている預金情報)が、なぜお金として認識されているのか”

    を説明したからです。
     昔は「金本位制」といって、一定の比率で紙幣は「金」という貴金属と交換されていました。貴金属と交換してもらえるから紙幣には価値があったということですね。
     しかし、今は不換通貨、1万円紙幣を銀行にもっていったところで金銀などの貴金属とは交換してもらえません。なのに、どうしてこうした不換通貨が価値あるものとしてお金として流通しているのか。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

     日本でお金儲けをした場合、たくさん稼げば稼ぐほど納税額は大きくなります。その際、日本政府に支払うお金は「円」になります。ドルでもポンドでもなく「円」です。もちろん、江戸時代ではないのでコメや反物といった物納もやっていません。
     
    ゴルゴ「報酬はドルでたのむ」

    報酬をドルで受け取ろうがポンドで受け取ろうがそれはその人の自由なわけですが、日本で仕事をする場合は受け取った報酬を最終的に「円」に交換しないと税金が支払えなくなってしまいます。
     つまり、どうして日本円に価値があるのかというと

    ”日本円を持っていれば日本で納税が出来るようになるから”

    なのです。
     きちんとした政府があって、しっかり国民に納税義務を課しているから、その政府が発行する貨幣に価値が出るわけですね。なので、いつ政府が消し飛んでしまうか分からないような政情不安な国が発行する貨幣は価値が低いわけです。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    日本円の信認が低下すると言うことは、日本政府が無くなってしまうことが予想される時と言うことですね。このコメンテーターの方はどこぞの紛争地帯の国家のように日本政府がある日突然なくなってしまうとでも言いたいのでしょうか。
     このコメンテーターの方、「私は経済のことは詳しくないけど」と前置きしてお話をされていましたが、今や「政治に求めること」というアンケートをやれば「経済政策」と答える人が居ないことはない時代です。
     政治をネタにした番組でコメンテーターとして出演されているのをよく見かけますが、政治関連で呼ばれるコメンテーターが「経済のことは詳しくない」のはどうなんでしょうか。
     デタラメなことを言って収入を得ているのならそれは怪しい稼ぎを沢山持っている杉村太蔵先生と何も違わないじゃないですか、ヤダーーーーーーーー!

     
     

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

      1. 利根川 より

         宮内義彦オリックスシニア・チェアマンが経営者ブログで

        『(引用)私は主要通貨を発行する国はインフレにならない限り財政を拡張しても問題ないとするMMT(現代貨幣理論)の考えが正しいと考えます。』

        と発言しておられるそうです。日本の新自由主義政策の牽引者の一人が「財政健全化至上主義」にノーを突き付けたと言うことで、この影響は大きいのではないでしょうか。
         ここで、佐藤健志さんの「新訳フランス革命の省察 保守主義の父かく語りき PHP」より一文を紹介します。

        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

         国家を構築したり、そのシステムを刷新・改革したりする技術は、いわば実験科学であり、「理論上はうまくいくはずだから大丈夫」という類のものではない。現場の経験をちょっと積んだくらいでもダメである。
         政策の真の当否は、やってみればすぐにわかるとはかぎらない。最初のうちは「百害あって一利なし」としか思えないものが、長期的にはじつに有益な結果をもたらすこともある。当初の段階における弊害こそ、のちの成功の原点だったということさえありうる。
         これとは逆の事態も起こる。綿密に考案され、当初はちゃんと成果も上がっていた計画が、目も当てられない悲惨な失敗に終わる例は珍しくない。見過ごしてしまいそうなくらいに小さく、どうでもいいとかたずけていた事柄が、往々にして国の盛衰を左右しかねない要因に化けたりするのだ。
         政治の技術とは、かように理屈ではどうにもならぬものであり、しかも国の存立と繁栄に関わっている以上、経験はいくらあっても足りない。もっとも賢明で鋭敏な人間が、生涯にわたって経験を積んだとしても足りないのである。
         だとすれば、長年にわたって機能してきた社会システムを廃止するとか、うまくいく保証のない新しいシステムを導入・構築するとかいう場合は、「石橋を叩いて渡らない」を信条としなければならない。

        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

        ~もっとも賢明で鋭敏な人間が、生涯にわたって経験を積んだとしても足りないのである。~
         どれだけ優秀な人間でも失敗もするし間違えることだってある。間違えてしまった場合にどうするのかという部分にこそその人間の価値が現れるのではないでしょうか。私もそうですが、たいていの人間は自分の間違いを自分で修正することはできません。そのことはセンメルヴェイス医師の悲劇をみても分かります。

        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

        <センメルヴェイス医師の悲劇>

        当時、産み落とされた赤子が高熱を出して死亡してしまうといったケースが頻発していた。
        センメルヴェイス医師が調べたところ、お産婆さんがとりあげた赤子は元気にすくすく育っていることが判明。
        研究を続けていくと、赤子をとりあげる医師達の手が不潔である可能性が濃厚になった。
        そのことを論文にして発表すると

        お偉い医師の皆様「貴様は我々医師が赤子を殺しているとでも言うのか。お前は頭がおかしいのだ」

        と大反発をうけた上、精神病院に収監。
        センメルヴェイス医師は、なんとか精神病院から抜け出してこの事実を世間に知らせようともがくが、精神病院の職員から暴行を受けて死亡。

        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

        とくに立場のある人間の場合、なかなか間違いを認められない傾向にあるようです。皆の幸せよりも自分のプライドを優先してしまうわけですね。
         ところが、オリックスの宮内義彦さんは長年自分達が進めてきた新自由主義政策からの転換をうったえているわけです。状況に応じて自分で自分の考えを修正できるというのは「本当に優秀な人間」の証なのだと思います。
         現代貨幣論については一般の国民も財界の人間もまだまだ知らない人の方が多いかと思いますので、宮内さんのような立場のある人が情報を広めてくださることは大変ありがたいと思います。
         現代の資本主義経済は「銀行」を中心に「資本」を動かしていくシステムですが、なんと日本の多くの国民が「銀行が何をやっているのかも知らない」状態にあるわけです。これは経済の専門家にしても同じです。

        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

        財政制度等審議会「高い家計貯蓄率と国内企業部門の豊富な資金余剰が国債の安定的消化に寄与してきたが、これが今後も維持されるとは限らない」
        (平成26年5月 「財政健全化に向けた基本的考え方」より)

        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

        なんのこっちゃ? と思った方も多いかと思うので、これを意訳するとこうなります。

        財政制度等審議会「銀行は我々一般人や企業が貯蓄している『銀行預金で』国債を買っているので、国債を買い続けていくといずれ銀行預金が減っていって最終的にはなくなってしまう」

        財政制度等審議会「だからこれ以上、国債を発行したらダメなんだからねっ!」

        となります。もうご存知だと思いますが、銀行は『銀行預金』で国債を買っているわけではないし、国債を購入し続けると銀行預金が減っていくということもありません。
         2019年5月23日の財政金融委員会で日銀副総裁の雨宮さんが「サラ金」と「銀行」の違いについて解説しています。

        ・サラ金:他所から調達してきたお金を我々に貸している。貸せば貸すほど調達したお金は減っていく

        ・銀行:貸し出す銀行預金を”何も無い所から作り出して貸す(=信用創造)”ので、貸し出しが増えれば増えるほど銀行預金は増えていく

        雨宮日銀副総裁の説明にもあるように、貸し出せば貸し出すほど保有するお金が減っていくというのはサラ金の話で銀行ではないと言うことです。
         さらに、財政制度等審議会の皆さんは、銀行が『銀行預金で』国債を買っていると主張していますが、これも事実とは異なります。
         こちらもご存知の方も多いかと思いますが、お金には種類があります。
         
        ・現金(硬貨と紙幣)※正確には硬貨は貨幣には含まれないが、ここでは割愛

        ・銀行預金

        銀行預金にも種類があります。

        ・銀行預金(我々国民や企業が銀行口座に貯蓄している預金)

        ・日銀当座預金(中央銀行にのみ存在する預金で、政府や銀行・金融機関しか口座を開設できない)

        銀行はどのお金で国債を買っているのかというと『日銀当座預金』になります。我々が銀行に貯蓄している『銀行預金』は全く関係ないのですね。
         これを見ればわかるように、政府の専門家会議に経済の専門家として呼ばれているような人間ですら「銀行が何をやっているのか知らない」状態なわけで、そんな状態で国の経済を運営してきたから「失われた30年」になってしまったわけです。
         MMTはただ単に「現在、銀行で行われている業務」についてそのまま説明しているだけで、小難しい政治思想の話ではないわけです。
         政治思想の話ではないので社会システムを改革しろとかそういったことではなくて、ただ単に現代社会で日々の業務として行われていることをキチンと知っておいてくださいねというだけの話なのです。
         いまは過渡期とのことで、今後より多くの人に知ってもらえるようになるといいですね。

        返信

        コメントに返信する

        メールアドレスが公開されることはありません。
        * が付いている欄は必須項目です

  7. この世は既にあの世 より

    桜井誠氏によると選挙の翌日、自民党政権は技能実習生や留学生の入国緩和をしました。

    もうコロナがどうだ、自粛がどうだ関係ありませんよ。

    政治も糞なら国民も糞。何が自粛せよ!だ?コラ!

    テメェらがコロナが脅威だとしてそれを撒き散らす政党選んどいて、何で糞政党に反対してる糞共の俺が言うことを聞かなならんのだ?言うとんのや糞が。

    何がマスクだ自粛だゴミ共が。テメェが勝手に自民選び経団連に媚びて自殺したいだけでしょうもん。アホか。

    迷惑被っとるのはこっちや。アホんだら。

    アホ共が投資だ経世済民だの妄想しとらんで現実を見てベーシックインカムだ。

    滅びるまで言い続けるのか?殺人者やな?

    殺人者が偉そうにくだらぬ理論ふりかざして経世済民とか何とか言ってんじゃないよ。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

      1. この世は既にあの世 より

        ベーシックインカム無いならコロナ言うなや。ウザい。

        知らない他人がどうだろうが知らんがや。ホモだろうが糖尿病だろうが高齢者だろうが、知らない!って言ってんの。

        仕方ないだろ、って。ホモや糖尿病は病気なんだから。

        誰でも高齢者になり誰でも死ぬの。

        金を取るか命を取るかハッキリせい!両方なんかないぞ。

        自民を捨てるか自殺するかハッキリせい!頭の悪い馬鹿共が。

        何がコロナだ。しょうもない。くだらない。何が供給力だ。テメェらが勝手に自滅しとるだけやんけ。

        返信

        コメントに返信する

        メールアドレスが公開されることはありません。
        * が付いている欄は必須項目です

  8. この世は既にあの世 より

    高市は一円にもならないネトウヨ受けするゴミ意見を開陳してるようだが、そもそも戦う気なんか全く無いゴミみたいな自称保守など臆病者のヘタレやろうもん。そんなヤツらが何が天皇か、靖国神社かよ、何が尖閣で中国だ?あ?コラ!カッコつけのヘタレ共が。

    岸田の経済対策の全貌が見えてきたが、結局な、日本ってのは臭いものに蓋をして偽善と欺瞞を続けたいだけのゴミ糞国家なんだよ。一番の差別主義者が差別反対を叫んだりして、バレてんだよ、バレてんの。

    何でバレてんのに建前をいうのか?

    GO TOトラベル再開GOTOイート延長だそうだが、わざわざ迂回させなくていいと思うが。

    何で労働という建前を迂回させるのかが意味不明だ。そもそも貧困者、困窮者は旅行に行く金が無い。

    高級旅館はGOTOがあろうがなかろうが満室だ。

    あと公明案の「子育て世帯」って偽善と欺瞞の左翼の専売特許みたいになっとるが、いい加減にやめろや。

    当人達が勝手に子供産んだわけだろ?常識的には自分に経済力がなければ産まない判断をするわけよ。子育て世帯とか保育所の拡充とか全部大企業向けの施策やろ。

    女性の自殺者が増えました、って、あのなあ、女性の自殺者より男性の自殺者の方がずっと前から多いんだが。戦争でもやって大義があって男性が死ぬなら構わないが。

    物事の本質は「大企業の社員や中流以上の家計支援」「大企業の社員や中流以上らの旅行や外食の支援」という欺瞞だろ?

    要するにそいつらが遊びに行く為に旅館ホテル飲食店は営業してもらわないといけないし。ってことだろ?高市は総裁選で「皆んな我慢をしてコロナが明けたら遊びに出なきゃ行けない、その時潰れてましたじゃ話にならない」と言っていたが、俺は高市が遊びに行くとこ全部潰した方がいいんじゃないか、とさえ思う。

    シャッター通りは元通りにはならないし、製造業も終わり。つまらぬ芸人とミイラ顔の高齢者だけが出るテレビ。

    政治はアホな自称知恵遅れ保守に人気の低く声で独りよがりの馬鹿女には虫唾が走るね。喧嘩するか?おう、高市、コラ!タイマンはれや。非常に虫唾が走る話し方と考え方や。その点はダメ男でサラリーマン岸田の方がマシ。

    それにしても政治はいつまで現実を見ないのか?

    れいわ新選組だけがまあまあ現実を直視しているが、日本共産党は支持者にインテリが多いといわれていたが、もうその体制批判だけのカッコつけ、自己満足的な体制批判者の役目は終わった。

    存在理由が無いし、そもそもここぞ、というところでいつも「戦争法案反対!」とか「原発反対!」とか言い出す自己欺瞞が気に入らない。

    アホで反社の自民党改憲には反対だが、条文が平和を維持してるわけじゃなくて、強者が統治している状態を平和と呼んでいるだけ。

    自民党はそもそも改憲政党じゃなくて自主憲法制定じゃなかったか?

    現実を無視してるが何年も生きていて寂れゆく街並みを見て何も思わないのが不思議やね。本人は逃げ切っても子や孫は逃げきれないよ。つまり子や孫のことなんかどうでもいい子殺しの国なんよ日本なんてのは。

    偽善と欺瞞続けるくらいなら安楽死制度導入しようぜ。

    新自由主義社会なんだからベーシックインカム導入が筋やで。ベーシックインカムなくたって馬鹿とアホしかいなんだからずっとダメダメやんけ。ならベーシックインカム導入した方がいいよね。

    高齢者になったらアホな害しかない田原や水島みたいになるくらいなら安楽死制度で死ねばいいんですよ。

    恐いのか?だからダメなんだよ。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

最新記事

  1. 政治

    日本経済

    【施 光恒】法務大臣もかぶれている「グローバル化史観」...

  2. 政治

    日本経済

    【藤井聡】「岸田内閣の55.7兆円の経済対策」、前から...

  3. 政治

    日本経済

    【室伏謙一】立憲民主党代表選をどう考えるか?

  4. 日本経済

    【三橋貴明】自民党に財政政策検討本部が設置された

  5. 日本経済

    【三橋貴明】お金は使っても消えないという単純な事実

  6. 政治

    日本経済

    【藤井聡】『なぜ、日本人の9割は金持ちになれないのか』...

  7. 日本経済

    【三橋貴明】墓穴を掘った矢野康治・財務事務次官

  8. 日本経済

    【三橋貴明】縄文文明にはまっている

  9. コラム

    【竹村公太郎】日本の歴史が創った近代日本 ―不思議な京...

  10. 政治

    日本経済

    【藤井聡】岸田内閣「新しい資本主義」を巡る絶望的人事 ...

MORE

タグクラウド