政治

日本経済

2021年6月4日

【小浜逸郎】ワクチン全体主義に抵抗せよ!

From 小浜逸郎@評論家

客:6月20日まで緊急事態宣言が延長されたな。うっとうしい梅雨空にさらにうっとうしさが覆い被さる。一体いつまでこんなことを続けるつもりなのかね。それにオリンピックは無観客だろうと何だろうと、何が何でもやる気らしい。アメリカのメディアが決定権持ってるからな。日本じゃ中止すべきが60%以上だってのに。

主:まあ、政府がやってることは問題ごとにその場しのぎで長期見通しなんか何もないからな。ここんところ東京は検査件数減らして陽性者数も減ったかのように見せてる。緊急事態宣言とワクチンのおかげでこれだけコロナが鎮静しました。さあ、世界の皆さん、来てくださいってつもりかね。統計数字の操作なんていまや慣れっこだからな。

客:ボランティアも相当ボイコットしてるらしいぞ。ボイコットっていやあ、防衛省の発表によると、ワクチンの大規模会場の予約キャンセルが1週間で7500に上ったそうだ。

主:この壮大なインチキに気づき始めた人が少しは増えてきたのかな。

客:いや、それよりもワクチンについての危険情報が出回ってきたってことじゃないか。俺の身近な範囲でも、死者はまだいないけど、もう4人がきつい副作用で苦しんだと聞いてる。コロナの時は、周りに罹ったなんて人は全然いなかったのにな。

5月21日時点で、日本じゃ866万回接種で死者85人、アメリカじゃ5月7日時点で死者4400人、ヨーロッパじゃ12000人近くが死亡。CDCが、「ワクチンを受けたにもかかわらず、10000人以上がコロナに感染」と発表したニュースもある。。
https://www.rt.com/usa/524795-cdc-vaccinated-catch-covid/
実際はとてもこんなもんじゃないだろう。

主:その100倍はいるという説もあるな。ただ、感染者数ってのは当てにならないし、第一、ワクチンはもともと病原体の一部を体内に埋め込んで抗原にして、免疫抗体の形成に期待するんだから、ある程度感染者が出るのは当然とも言える。

「にもかかわらず」っていうよりは、接種したからこそ、という部分があることは知っておかなくちゃな。だけど、死亡や重篤な副作用や不妊や半永久的な障害となると話は別だ。

客:しかし、コロナによる死者と比べたら、接種数に対する死者の割合は少ないから、やっぱりワクチンは有効だって論じるやつがいるな。これはどう思う。

主:それは全然ダメだよ。まずコロナ死者はものすごく水増しされてるから、実際にはずっと少ない。ある医者が重症者のその後に焦点を当ててそこから死者数を割り出していったら、日本では公式発表の10分の1くらいという試算結果が出た。

この通りじゃないとしても、この方が実態に近いんじゃないかと思う。それに、コロナは1年半、ワクチンはまだ半年。これからワクチン死者がどれくらいになるか未知数だ。

それより何より、そういう考え方、つまりリスクとメリットを比較してメリットが上回ればそっちを取るっていう経済合理主義みたいな考え方をこの場合に当てはめることそのものが根本的に間違ってる。

コロナの流行は、一般の人にとって、選択の余地のない、降って沸いた災難だけど、ワクチンは、コロナの感染から免れるという大義名分のもとに、製薬会社、政府、自治体、医療機関を通して救済手段として提供されて、一般の人は選択することを強いられている。

そこで重症者や死者が生ずれば、提供主体に重大な責任が発生するのは明らかだろう。たとえ重症者、死者の数や割合がどんなに少なくても、このワクチンが不適切でなかったかどうか、深刻な反省をするのは、提供主体にとって当然のことだ。

これと、コロナ流行による重症者や死者の数とを比較して何か言うという論法は、ナンセンスとしか言いようがない。

これはたとえていえば、100人の人が海に放り出されたので、絶対救えるという触れ込みの助け船を出したのに、その船に乗せたら、船の欠陥によって、泳いでいれば助かったはずの人まで溺れ死んでしまった、というのと同じだ。船を出した人の責任が問われないはずがない。

厚労省は「今のところ重大な懸念ではない」などとうそぶいてるが、国民が国策によって何人も死んでるのに、因果関係を認めずに見殺しにするとは、なんたる倫理的退廃だろう。

客:しかし、これまでの話からすると、国家は今やDSの下僕に成り果てているわけだから、ある意味、彼らは確信犯で、そういう風に振る舞うのは当然とも言えるんじゃないか。

主:そりゃそうだな。課長や係長が専務や部長の言うことを聞かなきゃならないのとおんなじようにな。だから話はどうしても仕組まれたコロナ、仕組まれたパンデミック、仕組まれたワクチンという一連のプロセスを全体としてどう見るか、われわれはどうやってこれに抵抗するかというところに落ち着く。

客:そういえば、及川幸久さんがYouTubeで、イギリスとノルウェーの学者の論文によって武漢ウイルスが人工的に作られたものだってことが証明されたと報じていたな。アメリカのメディアも、それを認めて、それまでの「陰謀論」規定を覆し始めたって。
https://www.youtube.com/watch?v=GpmFR8ZT4l0
https://www.youtube.com/watch?v=67-j3vP26Ck

主:うん、あれはあれで貴重な報告だと思う。もっと多くの人が視聴すべきだ。ただ、ちょっと懸念するのは、いま西側諸国の住民は反中意識で固まってるよな。もちろんそれは大きな意義と根拠があることで、日本もアメリカやオーストラリアやインドなどと協力して、独裁的な中共帝国主義を大いに叩くべきだと思う。

だけど、この「生物兵器」の研究そのものは、もとはといえば、アメリカの国立アレルギー・感染研究所長のファウチが追求してたんだろ。彼はオバマ大統領時代に蝙蝠由来のコロナウイルスの機能獲得研究のために武漢ウイルス研究所に巨額の資金提供を斡旋してる。それがトランプ大統領時代に危険視されてアメリカ国内では禁止された。

で、俺が思うのは、及川さんがそうしてるって訳じゃないけど、受け取り方によっては、米中という二大国家の表面的な政治対立の構図の中にこの問題が回収されてしまう可能性がある。中共の責任を問うってかたちでな。

そうすると、もっと大きな、国境など気にしないDSの連中がこの一連の問題を引き起こしてるっていう核心的な事実から目をそらされやしないかという点なんだ。コロナからワクチン強制への流れは、一国家など超えた巨大な勢力によって支えられている。

客:君が言ってるのは、ジョージ・ソロスみたいな、ダボス会議に出てくるような奴らのことか。

主:それもあるし、ビル・ゲイツも、ワクチン推進の世界的組織GAVIも、ビッグテックも、WHOも、ユダヤ資本も、もちろん中国共産党もこの流れに絡んでる。日本の竹中平蔵もだ。彼がダボス会議の常任理事を長年務めてるってのは知ってる?

客:え、そうだったのか。国民を貧困に陥れておいて、どこまで悪いやつなんだ、あいつは。

主:「あなたはグレートリセットを受け入れますか?」って、50分くらいのなかなか見応えのある動画があるんだが、ぜひ見てほしい。竹中も盛んにやり玉に挙げられてる。
https://www.bitchute.com/video/bwysKKFtCcgA/?fbclid=IwAR16wR9Liw6OckAX035xWB63HECWcVXVJ7xrb39tabEOXIAn9Y3FfQgdF84

この動画は、コロナ流行が、民衆を恐怖と混乱に陥れるために2010年くらいからアジェンダの一環としてあらかじめ準備されてたって認識のもとに編まれてて、その証拠も提出されてる。

客:そりゃ、例の80年代のジャック・アタリの構想を実現するためにか。
https://blog.goo.ne.jp/kohamaitsuo/e/c0f7a3d69fefa125c6e225af567bd209

主:結果的にはそういうことになるな。
だけど俺がこの動画の中で一番関心持ったのは、WHOが2009年以前には、「パンデミック」の基準を感染者数、重症者数、死亡者数によって定めていたのに、2009年以降、重症者数と死亡者数を基準から外しちゃったんで、ただ感染者数だけで、いくらでもパンデミックと名付けることができるようになったって指摘だ。

これが事実とすりゃ、このパンデミックがいかに作られたものかってことがわかるだろう。
ずっと言ってきたように、世界の死者数は1年半近くかけて1万人あたり4人だ。

それも水増しされてるし、ほとんどが基礎疾患持ちの高齢者。どう考えたってパンデミックなんて呼ぶにふさわしくない。つまりワクチンは不必要なばらまきだ。

客:つまりそうやって騙して、「不要な役に立たない人間」は殺すか、おとなしい羊に仕上げるって寸法か。そういうことを奴らは何でやりたがるのかな。

主:この前も言ったけど、西洋人や中国人のエリートは、金と権力を手にすると、昔から平気でそういうことを考えるんだよ。君が言ったとおり、今度のグレートリセットってやつは、科学技術に名を借りた「ソフト・ジェノサイド」だ。

これは俺の仮説だけど、ジャック・アタリやビル・ゲイツのような西洋人のなかには、キリスト教の終末論的発想が体の中にしみこんでるように思える。

客:終末論? あのヨハネ黙示録みたいなやつか?

主:そう。もとをたどればユダヤ教の選民思想だけどな。ノアの箱舟も同じだ。つまり、恐ろしいことが起きて世界の終末がやってくるって前提をまず置いて、そこから救われる者はごく少数の神に選ばれた者だけ。

この発想はそのまま彼らが構想しているパンデミックとワクチン散布に置き換えられる。自分たちエリートだけがこの自作自演の「ハルマゲドン」から逃れられる。なぜなら彼らは愚かな大衆とは違って限りなく覚めているから。

客:うーん。グレートリセットはノアの洪水か。そうすると、ナチス・ドイツがやったことも同じパターンだってことになるな。

主:そう。あれも極端な選民思想だろ。ユダヤ人との一種の近親憎悪だ。でもジャック・アタリが言ってるとおり、そんなに露骨な方法は採れない。民主主義や大衆社会がこんなに力を持っちゃったからな。だから近代医学、遺伝子学、AI技術という現代の「魔法の杖」をかつての「神」に置き換える。

客:その説が当たってるとして、そういう世界改造意志みたいなものの根っこには何があるのかな。

主:それは大衆社会に対する飽きと嫌悪だと思うよ。彼らは民主主義的な価値を表面では重んじてるように見せながら、深層では大衆ののさばりにうんざりしてる。つまり彼らはエリートであることの孤立感に耐えられないのさ。こっちはそのとばっちりを受けてるって訳だ。

客:なんだか胸くそが悪くなってきたけど、この前君が言ってたドイツのライナー・フュルミッヒの運動以外に何か抵抗の兆しはないのかね。

主:それはあちこちであるよ。イギリスではBBC前で大々的なデモが繰り広げられているし、アメリカのテキサス州では、117名の医療従事者たちが、ヒューストンの病院ネットワークを相手取って、解雇をちらつかせながらの「実験的な」Covid-19ワクチン摂取を強制されたくはないと主張して訴訟を起こしてる。
https://www.rt.com/usa/525209-houston-emplyees-vaccine-mandate/?fbclid=IwAR1vsLlVhnKRZ0kVDwGCqe_-jLiXpsobzO2qIy7V3KoW7l33WReRGYRRbiU

学術面でも、ファイザーワクチンの研究に関わったカナダの研究者が、ワクチンに入れられたスパイクタンパクのmRNAが毒性を持つ事実を、日本の極秘文書から割り出して内部告発してる。
https://ameblo.jp/ja-narisuto-x/entry-12678215398.html?fbclid=IwAR3IaGGr4gJa8S8P0no5zzw5NskwMldjS92Bn0wbn-56Dj8ZWpyJ1dkB3Bk

客:日本は相変わらずのようだが。

主:そうでもないさ。相当多くの医師がコロナパンデミックやワクチンやPCRに疑問を呈してるし、
https://www.facebook.com/photo?fbid=1274812966219888&set=gm.1098474793897271
徳島大名誉教授の大橋眞氏のように、積極的な発言をしている人もいる。
https://www.youtube.com/watch?v=zTrHel8ZnmQ

客:そうか。欧米ほど派手じゃないけど、静かに広がってるんだな。希望は持てるな。これでワクチン接種拒否がもっと広がるといいけどな。

【小浜逸郎からのお知らせ】
●新刊『人生のトリセツ』(徳間書店)好評発売中!
画像
https://qr.paps.jp/DwTa

●YouTube動画「いっちゃんねる」を始めました!
第1回~第23回
https://www.youtube.com/channel/UCQ_9oNDbNEPYatn6IltaXEQ/videos

●「思想塾・日曜会」由紀草一・小浜逸郎主宰
https://kohamaitsuo.wixsite.com/mysite-3

●新刊『まだMMTを知らない貧困大国日本 新しい「学問のすゝめ」』(徳間書店)好評発売中。
画像
https://amzn.to/2vdCwBj

●『倫理の起源』(ポット出版)好評発売中。
画像
https://www.amazon.co.jp/dp/486642009X/

●『日本語は哲学する言語である』(徳間書店)好評発売中。
画像
http://amzn.asia/1Hzw5lL

●『福沢諭吉 しなやかな日本精神』(PHP新書)好評発売中。
画像
http://amzn.asia/dtn4VCr

●長編小説『ざわめきとささやき――2018年ふたりの秋』の連載がすでに完成しています。
社会批判小説ですがロマンスもありますよ。
https://ameblo.jp/comikot/

●ブログ「小浜逸郎・ことばの闘い」
https://blog.goo.ne.jp/kohamaitsuo

●ブログ「楽しい渇き」
https://ameblo.jp/comikot/

関連記事

政治

日本経済

【三宅隆介】[特別寄稿]PCR検査の拡大と大東亜戦争の敗因

政治

日本経済

【藤井聡】『菅義偉論:改革者か、破壊者か』 その恐るべき「闇」を知るために是非、ご一読下さい。

政治

日本経済

【藤井聡】「コロナ騒動」にいい加減ウンザリしてきた日本国民~とりあえず今度は「まん防」でいっとくか、っていう世間に乗っかる吉村知事~

政治

日本経済

【三橋貴明】「理念なきバラマキ」とは何なのか?

政治

日本経済

【小浜逸郎】ワクチン強制、アメリカの動き

【小浜逸郎】ワクチン全体主義に抵抗せよ!への5件のコメント

  1. この世は既にあの世 より

    打ちたくなければ打たなければいいし、打ちたけりゃ打てばいい。

    主体性、自分の意思。

    自立してない個人の国民運動は嫌いでしてね。

    ワクチンは私の分、あげます。私自身はそんなに自分の生にこだわってないんで。

    ネットの中には高齢者で「ワクチンは打ちたくない!ロックダウンだ!ゼロコロナだ!藤井が俺の命を脅かす!日本経済など関係ねぇ!」と毎日言って聞かない老人がいます。

    その団塊の高齢者はコロナ被害のレアケースを聞けば喜んでるフシがあります。何としても死にたくないようです。

    一年前からその老人の説得を試みてますがムダです。

    そういう団塊世代の高齢者を見ると、やはりそれに対抗するには、他人のことなんかどうでも良いって考えるのが正解ではないのか?と思ったりしますね。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. t.s より

    自分の周りは、わけわかワクチンの危険性を話すと、またその話か、そんなデマを信用してるのか?という者ばかり。
    自分は、インフルワクチンはもちろん、コロナワクチンも否定派で孤軍奮闘状態です。
    先生の記事を読むとホッとすると同時にゾッともします。
    世も末ですね。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. 陰毛論者たちの不毛な会話だ より

    相変わらず、宮坂昌之あたりが聞いたら唾を吐くように切って捨てそうな知ったか記事。国際的な免疫学者ですら、知り得ていることと未知のこととをきちんと分けて考えたうえで、ワクチンの有効性と必要性を改めて説くに至っているというのに。

    ワクチン陰謀論は論外だが、コロナワクチンが危険であるという理由のひとつにアナフィラキシーがある。アナフィラキシーの発生は問題で、原因物質の特定と因果関係の解明に全力を挙げなければならない。しかしそれとは別に、ペニシリン系抗菌薬によるアナフィラキシーに比べるとワクチンのそれは同等かそれ以下の発生率である。

    アナフィラキシーを理由にワクチン=危険と騒ぎ立てている人たちに聞いてみたい。ワクチンより高いアナフィラキシー発生率を理由にペニシリン系抗菌薬の危険性が問題視され治療の現場から排斥されようとしているだろうか。ペニシリン系抗菌薬の処方をあなたたちは今後お断りになるおつもりなのか。

    要するに、複雑にからみあった面倒をすっとばして、あるひとつの合理的帰結にたどりついた人たち、素人に毛の生えた程度の陰毛素人というのは、その端正にみえる帰結からあらゆる思考と想定を放つのみで、自説に対する検証をまったく行わない。だから総じて臆面もないし無分別なのだ。

    しかも高齢者や基礎疾患をもつ人がコロナで亡くなっても寿命が少し短くなっただけだとここではっきり書いていた人が選民思想と批判するなどまったく烏滸がましいにも程がある。

    それに、日本の低接種率を一番喜ぶのはどう考えたって中国。

    世界中がコロナ対策に躍起になっているというのに、日本人は接種が自分だけでなく他人への感染をも防ぐという重要な意味がまるで理解できず、自分さえ良ければいいかのような言い訳ばかり言ってろくに接種しようとせず、フクシマの汚染水のように世界へ向けて感染者を垂れ流し続けている。いまの日本は世界の保健衛生と地球環境に深刻な影響を与える危険な存在だ。

    わたしが中国人なら、国連の場で居丈高に日本を論う。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

      1. 陰毛論者 より

        ワクチンに警鐘を鳴らす人たち
        ・ファイザー社の元副社長マイケル・イェードン博士
        ・ゲイツ財団でかつてワクチン開発局長を務めていたヴァンデン・ボッシュ博士
        ・ノーベル生理学・医学賞受賞者のリュック・モンタニエ博士
        ・イギリスの医学博士であるヴァーノン・コールマン博士
        ・ドイツ・ヘルムホルツ協会の科学者ヴァネッサ・クルーガー博士
        ・新潟大学名誉教授の岡田正彦氏
        ・米国外科医協会前会長で、海軍の生物兵器研究者だったリー・メリット博士

        彼らの意見を真正面から否定してほしい。
        どっちが正しいかなんて素人には分からん。

        返信

        コメントに返信する

        メールアドレスが公開されることはありません。
        * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】誤解を招く経済学の「式」表現

  2. 政治

    日本経済

    【施 光恒】東京五輪と「上級国民」

  3. コラム

    【平松禎史】「霧につつまれたハリネズミのつぶやき」第七...

  4. 政治

    日本経済

    【藤井聡】「ゼロコロナ病」が社会と経済を疲弊させ、挙げ...

  5. 政治

    日本経済

    【室伏謙一】身を切る改革派の伸長?―兵庫県知事選を考え...

  6. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】国土の均衡ある発展は絶対に正しい

  7. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】公的サービスの費用

  8. 政治

    日本経済

    【藤井聡】【木村もりよ医師の告発】TV局は楽屋裏で「こ...

  9. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】国民殺しの政権

  10. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】国際公約違反の東京五輪

MORE

タグクラウド