日本経済

2019年5月20日

【三橋貴明】財務省への宣戦布告

From三橋貴明

【今週のNewsピックアップ】
財務省の利己主義と戦う
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12462076352.html
宣戦布告
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12462312335.html

超人大陸から配信された
「「日本の未来を考える勉強会」ーMMTポリティクス〜現代貨幣理論と日本経済〜」

の視聴者数が物凄い勢いで伸びており、
本メルマガ執筆時点で2万2千を超えています。
(まだ配信から一日も経っていないのですが)

視聴者数が伸びてくれて、助かります。
できれば、山本太郎参議院議員との対談動画のように、
数十万の大台に載って欲しいです。

何しろ、本動画は財務省への宣戦布告も同然でございますから。
できるだけ多くの国民に
「事実」を知ってもらわないことには、正直、怖いでございます。

MMTのポイントを改めて整理すると、
1.自国通貨建て国債しか発行していない国は、財政的な予算制約はない
2.ただし、供給能力(インフレ率)という国債発行の上限はある
3.誰かの黒字は、誰かの赤字。誰かの赤字は、誰かの黒字。
4.政府は国債発行で日銀当座預金を借りており、政府の国債発行は家計の預金を増やす
5.政府はOMFにより徴税や国債発行無しで支出が可能(スペンディング・ファースト)

上記の内、1から4までは、
わたくし共が過去何年も主張し続けてきた
「単なる事実」でございます。

そして、5はMMTにより、
わたくしも初めて学んだ「単なる事実」です。

資金循環統計を見ると、
日本銀行の資産として「国庫短期証券」があります。
何となく「短期の国債」という印象だったのですが、
これがOMF(明示的な貨幣供給)の道具「政府短期証券」だったわけです。

日銀のHPを見ると、
『(2)政府の一時的な資金需要への対応等
https://www.boj.or.jp/statistics/outline/exp/exseifu01.htm/

(a)政府短期証券の引受け(2004/4月末残高:36,147億円)

日本銀行による公債の引受けは、
財政法により原則として禁止されている(財政法第5条2本文)が、
政府の一時的な資金需要に対応するために
発行される政府短期証券については、
当該条項の適用を受けないと解されており、
日本銀行法でも、日本銀行が政府短期証券の
引受けを行うことができる旨の条項が設けられている(日本銀行法第34条第4号3)。』

と、書かれています。
日本銀行は間違いなく
政府短期証券を引き受け、
日銀当座預金を発行しているのです。

つまりは、明示的な貨幣供給(OMF)です。

日本政府は一切の債務的な負担なしで、
おカネを発行し、国民を救うことができるのです。

それにも関わらず、ありもしない財政破綻論を叫び、
予算拡大を妨害する財務省。

財務省の財政破綻論の影響で、
膨大な国民が不幸になりました。

というわけで、三橋は財務省とMMT関連で
徹底的に戦うことを決意し、
動画において「宣戦布告」をしたのでございます。

◆ビジネス社「米中覇権戦争 残酷な未来透視図」が刊行になりました。
https://amzn.to/2UEWkYK

◆彩図社「亡国のメガロポリス」が刊行になりました。
https://amzn.to/2F5nqi3

◆週刊実話 連載「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」 第320 MMT対財務省(後編)
なお、週刊実話の連載は、以下で(二週遅れで)お読み頂くことが可能です。
http://wjn.jp/article/category/4/

◆メルマガ 週刊三橋貴明 Vol521 おカネのプール論と資本主義
http://www.mag2.com/m/P0007991.html
実は、経済学のおカネのプール論(貨幣ヴェール論)では、
資本主義が説明できないのです。

資本主義は将来の所得のために「今」おカネを借りてでも投資する、
というモデルですが、投資の際に企業が借りるおカネを、
銀行は「どのように用意している」のでしょうか?
(答えは「書くだけ」ですが)

◆メディア出演

三橋TV、続々リリースされています。

三橋TV第90回【世界最古の土器がどこで見つかったか知ってる?】
https://youtu.be/bEkVdVWDnqE
三橋TV第91回【男系の皇統を維持するために知るべきこと】
https://youtu.be/JduMtSBrTu4
三橋TV第92回【統合政府のバランスシートが教える事実】
https://youtu.be/09OHa5DETGg

5月25日(土) チャンネル桜「日本よ、今…「闘論!倒論!討論!」 」に出演します。
http://www.ch-sakura.jp/programs/program-info.html?id=1655

◆三橋経済塾

5月18日 三橋経済塾第八期 第五回対面講義が開催されました。
https://members8.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?page_id=75
第五回のゲスト講師は中野剛志先生でした。インターネット受講の皆様は、しばらくお待ちください。

◆チャンネルAJER
今週の更新はありません。

—発行者より—
御代替わりを迎え、新たなる時代において
日本人が正しい「歴史」を知ることのできるよう、
『経世史論』を開設しました。
「現代」を読み解くには、過去の歴史を
正しく理解する必要があります。
正しい歴史を子どもたちやその先の世代に語り継ぐために、
まずは私たち自身が正しい歴史を学びませんか?
こちらから詳しい内容をご覧ください。
http://keiseiron-kenkyujo.jp/apply/

関連記事

日本経済

【藤井聡】<拡散希望> 増税推進の学者やエコノミストは「ウソつき」である。 ~Q&A 10の想定問答(後編)~

日本経済

【三橋貴明】二つの壁

日本経済

【三橋貴明】歴史上最大の危機

日本経済

【三橋貴明】民主主義国「日本」最悪の問題

日本経済

【藤井聡】「財政規準」(クライテリオン)の歪みが導く「危機」〜PBから債務対GDP比へのクライテリオンの転換を〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

まだデータがありません。

まだデータがありません。

最新記事

  1. 日本経済

    【小浜逸郎】エリートたちの思考停止

  2. メディア

    【藤井聡】『防災対策、行政頼み限界』(日本経済新聞20...

  3. 日本経済

    【室伏謙一】実情を無視した消費税軽減税率はかえって消費...

  4. 日本経済

    【三橋貴明】最も少子化を推進した内閣総理大臣

  5. 日本経済

    【三橋貴明】電力は生命維持装置

  6. 日本経済

    【竹村公太郎】不思議な日本共同体(その5)東京の消費を...

  7. 未分類

    【施 光恒】公開シンポジウムのお知らせ(中野剛志氏来る...

  8. 政治

    【藤井聡】保守の、保守による、保守のための「安倍晋三総...

  9. 日本経済

    【三橋貴明】裏切りの国民

  10. 未分類

    【三橋貴明】日本人はどこから来たのか?

MORE

タグクラウド