日本経済

2018年10月31日

【藤井聡】消費増税は「確定」した話ではありません―――今、始まる増税を巡る「情報戦争」

From 藤井聡@大学大学院教授

みなさんこんにちは、
内閣官房参与で、京都大学大学院教授の藤井聡です。

新聞やテレビでは連日、
10月15日の来年度予算の閣議決定を受けて、
総理が消費増税を「確定」させたかような報道
繰り返されていますが、
それらはほとんどすべて「フェイクニュース」の類いです。

これまで多くの論者が指摘している通り、
消費増税は法律に記載された事項ですから、
それに基づく予算編成を行うのは当たり前。

ただし、その法律自体は、国会の決議さえあればもちろん、
変える事ができるのであり、
消費増税は何も「確定」した話ではないのです。

実際、菅官房長官は、公式の記者会見で、
「リーマンショック級の出来事」があれば、
増税が延期・凍結の可能性がある事を言明しているのです。
https://the-criterion.jp/mail-magazine/m20181029/

だからこそ、増税延期・凍結のタイムリミットと考えられる、
来年の「初夏」頃までの間の
消費増税の「真実」を巡る「情報戦」の展開によっては、
消費増税の延期・凍結の可能性があることは、間違いありません。

もちろん最終的な判断は全て、
総理総裁、与党、そして野党も含めた国会の決議に
全てを委ねる委ねるべきものではあります。

ですが民主主義国家である我が国日本では、
自由な言論は必要不可欠なのです。

こうした認識からこのたび、
筆者の立場から「消費税の真実を巡る情報戦」に貢献すべく、

「10%消費税」が日本経済を破壊する
http://ur0.biz/MCc2

と題した書籍を出版いたしました!

言うまでもなく、消費増税を巡る情報戦において、
何よりも大切なのは、
「正しい情報」が一人でも多くの国民に伝わること。

ついては是非、一人でも多くの国民に、
本書をお読みいただきたいと思います。

この本を出版することとした筆者の趣旨、思いは、
下記に紹介します、本書冒頭の「はじめに」に
まとめております。

是非とも下記お目通しの上、本書
『「10%消費税」が日本経済を破壊する』
http://ur0.biz/MCc2
を、ご一読いただきたいと思います。

日本の命運は、
ここで本当に10%消費税が実現してしまうか否かに
かかっていると言っても過言ではありません。

こうした情報戦にご協力頂くためにも何卒、
よろしくお願いいたします。

――――――――――――――
はじめに
~『「10%消費税」が日本経済を破壊する』http://ur0.biz/MCc2 より抜粋~本書は、「10%消費税が日本を破壊する」ことを、様々な実証データを使いながら明らかにしようとするものです。

もちろん好むと好まざるとに関わらず、増税はもう避けられないのだろうと「諦めて」しまっている向きも多かろうと思います。確かに、2019年10月に増税することは法律で定められてはいます。ですが、もちろん法律は変えられます。だからそれは「確定」してるわけではありません。

実際、増税予定日まで一年となった2018年9月20日に行われた与党・自由民主党の総裁選を機に、「消費増税を巡る空気」が、少しずつではありますが「確実」に変わり始めました。

そもそも、霞ヶ関や永田町で「19年の10月の消費増税」を疑う声は―――本書を書き進めていた頃も含めて―――ほとんどありませんでした。

ですが総裁選の直後から、「来年の消費増税は無理ではないか?」という声が、様々なところから聞こえ始めたのです。

その背景には、圧倒的に有利と言われた安倍総理は石破氏の「善戦」を許した点にあります。加えて政権運営の試金石とも言われた沖縄知事選挙で、与党側候補が敗北を喫したことも一つの契機となっています。

こうした結果を受け、現内閣は必ずしも世論から盤石の支持を受けている訳ではない、という認識が広がりました。

そして、こうした世論状況では、国民生活に確実に打撃を与える「10%への消費増税」は難しくなったのではないか、という声が各方面から漏れ聞こえるようになったのです。

とりわけ翌年(2019年)7月には参議院選挙が控えていることを踏まえるなら、惨敗リスク」を呼び込むような消費増税をいつまでも主張しつづけることなど、ないのでは、という観測が広がったのです。

―――ただし筆者は、こうした短期的な「空気」の変遷とは無関係に、消費増税について一貫して、反対する主張を展開し続けてきました。より正確に言うなら、デフレ完全脱却前」の消費増税に対して強い反対を表明し続けてきました

2012年、民主党政権下で「消費増税」を巡る議論が喧しく展開されていた時、一人の経済政策の専門家として消費増税を巡る参議院の国会の「参考人」として招聘されました。

その時筆者は、「デフレ不況が脱却する前に消費に対する『罰金』として機能する消費増税を行えば、著しく消費が低迷し、国民の貧困化は加速することは間違いない。そして挙げ句の果てに、財政それ自身をかえって悪化させてしまう。だからデフレ脱却が確認できるまでは、消費増税を凍結すべきなのだ」と主張しました。

あれから6年―――。

その間政権は民主党から自民党の安倍内閣に移り、筆者は大学の研究・教育に加えて、安倍総理のアドバイザーである内閣官房参与として内閣で勤務するようになりました。

もちろん、消費増税の判断を含む、最終的な政策決定は総理、内閣、そして国会の場にて「政治的」に決定すべきものです。

しかし、一学者、一参与としての立場としては、「デフレ完全脱却以前の消費増税は日本経済と財政に破壊的なダメージを与える」ということは、ことあるごとに公言し、関係各位に説明差し上げて参りました。

その間、年々蓄積される様々なマクロ経済データを様々な角度から分析し、自らの主張が間違っていないかどうかの検証を重ねてきましたが、それらのデータは驚くほど全て一貫して、筆者の主張を支持するものばかりでした。

本書は、2019年10月に予定されている消費増税からおおよそ一年となったこの機に、改めて「消費増税」についての筆者の見解を改めて世に問うためのものです。

賢明なる読者各位ならば、本書に一通り目を通されれば、誰もが、デフレ状況にある現在の我が国において消費増税を行うことは、民を貧困化させ、日本を貧国化させ、そして、挙げ句に日本の財政基盤」そのものを破壊するに違いないと確信するであろうと、筆者は確信しています。

しかしもちろん、本書についてどのように判断するかを決めるのは、読者各位です。筆者ができるのは、筆者の見解を世に広く問うことを措いて他にありません。

「増税凍結」が間に合うタイムリミット――おそらく、増税まで約半年の2019年4月前後――までの時間は、限られています。ついてはそれまでの限られた時間の中で、一人でも多くの方々が本書にお触れ頂くことを、そしてそれを通して一人でも多くの方々が「消費増税」について適正な意見・見解を形成し、国家としての日本が真に理性的な判断を下されんことを、心から祈念しています。

2018年10月5日 大阪 中之島にて
藤井聡

追伸:
消費増税の「真実」を巡る情報戦
にご関心の方は是非、下記、ご一読ください。
https://www.shobunsha.co.jp/?p=4896
http://ur0.biz/MCc2
https://books.rakuten.co.jp/rb/15676353/

関連記事

日本経済

【三橋貴明】あなたの常識を論破する経済学

日本経済

【三橋貴明】財務省にとっての痛恨の一撃

日本経済

【三橋貴明】消費税軽減税率の拡大を!

日本経済

【三橋貴明】「首相、消費増税延期へ」という読売報道について

日本経済

【島倉原】アベノミクスとは何だったのか

【藤井聡】消費増税は「確定」した話ではありません―――今、始まる増税を巡る「情報戦争」への2件のコメント

  1. たかゆき より

    消費税増税

    それって 選挙のダシですか、、、

    諸費税増税が 日本のために必要だと確信なさるなら

    たとえ議席を失ってでも 訴え続けるべきかと、、

    議席欲しさに 増税を取り下げるなら

    政治家失格

    増税止めますか?それとも

    政治家 辞めますか ??

    両方 ヤメるのが 大正解 ♪

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】<号外速報>「内需冷え込み」による輸入急落が無けれ...

  2. 2

    2

    【藤井聡】「令和ピボットニュース」にご登録ください!

  3. 3

    3

    【三橋貴明】「MMTポリティクス」

  4. 4

    4

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

  5. 5

    5

    【藤井聡】「財政悪化」を導く消費増税が生み出すのは、「害のみ...

  6. 6

    6

    【三橋貴明】財務省への宣戦布告

  7. 7

    7

    【角谷快彦】介護職員の待遇改善とCCRC(前編)

  8. 8

    8

    【三橋貴明】財務省にとっての痛恨の一撃

  9. 9

    9

    【小浜逸郎】なぜ経済問題は敬遠されるのか

  10. 10

    10

    【藤井聡】『消費税増税の「リスク」に関する有識者会議」を開催...

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】<号外速報>「内需冷え込み」による輸入急落が無けれ...

  2. 2

    2

    【藤井聡】財務省が紹介した「有識者のMMT批判」の「間違い」...

  3. 3

    3

    【藤井聡】『消費税増税の「リスク」に関する有識者会議」を開催...

  4. 4

    4

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

  5. 5

    5

    【藤井聡】政府の支出拡大が財政を健全化することを「数学的に証...

MORE

最新記事

  1. 未分類

    【角谷快彦】介護職員の待遇改善とCCRC(後編)

  2. 日本経済

    【藤井聡】「財政悪化」を導く消費増税が生み出すのは、「...

  3. 未分類

    【角谷快彦】介護職員の待遇改善とCCRC(前編)

  4. 日本経済

    【藤井聡】<号外速報>「内需冷え込み」による輸入急落が...

  5. 日本経済

    【三橋貴明】財務省への宣戦布告

  6. 日本経済

    【三橋貴明】「MMTポリティクス」

  7. 日本経済

    【藤井聡】「令和ピボットニュース」にご登録ください!

  8. 日本経済

    【小浜逸郎】なぜ経済問題は敬遠されるのか

  9. 政治

    日本経済

    【室伏謙一】政策評価は緊縮財政推進ためのものか?

  10. 日本経済

    【三橋貴明】財務省にとっての痛恨の一撃

MORE

タグクラウド