アジア

2018年10月30日

【三橋貴明】安倍総理の訪中と乱れる言葉

From 三橋貴明@ブログ

先週、リリースされた三橋TV、
まとめてどうぞ。

三橋TV第6回
【TVが言わない日本人が貧乏になるカラクリ】
https://youtu.be/D6qBop5lv2Q

三橋TV第7回
【移民国家となる日本の末路】
https://youtu.be/vquCEkYh2uw

三橋TV第8回
【少子高齢化が日本経済を救う理由】
https://youtu.be/gX-D5z9vlZU

大変残念なことに、そして予想通り、
安倍総理の中国訪問では、
日中両政府の呼びかけを受け、
日中企業が事業を共同展開
(要は一帯一路への協力)するため、
52件の覚書が交わされました。

経済界の連中をゾロゾロと
引き連れていった以上、
こうなって当然です。

日中通貨スワップ協定の再開でも合意。

人民元の下落に対して
「通貨防衛」している状況ですから、
中国にとっては大変
ありがたいことでしょう。

安倍総理は全体会議で、
一帯一路について、

「日中が協力して国際スタンダードに合致し、
第三国の利益にもなる
ウィン・ウィン・ウィンの
プロジェクトを形成していこう」

と、語りましたが、別に中国にしても
「一帯一路は新植民地主義」などと
宣言しているわけではありません。

表向きは、

「相手国の利益にもなる
ウィン・ウィンのプロジェクト」

と説明しているのです。

そこに日本が関与し、
「ウィン・ウィン・ウィン」などと
言ったところで、
中国共産党の覇権拡大に
「日本という信用」が
活用される羽目になることに
変わりはありません。

もっとも、一応、日本政府は、

「あくまで日中の
民間企業間での協力であり、
基本的に一帯一路とは関係ない」
(世耕弘成経済産業相)

と、例により「言葉」で
誤魔かしにかかっています。

上記は(情けないことに)予想通りの
展開だったのですが、
吃驚したのは「三つの原則」です。

安倍総理は、帰国後に
プライムニュースのインタビューに答え、

『李克強首相と今後の日中関係の
道しるべとも言える3つの原則を
確認しました。

第1に「競争から協調へ」。

第2は
「お互い協力のパートナーとして脅威とならない」。

第3は
「自由で公正な貿易体制の発展」。

この3つの原則のもと、
まさに日中両国が世界の平和と
安定のために貢献をしていこうと
確認したわけであります。』

と、語りました。

念のために強調しますが、
総理ご本人が語ったのです。

ところが・・・。

『日中首脳会談
安倍首相の「3原則」波紋
外務省は否定
https://mainichi.jp/articles/20181028/k00/00m/010/087000c

安倍晋三首相は26日、
中国の習近平国家主席との
北京での会談で、
今後の日中関係について
「競争から協調へ」
「パートナーであり、
互いに脅威とならない」
「自由で公正な貿易体制の発展」
を提起した。

会談後、首相はこれを
「三つの原則」と発信したが、
同行筋は

「三つの原則という
言い方はしていない」

と公式に否定。

中国側の説明にも「3原則」
の言葉はない。

首相が外務省とすり合わせずに
会談の成果として
アピールした可能性がある。
(後略)』

総理自ら「三つの原則」
などと思いついたわけ
ではないでしょう。

誰かが、「三つの原則」で
説明するようインプットし、
そのまま喋っただけだと思います。

毎日新聞は、

「首相が外務省とすり合わせずに
会談の成果として
アピールした可能性がある」

と、書いていますが、
わたくしは外務省の「誰か」が
インプットした可能性も
否定できないと思います。

外務省(だけではないですが)
の官僚は、平気でその種の
「工作」をします。

いずれにせよ、最近の
日本政府を見ていると、
壮大なるパラダイム・シフトの中、
相変わらず「言葉での誤魔化し」
で乗り切ろうと図り、
ドツボにハマっていく
ケースだらけです。

日米FTAを、TAGなる
造語で乗り切ろうとし、
移民政策は、

「人手不足を外国人労働者で解消する」
「いわゆる移民政策は採らない」

などと、言葉で誤魔化す。

あるいは、定義を勝手に変えてしまい、
うやむやにする。

米中の「灰色の戦争(グレーウォー)」
が始まっている状況で、
口先だけの誤魔化しで、
我が国はこのパラダイム・シフトを
乗り切れるのでしょうか。

とても、そうは思いません。

日本人はやや苦手なのですが、
言葉の定義を明確化し、
本質、実体で思考し、
議論しなければ「未来がない」
状況が訪れたと考えるべきなのです。

関連記事

アジア

【三橋貴明】頻発する自然災害

アジア

【藤井聡】スラムに消えた情けない男の話

アジア

【三橋貴明】日本が壊されていく「音」

アジア

【施光恒】「多国籍企業中心主義化」と称すべき

アジア

【小浜逸郎】安倍政権20の愚策(その2)

【三橋貴明】安倍総理の訪中と乱れる言葉への5件のコメント

  1. あまき より

    問題は、外務省がインプットしたかどうかではない。
    首相にその気がなければ俎上に出さない。

    ことばをあやふやにしてきたのは何も官僚だけではない。
    最もいい加減だったのが、安倍さんご本人。
    責任を口にしながらまったく責任を取らない。

    我が国にとって最も深刻な問題なのは、そこなのです。
    世間をなめてはいけない。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. 神奈川県skatou より

    >いずれにせよ、最近の日本政府を見ていると、壮大なる
    >パラダイム・シフトの中、相変わらず「言葉での誤魔化し」
    >で乗り切ろうと図り、ドツボにハマっていくケースだらけです。

    たぶん渦中の方々は誠心誠意、全力で頑張っているのかもしれません。言葉のごまかしだと感じられてしまうのは、視点が違う(高い)だけで、地べたで這いずってる本人らは本気でも、鳥瞰すれば実に残念に見えてしまうものなのではないでしょうか。
    (要は本質が分かってない・・・)

    中共とはなにものか?(WHO)
    中共はなにがしたいのか?(WHY)
    中共はなにをしているか?(WHAT)

    このレベルが問われるわけですが、きっと外務省のエリート官僚の方々も、政府の政治家の先生方も、きっと博識勤勉な点ではきわめて抜群な方々でしょう。でも、三橋先生ほど現実を目の前にして、型通りではない、ポイントを捕まえた問題発見、要点把握が上手では、ないのでしょう。

    >日本人はやや苦手なのですが、言葉の定義を明確化し、
    >本質、実体で思考し、議論しなければ「未来がない」
    >状況が訪れたと考えるべきなのです。

    至言です。

    洞察力は往々にして、知識のフレームが邪魔するものです。慎重になれば、そんなにたくさんのことは学べないし、その必要もないかもしれません。知の使い方は、きっと難しいのだろうと、思います。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. ぬこ より

    どうせ、裏金貰ってんでしょ?(笑)

    尖閣諸島の上陸問題で、日中双方の活動家に、英サスーンから金が出たって事をいう人も居ます。
    明治の御代以降、薩摩長州の英語幕府なんですから、この国は。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  4. たかゆき より

    風に戦ぐ とよ 蘆原の中つ国

    東から吹けば西へ 西から吹けば東へ、、

    主権も定見も持たない 持てない国の定めかと、、、

    あしたは あしたの 風が吹く

    そして

    枯蘆の日に日に折れて 流れけり (蘭更)

    それもまた 一興 ♪

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  5. one より

    安倍さんは

    統合失調症 (矛盾していることを平気で言う)

    +

    IQ=0 (中野剛志さんの丁寧な説明が理解できない)

    ジ・エンド

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】大蔵省から「財務省」に転換した時、平成デフレーショ...

  2. 2

    2

    【三橋貴明】日本復活の鍵を握るMMT

  3. 3

    3

    【藤井聡】「財務省設置法」は「憲法13条違反」である。

  4. 4

    4

    【小浜逸郎】日経記事に見る思考停止のパターン

  5. 5

    5

    【三橋貴明】フィリップス曲線の崩壊

  6. 6

    6

    【藤井聡】大阪都構想:知っていてほしい7つの事実

  7. 7

    7

    【三橋貴明】財政破綻論の呪縛を打ち払え!

  8. 8

    8

    【saya】我が故郷 横浜が日本から独立 ?!

  9. 9

    9

    【藤井聡】財務省は今、安倍内閣下で増えた「自由に使える血税」...

  10. 10

    10

    【三橋貴明】秋篠宮殿下はなぜ「皇嗣殿下」なのか?

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】「アベノミクス」は、結局、やられてなかった。

  2. 2

    2

    【藤井聡】財務省は今、安倍内閣下で増えた「自由に使える血税」...

  3. 3

    3

    【藤井聡】「財務省設置法」は「憲法13条違反」である。

  4. 4

    4

    【三橋貴明】秋篠宮殿下はなぜ「皇嗣殿下」なのか?

  5. 5

    5

    【三橋貴明】二人の教授

MORE

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】財政破綻論の呪縛を打ち払え!

  2. メディア

    日本経済

    【 平松禎史】「霧につつまれたハリネズミのつぶやき」:...

  3. 日本経済

    【小浜逸郎】日経記事に見る思考停止のパターン

  4. 日本経済

    【藤井聡】大蔵省から「財務省」に転換した時、平成デフレ...

  5. 日本経済

    【三橋貴明】日本復活の鍵を握るMMT

  6. 日本経済

    【三橋貴明】フィリップス曲線の崩壊

  7. 日本経済

    【藤井聡】「財務省設置法」は「憲法13条違反」である。

  8. 政治

    日本経済

    【saya】我が故郷 横浜が日本から独立 ?!

  9. 日本経済

    【三橋貴明】大平正芳の呪縛

  10. 政治

    【三橋貴明】秋篠宮殿下はなぜ「皇嗣殿下」なのか?

MORE

タグクラウド