政治

2017年2月28日

【藤井聡】「公明党・大阪市議団が日本を破壊する」というリスクについて

From 藤井聡@内閣官房参与(京都大学大学院教授)

今、大阪ではいわゆる「都構想」、すなわち、「大阪市廃止解体構想」の「住民投票・再チャレンジ」がにわかに現実味を帯び始めています。
http://www.asahi.com/articles/ASK2R3V2SK2RPTIL005.html

なぜなら、「公明党・大阪市議団」が、住民投票の実施に「賛成」する見通しが出てきたからです。

そもそも「都構想」が実現されれば、「大阪市が廃止」されます(これは、定義上確定した事項です)。一方で、「住民投票」がなければもちろん、「大阪市の廃止」という事が起きるはずはありません。

ということは、「公明党・大阪市議団」は今、「大阪市が廃止」される「恐ろしいリスク」を産み出している、ということになります。

ちなみに、このリスクを「恐ろしい」と見なしているのは、他ならぬ「公明党・大阪市議団」です。なぜなら彼らは公式に、都構想それ自身に「反対」を宣言しているからです。
https://www.komei-osaka.jp/blog/2015/01/005408.html

――ではなぜ、「公明党・大阪市議団」は、そんな「恐ろしい」リスクを産みだそうとしているのでしょうか?

「大阪都構想が日本を破壊する」という書籍を出版し、未だに、その時の基本主張を一切変更していない筆者にとっては、この「公明党・大阪市議団」の振る舞いは、到底看過できるものではありません。彼らの振る舞い一つで、大阪が破壊され、日本が破壊されかねない恐ろしい帰結がもたらされかねないからです。
https://www.amazon.co.jp/dp/4166608274

ついては、本稿では、あくまでも公益、国益という「公共的視点」から、公明党支持者を含めた日本全国の国民の皆様に、この「公明党・大阪市議団」問題を解説差し上げたいと思います。

・・・

そもそも一昨年H27年の5.17に「都構想=大阪市廃止」が住民投票で否決されて以降、一部の維新勢力を除けば過半数の人々が「住民投票」には反対していました。

「住民投票」で結果が一旦でた以上、これは至極当然の話です。

例えば、イギリス世論を二分したEU離脱、いわゆるブレグジットの住民投票でも、賛否が拮抗し、最終的には僅かな差で「EU離脱」が決定されましたが、結果が出た後は、離脱反対派もしぶしぶその結果を厳粛に受け止め、離脱の手続きが粛々と進められています。「直接民主主義」の住民投票で決せられた結果には、「重大な意味がある」というのが国民的コンセンサスになっているからです。

これはいわば、民主主義国家の「常識」です。

したがって、英国ではブレグジットの賛成派も反対派も、

「直接民主制の住民投票で一旦結果が出れば、
(よほどのことが無い限り)後戻りは許されない―――」

という事を最低限の共有認識として「投票日」まで必死に「論戦」を戦わせたのです。

ところが大阪では、そうした「常識」が通用しない「異常事態」が、まさに今、生じようとしています。
http://www.asahi.com/articles/ASK2R3V2SK2RPTIL005.html

それを起こそうとしている中心勢力はもちろん、「大阪都構想=大阪市廃止解体構想」を進めようとする「維新」勢力。

ですが上述の様に、彼らは大阪府議会でも市議会でも過半数の議席を持っておらず、彼らだけでは、「住民投票・再チャレンジ」は不可能です。

したがって、「再チャレンジ」のためには、維新以外の勢力の「協力」が不可欠です。

では誰が、維新に協力をしているのかというと、それこそ、

「公明党・大阪市議団」

なのです。

もちろん、公明党・大阪市議団は、「何の見返りも無く」ただただ維新に荷担しているのではありません。彼らは、自らが主張する、

「大阪市の『行政区』を束ねて、
いくつかの『総合区』をつくる」

というアイディアに、維新が賛成する「見返り」として、「住民投票」(の可能性が生ずる協議会の設置)に賛成する見通しとなっている、という次第なのです。

もしこの「報道」が正しいとすれば、公明党・大阪市議団は、「総合区をつくるという自らのアイディアを通すために、大阪市が解体されるかも知れない大バクチを打とうとしている」ということになります。

これは、大阪市民にしてみれば、「たまったもの」ではありません。

そのバクチで、公明党・大阪市議団の私物を賭けるのなら別に問題はありませんが、そこで賭けられているのは、他ならぬ

「大阪市民の自治」

だからです。

もちろん、公明党が主張する「総合区」が良いものである可能性はありますし、大阪市民が自分自身の「自治」など要らぬと判断しているのなら、それでも構わないのかもしれませんが――「大阪市民の自治」は、大阪市民が「残します!」と住民投票を通して決定した程に市民にとって貴重なものなのです。

いわばあの住民投票は、大阪市民にとって、「大阪市民の自治」は失ってはならぬ「極めて貴重なもの」であるという事を、大阪市民自身が再確認する大がかりな「一大イベント」だったのです。

にも関わらず、そこまで「貴重なもの」を差し出すような大バクチを、公明党・大阪市議団が打つことが正当化されるのかどうか――筆者はあえてここで明言致しませんが、当の公明党・大阪市議団やその支持者の方々を含めた日本全国の良識ある国民の皆様に問いかけたいと思います。

・・・

しかも、この問題は、それだけには留まりません。

そもそも公明党・大阪市議団は、一昨年の住民投票に「賛成」した時の公式の「見解」から、「都構想=大阪市廃止」に対して

「反対の姿勢に変わりはありません」

と明言しつつも、

「最終的には、住民投票をもって住民の皆さんが決定をすべきであるとの結論」

に至ったとのことから、「住民投票それ自身には賛成する」という、複雑な、

「断腸の思い」

の決断がなされた様子を伺い知ることができます。
https://www.komei-osaka.jp/blog/2015/01/005408.html

なぜ、公明党・大阪市議団の皆さんがこのような「断腸の思い」をされたのかについては、既に複数のメディアに記載されていますので、敢えてここでは「直接」言及はいたしませんが――
(※ ご関心の方は、例えば、下記をご参照ください。
http://www.sankei.com/west/news/150210/wst1502100001-n1.html
https://dot.asahi.com/wa/2015080400115.html
http://npn.co.jp/article/detail/41206155/ )

――とにかく、公明党・大阪市議団の皆さんは、極めて微妙な立場の中、

『ギリギリの筋』

を通すという趣旨で、「私たちは『都構想』に反対だが、万一、市民が賛成するというのなら、私たちはそれに従います」と、

「住民投票結果を徹底的に尊重する」

という事を、

『唯一つの論拠』

として、住民投票それ自体に賛成されたのです。

だとするなら、公明党・大阪市議団の皆さんは、今、「住民投票結果を尊重する」責務を、他のどの党や会派よりも格段に大きくお持ちのはずなのです。

もしここで前言を翻し、大阪市民の民意である「住民投票結果」を軽んじる様な事があれば、あのときの、「公式見解」そのものが、

「ウソ」

であったと言われても否定しようがないのではないでしょうか。

そして、そういう「ウソ」をついたという事になれば、今まで公明党・大阪市議団の皆さんを支えてこられた有権者の皆さまを「裏切る」こととなるのではないでしょうか――。

公明党・大阪市議団やその支持者の皆さん、そして日本全国の皆様方に、この問題を是非、真剣にお考え頂きたいと思います。

それが、「大阪を守り」、ひいては「日本を守る」ために求められているのではないかと――筆者は大袈裟でも何でもなく、真剣に感じています。

――もしも、公明党・大阪市議団の皆様から、上記について公式にご回答いただけるなら、筆者は喜んで耳を傾けたいと思いますし、そのご回答を、支持者の方、大阪市民の方を含めた日本国民皆様に聞いていただきたいと思います。

PS1 「大阪都構想」とは一体何であったのか――ご関心の方は是非、下記を改めてご一読ください。
http://www.amazon.co.jp/dp/4166610201

PS2 リアルタイムな、現在進行形の「大阪府市問題」にご関心の方は是非、下記シンポジウム(4月8日、於:大阪市立大学)にご参加ください!
http://satoshi-fujii.com/symposium8/

PS3 「小池都政」問題は、確実に「橋下大阪市政」問題の延長線上に位置するもの。この問題にご関心の方は、是非、下記をご一読ください。
https://www.amazon.co.jp/dp/4761526106

関連記事

政治

【藤井聡】維新・改革は、緊縮を通して「災い」をもたらします。

政治

【藤井聡】大阪都構想(3):公権力者の「詭弁」がもたらす「言論封殺」

政治

【柴山桂太】不安定な「ドイツ帝国」

政治

【藤井聡】大阪都構想が日本を破壊する

政治

【藤井聡】都構想を巡る「フレーズ」「スローガン」にはご注意を。

【藤井聡】「公明党・大阪市議団が日本を破壊する」というリスクについてへの9件のコメント

  1. 拓三 より

    ここまで民主主義が腐ったら終わりやな…..

    日本は成熟した民主主義…..どこがやねん! 

    最近の東京もそうやけど、これまでの首長の粗を探し吊るし上げ、それで支持を集めて….お隣の国と一緒やん。選挙ってなんや?投票ってなんや? 

    今度、住民投票したら投票率落ちて維新が勝つやろうけど、民主主義自体の価値は失うやろな。

    米国もそうやけど、ほんま左翼は往生際悪いな。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. たかゆき より

    日本は すでに 破壊されている。。。

    だれに よってか、、、
    推して知る べし

    この国の憲法を 
    明治に戻せないかぎり 
    何を言っても 何を騙っても アホ
    その 一言に つきる のだ
    たぶん。。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. はっちゃん より

    今回公明党が住民投票に賛成することについて、大変残念に思います。5.17のときはかなり苦しい理屈ながらも一応の理屈は通っていたとも思えますが、今回の記事が指摘するところに対する反論はおそらくできないと思います。公明党の市会議員の皆さんは「大阪都構想」が市民に及ぼす影響について十分ご承知だと思います。本来市会議員は大阪市民のために働くもののはずですが、公明党の場合そうはなっていないというのが実態なのでしょうか?仮に創価学会員のための議員だという認識をお持ちであるとしても、大阪市民であり、学会員の方もたくさんおられると思います。その中に「大阪都構想に賛成すべし」という意見の方が仮にたくさんおられたとしても「その意見を尊重する」あまり、マイナスだと分かっていることをやってしまって本当に良いのでしょうか?市会議員は一般の人よりも当然市政のことについて圧倒的に詳しいと思います。何が「まとも」なのかは百も承知なはずです。弁も達者です。ならば、支持母体の組織を説得し、支持者を説得することが本当の仕事なのではないのでしょうか?今回賛成する理由として、理屈では「総合区構想と引き換えに」となるのかもしれません。(それが全く理屈が通っていないのですが。)しかし本当は維新などから圧力を受けた党の中央からとか支持母体からの政治的圧力が原因なのではないのでしょうか?公明党の中央の方々はもちろん、支持母体の方々も政治的権力を持っているという意味では政治に対して責任のある方々だと思います。もっとも、元をたどれば維新などに力を与えている人たちに問題があるとは思います。しかし、政治的責任のある方々にはこういった勢力に屈しないように願いたいところです。ところで、今は5.17から時間も経っていますので冷静な議論が出来るかもしれません。また、次にあのような事が起こる可能性があります。今こそ5.17についての考察が広く行われると良いのではないかと思います。私も単なる市民の立場から、A4紙5枚程度のものを作ってみました。もう少し推敲をしてからですが、とりあえず近親者から読んでもらおうと思っています。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

アクセスランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】大阪都構想:知っていてほしい7つの事実

  2. 2

    2

    【藤井聡】「公明党・大阪市議団が日本を破壊する」というリスク...

  3. 3

    3

    【藤井聡】日本経済の「供給力」「生産性」を破壊し続ける消費増...

  4. 4

    4

    【小浜逸郎】北海道というエアポケット

  5. 5

    5

    【藤井聡】「菅直人」政権が導入。日本経済を破壊し続ける「PB...

  6. 6

    6

    【三橋貴明】人間の屑たち

  7. 7

    7

    【三橋貴明】フリーゲージトレインの恐怖

  8. 8

    8

    【施 光恒】日本国民の一人負け?

  9. 9

    9

    【三橋貴明】シンガポールの安全保障

  10. 10

    10

    【藤井聡】消費増税ショックで「日本の貧困化」が進行しています...

MORE

最新記事

  1. メディア

    【上島嘉郎】「慢心した坊ちゃん」の時代

  2. 政治

    日本経済

    【島倉原】財政支出が経済成長を規定するメカニズム

  3. コラム

    【佐藤健志】「変」のパワーを活かす方法

  4. 政治

    【藤井聡】「プライマリー・バランス黒字化」という「悪行...

  5. 日本経済

    【三橋貴明】「経世済民」の意味

  6. コラム

    [三橋実況中継]かつてのアテネのように

  7. 日本経済

    【三橋貴明】2016年末 日本国債保有者別内訳

  8. アメリカ

    【三橋貴明】農業の市場開放で第一の標的は日本だ

  9. 政治

    【小浜逸郎】「新」国家改造法案

  10. コラム

    【佐藤健志】震災復興と地政経済学

MORE

タグクラウド