政治

2017年2月28日

【藤井聡】「公明党・大阪市議団が日本を破壊する」というリスクについて

From 藤井聡@内閣官房参与(京都大学大学院教授)

今、大阪ではいわゆる「都構想」、すなわち、「大阪市廃止解体構想」の「住民投票・再チャレンジ」がにわかに現実味を帯び始めています。
http://www.asahi.com/articles/ASK2R3V2SK2RPTIL005.html

なぜなら、「公明党・大阪市議団」が、住民投票の実施に「賛成」する見通しが出てきたからです。

そもそも「都構想」が実現されれば、「大阪市が廃止」されます(これは、定義上確定した事項です)。一方で、「住民投票」がなければもちろん、「大阪市の廃止」という事が起きるはずはありません。

ということは、「公明党・大阪市議団」は今、「大阪市が廃止」される「恐ろしいリスク」を産み出している、ということになります。

ちなみに、このリスクを「恐ろしい」と見なしているのは、他ならぬ「公明党・大阪市議団」です。なぜなら彼らは公式に、都構想それ自身に「反対」を宣言しているからです。
https://www.komei-osaka.jp/blog/2015/01/005408.html

――ではなぜ、「公明党・大阪市議団」は、そんな「恐ろしい」リスクを産みだそうとしているのでしょうか?

「大阪都構想が日本を破壊する」という書籍を出版し、未だに、その時の基本主張を一切変更していない筆者にとっては、この「公明党・大阪市議団」の振る舞いは、到底看過できるものではありません。彼らの振る舞い一つで、大阪が破壊され、日本が破壊されかねない恐ろしい帰結がもたらされかねないからです。
https://www.amazon.co.jp/dp/4166608274

ついては、本稿では、あくまでも公益、国益という「公共的視点」から、公明党支持者を含めた日本全国の国民の皆様に、この「公明党・大阪市議団」問題を解説差し上げたいと思います。

・・・

そもそも一昨年H27年の5.17に「都構想=大阪市廃止」が住民投票で否決されて以降、一部の維新勢力を除けば過半数の人々が「住民投票」には反対していました。

「住民投票」で結果が一旦でた以上、これは至極当然の話です。

例えば、イギリス世論を二分したEU離脱、いわゆるブレグジットの住民投票でも、賛否が拮抗し、最終的には僅かな差で「EU離脱」が決定されましたが、結果が出た後は、離脱反対派もしぶしぶその結果を厳粛に受け止め、離脱の手続きが粛々と進められています。「直接民主主義」の住民投票で決せられた結果には、「重大な意味がある」というのが国民的コンセンサスになっているからです。

これはいわば、民主主義国家の「常識」です。

したがって、英国ではブレグジットの賛成派も反対派も、

「直接民主制の住民投票で一旦結果が出れば、
(よほどのことが無い限り)後戻りは許されない―――」

という事を最低限の共有認識として「投票日」まで必死に「論戦」を戦わせたのです。

ところが大阪では、そうした「常識」が通用しない「異常事態」が、まさに今、生じようとしています。
http://www.asahi.com/articles/ASK2R3V2SK2RPTIL005.html

それを起こそうとしている中心勢力はもちろん、「大阪都構想=大阪市廃止解体構想」を進めようとする「維新」勢力。

ですが上述の様に、彼らは大阪府議会でも市議会でも過半数の議席を持っておらず、彼らだけでは、「住民投票・再チャレンジ」は不可能です。

したがって、「再チャレンジ」のためには、維新以外の勢力の「協力」が不可欠です。

では誰が、維新に協力をしているのかというと、それこそ、

「公明党・大阪市議団」

なのです。

もちろん、公明党・大阪市議団は、「何の見返りも無く」ただただ維新に荷担しているのではありません。彼らは、自らが主張する、

「大阪市の『行政区』を束ねて、
いくつかの『総合区』をつくる」

というアイディアに、維新が賛成する「見返り」として、「住民投票」(の可能性が生ずる協議会の設置)に賛成する見通しとなっている、という次第なのです。

もしこの「報道」が正しいとすれば、公明党・大阪市議団は、「総合区をつくるという自らのアイディアを通すために、大阪市が解体されるかも知れない大バクチを打とうとしている」ということになります。

これは、大阪市民にしてみれば、「たまったもの」ではありません。

そのバクチで、公明党・大阪市議団の私物を賭けるのなら別に問題はありませんが、そこで賭けられているのは、他ならぬ

「大阪市民の自治」

だからです。

もちろん、公明党が主張する「総合区」が良いものである可能性はありますし、大阪市民が自分自身の「自治」など要らぬと判断しているのなら、それでも構わないのかもしれませんが――「大阪市民の自治」は、大阪市民が「残します!」と住民投票を通して決定した程に市民にとって貴重なものなのです。

いわばあの住民投票は、大阪市民にとって、「大阪市民の自治」は失ってはならぬ「極めて貴重なもの」であるという事を、大阪市民自身が再確認する大がかりな「一大イベント」だったのです。

にも関わらず、そこまで「貴重なもの」を差し出すような大バクチを、公明党・大阪市議団が打つことが正当化されるのかどうか――筆者はあえてここで明言致しませんが、当の公明党・大阪市議団やその支持者の方々を含めた日本全国の良識ある国民の皆様に問いかけたいと思います。

・・・

しかも、この問題は、それだけには留まりません。

そもそも公明党・大阪市議団は、一昨年の住民投票に「賛成」した時の公式の「見解」から、「都構想=大阪市廃止」に対して

「反対の姿勢に変わりはありません」

と明言しつつも、

「最終的には、住民投票をもって住民の皆さんが決定をすべきであるとの結論」

に至ったとのことから、「住民投票それ自身には賛成する」という、複雑な、

「断腸の思い」

の決断がなされた様子を伺い知ることができます。
https://www.komei-osaka.jp/blog/2015/01/005408.html

なぜ、公明党・大阪市議団の皆さんがこのような「断腸の思い」をされたのかについては、既に複数のメディアに記載されていますので、敢えてここでは「直接」言及はいたしませんが――
(※ ご関心の方は、例えば、下記をご参照ください。
http://www.sankei.com/west/news/150210/wst1502100001-n1.html
https://dot.asahi.com/wa/2015080400115.html
http://npn.co.jp/article/detail/41206155/ )

――とにかく、公明党・大阪市議団の皆さんは、極めて微妙な立場の中、

『ギリギリの筋』

を通すという趣旨で、「私たちは『都構想』に反対だが、万一、市民が賛成するというのなら、私たちはそれに従います」と、

「住民投票結果を徹底的に尊重する」

という事を、

『唯一つの論拠』

として、住民投票それ自体に賛成されたのです。

だとするなら、公明党・大阪市議団の皆さんは、今、「住民投票結果を尊重する」責務を、他のどの党や会派よりも格段に大きくお持ちのはずなのです。

もしここで前言を翻し、大阪市民の民意である「住民投票結果」を軽んじる様な事があれば、あのときの、「公式見解」そのものが、

「ウソ」

であったと言われても否定しようがないのではないでしょうか。

そして、そういう「ウソ」をついたという事になれば、今まで公明党・大阪市議団の皆さんを支えてこられた有権者の皆さまを「裏切る」こととなるのではないでしょうか――。

公明党・大阪市議団やその支持者の皆さん、そして日本全国の皆様方に、この問題を是非、真剣にお考え頂きたいと思います。

それが、「大阪を守り」、ひいては「日本を守る」ために求められているのではないかと――筆者は大袈裟でも何でもなく、真剣に感じています。

――もしも、公明党・大阪市議団の皆様から、上記について公式にご回答いただけるなら、筆者は喜んで耳を傾けたいと思いますし、そのご回答を、支持者の方、大阪市民の方を含めた日本国民皆様に聞いていただきたいと思います。

PS1 「大阪都構想」とは一体何であったのか――ご関心の方は是非、下記を改めてご一読ください。
http://www.amazon.co.jp/dp/4166610201

PS2 リアルタイムな、現在進行形の「大阪府市問題」にご関心の方は是非、下記シンポジウム(4月8日、於:大阪市立大学)にご参加ください!
http://satoshi-fujii.com/symposium8/

PS3 「小池都政」問題は、確実に「橋下大阪市政」問題の延長線上に位置するもの。この問題にご関心の方は、是非、下記をご一読ください。
https://www.amazon.co.jp/dp/4761526106

関連記事

政治

【藤井聡】今こそ、「超インフラ論」を

政治

【藤井聡】大阪都構想が日本を破壊する

政治

【藤井聡】徹底解剖! 都構想「賛成」を導く心理操作術

政治

【藤井聡】新自由主義・全体主義こそ、私たちの敵の正体です。

政治

【三橋号外】狂気

【藤井聡】「公明党・大阪市議団が日本を破壊する」というリスクについてへの11件のコメント

  1. 拓三 より

    ここまで民主主義が腐ったら終わりやな…..

    日本は成熟した民主主義…..どこがやねん! 

    最近の東京もそうやけど、これまでの首長の粗を探し吊るし上げ、それで支持を集めて….お隣の国と一緒やん。選挙ってなんや?投票ってなんや? 

    今度、住民投票したら投票率落ちて維新が勝つやろうけど、民主主義自体の価値は失うやろな。

    米国もそうやけど、ほんま左翼は往生際悪いな。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

      1. 反孫・フォード より

        >したがって、「再チャレンジ」のためには、維新以外の勢力の「協力」が不可欠です。

         考えてみると、
        松井氏は橋下氏に陰からの市民投票費用に饅頭を鴨腐羅ー従して羽鳥メディア要請を謀るかもしれませんね(しかも彼は隆盛している芸能プロダクションの顧問弁護士です)。

        教授が出された本を再び文春新書に攻勢を掛けてもらわないと甘利にも不均衡です!

        はー。吐構想・・・やはりメディアは嘘の塗布だらけです。

        返信

        コメントに返信する

        メールアドレスが公開されることはありません。
        * が付いている欄は必須項目です

      1. 良識 より

        投票率の低下が民主主義価値を決めるなんて考えは民主主義をバカにしすぎ。
        住民投票後に反対派が行ったこと、反対賛成は僅差で、決して筆者の言うとこの一部維新勢力などでないこと。
        良識ある市民は賛成に入れました。騙された方がどれだけいたか。もう少し勉強しなさい

        返信

        コメントに返信する

        メールアドレスが公開されることはありません。
        * が付いている欄は必須項目です

  2. たかゆき より

    日本は すでに 破壊されている。。。

    だれに よってか、、、
    推して知る べし

    この国の憲法を 
    明治に戻せないかぎり 
    何を言っても 何を騙っても アホ
    その 一言に つきる のだ
    たぶん。。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. たろう より

    どの政党もユダヤの手先がいて、右寄りなら経済的利益の理由で、左寄りなら人道 友愛の観点から移民推進を目指す。主要なマスコミも全てこれに当てはまり、ユダヤのために日本をためらいなく売り渡す売国奴をスター政治家として担ぎ上げ日本の方向性を決める。そしてユダヤに少しでも刃向かえば政治上失墜するか命を奪われ新たな売国奴を担ぐ、永遠にその繰り返し、嘗ての都知事の石原 今の都知事の小池の関係なんかもそうでしょう。ユダヤの用済みとなった石原は あらたなユダヤの手先となった小池を正義のヒーローとするために悪役になっている(ユダヤに命令されて)。いい加減気づきましょう。この下らない茶番をね。正義のヒーローとなった小池は何をするんでしょう?ヒーローだと思ってると東京のカネ全てユダヤに持ってかれるよ、、

    大阪で橋下と桜井との対談も、、あれはヘイト法案を施行させるための猿芝居だ。

    ユダヤはとても巧妙だけど、そろそろ日本人も気づかないと。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  4. 学天則 より

    公明党と言えば仏教。三毒と火宅、法華経ですかね。経と言う物は何であるかと言えば一言で言えば真理ですな。それは西欧ではバイブルともいう。自由民主制はまあ普通という宗教でもありますから、西田幾多郎先生的な禅の無の哲学で言わば認識が創る幻で有りましょう。この自由民主制の経は憲法で有る訳ですが、なかなか経を読んで悟れる者は限られる。ましてや神道や禅は不文でしょうからやはり無でありますな。公明党案の総合区にしても結局、経な訳ですな、統治機構ですから、それを立憲主義で目的を持ち廻す側の問題でありますよ。はてさて経の意味や中身を理解し悟らず、読経するだけで御利益がありまかね、ましてや踊り念仏とかね。特別区にして公選区長や区議を置こうが、総合区で地域の有力者を集めて区政会議+地域協議会だろうが、会議を廻すのは所詮、人です、経たる制度、つまり統治機構ではありません。仮に人にマネジメントの見識があったとしても、政治的に行政に向き合うのは容易くないのは賢い?官僚様が支配する現実の政治を見ていれば一目瞭然。なのになぜ総合区だとうまく行くのかさっぱりわからないですね。だって国政も地方議会も現状見ればねえ。それが総合区を導入すればあら不思議、現場の声を見事に管理部門に届けて明日からバラ色の支援がうけれる未来が始まりますってか。現実見ろよ、帝国憲法だろうが日本国憲法だろうが或は末期状態の今の社会制度だろうが制度にすがるのは、そういうのに依存してて甘えて来た温室育ちの過保護のみっともない腐敗した社畜な姿だろうとね。念仏を唱え救われるという、彼らが経を読んで理解し悟ろうとする正義を追求すするエロースな人間になる事は果たして出来るのか?

    この現状に堺市の竹山おさみ市長は別のアプローチを試され始めましたね。私もツイッターで市長に具申しました方法です。すなわち地域は人たる民の物だと言う事であります。大阪市は最後は家の中まで統治機構が必要なんでしょうかね?一家に一台、行政官僚さん。気がついたら賢い官僚さんに一家は家畜化なんて事が現実の世でおこってるかもw

    私の世界では政教は明確に分離しておらず、重層的にある訳でありますが
    なかなか公明党さんは生臭いですね。火宅に対してどうしたいのでしょうかね、大衆迎合なら、明王や菩薩の役割を放棄したおかしな話ですよね、宗教としても導くのは仏であり、人の道としてもね、政治でも原則、直接民主制はとってないでしょう。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  5. docholiday より

     もう一回、住民投票って何をかんがえているのでしょう。維新は、スカですが、公明党も酷い。地域、国の為の政治家はいないのだろうか。すべて、私利私欲、党利党略ばかりである。
     本当に、大阪から日本が終わっていくことになります。公明党しっかりしろよ。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  6. 良識 より

    この筆者、藤井恥こそ、大阪市がなくなると自分の金がなくなり(理由は筆者が自分で一昨年前に暴露済)、大阪を停滞させる悪人の一人なのは市民は気づいている。
    住民投票後のダブル選挙で都構想再チャレンジを公約に掲げた二人が反対を謳った二人を大差で圧勝。藤井恥がなぜここまで今焦っているか、、次住民投票されたら100%賛成になるからである。
    もう大阪市民は騙されません。
    筆者のような悪魔、老害邦夫、ふにゃぎもと、ピーマン、赤いふく着た妖怪、瓦礫詐欺師竹山、悪魔に魂売買田中から自治を取り戻しますよ。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  7. はっちゃん より

    今回公明党が住民投票に賛成することについて、大変残念に思います。5.17のときはかなり苦しい理屈ながらも一応の理屈は通っていたとも思えますが、今回の記事が指摘するところに対する反論はおそらくできないと思います。公明党の市会議員の皆さんは「大阪都構想」が市民に及ぼす影響について十分ご承知だと思います。本来市会議員は大阪市民のために働くもののはずですが、公明党の場合そうはなっていないというのが実態なのでしょうか?仮に創価学会員のための議員だという認識をお持ちであるとしても、大阪市民であり、学会員の方もたくさんおられると思います。その中に「大阪都構想に賛成すべし」という意見の方が仮にたくさんおられたとしても「その意見を尊重する」あまり、マイナスだと分かっていることをやってしまって本当に良いのでしょうか?市会議員は一般の人よりも当然市政のことについて圧倒的に詳しいと思います。何が「まとも」なのかは百も承知なはずです。弁も達者です。ならば、支持母体の組織を説得し、支持者を説得することが本当の仕事なのではないのでしょうか?今回賛成する理由として、理屈では「総合区構想と引き換えに」となるのかもしれません。(それが全く理屈が通っていないのですが。)しかし本当は維新などから圧力を受けた党の中央からとか支持母体からの政治的圧力が原因なのではないのでしょうか?公明党の中央の方々はもちろん、支持母体の方々も政治的権力を持っているという意味では政治に対して責任のある方々だと思います。もっとも、元をたどれば維新などに力を与えている人たちに問題があるとは思います。しかし、政治的責任のある方々にはこういった勢力に屈しないように願いたいところです。ところで、今は5.17から時間も経っていますので冷静な議論が出来るかもしれません。また、次にあのような事が起こる可能性があります。今こそ5.17についての考察が広く行われると良いのではないかと思います。私も単なる市民の立場から、A4紙5枚程度のものを作ってみました。もう少し推敲をしてからですが、とりあえず近親者から読んでもらおうと思っています。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  8. kazu より

    この再度都構想は民意で再挑戦されたものをこの人は知らないのかね?2015年の11月に大阪知事、市長のW選挙で維新は「再度都構想させてくれ!」と公約で民意を得たもの。それには前回の住民投票で反対派の対案が大阪会議と呼ばれる知事と府議会、市長と市議会で話し合いで解決させよう!と対案があったが話し合いは決裂し反対派の対案はなんの効果も無かった経緯から維新は再度都構想を2015年のW選挙で訴えて勝ったのです。
    藤井氏は都合の悪いことは一切語らないようですね。どういった経緯で再度都構想をしようとするのか。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  9. […] (3)堺市では「住民投票なし」で「都構想」が実現できる イギリスのブレグジットの例を引き合いに出すまでも無く,一旦「直接住民投票」の結果が出れば,賛否を問わずその結果を粛々と受け入れるのが「直接投票の基本マナー」.したがって,多くの国民は都構想は「終わったもの」と考えていたのですが───誠に不条理な「政治家達の政局的な思惑」の帰結として,来年秋に再び,住民投票が実現する見通しとなってしまいました. (詳しくはコチラ → https://38news.jp/politics/10040) […]

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【上島嘉郎】拉致被害者をなぜ救出できない─日本のジレンマ

  2. 2

    2

    【三橋貴明】日本国を亡ぼす情報の間違い

  3. 3

    3

    【藤井聡】「消費増税解散」を考える。

  4. 4

    4

    【三橋貴明】インドの高速鉄道起工式と長崎新幹線

  5. 5

    5

    【青木泰樹】実質賃金が低迷する理由

  6. 6

    6

    【三橋貴明】歴史に思いをはせる

  7. 7

    7

    【藤井聡】「高圧経済」が日本を救う

  8. 8

    8

    【小浜逸郎】政治の本質とは何か――山尾議員疑惑に寄せて

  9. 9

    9

    【三橋貴明】グローバリズムの罠

  10. 10

    10

    【三橋貴明】北朝鮮核保有容認論の危険性

MORE

累計ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】大阪都構想:知っていてほしい7つの事実

  2. 2

    2

    【藤井聡】「公明党・大阪市議団が日本を破壊する」というリスク...

  3. 3

    3

    【藤井聡】「橋下入閣」は、日本に巨大被害をもたらします。

  4. 4

    4

    【三橋貴明】人間の屑たち

  5. 5

    5

    【藤井聡】「橋下大臣」による、憲法改正での「都構想の悪夢の再...

最新記事

  1. 政治

    【上島嘉郎】基地反対のためなら違法性は阻却されるのか

  2. 政治

    【島倉原】「早期解散」で既成事実化される? 緊縮財政、...

  3. 政治

    【佐藤健志】前衛の最大の危機とは

  4. 日本経済

    【藤井聡】「消費増税解散」を考える。

  5. 日本経済

    【三橋貴明】グローバリズムの罠

  6. アジア

    【三橋貴明】北朝鮮核保有容認論の危険性

  7. コラム

    【浅野久美】遠い志

  8. アジア

    【三橋貴明】インドの高速鉄道起工式と長崎新幹線

  9. 政治

    【小浜逸郎】政治の本質とは何か――山尾議員疑惑に寄せて

  10. 政治

    【佐藤健志】前衛意識と自己絶対化

MORE

タグクラウド