日本経済

2018年6月3日

【三橋貴明】ソフトウェア

From 三橋貴明

【近況】

以前、仕事で使っているレッツノートCF-SZ6が
ブルースクリーンの強制再起動を頻発させるようになり、
「珍しくピンチです」
と、書きましたが、最近は収まりました。

困ったことに、なぜ強制再起動が起きなくなったのか、
なぜ治ったのか、さっぱり分かりません。
特に、何をしたわけでもないのですが。

それはともかく、三橋のCF-SZ6は
市販されているノートパソコンの中では、
スペックが最強です。

購入から二年近く経過しましたが、
未だに本機を越えるスペックの製品は出ていません。

もっとも、どれだけハードウェアが優秀でも、
ソフトウェアが低レベルでは意味がないのです。

あるいは、ソフトウェアが原因で
ブルースクリーンの強制再起動が頻発するのでは、
低品質な安物PCにすら劣るでしょう。

今の「日本人」あるいは「日本国家」が、
似たような状況にあるように思えます。

OECD調査の16歳から65歳の
「読み書き能力ランキング」で、OECD首位。

数学的思考力でも首位。

日本の中卒の読解力が、
アメリカやドイツの高卒を上回るという現実。
(以上、「OECD 国際成人力調査」による)

日本国民が「平均的」に優れているのは間違いありません。

とはいえ、優秀なハードウェアとしての日本人に、
劣悪なソフトウェアとしての「情報」が
インプットされているのでは、
これは亡国を免れません。

財政問題はもちろんですが、
歴史認識の問題、様々な社会問題。

真実は「データ」「エビデンス」を見れば
誰にでも明らかになるにも関わらず、
誤った情報を集中的に浴び、
適切な判断ができなくなっている。

もしくは、思考停止的に間違った知識に固執する。

情報が間違っているため、
いつまでたっても解決しない。

データやエビデンスをもとに、
正しい情報を与えられると、
認知的不協和に陥り、むしろ反発する。

日本国民に蔓延した間違った情報を修正するのは、
容易ではありません。
三橋のレッツノートのように、
「いつの間にか治ってしまった」
などということは起こりえないのです。

問題を認識している国民、
それぞれが繰り返し、繰り返し、
正しい情報を語り、
少しずつ、少しずつ進むしかないのです。


6月16日(土) 三橋経済塾第七期、
第六回対面講義の申込受付開始しました。
http://members7.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?page_id=8
ゲスト講師は、本塾初登場! 河添(かわそえ)恵子先生(ノンフィクション作家)です。


月刊WiLL (ウィル) 2018 7月号 に、
連載「反撃の経済学 権威主義の勃興という現実」が掲載されました。
https://amzn.to/2J4KItm


「月刊リベラルタイム 201807月号 」に
「「財務官僚」の出世の道具と化した「消費増税」」を寄稿しました。
https://amzn.to/2srsXKh


週刊実話 連載「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」
第273「米朝首脳会談は開催されない」
なお、週刊実話の連載は、以下で(二週遅れで)お読み頂くことが可能です。
http://wjn.jp/article/category/4/


メルマガ 週刊三橋貴明 Vol471 経済学による亡国
http://www.mag2.com/m/P0007991.html
日本政府が推進する緊縮財政と移民受入は、
資本主義国として間違っており、経済成長を阻害するものの、
「経済学」としては正しいという不思議なお話です。


メディア出演
5月30日(水) チャンネル桜「Front Japan 桜」に出演しました。
Front Japan 桜】衰退途上国化を阻止せよ / 戦争と民族の悲劇が凝縮された親日国ポーランド (他)[H30/5/30]
https://youtu.be/Cq0JgaSnUS0

http://www.nicovideo.jp/watch/so33287451


三橋経済塾
5月19日(土) 三橋経済塾第七期、第五回対面講義を開催しました。
http://members7.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=2465
ゲスト講師は青木泰樹先生(京都大学レジリエンス実践ユニット・特任教授)でした。
インターネット受講の皆さま、お待たせいたしました。

6月16日(土) 三橋経済塾第七期、第六回対面講義の申込受付開始しました。http://members7.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?page_id=8
ゲスト講師は、本塾初登場! 河添(かわそえ)恵子先生(ノンフィクション作家)です。


チャンネルAJER
『米朝首脳会談は行われない①』三橋貴明 AJER2018.5.29
https://youtu.be/CVXG-PjHMD0   

関連記事

日本経済

【上島嘉郎】「慢心した坊ちゃん」の時代

日本経済

【上島嘉郎】「非現実的な理想主義」がもたらす混乱

日本経済

【三橋貴明】治水の後れは国家の怠慢

日本経済

【藤井聡】ゼロリスクを求める愚 〜豊洲「水銀」騒動に見るリスク心理学〜

日本経済

【三橋貴明】「いわゆる国の借金」のプロパガンダを潰す

【三橋貴明】ソフトウェアへの2件のコメント

  1. ぬこ より

    いつの間にか治った。ワロス。
    確かに、PCって、理屈じゃない所で、治ったり壊れたりするんですよね。
    あれだけ調べても、機械相性とか、サーバールームの湿度とかあったするんですよね。
    もう二度と、あんな仕事したくないですね(笑)

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

      1. コメントに返信する

        メールアドレスが公開されることはありません。
        * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】終戦記念日に考える、「戦後レジームからの脱却」と「...

  2. 2

    2

    【三橋貴明】黄金の氏族の婿たち

  3. 3

    3

    【三橋貴明】安藤裕衆議院議員と対談しました

  4. 4

    4

    【三橋貴明】「国の借金」プロパガンダを打破せよ!

  5. 5

    5

    【三橋貴明】スウェーデン・ショック

  6. 6

    6

    【竹村公太郎】都市の下に住む大蛇 ―なぜ「決壊」と書くのか―

  7. 7

    7

    【三橋貴明】治水の後れは国家の怠慢

  8. 8

    8

    【三橋貴明】“人間の屑”がいるとするならば

  9. 9

    9

    【三橋貴明】消費税軽減税率の拡大を!

  10. 10

    10

    【藤井聡】「強靭化目標」は「プライマリーバランス制約」でなく...

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】防災に「国債」を発行しない政治家は、馬鹿の誹りを免...

  2. 2

    2

    【藤井聡】吉川洋東京大学名誉教授が『詭弁』を弄して、『防災を...

  3. 3

    3

    【藤井聡】政府は「異常気象緊急対策」を速やかに推進せよ。

  4. 4

    4

    【三橋貴明】“人間の屑”がいるとするならば

  5. 5

    5

    【藤井聡】政府の「東京一極集中」対策、未だ成果まったく見られ...

MORE

最新記事

  1. 政治

    【三橋貴明】民主主義の国民であるならば。

  2. 日本経済

    【三橋貴明】粒子加速器、なるか産業ビッグバン

  3. 欧州

    【三橋貴明】スウェーデン・ショック

  4. 日本経済

    【三橋貴明】治水の後れは国家の怠慢

  5. 日本経済

    未分類

    【藤井聡】終戦記念日に考える、「戦後レジームからの脱却...

  6. 日本経済

    【三橋貴明】「国の借金」プロパガンダを打破せよ!

  7. 政治

    【三橋貴明】安藤裕衆議院議員と対談しました

  8. アジア

    【三橋貴明】黄金の氏族の婿たち

  9. 日本経済

    【竹村公太郎】都市の下に住む大蛇 ―なぜ「決壊」と書く...

  10. 日本経済

    【三橋貴明】消費税軽減税率の拡大を!

MORE

タグクラウド