日本経済

2018年5月28日

【三橋貴明】平和ボケという思考停止から脱却しよう

From 三橋貴明

【今週のNewsピックアップ】
東レが赤字を目指すそうで
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12378520629.html
27年連続「世界一のお金持ち国家」の意味
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12379057215.html

例えば、
「企業が赤字になっている国!!!!」
と、聞くと、いかなる印象を
覚えますでしょうか。

企業が赤字になっているなんて、
何てダメな国だ(笑)
と思いませんか。

とはいえ、企業が赤字になっている
とは、反対側で誰かが黒字に
なっていなければなりません。

誰かの黒字は、誰かの赤字です。

この「物理法則」からは、
誰も逃れられません。

企業が赤字になっている、
あるいは黒字が少ない場合、
普通は「消費者が黒字になっている」
ことを意味します。

それはまあ、企業が赤字になる
ほど競争が激しく、「いい品質」の
モノやサービスを「安い価格」で
売らざるを得ないということは、
必然的に消費者が得をしているわけです。

もちろん、消費者=生産者です。

価格競争があまりにも過酷で、
企業が損をしまくる国では、
生産者の所得が上がりません。

生産者=消費者でございますので、
生産者にひたすら損を押し付ける国は、
結局は消費者も損をする
ことになります。

何しろ、生産者と消費者は
同一人物なのです。

生産者と消費者は、同一人物。

よくよく考えてみれば、
当たり前の話なのですが、
この基本を理解していない
国民や政治家が
途轍もなく多いわけです。

政府が消費や投資として支出をすれば、
誰か別の国民の所得になります。

すると、所得を得た国民は
自らの需要を満たすために
モノやサービスを購入する。

すると、そのモノやサービスを
生産した国民の所得になります。

国民経済はつながっている。

それにも関わらず、現在の日本では
誰もが「カネ。カネ。カネ」になり、
あるいは東京大学の鈴木教授の言う通り、
「今だけ金だけ自分だけ」
になってしまっている。

どれだけ巨額のおカネがあろうとも、
モノやサービスが生産されなければ、
我々は飢えて死ぬしかないのです。

おカネは現金紙幣だろうが、
銀行預金というデジタルデータ
であろうが、食べられません。

どれだけおカネがあったところで、
モノやサービスを生産する力がなければ、
結局は国民が苦しみ、
国家に対する暴動が相次ぎ、
国家滅亡に追い込まれるのです。

我が国は、世界最強の伝統たる皇統を
保持しながら、平和ボケという
思考停止に陥った連中が国家否定、
皇統否定、日本否定の
言論活動を続けています。

日本は世界屈指の
自然災害大国なのです。

自然災害大国において、
「国家」なしに、我々はいかにして
次なる災害を生き延びれば
いいというのですか。

できるはずがないでしょ!

もっとも、日本国民の多くは
「平和ボケという思考停止」
に陥っており、非常事態について
想像することすら拒否している有様です。

とはいえ、大変残念なことに、
非常事態は、それがいかなる形を
とるかは不明ですが、必ず訪れます。

いざ、非常事態が訪れたとき、
その試練を潜り抜け、
生き延びられる日本人は、
いったいいかなるパラメータを
所持しているのでしょうか。

パラメータの一つは、間違いなく
「事前に非常事態を想定した」
になると思います。

目隠しをしたまま交差点の前に
立つのは怖いですが、
目隠しを外せば、少なくとも
「自分が何をするべきか」が理解でき、
恐怖を払拭できるはずなのです。

関連記事

日本経済

【藤井聡】注意報:「財政規律」を巡る攻防でいま、「デマ」が横行しています

日本経済

【三橋貴明】問題は経済

日本経済

【三橋貴明】ギリシャと日本は違うのです

日本経済

【三橋貴明】水を売った日本政府

日本経済

【上島嘉郎】能天気なデラシネ

【三橋貴明】平和ボケという思考停止から脱却しようへの1件のコメント

  1. ぬこ より

    日本の皇統を否定したいのは日本人だけでも無いのかと。

    竹中のボスのゴールドマンのオーナーで国際金融資本の雄こと、某なんとかチャイルド家(笑)の方が、イスラエルのアミシャーブと一緒に消えた十氏族の痕跡を求めて、日本に調査に来てますよね。

    この問題、色んな所で色んな人が言及されてますが(意外と欧米人も研究してますよね)、
    どうやら、中東から日本に来たのではなく、日本の方から行って帰ってきたみたいですけどね。
    73代の竹之内宿禰の竹内睦泰さんとか竹内文書を解説なさってるみたいですよ。

    三種の神器も狙ってるみたいですけど。
    第三神殿建設に必要なんでしょうかね?

    どうも彼等って怪しいですよね。
    中韓使って日本サゲを繰り返してる連中は。
    SWCが中国や創価と一緒に南京虐殺を擁護する様な発言してましたよね。
    反日上海閥も彼等と中が宜しいですよね。

    小泉改革とか事業仕分けとかアベノミクスなどの所謂日本喰い路線にも彼等は口を出してますよね。
    日本のデフレ不況とともに、日本の銀行や大企業を買収してきた精力もそうした連中ですよね。
    果たして、単純なビジネスだけが目的なんでしょうか?

    彼等の事を批判すると、直ぐに陰謀論者レッテル貼る連中が保守界隈に多いですが、
    そうした連中って、リフレ派やTPP賛成派が多いですよね。

    移民推進も経済原理だけでもなく、欧米のNWO思想の影響もありそうですよね。

    ま、こっちもレッテル貼ってますが。。。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】吉川洋氏の「地震に備えて消費増税を」論を完全撃破し...

  2. 2

    2

    【三橋貴明】思想の対立

  3. 3

    3

    【小浜逸郎】令和元年6月10日経済罪政諮問会議議事録

  4. 4

    4

    【角谷快彦】ドラッグ・ラグで岐路に立つ国民皆保険制度(前編)

  5. 5

    5

    【三橋貴明】ピボット(軸)のモーメント

  6. 6

    6

    【三橋貴明】MMTと政府の選択と集中

  7. 7

    7

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

  8. 8

    8

    【室伏謙一】「増税の前にやるべきことがある」、「身を切る改革...

  9. 9

    9

    【藤井聡】近い将来、リーマンショック級の危機が「絶対」起こる

  10. 10

    10

    【藤井聡】元内閣官房参与として、「令和日本・再生計画」を出版...

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】近い将来、リーマンショック級の危機が「絶対」起こる

  2. 2

    2

    【藤井聡】<号外速報>「内需冷え込み」による輸入急落が無けれ...

  3. 3

    3

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

  4. 4

    4

    【藤井聡】吉川洋氏の「地震に備えて消費増税を」論を完全撃破し...

  5. 5

    5

    【藤井聡】「財政悪化」を導く消費増税が生み出すのは、「害のみ...

MORE

最新記事

  1. 政治

    日本経済

    【藤井聡】元内閣官房参与として、「令和日本・再生計画」...

  2. 日本経済

    【角谷快彦】ドラッグ・ラグで岐路に立つ国民皆保険制度(...

  3. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】ピボット(軸)のモーメント

  4. 日本経済

    【三橋貴明】思想の対立

  5. 日本経済

    【小浜逸郎】令和元年6月10日経済罪政諮問会議議事録

  6. 日本経済

    【藤井聡】吉川洋氏の「地震に備えて消費増税を」論を完全...

  7. 日本経済

    【室伏謙一】「増税の前にやるべきことがある」、「身を切...

  8. 日本経済

    【三橋貴明】MMTと政府の選択と集中

  9. 日本経済

    【三橋貴明】財政民主主義派 対 非・財政民主主義派

  10. 未分類

    【竹村公太郎】不思議な日本共同体(その2)流域封建から...

MORE

タグクラウド