日本経済

2018年2月7日

【三橋貴明】政府は緊縮財政で邪魔するな

From 三橋貴明@ブログ

NY株式市場のダウ工業株
30種平均が大幅続落。

前週末比1175・21ドル安の
2万4345・75ドルで取引を終えました。

一日の株価の下げ幅としては、
リーマン・ショックを受け世界的に
景気が悪化した2008年9月29日の
777ドルを抜き、過去最大となりました。

これで、本日の日本の
円高と株安も必至でしょう。

さて、田村秀男先生が、日曜経済講座で、
実に真っ当な「脱デフレ論」を
展開されているので、ご紹介。

田村先生の言説がジャーナリズム、経済評論の
主流になれば、我が国のデフレ脱却や
最強国化は近づくでしょうが、
現実には少数派です。

と言いますか、極少数派ございます。

『賃上げ主導の「脱デフレ」 政府は緊縮財政で邪魔するな
http://www.sankei.com/premium/news/180128/prm1801280017-n1.html

安倍晋三首相は今月22日に衆参両院本会議で
行った施政方針演説で、賃上げ主導による
脱デフレに意気込んだ。

経団連と連合も3%賃上げに前向きなので
機運は上々だが、ちょっと待てよ。

20年間も日本経済に取りついてきた
デフレ病を、賃上げ頼みで克服できるのだろうか。

日本の慢性デフレの期間は1930年代の
大恐慌時代の米国をはるかに上回る
歴史上未曽有の経済事象で、米欧流の
経済学教科書では説明できない。

特徴は緩慢な物価低落傾向の中で
賃金がしばしば物価以上の幅で下がることだ。(中略)

日本では物価下落を上回る速度で賃金が下がる
「賃金デフレ」に陥りがちだ。

今は物価がわずかずつ上がる傾向にあるが、
賃上げ率がインフレ率を下回る限りデフレ圧力が加わり、
需要が押し下げられる。

総需要を左右する政府・日銀の財政・金融政策が、
賃上げ以上に脱デフレの鍵を握るはずだ。(後略)』

本ブログで何十回も書いていますが、
デフレの問題は「物価の下落」ではありません。

物価の下落を上回るペースで賃金が落ちていく、
実質賃金の低下こそが問題なのです。

すなわち、国民の貧困化です。

現在は、田村先生も書いていらっしゃるように、
物価は多少のプラス(対前年比+0.x%)
となっていますが、賃金の上昇が追い付かず、
実質賃金が低迷し続けている状況に変わりはありません。

実質賃金の上昇をもたらすには、

(1) 生産性の向上
(2) 労働分配率の上昇

の二つが必須ですが、そのためには
現在の日本で唯一、負債増大を気にせずに
支出を拡大できる存在、すなわち
「政府」の財政拡大が必要なのです。

とはいえ、現実には緊縮財政路線の継続。

これでは、企業は人手不足を「リスク」を伴う
生産性向上のための投資で補おうとはしませんし、
労働分配率の引き下げにも動けません。

円安で多少、輸出企業の収益が増えたところで、
内部留保に現預金が積みあがるだけに
終わります(実際に、そうなっています)。

また、これまた田村先生が指摘していますが、
過度な「円安」への依存も危険です。

何しろ、為替レートの変動は、
日本の外部要因であり、我が国が主導して
維持することは現実的に不可能です。

『(引用)円安は外部要因によって左右されがちだ。
日銀の黒田東彦総裁は大規模な金融緩和と
マイナス金利政策の堅持を強調して、
円高阻止に努めているが、トランプ政権要人の
「ドル安容認」が伝わった途端、外国為替市場で
円が大量に買われる始末だ。

円高による収益源を恐れる企業は
賃上げに慎重になりかねない。』

実際、昨日のNY株価大暴落を受け、
本日は確実に円高に向かうでしょう。

他国の情勢で為替レートが大きく
変動してしまう以上、企業経営者は、

「円安で日本円建ての収益が増えた。
ならば、労働分配率を引き上げ、給与を上げよう」

とはなりません。多少、円安になったところで、
将来的な円高に備え、やはり「内部留保」として
現預金が積みあがるだけです。

結局、過去五年間の安倍政権の経済政策は、
金融政策や円安により「実質賃金上昇」を
目指すと同時に、反対側で緊縮財政を継続。

実質賃金を引き下げる政策を
並行して行ってきたのです。

結果的に、日本銀行が340兆円もの
マネタリーベースを拡大したにも関わらず、
デフレ脱却は果たせませんでした。

まさに、田村先生が書いている通り、

『(引用)民間給与がつくり出す需要増を
奪い取ってきたのは政府のほうである。』

が真実なのです。

もっとも、政府が緊縮財政路線を継続するのは、
毎年6月に閣議決定する「骨太の方針」において、
PB黒字化目標を掲げているためです。

いくら現実が安倍政権の緊縮路線の
間違いを証明したところで、骨太の方針に
PB黒字化目標が載ってしまうのでは、
19年の消費増税は確実に行われ、
社会保障支出が増える分、他の予算が
削られる「お小遣い帳」路線は続くでしょう。

18年6月の骨太の方針閣議決定に際し、
PB黒字化目標を破棄できるか否か。

全ては、ここにかかっていると言えます。

関連記事

日本経済

【三橋貴明】おカネとは何なのか?

日本経済

【三橋貴明】イタリアの「国の借金」問題

日本経済

【三橋貴明】またもや「デフレ型」経済成長

日本経済

【三橋貴明】実質消費の四年連続減少が意味するもの

日本経済

【三橋貴明】トリニティに支配された安倍政権

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【小浜逸郎】技術文明との向き合い方

  2. 2

    2

    【三橋貴明】民主主義国「日本」最悪の問題

  3. 3

    3

    【三橋貴明】おカネとは何なのか?

  4. 4

    4

    【竹村公太郎】西部邁先生の教え

  5. 5

    5

    【三橋貴明】またもや「デフレ型」経済成長

  6. 6

    6

    【三橋貴明】イタリアの「国の借金」問題

  7. 7

    7

    【藤井聡】危機と対峙する保守思想誌、『表現者クライテリオン』...

  8. 8

    8

    【三橋貴明】実質消費の四年連続減少が意味するもの

  9. 9

    9

    【三橋貴明】移民問題の「国民 対 国民」

  10. 10

    10

    【三橋貴明】言葉を正す

MORE

累計ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】大阪都構想:知っていてほしい7つの事実

  2. 2

    2

    【藤井聡】「公明党・大阪市議団が日本を破壊する」というリスク...

  3. 3

    3

    【藤井聡】「橋下入閣」は、日本に巨大被害をもたらします。

  4. 4

    4

    【藤井聡】「日本が再び、被爆国となる」という、今そこに在る危...

  5. 5

    5

    【三橋貴明】人間の屑たち

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】人手不足のリスクとチャンス(前編)

  2. 日本経済

    【三橋貴明】実質消費の四年連続減少が意味するもの

  3. 欧州

    【三橋貴明】イタリアの「国の借金」問題

  4. 日本経済

    【三橋貴明】民主主義国「日本」最悪の問題

  5. 日本経済

    【三橋貴明】おカネとは何なのか?

  6. 欧州

    【三橋貴明】移民問題の「国民 対 国民」

  7. 日本経済

    【三橋貴明】またもや「デフレ型」経済成長

  8. コラム

    【小浜逸郎】技術文明との向き合い方

  9. 日本経済

    【三橋貴明】日本国の縮図

  10. 日本経済

    【三橋貴明】リニア新幹線と文房具、あるいはカローラ

MORE

タグクラウド