日本経済

2018年2月8日

【三橋貴明】世界屈指の「豪雪国」

From 三橋貴明@ブログ

久々に山梨県立リニア見学センターに赴き、
リニアに乗ってきました。

もっとも、リニア新幹線ではなく
センターのミニリニアですが、
磁気浮上走行していることに変わりはありません。

当日は運が良く、実験線で走行実験が
行われてきましたので、本物の
超電導リニア新幹線の映像を撮ることもできました。

速すぎて何が何だか分からないかも知れませんが。

【リニア新幹線走行実験】
https://youtu.be/357dPKXtE0U

さて、関東は見事な冬晴れですが、
北陸は大雪で大変な事態になっています。

『1500台が立ち往生 福井の国道
https://mainichi.jp/articles/20180207/k00/00m/040/083000c

日本列島は6日、上空の強い寒気の影響で
日本海側で大雪となった。

福井市では午後2時、平年の6倍を超える
積雪の深さ136センチを記録。

同市内では雪に埋まった乗用車の中で
男性(52)が死亡。

福井県北部の国道8号では
坂井市丸岡町一本田-あわら市熊坂の
約10キロ区間で約1500台が立ち往生し、
7日未明になっても解消の見通しはたっていない。

県は陸上自衛隊に災害派遣を要請した。

気象庁によると、大雪は8日にかけて
続く見込みで、日本海側を中心に引き続き
交通障害や雪崩などへの厳重な警戒を呼びかけている。』

実は、我が国は震災大国であり、
台風や豪雨で水害、土砂災害が多発し、
火山が噴火する自然災害大国でございますが、
同時に世界屈指の「豪雪国」でもあるのです。

人口十万人以上の世界の都市の
年間降雪量を比較すると7位が秋田市、
3位が富山市、2位が札幌市、1位が青森市と、
世界ベスト10に四市がランクインします。

カナダのバンクーバーやロシアのモスクワなどは、
確かに日本よりも寒いのですが、
豪雪に見舞われるわけではありません。

日本で雪が多いのは、国土が細長い弓型で、
真ん中に脊梁山脈が走っており、北方からの
湿気を含んだ空気が流れ込むためです。

脊梁山脈にぶつかった湿気を含む空気が、
日本海側に豪雪をもたらすのです。

百万人都市では、カナダのモントリオールが
年平均2メートルを超す積雪ですが、
札幌は何と6メートル超!

人口80万人を超す新潟市が2.5メートル。

日本政府は、豪雪災害が起きる
可能性がある地域について、
「豪雪地帯」と「特別豪雪地帯」に指定していますが、
日本全体の50%前後が豪雪地帯に該当します。

居住人口は約2千万人。

日本総人口の20%弱の方々が
豪雪地帯に住んでいるわけですが、
「人口がそれほど多くないから、別にいいのでは」
という話にはなりません。

何しろ、日本の「豪雪災害が起きにくい地域」
すなわち太平洋ベルト地帯は、
首都直下型地震や南海トラフ巨大地震
という脅威が迫っているのです。

国家全体の防災安全保障を考えるならば、
日本は早期に羽越新幹線等のインフラを整備し、
日本海に「第二国土軸」を構築。

人口をむしろ、豪雪地帯側に
移さなければならないのです。

それにしても、改めて日本は
本当に「自然災害大国」です。

「だから、ダメなんだ~っ!」

と、嘆くのではなく、

「ならば、どうするべきなのか?」

を、国民一人一人が考えなければなりません。

自然災害大国とは確かに厳しい国土ですが、
同時に「国民が互いに助け合う」という意味の
ナショナリズムを醸成しやすい。

あるいは、政府が国民の防災を真剣に考えたとき、
「需要が尽きることがない」といった面もあるわけです。

日本は今、自然災害大国という
厳しい国土環境を「活かして」経済成長し、
繁栄する道を模索するべきだと思うのです。

関連記事

日本経済

【三橋貴明】カタルーニャ独立運動とナショナリズム

日本経済

【施光恒】民進党が支持されなかった理由

【三橋貴明】世界屈指の「豪雪国」への1件のコメント

  1. たかゆき より

    デフレ ツラ

    そうでなくても
    総理の お顔が デフレ ツラ
    総理の 回りの 黒服
    耳にイヤホンの 仏頂面

    あいつら 今までに 笑顔に
    ならせられたこと あるのかしら。。

    それにしても 総理の ご面相
    実質賃金と どっこい どっこい
    悪化の一途でございますね。。。 

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【小浜逸郎】技術文明との向き合い方

  2. 2

    2

    【三橋貴明】民主主義国「日本」最悪の問題

  3. 3

    3

    【三橋貴明】おカネとは何なのか?

  4. 4

    4

    【竹村公太郎】西部邁先生の教え

  5. 5

    5

    【三橋貴明】またもや「デフレ型」経済成長

  6. 6

    6

    【三橋貴明】イタリアの「国の借金」問題

  7. 7

    7

    【藤井聡】危機と対峙する保守思想誌、『表現者クライテリオン』...

  8. 8

    8

    【三橋貴明】実質消費の四年連続減少が意味するもの

  9. 9

    9

    【三橋貴明】移民問題の「国民 対 国民」

  10. 10

    10

    【三橋貴明】言葉を正す

MORE

累計ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】大阪都構想:知っていてほしい7つの事実

  2. 2

    2

    【藤井聡】「公明党・大阪市議団が日本を破壊する」というリスク...

  3. 3

    3

    【藤井聡】「橋下入閣」は、日本に巨大被害をもたらします。

  4. 4

    4

    【藤井聡】「日本が再び、被爆国となる」という、今そこに在る危...

  5. 5

    5

    【三橋貴明】人間の屑たち

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】人手不足のリスクとチャンス(前編)

  2. 日本経済

    【三橋貴明】実質消費の四年連続減少が意味するもの

  3. 欧州

    【三橋貴明】イタリアの「国の借金」問題

  4. 日本経済

    【三橋貴明】民主主義国「日本」最悪の問題

  5. 日本経済

    【三橋貴明】おカネとは何なのか?

  6. 欧州

    【三橋貴明】移民問題の「国民 対 国民」

  7. 日本経済

    【三橋貴明】またもや「デフレ型」経済成長

  8. コラム

    【小浜逸郎】技術文明との向き合い方

  9. 日本経済

    【三橋貴明】日本国の縮図

  10. 日本経済

    【三橋貴明】リニア新幹線と文房具、あるいはカローラ

MORE

タグクラウド