日本経済

2016年8月23日

【藤井聡】「投機」から「投資」への転換を促す「構造政策」を

FROM 藤井聡@京都大学大学院教授、内閣官房参与

———————————————

【PR】

【特別プレゼンテーション公開中】

『BREXIT…英国EU離脱の真実
200年の時を経て、産業革命の悲劇が再び・・・』

マスコミが報じない英国EU離脱の真実をあなたにお伝えします。

https://youtu.be/R7b_scOxcds

———————————————

日本経済の安定的成長にとって、デフレ完全脱却を目指した徹底的財政政策が必要不可欠であると同時に、「格差の是正」のための「構造政策」(structural policy)は極めて重要である──これが先週、お話しした内容でした。
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2016/08/16/fujii-209/

今週はそれに加えて、日本経済の安定的成長をもたらすさらなる「構造政策」についてお話をしたいと思います。

経済成長とは、(需要サイドから見れば)消費と投資の拡大、を意味します。要するに、日本経済内部で使われる「オカネ」が増えていくこと、それが経済成長の本質です。

そうやってオカネが使われれば、それが必ず誰かの所得になり、その所得の増分がさらなる消費と投資を促し、それを通してますます経済が循環的に成長していくことになる、という次第です。

しかし、同じオカネの使い方でも、直接的にはほとんど誰の所得増にもならないオカネの使い方、というものがあります。

それが、「投機」です。

これは、「ギャンブル」の様に、金融商品を買い、その値段の増減を見ながら売りのタイミングを見計らって、お金を儲けようとする行為。

この「投機」は、どれだけ拡大していっても、そのおカネはだれかの所得に「直接」は結びつきません(直接所得になるのは、せいぜいその「手数料」程度です)。

無論、株価があがって、それを通して所得が上がる、というメカニズムは存在しますが、そのマネーが「投機」である以上、早晩「売り」に出され、株価は低下するリスクが常に付きまとうことになります。

というよりもむしろ、「バブル崩壊」「リーマンショック」を経験した我々は、そうした投機マネーが過剰に増えれば、その内「破局」が訪れ、巨大な経済被害、国民所得の凋落をもたらす帰結に結びつくことを知っているはずです。

つまり、投機は「一定程度なら経済活力の一翼を担うもの」、として許容されるものではあるのですが、必ずしも公益を大きく増進させるものとはなりえず、しかもそれが「過剰」となり「支配的」になれば、実体経済に巨大被害をもたらす、厄介なもの、でもあるのです。

そうした点を考えれば、政府が安定的経済成長を目指すのなら過剰な「投機」を抑制する一方、「長期投資」を促す対策を展開していくことが必要だ、という帰結が必然的に得られることになります。

それでは、「過剰な投機」を抑制して「長期投資」を促すためには、何が必要なのでしょうか───?

この点において、最大の処方箋はやはり、「デフレ脱却」です。

デフレが脱却すれば、将来の企業収益や株価の安定的上昇が期待されることになりますから、投資家たちは安心して長期的な投資を進めることになるからです。

一方でデフレ状況下では、投資をしても損をするリスクが高いと皆が懸念する以上、投資はなかなか進みません。ただし「投機」の場合には、実に様々な金融商品が存在しますから、株価等が上がろうが下がろうが、その金融商品の値段が「変動」してさえいれば、適切に売り買いしていけば儲けられます。だから、デフレ脱却を果たさずとも投機は継続されるのです。

というよりむしろ、デフレ化では投「資」先がなかなか見当たらず、おカネがあらゆるところでだぶつきいてきますから、投「機」に回されるマネーがどんどん増えていくことになります。

だからこそ、安定的成長のために、「投機から投資へと転換」を果たさんとするなら、逆説的にも「デフレ完全脱却」をいち早く成し遂げることが何よりも求められているのです。

ただし──デフレ状況下でも、投機から投資への転換を促す「構造政策」はいくつも存在します。

第一に、今日の過剰ともいえる投資行為を抑制していく対策を図ることは必須条件です。今、株式市場では株式売買を一秒間に何千回も行うようなコンピュータアルゴリズムを用いて、利益を着実に上げる投機行為が横行しています。

こうした株式売買は超高速取引(High Speed Trade: HST)と呼ばれており、これが今日の東証の取引全体の6〜7割程度を占めると言われています。いうまでもなく、こうした状況では、株式市場が過剰に乱高下するのも当たり前です。

ただしこうしたHSTが株式市場の混乱をもたらすという認識が世界的にも共有されつつあり、欧米では既に規制の対象とする議論が始められています。わが国においてもようやく、その規制の議論が始められています。投機から投資への転換において、このHST規制は、必須条件と言えるでしょう。
http://www.j-cast.com/2016/05/22267344.html

第二に、株式会社が長期株主保有者を、短期株主保有者よりも「優遇」するという仕組みを奨励していくことが考えられます。実際、わが国日本では、すでに多くの株式会社が、長期保有者優遇制度を導入しています。
http://kabukabu-kenkyu21.com/archives/7318

この流れをさらに加速していくには、「配当金」それ自身を、株式の保有年数に応じて増やしていく、という仕組みを奨励することが必要です。こうした仕組みは、未だ限定的にしか採用されていませんが、そういう企業を「政府」が「奨励」したり「優遇」していく取り組みは、今後重要と考えられます。

第三に、政府が長期株主保有者を直接優遇していく方途として、先週の記事で論じた金融所得課税(キャピタルゲイン課税とインカムゲイン課税)において「長期保有者」ほど税率を下げ、「短期保有者」ほど税率を上げるという税制を導入する方法を考えられます。

http://www.mitsuhashitakaaki.net/2016/08/16/fujii-209/

先週の記事では、こうした税制は「格差是正」の効果を持つという点を指摘しましたが、上記の税制を導入すれば、「投機抑制・投資促進」制度としても機能するのだ、という次第です。

実際、米国では今日においてすら、1年未満の株式保有者に対しては43.4%もの、日本の倍以上の税率のキャピタルゲイン課税を課している一方、1年以上保有者には、その半分程度の23.8%の税率に過ぎない、という制度となっています。我が国でもまず、米国のこの制度に習った制度を検討するというところから始めるのは得策ではないかと思います(この制度導入にあたっては、マイナンバーが活用できるかもしれません)。

第四に、主たる投資家である企業において、企業が得た「収入」のできるだけ多くの部分を株主に「配当」していくのではなく、「投資」に回していく事を奨励する取り組みも重要です。より多くの「長期投資」を行った企業を(例えば、法人税を引き下げる、公共調達において優先的に採用する、等を通して)優遇するという方法が考えられます。

第五に、その第四の傾向をさらに拡充していく上で重要なのが、株式企業の「四半期決算開示義務」についてして、必ずしも四半期決算を開示しなくてもよい、という制度に「規制緩和」していくということです。

そもそも、四半期決算開示を行い、「わが会社は、常に良い業績を納めていますよ」と常に株式市場にアピールし続けることを強制する今日の状況下では、各企業に企業業績(あるいはROE)を「よく見せる」プレッシャーがかかり、結果として投資が抑制されていくことになります。

さらにいうなら、各企業がそういう態度をとればとるほどに、機関投資家達は(ますます図に乗って)投資よりも短期的な「投機」をしていく行動が誘発されていくことにもなります。

そんな中、四半期決算開示義務を撤廃する「規制緩和」を図れば、各企業の長期的な投資が誘発されると同時に、機関投資家達の投機傾向も抑制されていくことになります。

・・・

以上、いかがでしょうか。

「投機から投資へ」の流れは、まさにデフレ下で進行した過去20年間の流れを正反対に展開させていく取り組みでもあり、一朝一夕に達成できるものではないのかもしれませんが、それがなければ、安定的な経済成長の達成が困難となります。

そうである以上、これまでの議論を踏まえながら、是々非々で、投機から投資への構造政策を多面的、包括的、かつ、具体的、個別的に展開していくことは極めて重要なのです。

P.S. 柔軟な発想でアベノミクスを考えてみたい方は、是非、コチラを。
https://goo.gl/QNEQkd

P.S.2 より長期的な視点から経済政策を考えてみたい方は是非、コチラを。
https://www.youtube.com/watch?v=8Qa3uUfeBaQ

ーーー発行者よりーーー

【PR】

【特別プレゼンテーション公開中】

『BREXIT…英国EU離脱の真実
200年の時を経て、産業革命の悲劇が再び・・・』

マスコミが報じない英国EU離脱の真実をあなたにお伝えします。

https://youtu.be/R7b_scOxcds

関連記事

日本経済

【青木泰樹】限界が見えてきた量的緩和

日本経済

【青木泰樹】マイナス金利で得する人、損する人

日本経済

【島倉原】マイナス金利政策の弊害

日本経済

【三橋貴明】日本のデフレ脱却議論の論点

日本経済

【青木泰樹】ヘリマネとリフレ派

【藤井聡】「投機」から「投資」への転換を促す「構造政策」をへの28件のコメント

  1. メイ より

     投機、という言葉を誤解して捉えている方がいらっしゃるかもしれないけれど、難しいですものね?私も「投機」に縁が無いので、細かくは判っていないと思いますから・・。 それはともかく・・日本が豊かになって欲しいと、こちらの先生方はじめ多くの方々が願う事と思いますが、大切なのはきっと「どのようにして豊かになるのか」という手段や、「幸せなお金持ちになるか、不幸なお金持ちになるのか」というような事を懸念されていらっしゃるように思えます。 某番組で、シンガポールについてこんな話題が出ておりました。 シンガポールは、今やアジア最強と言える位の「お金持ち国家」だそうで、平均所得でみると世界第3位。 貧しかったシンガポールがなぜそうなったかというと、超弱肉強食で、税制も「キャピタルゲイン非課税」など、お金持ちに徹底的に有利なため、世界からお金持ちが大勢集まって来る。お金儲けの為なら何をしても良い。例えばカジノで(安倍総理も見学に行かれたそうですが)、どんどんギャンブルをさせて利益を得る。だから、国は繁栄、するのだそうです。 といってもこれでは真の繁栄とは言えず、一般庶民は食い物にされるという事だと思うのです。 税だけでは無く、お金持ちが暮らしやすいような「社会の仕組み」を作っており、労働者は使い捨ての「物」のように扱われる、と。外国人メイドをたくさん入れているが、定期的に妊娠検査を行い、妊娠が発覚したら強制送還されるとか。生まれてしまったら人道上、国籍を与えたり責任が生じるのでそれを避けるため。働かせるだけ働かせて利用して、保障がかかる前にどんどん帰してしまう。メイドさん以外の労働者も。 完全な人種差別、人権の侵害という格差社会を作っている、という内容でした。私は彼の国の全てを存じ上げてはおりませんし、良い所もたくさんあるのでしょうね。 しかし、このような種類の「お金持ち」は、「お金持ち」というより「人でなし」ですね。 見かけ上、繁栄したとしてもそれは、欲と悪徳に満ちた地獄の様な場所になってしまいますね。 人様を犠牲にする形で豊かになっても、真に豊かではないし、セレブみたいなお顔をしても、心はみすぼらしくなるばかりで、正体は全くセレブではない・・。 日本がこういう国になるのは嫌なんです。 しかし、安倍政権が、といいますか催眠術にかかったような「日本」が、このような方向を目指している事はほぼ、はっきりしていると感じます。こういう事はおやめ頂きたいですし、「日本らしい本当の豊かさ」とは何なのか、改めて考える事が大切なように思います。 

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. クレヨン より

    国家と国民の関係は、親と子の関係に似ている。外形的に親に見える者が親なのではなく、自分が親だと主張する者が親なのでもない。親として相応しい行いをする者が本当の親なのだと思う。子育てに於いて、過保護、過干渉は良くないが、その不足も同じく良くない。甘やかし過ぎてはいけないが、厳し過ぎてもいけない。また、到らないことが多くても、おおらかに受け止めて、のんびり見守ることも大事。そう思います。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. 學天測 より

    >心優しい親切と言う言葉は、数十年後の學天測さんへ向けた言葉ですよ。だから何様ナンダヨ君はwちょっとばかし会話しても、明らかにでたらめいってるし、基礎的な勉強もしてないだろうし考えてない受け売りなのもよくわかるし、そんな君が他者を上から目線か?私は君の様な嘘つきは信用しない。そうやって、あるゆる面で口先で適当な事を言って相手を舐め腐っているのが解るからね。あらゆる面で君にそれがどうであるか裁き判断する能力など明らかにない。そうだというなら事実はどうして決まるのか?知ってるはずだし、君のあらゆる主張はなぜ正しいと言えるのか?その根拠を僅か数文字で明確に示せるはずだ。それが出来ない君は絶対君主気取りで他者を見下してそうやって朕は法なりといって主観を押し付けてるだけ。アメリカがどうこう言う前に君こそ君が批判する対象そのものだね。「汝、己を知れと言う他はない」

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  4. 學天測 より

    訂正火は熱いけど、火が熱くないという嘘をつく人間は火の上で焼いてみるべきだ。ともかく、全て話す前提としていちいち嘘をでっちあげるのはやめましょうね。君の様な嘘つきは事実と言う火で実際焼かれるだけだね。それが人類の知恵。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  5. 學天測 より

    ルールを作っている奴らが獰猛だって?こりゃ凄まじい嘘つきだな。お前はルールと言うのもが何かを知らないのに知っているという嘘をついている。ルールはあくまで争いを治める調停の手段だ。その手段として機能してたから歴史的に実績がある現実だ。だから目の前に現実として憲法がある。そして憲法を建てている近代国家が先進国として世界に君臨している。それが自由主義陣営だ。目の前の現実を無視して、そこにのっかりながらそれを否定する。飛行機に乗ってる人間が便益を受けながら飛行機を機内からでたらめだと否定する。こんな嘘つきはサイコパスとしか言うほかはない。私はね口だけの人間は嫌いだ。立法者を蔑み憲法を批判するような奴はその様なルールが無い無人島でも行けばいいと言っている。そこは君が批判する事もない楽園なのだろう。まあ無人島は無理だから北朝鮮辺りがいいのではないのかね?さあ、偉そうにいうならとっとと行けばいい。自己の主張を実行できない者など世の中では失笑買うだけだね。まあ、赤信号に飛びこんで見るべきだろうルールを作る人間は獰猛だと言うんだからそうすべきだろう。火は熱くないけど、火が熱くないという嘘をつく人間は火の上で焼いてみるべきだ。君の問題は言ってる内容ではなく平気で嘘をついて相手を尊重せず舐め腐っている処、そんな獣が主張する事に意味はない。議論はあくまで真実真理の追究の道具。一方的に相手を非難したり否定する場ではない。相手を理解し相互を調停する作業が立法だ。君こそ他者との調停の手段を否定し、相手の権利を踏みにじる獰猛な存在なのだから君が最初に羅列し偏見に満ちたファンタジーは君の大好きな空想世界の事だろう。アメリカが国内を犠牲にしている結果で世界大戦が起きてないのは事実だろう。悪い面ばかりを見て勝手に事実をでっちあげるのはやめてくださいね。嘘つきさん。。多分サイコだろうけど。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  6. たろう より

    追加心優しい親切と言う言葉は、数十年後の學天測さんへ向けた言葉ですよ。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  7. たろう より

    自立した精神に満ちたアメリカ人の内、どうして明日も飯が食えない貧困層が六分の一もいるのでしょう?憲法がどんなに人権を保障してると言っても、現に獰猛な連中が作ったルールに影響を受けてるからでしょう。日本人も例外なく影響を受けます。悪意を言うのなら ルールを作ってる獰猛な連中にこそありますね。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  8. 學天測 より

    失礼>獣として共同体の成員としては認められる存在ではないだろうね。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  9. 學天測 より

    まあ、君が真赤な嘘で何を言おうが近代憲法は人権擁護が目的。その法を根拠に有るべき社会を論じている私を否定する。君らは嘘つきだろう。少なくとも我々の社会で最低限の共有すべき真実は憲法に基づく常識だろう。近代憲法が人道主義ではないというのかね。その憲法にはやりたくでもできない弱者は保護しろ書いてあるが、挑戦すなわち自由になる事からから逃げる怠け者を優遇しろとは書いてない、23条を見ろ、学問の自由は何故あるのか?サラリーマンや公務員と言った雇われ人で終わる為か?より自由な高みを目指すのが憲法の要求する事であり、13条の幸福追求であり、12条ではその為に不断の努力をするのが人間の責務として成文化されている。最低限の常識に反する、そんな権利の濫用者を放置しては公共の福祉がなりたたない。能力ある物がしかるべき待遇を受けると言う価値観が無ければ国土すら自ら守れないし、もはや主権の放棄だ。それは、すなわち他者の壮絶な人権侵害に繋がると言っているのだがな。憲法の前にそれを否定するような物は嘘つきの獣として共同体の成員としては認められる孫z内ではないだろうね。法に反する嘘つきの君こそその様な君は糾弾する連中だろう。自分のこと以外はどうでもいいから平気で迷惑も考えず相手に嘘をつく。嘘は相手に対する裏切りでその裏切りでユダは2000年呪われている。人類としての良心があるなら罪の重さを考えるんだな。嘘つきさんは。そうしないなら君は22条2項に従い日本から出ていくべき人間だと思うよ。公務員ならまず憲法を守ると成約したはずだから契約違反だから当然やめてね。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  10. 學天測 より

    まあ、私は君の様な平気嘘をつく人間をサイコパス=知的障害者臭いのと割り切っているがね、しかし酷いね相手が言ってもいないような事をそうやってつらつら書いて相手を糾弾する、その奥底に潜む悪辣さというか陰湿さは誰の眼にも明らかだよ。君は知的障害だから多分、他者は気づかないとでも思ってるのだろう。私は人道主義者だよ。弱者保護は徹底すべしと、そういってるだろう。何処をどう読んだらそうなるのか?君の言うようなそういう真面目に頑張る人や弱者を食い物にする怠け者は国内の中間層だろうと君の言うような連中だろうと許さず戦えと言ってるだけだ。話ならんね。相手を軽んじて舐め腐っている嘘つきさんは。まあ、言っても恥も感じないのだろう。リアルでは君の様なサイコパス臭いのは最も警戒せねばらないないのはたしかだが。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  11. 學天測 より

    君ね。私の言ってる事を藁人形論法で返すのはやめなさい。相手が言ってもない言った風に言うのは嘘だ。そういう人を舐め腐った嘘つきが優しいとは私は思わないね。その出鱈目な返答は君は私がしている議論そのものに興味があるわけではないだろう。只私が気に入らないだけ、そしてそうやって私を軽んじて差別して蔑んでいる。そういうのが優しい?君は何が優しいか己の無知を問い詰めるべきだね。それは主語を追加すれば自分にとっては優しいと言う事なんだろう、相手にとっては酷く、それこそ君が君の言うそいつらと同じ種類の優しくない人間と言う事だろうね。相手を対等に見て真摯に議論をしないでそうやって嘘と言う暴力でねじ伏せようとする。まさに君こそがその批判する連中そのものではないかね?

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  12. たろう より

    日本がメタンハイドレード採掘を本格的にやり出せば、アメリカのメジャーは黙っていないでしょう。日本を悪者にでっち上げ日本中の都市は火の海になるかもしれません、小保方さんのスタップ細胞のようなものが成功すれば、アメリカの製薬会社は全力で阻止するでしょう。結局そういった野蛮な奴らが世界のルールを作っていて 絶望的な怠け者の愚鈍な男より経済的生産性から考えても邪魔な奴らなんです。その醜い奴らに盲目的に従えと言うのなら、人類の終わりでしょう。現に今のアメリカの人口の六分の一はその日の飯にありつけない貧困層。それは自由競争と移民受け入れという美しい言葉の犠牲者でしかありません。その貧困層な人達は生きていくために兵士となり金融エリート達の死ぬまで金儲けの道具です。それでもこの世界を肯定するのなら、数十年後の日本は若い日本人女性が千円ほどの値段で外国人相手に売春をし、それに心を痛める日本人男は皆無、皆目先の飯で頭の中がいっぱいといった非常に殺伐とした世の中になってるでしょう。今ある日本の愚民の心優しい親切などに期待してはいけませんね。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  13. 學天測 より

    怠惰である事を公言し正当化する輩はやはり近代社会の最低限の常識を有してはいないです。私の見立ては正しいですね。立憲主義はこういうのから政治家や役人が選ばれる時代だからこそ大事だ。皇室や武家や公家という古き良き時代は終わった。日本の憲法は封建秩序を縛るのがメインではなく、この愚鈍で下種な民から選ばれる愚か者の権力者を縛る為にある。故に1代限りでさえ貴族制が認められないのはおかしいし、そのおかしさは皇室と言う存在で明らかだ。日本の大衆は己を律するという自治が成立してないんですね。拝金主義の経済を否定し、立憲主義の下、下種で矮小な小市民を蔑むような貴族階級がやはり必要でしょう。どう考えても矮小な小市民の価値観は常識に反する価値観でしょう。それは憲法が示してくれる。それに対してやっかみなどという本当に終わっている。自己の私利私欲追求を幸福としたら公共の福祉など成り立つわけもない。自分優先の野蛮な殴り合いの世であり、野蛮な世に繁栄も未来もないですな。文明はやはり知的な物ですよ。憲法12条この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。憲法22条何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する何人も、外国に移住し、又は国籍を離脱する自由を侵されない。価値観が合わないなら22条2項で自分で野蛮人は出ていきなさいと言う事ですね(笑)何で居座るのだか?

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  14. 學天測 より

    個人戦をやってる訳じゃない創造性の無いスーパーエリートは組織を組んで天才を優遇し、君らの様な所有を努力とか言って正当化する凡人集団を力で負かして食い物にする。日本だって大部分の歴史は皇室や公家や武家など支配者たちはそういった弱肉強食が当然だと理解して来たし、近代に国民が統治者となれば理解せねばらない。たまたま極東で地勢的についていたから庶民はその様な安穏とした文句だけ言ってればいい無責任体質で済んだのだ。その様な戦場にいる人たちが奴隷?今の日本国民の堕落した現実を直視していってる意見とは思えないですね。奴隷とは戦場に行けない連中の事を言う。それが国民皆兵の常識だ。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  15. 拓三 より

    『価値』とは自ら創りだすものである。『カネ』は先人が作り出した価値の証である。つまりカネを中心で考える人は後付けの論理構造でしか物事を判断出来ません。財務省の様な法学出身者が典型です。政治家も多いな。もっと困ったことに、そういう連中が改革だ、イノベーションだ、と無責任な妄想をドヤ顏で撒き散らしています。中身を見るとほとんどが、鳥かごの中での権力争いです。夢も希望もありません。この様な連中を改心させるのは不可能ですし、また己の考えを押し付けるのも同じ穴の狢であり傲慢でもあります。ならば藤井氏の様にミクロ的作戦で結果を出し、その積み重ねで方向修正するのが戦略的には私は正しいのではと思う今日この頃であります。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  16. 日本晴れ より

    藤井先生の主張に同意します。投機というのが活発になっても国民の所得や設備投資にあまり関係ないです。それに投機というのは短期的な上下が激しいですから、短期的に得する損するとい動きが激しいと将来計画も難しいです。それに4四半期事に決算発表するというのも、これも中長期的な投資の妨げですね昔はせいぜい中間決算と年度末の決算だけでしたよね。4半期決算って何の意味があるのかよく分からないし、4半期事に決算見直すというのも中長期的な投資計画の後押しになると思います

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  17. たろう より

    アメリカの金融エリートや石油メジャーがやってることは、隣接するA国B国のマスコミを買収しお互いの憎悪を焚き付け、戦争をさせ武器を輸出し金を貸し、そして負けた国に債権者として乗り込んでその国の利権と富の全てを奪う。世界を支配するスーパーエリート達に創造性があるとは到底思えませんね、あるのは獰猛な金銭欲と支配欲でしょう。彼らはそれを満たすためには多くの無辜の人間が犠牲になってもいいという思想の持主です。でそういう絶望的に獰猛な奴らが日本に対して規制緩和と、外国移民の推進を促してる訳ですから(自分たちの利権んは米軍を動かしてでも守るが、富を奪おうとしてる相手国の利権と規制を撤廃させるダブルスタンダード)、日本人の中で規制緩和により日本の中間層をぶっ壊そうとしてる人達は彼らの片棒を担いでるとしか思えません。人間の9割以上が安定を求め激しい変化を望まないない怠け者でしょう。変われという人はそういった人間の本能も無視してますね、むしろ必死に変化してる人間こそ あの獰猛な奴らの奴隷ですね。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  18. 學天測 より

    無論これは先に私にレスをつけたというか喧嘩を売った方にもいってます。シュウィマー さんですね。あなたの下らない893レベルのいいがかりにきっちりレスをしておきましたから、できるなら反論してください。わたしはやっかみではなく事実を述べているだけです。やっかみならシュウィマーさんみたいに短文で感情だけ書き連ねればいいんです。犬がきゃんきゃん喚くようにね。わざわざ長文書いている意味ないでしょう。暴論だけでまともに議論もできない教養も見識もないのに自らの事でしょうかね?中間層を優遇しろなんてそれこそ、かなり要求がナンセンスでしょうw貴方が中間層なら自分で下手に優遇すべきではないと先のレスで事実証明してるようなものだwまあ、この様な身の程知らずな勘違いした馬鹿が普通に蔓延する日本は手遅れ気味ですが最後のチャンスでしょう。マイホームとかそういう小市民の矮小で私的な夢を正義と取るか?歴史から正義を取るか?ポーランドはやはり歴史を取ったから、国が滅びても後に復活した。歴史から来る公共の精神が堕落しては其れも望めない。私ははっきりと事実を言います。この国は一度は滅びるでしょう。なぜなら私が言ってる事はまあ、多分イエスの言った事でもあるでしょうし、いわゆる歴史的な常識です。その歴史的な結果には向かう馬鹿に未来など有る訳ないでしょう。過去の経験を踏まえない学習しない馬鹿ですからね。まあイスラエルやポーランドは復活しましたが、ちょっと現実世界を舐め腐りすぎている日本は危ういのではないでしょうかね?財産も含め国土まで所有はそれを守る力があるから認めれる物で、別に日本列島は絶対的に日本人の物でもない。守るべき力の根幹は組織であり、組織を纏める根幹はやはり歴史から公共の価値観だ。特定の誰かを無理に優遇してマイホームでは纏まりませんね。はっきりいって、シュウィマー さんの様にマイホーム信仰で人類的な歴史的常識をやっかみといい裁くのは終わってるでしょうw

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  19. 學天測 より

    それは知りませんが、産業の実力の結果である中間層を政府が無理に支えるつづける事はやはり投機でしょう。バブル崩壊後それをやり続けたあげく、その損失を非正規雇用などに押し付けた訳でそれも限界でしょう。それをまたやろうなんて正気の沙汰ではない。自分らの浅はかで馬鹿な考えよりも歴史からなぜ中間層は生まれたのか知るべきですよ。その国の中間層を良くしたければ新規産業の創出など産業の活性化や中間層自体が受け身になるのではなく、自分らの実力で所属する組織を盛り上げ、その適正な分配を得るべきですね。馬鹿な中間層を維持する為にコストをかけ、国や社会から挑戦する意欲や活力が失われてきた、挑戦者をやっかみ卑下する腐った幼稚極まりない価値観が蔓延する。この四半世紀は本当に後の子孫から見れば迷惑で恥ずべき犯罪行為でしょう。歴史から見て、その様な実力に見合わない情けない連中を必要以上に優遇する事は過去の先人の血のにじむような歴史さえ愚弄していますね。潔く、底辺に落ちるべきですよ。というかもうそうしないと無理でしょう。はっきりいって、実力もないのに社会の中心に居座って社会に毒をまき散らす事は人間として恥ずかしいという言葉を連中に教えるべきでしょう。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  20. コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  21. 學天測 より

    訂正 莫大なローンで中身を見ず買う行為、この辺、橋下さんが都構想で言ってましたよね。車を買うのに中身なんか気にしますかってね。都構想も同じだって、それこそ投機でしょう。投機は別に普通にあるだけですよ。こういう事を言うなら庶民のでたらめなマイホーム投機や教育投機も規制されるべきだ。形だけの身分制度や階級をつける為だけのカースト制度の為の教育なんてどれだけ莫大な損失を齎している事か?バブル崩壊後の体たらくを見ればわかるでしょう。だから国連UNICEFにカーストのあるインドともに身分差別のある国に日本は指定されるんですよ。真面目にやりましょうよ。国家運営なんですよ。間違えたら死んでしまうんですよ。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  22. 學天測 より

    訂正。極めて浅はかこんな感情的な浅はかな事をしているからやはり人類には未来はない。他の惑星から異星人が堂々と来ない事を考えると人を乗せて恒星外に出るようなテクノロジーを恐らく、宇宙に普通にあるであろう先行文明も持ちえないと言う事。私は事実だけを見ている。だから、台湾、フィリピンを襲ったスーパー台風についても警告しているが、誰も耳を貸さない。人類滅亡もスーパー台風被害もそれ以前の水害や地震も皆来てから騒ぐ。何故、真実と向き合おうとしないのか、本当にバカの壁を超えられない連中は愚かだ。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  23. 學天測 より

    ほうら、犯人探しが始まった。こういう議論の建て方は極めた浅はかであり、差別的とも言えますよ。藤井先生はさすがにもっと自重すべきだ。多くの庶民がしている資産価値の無い住宅を莫大なローンで中身を買う行為、学歴をつける為だけの形骸化した教育、etc。そういった物に比べればこんな投機は目立つだけで矮小な物だ。投機は気づいていないだけで日常のあちらこちらで普通に行われており、その罪の重さを計るなら、その辺の一般人の方が重いでしょう。しっててやってる連中より知らない方でやってる圧倒的多数の連中のほうが莫大な損失を生み出すだけだ。まるでそれ以外は綺麗な人間みたいな議論を展開するのか?それが藤井先生の限界だと言うなら貴方もまたバカの壁を超えられないと言う事ですね。それでは神の恩寵はえられないでしょう。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  24. robin より

    過剰な投機により今日金持ち明日貧乏みたいに生活環境の浮沈が激しい状況で長期的な投資計画が立てられるのか疑問だ、賭博化した投機ゲームとはスリルや一喜一憂したり浮遊感や熱狂、酩酊感のような興奮があるのかな、賭博で金を使うのも個人の自由で身持ちを崩した人は自己責任と放置すると社会的に犯罪が増えそうで規制の対象にするべきと思うが。子供の時から金と多様な物を交換するのに慣れると何も大事なモノが無くなる、価値あるモノがなくなって金そのものに至上の価値を見出すのか。多様な選択肢から自ら選んでいるように見えるが実際は与えられた限られた選択肢の中から選ばされておりこれに慣れると無責任な金の使い方しか出来なくなるのか。金とモノの交換以前に金と金を交換する行為自体に効率的に興奮するのが洗練化された株主至上資本主義社会?の申し子だろうか。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  25. 學天測 より

    政府をマネージですね。訂正です。すみません。国家運営で最初に手を付けるのは歴史、文化、そしてそれを伝える教育、その総元締めは皇室。そしてその次にくるのが経済。後回しにしてはいけません。そして帰結としての憲法とその理解。マネージャーたる国民に常識の理解。それなくば、いくらアベノミクス三本の矢とかで目先だけ無理矢理、経済を廻しても無駄ですよ。この辺、ゾウリムシでも普通にやっていると思います。ありんこでも観察してればやってるでしょう。日本人は多分、生物としての常識が無いんです。つまり地上から消えると言う事です。残念ですが・・・。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  26. 學天測 より

    自らのバランスシートを整える事の大事さが理解できない、庶民にとって今や最大の投機はマイホームでしょう。庶民は株なんかやりませんからね。宝くじで大金が当たった人でかえって、散財し、貧乏になるケースは後を絶ちません。だから金持ちから、金をとっても豊かにはなりませんよ、所得が増えてもです。だからその様なアイデアは一見グッドアイデアに見えますが、錯覚です。奴隷が奴隷であるのは自ら奴隷である事を選択するからで、その奴隷の鎖は思考停止でしょう。事は経済学などと言う下らない空論ではなく、それ以前の常識の問題です。企業だけでなく、家計、国家もフローの支出によって、有形、無形の優良なストック=道具を蓄積して、それを活用して戦略的優位に立ち更なるフローの収入を拡大して剰余をえて、更なる投資をしていくのは常識であり、その様な前提のない者が経済学など語っても、そんなもの怪しげな呪術以下でしょう。例えば信長の鉄砲隊は有形のストックですし、自由民主主義は無形のストックだ。公共事業といったインフラやAIといった技術もだ。教育もね、無形のストックだけど、解ってない奴らばかりだから学歴主義で、ストックの無い負債を積み上げる事になる、いくら金持ちから金をとっても教育をしても、結果、経済学者に代表される常識の無い馬鹿を量産する。無論、鉄砲は上杉謙信の策略の前に無敵ではなかったし、自由民主主義はファシズムを生む、それぞれリスクも抱えているが、それを操る側の人間たる常識、道理の問題だと散々いっとります。25年前くらい前にね、はあ。この国も国民も企業に比べて、その辺の常識が無いのでしょう。だから企業ばかりに富が蓄積する。簿記会計をきちんと子供の頃から教えてないのもその一因でしょうと、もう。この辺、大陸から常に革新的かつイノベーティブな物を他力で手に入れて来た日本人にはない常識なのかもしれません。だから織田信長が非常識に見えるのでしょう。彼は極めて常識的ですよ。非常識なのは多くのマイホームと言う投機を主体性もなき思考停止でやるを多くの日本人でしょう。はやくAI技術が確立されたこの馬鹿どもを何とかできるといいですね。AIは優良なストックにしたいです。まあ、政府をマーネージする国民に常識が無いのが不況の原因です。この辺、非常識の上に立つ経済学では永遠に解決できませんよ。常識の頂点は人道ですからね。だから私が小沢一郎先生や亀井静先生に書いたものでもそういった、大規模かつ中長期の組織改編となる規制緩和や改革を含んだ自治体や政治家改革の前に常識=歴史=憲法が大事だと書いておった訳ですね。アベノミクスも経済分野だけではなく全体的に私の書いた者と同じでしょうから同じ様な発想でしょう。出所が同じ歴史だから、同じでしょう。問題は安倍総理がそれを理解、運用する常識=道理があるかと言う事です。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  27. たかゆき より

    このくにの 構造 ♪政府も財界もマスメディアも、、、アメリカが 右をむけば右向け 右!!自分の頭で 考えること しませんね。。。米政府が アレ といえば ウィ米財界が トウキ といえば デフレ米メディアが トランプ といえば ババと 条件反射この世では自分の頭を使わなくてよい 奴隷ほど 気楽な 境遇は ないのだ♪

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  28. 神奈川県skatou より

    HST規制、長期株主保有者への配当金優遇、税制優遇、素晴らしすぎます。常日頃なんとなく「へんだなぁ」と思っていたこと、投機が投資より影響力をふるって株価を決め、通貨を決め、投資益_[limit]

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】スラムに消えた情けない男の話

  2. 2

    2

    【三橋貴明】続 財務省が日本を滅ぼす

  3. 3

    3

    【三橋貴明】財務省主権国家

  4. 4

    4

    【島倉原】インドブームに思うこと

  5. 5

    5

    【佐藤健志】若者が政治に求めているのは「結果」だ

  6. 6

    6

    【上島嘉郎】〈朝日新聞、死ね〉はただの暴言か

  7. 7

    7

    【藤井聡】「日本が再び、被爆国となる」という、今そこに在る危...

  8. 8

    8

    【浅野久美】君のいない場所

  9. 9

    9

    【三橋貴明】共犯者育成プロパガンダ

  10. 10

    10

    【三橋貴明】三橋貴明の「人手不足解消合宿」

MORE

累計ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】大阪都構想:知っていてほしい7つの事実

  2. 2

    2

    【藤井聡】「公明党・大阪市議団が日本を破壊する」というリスク...

  3. 3

    3

    【藤井聡】「橋下入閣」は、日本に巨大被害をもたらします。

  4. 4

    4

    【藤井聡】「日本が再び、被爆国となる」という、今そこに在る危...

  5. 5

    5

    【三橋貴明】人間の屑たち

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】人手不足は利益拡大の絶好のチャンスだ!

  2. 日本経済

    【三橋貴明】三橋貴明の「人手不足解消合宿」

  3. コラム

    【浅野久美】君のいない場所

  4. メディア

    【上島嘉郎】〈朝日新聞、死ね〉はただの暴言か

  5. 日本経済

    【島倉原】インドブームに思うこと

  6. 政治

    【佐藤健志】若者が政治に求めているのは「結果」だ

  7. 政治

    【藤井聡】スラムに消えた情けない男の話

  8. 日本経済

    【三橋貴明】共犯者育成プロパガンダ

  9. 日本経済

    【三橋貴明】財務省主権国家

  10. 日本経済

    【青木泰樹】単位労働コストの見方

MORE

タグクラウド