日本経済

2016年1月7日

【三橋貴明】竹中平蔵氏がトリクルダウンを否定した真意

FROM 三橋貴明 http://keieikagakupub.com/38news/

———————————————

●2016の世界と日本はどうなる?

2015年、世界はまさに激動の年となった。中東問題はフランス・パリでの同時多発テロやトルコ軍機によるロシア軍機撃墜にまで至った。また、南沙諸島では中国による人口島の埋め立てに対し、アメリカが自由航行権を主張すべく、米軍機を飛行させた。ウクライナ問題は解決の糸口さえ見えない。さらには、シリア情勢を受け、EU諸国へ大量の難民が流入している。

こうした世界情勢の中、各国経済はこぞって低調。なかでも、これまで世界経済牽引の一翼を担っていたように見えた中国経済が、著しく失速している。2016年の世界はどうなるのか。そして、日本にはどのような影響があるのか。

三橋貴明が2016年の世界と日本を語る、、、

『月刊三橋』最新号はこちら
http://www.keieikagakupub.com/sp/CPK_38NEWS_C_D_1980/index_mag.php
※この音声を聞くには1/10(日)までにお申し込みください※

———————————————

チャンネル桜「桜プロジェクト」に出演しました。

【エネルギー危機】ペルシャ湾緊迫、反安保法制・反原発派の見解は?[桜H28/1/6]

【TPP】恩恵はいつから?政府とマスコミの印象操作は最早詐欺行為[桜H28/1/6] https://youtu.be/hXelB6zggRM
【明るい経済教室】中国経済失速、爆食消滅後の世界経済はどうなる?[桜H28/1/6] https://youtu.be/DkyK7C_3t58
【三橋貴明】超技術革命で世界最強となる日本!首都高速シールドトンネル工事編[桜H28/1/6] https://youtu.be/RVYOi6eqKQg

お待たせいたしました! 山手トンネルをこよなく愛する三橋貴明が、首都高速のシールドトンネルを取材して参りました。

さて、昨日の続きです。

昨日は、単にトリクルダウン仮説について解説しただけで、竹中氏の「真意」には踏み込みませんでした。そもそも、竹中平蔵氏はなぜ「トリクルダウンはあり得ない」と語ったのか。

安倍総理は、年頭の記者会見において、フジテレビの西垣記者の「選挙に向けてこの半年、国会が今日から開く中、どういった目標を掲げていかれるお考えでしょうか」という質問に対し、
「将来の老後に備えて、あるいは子育てのためにも使っていくことになるわけでありまして、これは正に成長と分配の好循環をつくっていくという新しい経済モデルを私たちは創っていく。その「挑戦」を行っていかなければいけないと思います」
と、答えました。

「分配」という言葉を総理が使ったのは、初めてのような気がいたします。(少なくとも、わたくしの記憶にはありません)

わたくしは昨年末に刊行した徳間書店「2016 年 中国・ユーロ同時破綻で瓦解する世界経済 勝ち抜ける日本 」において、
『安倍総理は2015年1月28日の参院本会議で、民主党の質問に答えるかたちで、
「安倍政権としてめざすのはトリクルダウンではなく、経済の好循環の実現だ」
と、トリクルダウンを否定した。

だが、実際に安倍政権が推進している政策は、消費税増税をはじめとする緊縮財政にせよ、法人税の実効税率引き下げにせよ、あるいは様々な構造改革にせよ、明らかに特定のグローバル投資家を利する政策ばかりだ。

グローバル投資家に傾注した政策を推進しつつ、トリクルダウンを否定したため、筆者はむしろ総理が国内の所得格差の拡大を歓迎しているかような印象を受けたものである。

すなわち、富裕層やグローバル投資家、大企業を優先する政策を打つ政権は、言い訳としてトリクルダウン理論を持ち出すのだ。法人税減税や消費増税、構造改革など、国内の所得格差を拡大する政策を繰り出しつつ、トリクルダウンすら否定するのでは、余計に問題ではないだろうか。
安倍総理が、そこまで理解した上で、トリクルダウンを否定したのかは不明だが。(P107〜)』

と、書きました。
朝まで生テレビでの様子を見た限り、竹中氏は別に、
「トリクルダウンはあり得ないんです。ごめんなさい」
というニュアンスで「トリクルダウンはあり得ない」と語ったわけではないわけです。

トリクルダウンなど起きえない。政府の政策で富が「滴り落ちる」のを待っている方が悪い、というニュアンスでトリクルダウンを否定したのでございます。すなわち、格差肯定論としてのトリクルダウンの否定なのです。

そもそも、トリクルダウン仮説は民主主義国家において、一部の富裕層や法人企業に傾注した政策をする際、有権者である国民に「言い訳」をするために編み出されたレトリックなのです。

「富裕層や大手企業を富ます政策をやるけど、いずれ富は国民の皆さんに滴り落ちるので、安心してね」
というわけでございます。

もっとも、トリクルダウンは別に民衆主義国の専売特許というわけではなく、中華人民共和国の_小平が改革開放を始める際に連呼した「先富論」も、まさにトリクルダウン仮説そのものでした。

つまりは、政治家がグローバリズム、新自由主義的な構造改革、緊縮財政を推進し、国民の多数を痛めつける際に「言い訳」として持ち出されるのがトリクルダウン仮説なのです。

竹中氏がトリクルダウンを否定したのは、構造改革を推進するに際し、国民に言い訳をする必要性を感じなくなったのか、あるいは言い訳するのが面倒くさくなったのかのいずれかでしょう。
「面倒くせえな。トリクルダウンなんてあるわけないだろ。政府の政策で、富める者はますます富み、貧しい者はますます貧困化し、それでいいんだよ。どうせ、負けた奴は自己責任なんだから」

と、一種の開き直りで「トリクルダウンはあり得ない」と竹中氏が発言したと確信しています。

とはいえ、総理が「分配」と言い出したということは、竹中氏はともかく「政治家」にとっては、「トリクルダウンすらない構造改革、富裕層・大企業優遇政策」は、有権者に説明がつかないということなのだと思います。

「竹中氏がトリクルダウンを否定した。へ〜え。つまり、あんた(国会議員)たちは富める者がさらに富み、貧困層はますます貧困化する政策を肯定するんだな?」
という突っ込みを受けるのは、安倍総理とはいえどもきついでしょう。

2016年は、政治の季節です。安倍政権の構造改革、緊縮財政路線を転換させるためにも、本日と昨日のトリクルダウン関連のエントリーにおける「レトリック」をご活用下さいませ。

2016年の世界と日本の動きを知りたい方はこちら
http://www.keieikagakupub.com/sp/CPK_38NEWS_C_D_1980/index_mag.php
※1/10(日)までにお申し込みください※

関連記事

日本経済

【三橋貴明】安倍政権の「外国人受け入れ拡充」に反対する

日本経済

【佐藤健志】プラカードには日本語を書くべし!

日本経済

【三橋貴明】日本の実質消費の減少はギネスブックに載るか?

日本経済

【藤井聡】「新・消費税法案」における2つの「絶対原則」〜増税前の「デフレ完全脱却」原則と,増税後の「均衡財政」原則〜

日本経済

【三橋貴明】TPPという主権喪失(中編)~平成の売国

【三橋貴明】竹中平蔵氏がトリクルダウンを否定した真意への1件のコメント

  1. メイ より

     竹中氏の手のひら返し、大変に驚愕です。 流石に、「今更、何を言ってるの?」という感じです。 長い間、主張されてきた事を、何の断りも無く真逆の発言をされる無責任さに、驚き呆れるばかりです。やはり全く信用ならない人物だと思います。しかし、彼の主張なんて、こんなに簡単に翻す事があるような内容なのだから、真面目に取り合う必要が無いという事がはっきりしたと思いますし、このような人を政権の中枢に置いている総理の能力にも疑問符が付きます。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】スラムに消えた情けない男の話

  2. 2

    2

    【三橋貴明】財務省主権国家

  3. 3

    3

    【三橋貴明】続 財務省が日本を滅ぼす

  4. 4

    4

    【島倉原】インドブームに思うこと

  5. 5

    5

    【三橋貴明】共犯者育成プロパガンダ

  6. 6

    6

    【佐藤健志】若者が政治に求めているのは「結果」だ

  7. 7

    7

    【藤井聡】「日本が再び、被爆国となる」という、今そこに在る危...

  8. 8

    8

    【上島嘉郎】〈朝日新聞、死ね〉はただの暴言か

  9. 9

    9

    【青木泰樹】単位労働コストの見方

  10. 10

    10

    【浅野久美】君のいない場所

MORE

累計ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】大阪都構想:知っていてほしい7つの事実

  2. 2

    2

    【藤井聡】「公明党・大阪市議団が日本を破壊する」というリスク...

  3. 3

    3

    【藤井聡】「橋下入閣」は、日本に巨大被害をもたらします。

  4. 4

    4

    【藤井聡】「日本が再び、被爆国となる」という、今そこに在る危...

  5. 5

    5

    【三橋貴明】人間の屑たち

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】三橋貴明の「人手不足解消合宿」

  2. コラム

    【浅野久美】君のいない場所

  3. メディア

    【上島嘉郎】〈朝日新聞、死ね〉はただの暴言か

  4. 日本経済

    【島倉原】インドブームに思うこと

  5. 政治

    【佐藤健志】若者が政治に求めているのは「結果」だ

  6. 政治

    【藤井聡】スラムに消えた情けない男の話

  7. 日本経済

    【三橋貴明】共犯者育成プロパガンダ

  8. 日本経済

    【三橋貴明】財務省主権国家

  9. 日本経済

    【青木泰樹】単位労働コストの見方

  10. 日本経済

    【三橋貴明】続 財務省が日本を滅ぼす

MORE

タグクラウド