コラム

2016年9月18日

[三橋実況中継] 途轍もないクライマックスシーン

From 三橋貴明

———————————————

【PR】

日本を第二の韓国にしたくないあなたへ…

月刊三橋最新号
「韓国の研究〜なぜ、日本は翻弄され続けるのか?」
http://www.keieikagakupub.com/sp/CPK_38NEWS_C_D_1980/index_mag.php

———————————————

【近況】

本日のメルマガは、なかなか高尚なテーマですが、そうではないと受け取る人も少なくないであろう、なかなか面倒な話。

唐突ですが、三橋が日本の子供たちへの英語の早期教育に反対する一番の理由は、グローバリズム云々もありますが、それ以上に早くから英語を学び始めたとしても「どうせ英語が上達しない」ためです。何しろ、日本には「日本語」を用いた「途轍もなく面白いコンテンツ」で溢れています。

というわけで、本日は物凄く深い「日本語のコンテンツ」の話になります。アニメに興味がない人は、読み飛ばしてください。

とにもかくにも、「日本語」という言語の特徴を圧倒的に利用し、視聴者に感動を与えるのは、日本のアニメーションです。三橋は(有名ですが)日本のアニメが大好きです。

三橋は記憶力が他の人よりも無いのですが(誤解している人が多いですが、本当にそうなのです)、それでもアニメーションで「心を打ち砕かれた瞬間」というのを幾つも経験し、しかもそれを覚えています。理解してはもらえないでしょうが、これは本当に凄いことなのです(三橋が覚えている時点で)。

以下、ネタバレありなので、ご注意ください。(ちなみに、この後の話題は、滅茶苦茶に濃いです。ほとんど分からないと思いますが、覚悟されませ)

ネタバレが嫌な人は、この先を読まないでください。

機動戦士ガンダムで、アムロがララアを(略)の瞬間。スレイヤーズNEXTで、リナがフィブリゾの前で「闇よりもなお暗きもの」と呪文を唱え始めた瞬間。コードギアスで、藤堂たちが「日本!万歳!」と叫ぶシーン。ユーフェミアの最期。同じくコードギアス(最終回)で、ルルーシュの前に「ゼロ」が現れる瞬間。おねがいマイメロディ(一期)の最終回で、奏(かなで)が歌い出す場面。その二話前、クルミヌイが歌たちを助ける、あのシーン。アナザーで、死者の正体が分かった瞬間。俺の妹がこんなに可愛いわけがない(2期)の14話で、桐乃が「はい」と返事をした一瞬、進撃の巨人の一期最終回近くで、アニーが笑い出すシーン。まどかマギカで、巴マミ が「ティロ・フィナーレ!」と叫んだ、あの場面。 とある科学の超電磁砲Sで、当麻が橋の上で美琴に「約束するよ」といった映像、そのあと美琴が「助けて」と呟く・・・、ひぐらしのなく頃に、で「黒幕」の正体が分かった瞬間。PSYCHO-PASSで常守のドミネーターが作動しなかった場面、シュタインズ・ゲートで、まゆりを助けると・・・・紅莉栖が・・・が分かった、あの一瞬。

書き連ねてみると、我ながら「オタク」だと思いますが、もちろん上記の「途轍もないクライマックスシーン」に至るまでは、様々な物語があるわけです。第一話から「途轍もないクライマックスシーン」まできちんとみることで、「途轍もないクライマックスシーン」が誇張でなく「途轍もない」感動を視聴者に与えるのです。

これほどまでに、凄まじい感動を人間に与えるコンテンツが、日本語で製作されているのです。ついでに書けば、日本語以外でこの感動を「人類」に与えることはできないでしょう。

改めて書きますが、日本人が英語を流暢に喋れるなど、専門的な教育を受けた人以外にはあり得ません。何しろ、我々は「日本語」という人類の至宝ともいえる言語を使いこなし、「途轍もないクライマックスシーン」を表現できるようになってしまったのです。

というわけで、日本の子供たちに早期から英語教育をするなど、時間の無駄もいいところです。誰もが夢中になる最高のコンテンツが「日本語」で、我が国には溢れているのです。日本の子供たちは「日本語のコンテンツ」に夢中になり、育ち、どうせ英語など巧くなりません。

現在の安倍政権が進める「英語の早期教育」は、どうせ無駄になるから、問題だと思うのです。
これほどまでに凄い日本語の最高のコンテンツが溢れている国で、子供たちが早くから英語を習ったところで、習熟するはずがないでしょ!

※本日のメルマガを批判したい人は、せめて上記に紹介した各アニメを第一話から視聴し、「途轍もないクライマックスシーン」を自ら感じてから批判して下さいませ。大人買いも、消費拡大ですよ。

◆経済界「あなたの常識を論破する経済学」販売開始になりました。
http://amzn.to/2c03LnZ

◆徳間書店「第4次産業革命: 日本が世界をリードする これから始まる仕事・社会・経済の大激変」販売開始になりました。
http://amzn.to/2bYxYz2

◆ 「政経電論」に連載「[三橋貴明が説く 今さら聞けない経済学]新たに計画された経済対策 事業規模28.1兆円の正体」が掲載されました。
http://seikeidenron.jp/mitsuhashi/20160912_column_mitsuhashi.html

◆週刊アサヒ芸能 連載 列島報告書第84回「日本は世界でも希少な「言語の統一」が実現されている国家である」
http://www.asagei.com/

◆週刊実話 連載「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」 第189回「なぜ日本はデフレ脱却できなかったのか?」
なお、週刊実話の連載は、以下で(二週遅れで)お読み頂くことが可能です。
http://wjn.jp/article/category/4/

◆有料メルマガ 週刊三橋貴明 Vol322 量的緩和と銀行準備制度
http://www.mag2.com/m/P0007991.html
多くの日本国民が勘違いしている気がしますが、日銀当座預金は民間に貸し出すことができません。

◆メディア出演

9月21日(水) 6時から文化放送「おはよう寺ちゃん活動中」に出演します。
http://www.joqr.co.jp/tera/

9月24日(土) チャンネル桜「日本よ、今…「闘論!倒論!討論!」 」に出演します。
http://www.ch-sakura.jp/programs/program-info.html?id=1587

◆三橋経済塾

9月17日(土)三橋経済塾第五期 第九回対面講義が開催されました。
http://members5.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=1682
ゲスト講師は柴山 桂太先生(京都大学准教授)
インターネット受講の方は、しばらくお待ちください。

ーーー発行者よりーーー

【PR】

日本を第二の韓国にしたくないあなたへ…

月刊三橋最新号
「韓国の研究〜なぜ、日本は翻弄され続けるのか?」
http://www.keieikagakupub.com/sp/CPK_38NEWS_C_D_1980/index_mag.php

関連記事

コラム

【三橋貴明】交通インフラの整備と経済成長

コラム

【三橋貴明】少子化という国難を乗り越えたいならば

コラム

【藤井聡】「賃上げ」のための7つの対策

コラム

【三橋貴明】五月危機 前編

コラム

【三橋貴明】民主主義国「日本」最悪の問題

[三橋実況中継] 途轍もないクライマックスシーンへの8件のコメント

  1. コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. 反孫・フォード より

    >冥王星軌道上記憶間違えた、雷王星軌道だった。>宇宙そのもの記憶間違えた、銀河系中心だった。どうでもいいちゃどうでもいいことでしかない返信。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. 名無し より

    三橋さんは『ラブライブ!』には余り御関心がないのでしょうか。現在、その続編に当たる『ラブライブ!サンシャイン!!』が放送され(来週で一応最終回)、その舞台となった静岡県沼津市に作品のファンたちが全国から集まって、いわゆる聖地巡礼をすることで経済的な地域活性化、今年の全国ふるさと甲子園での沼津市の優勝に導くなどの結果が出ています。もし、よろしければ、経済に加え、アニメコンテンツにも造詣の深い三橋さんにも沼津市へ一度訪れていただければ幸いです。記事とは関係のないお話、失礼いたしました。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  4. あたろー より

    話題のシンゴジラで(私は好きにした君らも好きにしろ)と言う言葉が出てくる。たぶん庵野監督が作品を通して同じクリエーターの人達に向けてのメッセージだったのではと感じた。庵野監督がアニメ監督として世に出てきた1980年代は同じ志を持つ若いクリエーター達が集まって会社を作って俺たちが面白いと思う作品をそのまま世にだす、そういう事が出来た時代を経て今のシンゴジラもそのノリで作った、他の連中ももう少し好きなように作れよと言うメッセージだったと自分は思う。クールジャパンか知らないが外国人向けに表現の判り易いハリウッドもどきのくそツマンナイ作品ばかりの今の時代の邦画に日本人にだけ面白いと分かる表現てんこ盛りのシンゴジラが作られて驚いたし、しかもヒットしている。深夜アニメは美少女ハーレムアニメばかりでつまらないと嘆いてる連中はデフレを早く脱却しろと声を上げるべきだと自分は思う。日本語コンテンツが今も優秀だとしても歌も映画も漫画もアニメゲームもデフレを長く続けてるせいか企業は利益重視でジャンルの幅が狭くなってるのも売り上げチャートをみると事実ではないでしょうか。作画崩れと叩かれ質の良いものを作れば売れると信じて命を削って作画しているアニメーターは本当にかわいそうだ、庵野監督がガイナックスで好き勝手やってこれた背景には景気の状態が良かったからだ、デフレ状況の中でも優れた日本語コンテンツは生まれているがやっぱり作ってる側の事考えると景気を良くして好き勝手に作らせてあげたい。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  5. 反孫・フォード より

    >ほとんど分からないと思いますがすこし旧い世代の私は1984年くらい迄でもうまったく判らないのであります。今の政局と絡めて考えてしまうシーンはこれです。○ブラックホール爆弾に搭乗前の天野大尉と?(キャラクター)の軌道エレベーター内の会話?(キャラクター)「冥王星軌道上で超重力崩壊を起こし、今度は宇宙そのものを飲み込む計画なんですよっ!人類にそんな権限があるのでしょうか?」天野大尉「・・・私には判りません」変換編○爆・規制緩和は成長洞話キャラクターA「バブル醸成させといて崩壊から消費増税、デフレーションを起こし、今度は資本主義、実体経済そのものをマイナス化する計画なんですよっ!リフレ派にそんな権限があるのでしょうか?」キャラクターB「・・・私たちはリフレインから逃れられないのかもしれませんね」 日本は洞話に包まれてしまったのでせうか?

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  6. 赤城 より

    上記のシーンで見ていないのはスレイヤーズだけですが、場面を思い出せないものが多いです。マイメロはカオスギャグで好きでしたがそのシーンに強い思い入れがないとはっきりと憶えてはいないです。他にも自分とは違う感覚で印象に残ったシーンが上げられていたのでやはり感動は人それぞれなのでしょうな。日本語が素晴らしいコンテンツを形作っている大きな要素なのは確かでしょうし、日本人の要素の大きな部分でもありましょう。 また、英語の早期教育が身につかないのも当然でしょう。それこそ英語環境におかれないと早期教育は出来ない。その場合日本語でなく英語で育つまたは、才能がないと中途半端な語学習得で育つことになるでしょう。そのもう一つの大きな理由は日本語が英語などと大きく違っている点もあるでしょう。外国人が複雑多岐な日本語を習得することが非常に難しいのもよく分かります。その逆もそれなりの難しさでしょう。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  7. robin より

    石化_→石火〇。ビジネス的な豊かさが貯金?としても文化的豊かさが無いと何に金使って良いかの選択肢はメディアに効率的に、非人格的に選ばせれることになるのかな。金を稼ぐだけなら教養は必要ないけど、金を使う、投資するには教養が、文化的豊かさが必要になるのかな?

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  8. robin より

    「青春豚野郎」「俺修羅」が最近のラノベでは好きだなあ。アニメではFateシリーズとか。初音ミクも好きでマジカルミライ2013は至高、2016も予約せねば。大相撲も懐が深くて色々ネタの宝庫、機敏なデブ(失礼)というだけでギャップ燃え、立会い前にいかに相手の行動を制限して動きを読みやすくするか、思考の圧倒的遅さ、まさに石化之機で体同士が反応して技をかける、技を返す、とか想像すると楽しい。テレビの演出人達の演技を見てると落ち着かない気分になる、実は味の無いものを食べて美味い美味いと叫んでいるのではないか、顔面を固定しつつ内心の憤懣遣る方無さを隠しているのかと想像してしまう、威嚇するような顔芸を見ると腹が立ったりする。ドラマではスポンサー株主の思惑とか左派メディアによる政治臭を嗅ぐとうんざりする。最初から「偽物」だと解っているアニメは安心して見られる、でも感動した事実は本物なので否定出来ない、しない。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【小浜逸郎】技術文明との向き合い方

  2. 2

    2

    【三橋貴明】民主主義国「日本」最悪の問題

  3. 3

    3

    【竹村公太郎】西部邁先生の教え

  4. 4

    4

    【三橋貴明】おカネとは何なのか?

  5. 5

    5

    【三橋貴明】日本国の縮図

  6. 6

    6

    【三橋貴明】またもや「デフレ型」経済成長

  7. 7

    7

    【藤井聡】危機と対峙する保守思想誌、『表現者クライテリオン』...

  8. 8

    8

    【三橋貴明】言葉を正す

  9. 9

    9

    【三橋貴明】イタリアの「国の借金」問題

  10. 10

    10

    【三橋貴明】移民問題の「国民 対 国民」

MORE

累計ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】大阪都構想:知っていてほしい7つの事実

  2. 2

    2

    【藤井聡】「公明党・大阪市議団が日本を破壊する」というリスク...

  3. 3

    3

    【藤井聡】「橋下入閣」は、日本に巨大被害をもたらします。

  4. 4

    4

    【藤井聡】「日本が再び、被爆国となる」という、今そこに在る危...

  5. 5

    5

    【三橋貴明】人間の屑たち

最新記事

  1. 欧州

    【三橋貴明】イタリアの「国の借金」問題

  2. 日本経済

    【三橋貴明】民主主義国「日本」最悪の問題

  3. 日本経済

    【三橋貴明】おカネとは何なのか?

  4. 欧州

    【三橋貴明】移民問題の「国民 対 国民」

  5. 日本経済

    【三橋貴明】またもや「デフレ型」経済成長

  6. コラム

    【小浜逸郎】技術文明との向き合い方

  7. 日本経済

    【三橋貴明】日本国の縮図

  8. 日本経済

    【三橋貴明】リニア新幹線と文房具、あるいはカローラ

  9. 日本経済

    【三橋貴明】平時の「ムダ=余裕」

  10. 日本経済

    【三橋貴明】言葉を正す

MORE

タグクラウド