アーカイブス

2015年4月20日

【三橋貴明】自由貿易の罠

From 三橋貴明@月刊三橋
http://keieikagakupub.com/38news/

——————————————————-

●●憲法9条は日本の誇りなのか? 国家の危機の原因か?
月刊三橋最新号のテーマは「激論!憲法9条〜国家の危機に備えるために」

https://www.youtube.com/watch?v=4OQ4DnbgVS0&feature=youtu.be

——————————————————-

【今週のNewsピックアップ】
●設備投資はなぜ増えないのか
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12013228897.html

●自由貿易の罠
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12014053563.html

いわゆる「経済力」とは、おカネの量ではなく、
「国民の需要を満たせる供給能力があるか否か」
であると、繰り返し語ってきました。発展途上国は、自国の企業や国民、政府では自国民の需要を満たせないからこそ発展途上国なのです。

発展途上国が「経済力」を強化するとは、要するに供給能力を高めるという話です。経済学用語でいえば、潜在GDPを増やすのです。

そのために、どうしたらいいのか。実は、一つしか方法がありません。「投資」をすることです。
投資とは、おカネを使った時点では何の便益も利益ももたらしません。将来の便益、利益のために、今、おカネを使う。これが投資なのです。

ポイントは、今、投資をしたとしても、将来的な便益、利益を得られるかどうか、確実なところは分からないという点です。100%成功する投資など、この世にはないのです。

さて、グローバリズムといいますか、

「供給能力が不足し、貿易赤字・経常収支赤字が拡大し、政府の外貨建て負債が膨張し、財政破綻した途上国にIMFが乗り込み、構造改革を押し付ける」

という意味におけるグローバリズムでは、IMF管理下の国が各種の「規制の緩和」を強制されます。結果的に、外国資本がその国に「投資」しやすくなるわけです。

「どうせ、君たちは自分たちで投資し、供給能力を高めようとはしないだろ。だから、代わりに我々がやってあげるんだよ」

という「建前」で、その国において外国資本の影響力が高まっていきます。とはいえ、先述の通り、投資が100%成長するか否かは、誰にも保証できません。失敗する投資も、もちろんあるのです。

というわけで、外資は投資先の国におけるリスクを可能な限り減らすべく、様々な手を打ちます。その一つがISDであり、あるいは政府に投資案件の「利益」を保証させるケースすらあります。

2013年10月、韓国のソウル市は、ソウル地下鉄9号線事業において「特典装置」と指摘されていた最低運営収入保障制度をなくし、外国資本のマッコーリー韓国インフラ投融資会社が撤退するという事件がありました。
逆に言えば、13年10月まで、ソウル市はマッコリ─韓国インフラ投融資会社に対し「利益保証」をしていたことになります。(していたのです)
公共事業などで、PFIだ、コンセッションだのと主張する政治家の中には、
「民間投資会社が政府に代わり、橋梁建設などの投資を実施し、政府が【通行料】として投資会社に利益を保証するべき」

などと平気で主張する人がいますが、この種の「利益誘導」が国境を越えて行われるのが、グローバリズムに支配された現実の世界というわけです。

利益! 利益! 利益!

別に、利益を求めることを否定したりはしません。三橋にしても、毎日、利益(所得)のために働いています。
とはいえ、全ては利益のため。投資のリスクを最小化させるために、その国の政府や国民に利益保証させる。これは、三橋の価値観的に受け入れられないのです。

例えば、再生可能エネルギー特別措置法に基づくFIT(再生可能エネルギー固定価格買取制度)も、利益保証がついています。負担するのは、再エネ賦課金を支払う国民ですが。

外国資本だろうが、民族資本だろうが、こんなものを「ビジネス」と呼んでいいのかどうか、個人的に疑問におもっているのですが、皆さんはどのように思われました?

PS
憲法9条は日本の誇りなのか? 国家の危機の原因か?
月刊三橋最新号のテーマは「激論!憲法9条〜国家の危機に備えるために」
https://www.youtube.com/watch?v=4OQ4DnbgVS0&feature=youtu.be

関連記事

アーカイブス

【小浜逸郎】経済音痴が日本を滅ぼす

アーカイブス

【三橋貴明】超国家組織「TPP 規制整合性小委員会」

アーカイブス

【藤井聡】学校教育での「防災まちづくり・くにづくり学習」に、ご協力を!

アーカイブス

【藤井聡】総理の資質

アーカイブス

[三橋実況中継]地方から完全雇用に至りつつある日本国

【三橋貴明】自由貿易の罠への3件のコメント

  1. 神奈川県skatou より

    普通の人にはそこまで要求できないことを知りつつ、さらにしなやかに奮闘して頂きたいという、格別の情熱からの要望に私には見えました。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. 匿各希望 より

    > (中略)> 三橋の価値観的に受け入れられないのです。「価値観的に受け入れられない」←この表現いいね。偏った正誤や善悪が根拠にあるわけでもなく、たんに好き嫌い(感性と若干頭脳)の表明なら個人の勝手だし。ところで、過去に「自民党から立候補・安倍支持・赤池支持・田母神支持」に関して、正しさや善を根拠に論戦を張ってた「三橋氏の価値観の変遷(よろめき)」について、今度コラム書いてください。興味ある人もいると思うので。要するに「三橋氏の価値観」がいかに信用できるかのアピールを、過去の事例から紹介してください。(←「表現しない自由」を使わずに)

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. ぬこ より

    確かに、師匠仰る通り、それが偽ユダ金アメ資本でも、国内銭ゲバ大資本であっても、国家や国民の犠牲の下に企業が「度を超して」富栄える構図は、大問題だと思いマウス。結局、無国籍資本の株主の「国境無き石(工)団」が富栄える構図なのでせうか???陰謀論でも何でもない程に、奴らは露骨に日本に圧力をかけてきている気がしマウスのん。最近、書くことが共産党チックになって参りました自分が怖いどす。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【小浜逸郎】高度大衆社会における統治の理想

  2. 2

    2

    【小浜逸郎】誰が実権を握り、日本を亡国に導いているか

  3. 3

    3

    【藤井聡】日本最強の提言書  〜「財政再建」のための、消費増...

  4. 4

    4

    【三橋貴明】平成病

  5. 5

    5

    【藤井聡】与党内部からも、「消費増税凍結」「PB目標撤回」を...

  6. 6

    6

    【藤井聡】「財政健全化投資」こそが、財政再建のために必要であ...

  7. 7

    7

    【三橋貴明】国民を守るための銃

  8. 8

    8

    【三橋貴明】皇統と財政(前編)

  9. 9

    9

    【三橋貴明】皇統と財政(後編)

  10. 10

    10

    【三橋貴明】忌まわしき税金

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】与党内部からも、「消費増税凍結」「PB目標撤回」を...

  2. 2

    2

    【藤井聡】「消費増税」すれば、「税収」が減ってしまいます。

  3. 3

    3

    【小浜逸郎】誰が実権を握り、日本を亡国に導いているか

  4. 4

    4

    【藤井聡】注意報:「財政規律」を巡る攻防でいま、「デマ」が横...

  5. 5

    5

    【藤井聡】いよいよ、「プライマリー・バランス」を巡る攻防が本...

MORE

最新記事

  1. 日本経済

    【藤井聡】「財政健全化投資」こそが、財政再建のために必...

  2. アジア

    【三橋貴明】忌まわしき税金

  3. 政治

    【三橋貴明】平成病

  4. アメリカ

    【三橋貴明】国民を守るための銃

  5. 政治

    【三橋貴明】皇統と財政(後編)

  6. 日本経済

    【三橋貴明】皇統と財政(前編)

  7. 政治

    【小浜逸郎】高度大衆社会における統治の理想

  8. 日本経済

    【藤井聡】日本最強の提言書  〜「財政再建」のための、...

  9. 政治

    【竹村公太郎】定点観測、新人研修

  10. 日本経済

    【三橋貴明】忌まわしき税金

MORE

タグクラウド