アーカイブス

2014年3月13日

【渡邉哲也】米国 国際緊急経済権限法(IEEPA法)発動

From 渡邉哲也@経済評論家

————————————————————

●韓国格差社会の正体とは?
http://www.youtube.com/watch?v=ZK5RY5rIGs8

————————————————————

先日、米国はウクライナ問題を受けて、IEEPA法を発動した。これは大統領令一つで可能な経済制裁であり、議会の必要としない強権となる。

この法律では、安全保障・外交政策・経済に対する異例かつ重大な脅威に対し、非常事態宣言後、金融制裁にて、その脅威に対処する。具体的には、攻撃を企む外国の組織もしくは外国人の資産没収(米国の司法権の対象となる資産)、外国為替取引・通貨及び有価証券の輸出入の規制・禁止が可能となる。

今回の発表では、ウクライナの安全保障に害をなすものと言う表現を用い、直接的なロシアの名指しは避けているものの、事実上、ロシアを指すものになると思われる。つまり、ロシアの行動次第では、いつでもロシアの対外資産の凍結没収や米銀行との取引を差し止められるということである。

この表明を受けて、ロシア側は米銀行への支払停止を含めた対応を検討すると発表した。しかし、ロシアがこれを強行した場合、ロシアの債券のデフォルトが発生する事になり、ロシアは債券暴落と通貨危機に陥る可能性が高い。

しかし、ロシアの輸出の6割強は、石油や天然ガスなどの資源輸出であり、その輸出先は主に欧州という構造であるため、債券をデフォルトさせたとしても、貿易は継続するという腹があるのだろう。欧州全体の約3分の1はロシアからのエネルギーで維持されており、これが止まることは欧州の死を意味するからである。

特に、北欧などでは7割以上をロシア一国に頼っている国も多く、まだ寒いこの時期にロシアからの資源輸入が止まれば、その場で大量の死者が出てしまうからである。当然、欧州議会としても、ロシアに強く出られない構造にある。そして、これがロシアの強気の外交政策の理由とも言える。

そして、この米国の対応を静かに見守っている国が、日本の隣にある。それは中国である。中国は今回のウクライナ問題について、明確な意志を示していない。ロシア同様に周辺国への軍事介入を強める中国、中国と国境を面する国で領土問題を抱えていない国は皆無に等しい

米国のロシアへの対応は、中国の領土侵略に対する米国の対応を占う上でも大きな意味を持つ、中国の場合、加工貿易が中心であり、ロシアのように資源による安全保障関係はないに等しい。そして、中国へのIEEPA法適用は中国経済の死を意味するものになるからである。 今回の問題は単にロシアとウクライナの問題ではなく、国際的な安全保障問題としてみるべきものである。

PS
三橋無料Video「中国侵略問題」を公開中
http://www.youtube.com/watch?v=Bner2NC2O-8

関連記事

アーカイブス

[三橋実況中継]人口減だから、新幹線を!

アーカイブス

【古谷経衡】日本右傾化論の嘘

アーカイブス

[三橋実況中継]「何か」に備えるコスト

アーカイブス

【三橋貴明】日本国民が所得を稼ぐための基盤

アーカイブス

【東田剛】デフレでトゥギャザー?

【渡邉哲也】米国 国際緊急経済権限法(IEEPA法)発動への2件のコメント

  1. メンソール より

     ロシアは、2000年から、兵器利用可能なウランの輸出防止する目的で、IEEPA法の発動を受けていると認識しています。つまり、今回のウクライナの件よりも以前から、IEEPA法は発動しているのではないのでしょうか?。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. 赤い彗星 より

    >金融制裁にて、その脅威に対処する。日本も地政学的な視点で、金融を武器として使うくらいになってほしいものです。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【三橋貴明】民主主義国「日本」最悪の問題

  2. 2

    2

    【三橋貴明】おカネとは何なのか?

  3. 3

    3

    【三橋貴明】実質消費の四年連続減少が意味するもの

  4. 4

    4

    【三橋貴明】イタリアの「国の借金」問題

  5. 5

    5

    【三橋貴明】人手不足のリスクとチャンス(前編)

  6. 6

    6

    【藤井聡】危機と対峙する保守思想誌、『表現者クライテリオン』...

  7. 7

    7

    【三橋貴明】移民問題の「国民 対 国民」

  8. 8

    8

    【小浜逸郎】技術文明との向き合い方

  9. 9

    9

    【竹村公太郎】西部邁先生の教え

  10. 10

    10

    【三橋貴明】またもや「デフレ型」経済成長

MORE

累計ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】大阪都構想:知っていてほしい7つの事実

  2. 2

    2

    【藤井聡】「公明党・大阪市議団が日本を破壊する」というリスク...

  3. 3

    3

    【藤井聡】「橋下入閣」は、日本に巨大被害をもたらします。

  4. 4

    4

    【藤井聡】「日本が再び、被爆国となる」という、今そこに在る危...

  5. 5

    5

    【三橋貴明】人間の屑たち

最新記事

  1. 日本経済

    【上島嘉郎】「移民立国」こそ時代に逆行

  2. 日本経済

    【三橋貴明】人手不足のリスクとチャンス(前編)

  3. 日本経済

    【三橋貴明】実質消費の四年連続減少が意味するもの

  4. 欧州

    【三橋貴明】イタリアの「国の借金」問題

  5. 日本経済

    【三橋貴明】民主主義国「日本」最悪の問題

  6. 日本経済

    【三橋貴明】おカネとは何なのか?

  7. 欧州

    【三橋貴明】移民問題の「国民 対 国民」

  8. 日本経済

    【三橋貴明】またもや「デフレ型」経済成長

  9. コラム

    【小浜逸郎】技術文明との向き合い方

  10. 日本経済

    【三橋貴明】日本国の縮図

MORE

タグクラウド