アーカイブス

2014年3月2日

[三橋実況中継]変更しました

From 三橋貴明

————————————————————

●三橋貴明の最新無料Video「中国リスク徹底検証〜不動産バブル崩壊で、、、」
http://www.youtube.com/watch?v=IZ8B1f1g7Kc

————————————————————

東京都を二度も豪雪が襲った14年の冬が終わりに近づき、春の気配が漂ってきました。つまりは「花粉症の季節がやってくる」という話でもあります。
それはともかく、弊社は3月1日をもちまして、社名を「株式会社三橋貴明事務所」から「株式会社経世論研究所(けいせいろんけんきゅうじょ)」に変更致しましたので、ご報告させて頂きます。元々は三橋貴明のマネジメント会社としてスタートした弊社ですが、所属作家が増え、業務も拡大してきたため、「経世済民の論」を研究する「経世論研究所」に社名を改めさせて頂くことになったわけでございます。
Wikipediaで経世論を調べると、
「近世(江戸時代)の日本で「経世済民」のために立案された諸論策、もしくはその背景にある思想。」
とありますが、まさにそのままでございます。
3月一杯は、「三橋貴明事務所」と「経世論研究所」が混在する状況が続くと思いますが、何とか4月までには社名変更手続き、各種作業を全て完了させたいと思っています。(登記上はすでに株式会社経世論研究所になっています)
社名が変わるのみで、特に業務内容や連絡先が変わるわけではございません。今後とも弊社をよろしくお願いいたします。

◆一般参加可能な講演・イベント

東ト協ロジスティクス研究会フォーラム8
日時:平成26年3月6日(木) 15:00(受付開始14:30)
詳細、お申込みはこちら から
http://ws.formzu.net/fgen/S28757281/

◆2月22日飛鳥新社から「愚韓新論」が発売になりました。早くも増刷になりました。ありがとうございます!
http://amzn.to/1en7Xak

◆1月10日TAC出版から「学校では絶対に教えてくれない 僕たちの国家」が発売になりました。
http://www.amazon.co.jp/dp/481325585X/

2月15日にKindle版が発売になりました。
http://www.amazon.co.jp/dp/B00I9QIR52/

◆現代ビジネスで週刊連載「三橋貴明の第二次所得倍増計画」が開始になりました。
「【第2回】 序章 所得とは何か(後編)財政赤字が拡大し、税収が不足している 日本経済の「最重要課題」は名目GDPを成長させることにある!」が掲載されました。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/38484

◆「嫌韓流2014 (晋遊舎ムック) 」にインタビュー記事「経済 アベノミクスVSクネノミクス」が掲載されました。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4863919263/

◆「経済界 2014年 3/4号」に連載「実践主義者の経済学」第四十四回「自然エネルギーの欺瞞」が掲載されました。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00HX0NMIW/

◆「WiLL4月号」に連載「反撃の経済学 アベノミクスの不吉な指標」が掲載されました。
http://www.amazon.co.jp/dp/B00ICPZZ8M/

◆週刊実話 連載「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」第66回 「人手不足の解消方法(後編)」
なお、週刊実話の連載は、以下で(二週遅れで)お読み頂くことが可能です。
http://wjn.jp/article/category/4/

◆Klug連載 三橋貴明の「経済ニュースにはもうだまされない」第243回 人手不足の解消方法
http://www.gci-klug.jp/mitsuhashi/2014/02/25/021001.php

◆有料メルマガ 週刊三橋貴明 Vol249 恒常所得仮説
http://www.mag2.com/m/P0007991.html
今週は珍しく経済学的なお話。ミルトン・フリードマンの恒常所得仮説を取り上げてみます。

◆メディア出演
3月1日(月) テレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」に出演します。
http://www.tv-asahi.co.jp/tvtackle/

3月5日(水) 文化放送「おはよう寺ちゃん活動中」に出演します。
http://www.joqr.co.jp/tera/

3月7日(金) チャンネル桜「報道ワイドウィークエンド」に出演します。
http://www.ch-sakura.jp/hodo.html

3月8日(土) テレビ大阪「たかじんnoマネー」に出演します。
http://www.tv-osaka.co.jp/ip4/takajin/

2月28日(金) チャンネル桜「報道ワイドウィークエンド」に出演しました。
【規制改革幻想】TPPと再生可能エネルギー転換の停滞[桜H26/2/28]
http://youtu.be/EF28jyLXfWE
【渡邉哲也】NHK労組、言論の自由を守れ![桜H26/2/28]
http://youtu.be/cGovoBXhxZY
【デフレ脱却】IMFですら気づいた、社会を不幸にするグローバル資本主義[桜H26/2/28]
http://youtu.be/Ln2MXWfeM1g

◆三橋経済塾

三橋経済塾(第三期)第二回「経済学と現実」のコンテンツが配信されました。(ゲストは古谷経衡先生、テーマは「本当は凄い徳川日本」です)
http://members.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?page_id=8
今期から音声や映像機器にかなり「投資」してみたのですが、いかがでしょうか?

◆チャンネルAJER 更新しました。

『都知事選を振り返って(後編)3』三橋貴明 AJER2014.2.18(5)
http://youtu.be/kI0G8qNxN3U

PS
中国の理財商品デフォルト。この先、どうなる?
http://www.youtube.com/watch?v=IZ8B1f1g7Kc

関連記事

アーカイブス

【三橋貴明】水を売り飛ばした日本政府

アーカイブス

【佐藤健志】反グローバリズムはキレイゴトにあらず

アーカイブス

【島倉原】長期ビジョンの重要性

アーカイブス

【三橋貴明】現在の「超低金利」について

アーカイブス

【藤井聡】「政治のウソ」を暴くデータ・サイエンス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【saya】日本屈指のブラジルタウン大泉町の現状を見よ

  2. 2

    2

    【藤井聡】安倍内閣は、「コンクリートから人へ」継続内閣である...

  3. 3

    3

    【藤井聡】政府の消費増税対策は、残念ながら「全く不十分」であ...

  4. 4

    4

    【竹村公太郎】海面上昇は本当か?

  5. 5

    5

    【上島嘉郎】西郷隆盛が語る「国の本体」

  6. 6

    6

    【三橋貴明】政府が食の安全を守らないならば

  7. 7

    7

    【三橋貴明】政府の統計操作の三大手法

  8. 8

    8

    【小浜逸郎】給料が上がらない理由

  9. 9

    9

    【小浜逸郎】急激な格差社会化が進んだ平成時代

  10. 10

    10

    【三橋貴明】結論が決まった世界

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】安倍内閣は、「コンクリートから人へ」継続内閣である...

  2. 2

    2

    【藤井聡】新しい御代をお迎えする2019年、最大の争点は「消...

  3. 3

    3

    【saya】日本屈指のブラジルタウン大泉町の現状を見よ

  4. 4

    4

    【小浜逸郎】急激な格差社会化が進んだ平成時代

  5. 5

    5

    【藤井聡】「トリプル」リーマンショック・リスク~「年末株価の...

MORE

最新記事

  1. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】国内外の「嘘」という問題について

  2. 日本経済

    【三橋貴明】結論が決まった世界

  3. 日本経済

    【藤井聡】政府の消費増税対策は、残念ながら「全く不十分...

  4. 政治

    【saya】日本屈指のブラジルタウン大泉町の現状を見よ

  5. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】政府の統計操作の三大手法

  6. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】政府が食の安全を守らないならば

  7. 未分類

    【竹村公太郎】海面上昇は本当か?

  8. メディア

    政治

    未分類

    【上島嘉郎】西郷隆盛が語る「国の本体」

  9. 日本経済

    【小浜逸郎】給料が上がらない理由

  10. 政治

    日本経済

    未分類

    【藤井聡】安倍内閣は、「コンクリートから人へ」継続内閣...

MORE

タグクラウド