アーカイブス

2013年5月10日

【三橋&古谷】TPP失業

FROM 三橋貴明&古谷経衡@月刊三橋ナビゲーター

○古谷

そもそもTPPって、たしかチリとかあの辺の国が始めたものですね。

○三橋
チリ、シンガポール、ブルネイ、ニュージーランドの4カ国。

○古谷
ぶっちゃけ、ちょっと小さな国ですよね。

○三橋
小国ですね。

○古谷
それがアメリカがあとから入って来たということですか。

○三橋
あとから入ってきた。
TPPはいろいろな分野がありますけどその中にもともとなかったのがあって、
あとからアメリカが加えたのが2つあった。

一つが金融サービス。保険を含んでるんです。もう一つが投資。

投資と金融サービスというのは、あとからアメリカが加えたんですよ。
だからアメリカが何をやりたいか、よくわかる。

○古谷
アメリカからしたら、ブルネイですとかチリですとか、
そういう国がちょっと細々と始めたような協定に目をつけて、
よし、やってやろうという感じにやってきたと。

○三橋
どうでしょうね。ここで考えなくちゃいけないのは
アメリカ国民は9割以上がTPPなんか知らないんですよ。
知ってる普通のアメリカ国民は反対している人が多いですね。

○古谷
反対が多いんですか。

○三橋
反対が多いですよ。だって、自分たちの職が奪われちゃうんだから。

というわけで、賛成しているのはグローバル企業とグローバル投資家たちだけです

彼らがアメリカ政府を利用して、ロビーイングとかしてね、圧力かけてでもいいですけど、それで環太平洋諸国に対してEUチックな自由自在に物、サービス、お金、そして人が行き交うような、そういう環境を作ろうとしているのがTPPなんですね。

○古谷
だから、ある時にTPPにアメリカは目をつけて、そこからやっていこうとなったわけですね。

○三橋 活用しようと。たぶん最初から日本を入れたがってたんじゃないかなと。アメリカのTPPを推進している人たちは、そう思ってるんじゃないかなと思うんです。でもこれ、ポイントがあって。要はTPPも、あるいはEUも同じなんだけど、ユーロもそうだけど、元をたどると全部レーガノミクスなんですよ。

○古谷 これは第1回目で出てきました。

○三橋
レーガノミクスというのは、基本的には国民経済の供給能力を高めましょうと。物を作る力を高めましょうというものです。

なんかよさそうに聞こえますけど、サービスを供給する力を高めましょう、そのためには各種の規制を緩和もしくは撤廃しましょう、新規参入をどんどん呼び込みましょう、国内だけじゃらちがあかないから、外国からも呼びましょうというわけで、物、金、人、あとサービスの国境における制限をやめましょう、ということで、外国企業ともどんどん競争させて、市場競争を激化させましょう。そうしたら供給能力が高まるでしょう、公営企業あるいは国営企業は民営化してしまいましょうという発想なんですけどね。

もう一つは、社会保障支出とか公共事業といった政府の無駄な支出は切り詰めましょうと。それで政府が需要を縮小して、民間企業のほうは競争で供給能力が拡大して、これで何が実現されるかというと、インフレの抑制なんですよね。

つまり、物価を押し下げる政策なんですよ、レーガノミクスというのは。当然、その流れを引き継いでいるというか、そのままですけどね。そのグローバル版であるTPPもEUもユーロも、インフレ対策。

○古谷 なるほど。インフレにしないように。

○三橋 インフレにしないというか、インフレ率を押し下げる政策なんです。だからデフレの国がやったらどうなるかというと、デフレの国がやるとお互いに失業率が増えていきます、という話になっちゃうんです。

ここで重要な話は、TPPにせよEUにせよ、「自由貿易だからやります」なんて言っているアホな人がいるんだけども、自由貿易ってそもそもなあにと。

○古谷 何でしょうね。

<略>

○古谷
今、すごくかしましいTPPについての基礎的なところを、今教えていただいたんですけれども、いざ、TPPの成り立ちですとか概念というのは、今教えていただいたとおりだと思うんですが、このTPPに入った時にいろいろな試算がございますよね。

例えば、農水省からいくら、経済産業省からいくら。これはいろいろな省とかいろいろな団体によって、よくもあり、悪くもありみたいな感じなんですけど、これは実際のところ、どうなんですかね。

○三橋
経済効果とか?

○古谷
そうですね。

○三橋
これはシミュレーションするしかないんですけど、GTAPというモデルがあって。一般応用均衡モデルというモデルがあるんですよ。そのモデルに基づいて、経産省かどこかが──内閣府かな──が出した経済効果が、10年後に3.2兆円、日本のGDPが増えますよと。0.6%成長しますよと。

○古谷
10年後にですね。

○三橋
10年後に。これは10年後の時点で突っこみたいんだけど、その前に異様なモデルなんです、これって。

それは、例えばTPPをやりましたと。アメリカとかオーストラリアから農産物の安いのがいっぱい入ってきて、日本の農家が次々に廃業していきますと。ところが彼らは失業者にならない。

○古谷
なぜですか。

○三橋
農業をやめた次の瞬間には、別の職に就職できるから。

○古谷 ちょっとあり得ない。

○三橋
ちょっとっていうか、絶対にあり得ないでしょう。というモデルなんですよ。だから要は、失業率が増えちゃった場合には、当然その分消費が減るから、結果が変わっちゃうんだけど、それを前提にできないんですよ。計算が複雑すぎて。あるいは、その物価が下がりましたと。物価が下がっても、例えばTPPでおかしい議論だなと思うのは、今まで1,000円でお米を買ってました。アメリカのカリフォルニア米を900円で買いました。そうすると残りの100円って使われるそうなんですよ、消費に必ず。

○古谷
という試算なんですね。

○三橋 そういう試算なんです。

関連記事

アーカイブス

【三橋貴明】おカネの話(後編)

アーカイブス

【藤井聡】「震災ゴジラ!」と「巨大地震Xデー」

アーカイブス

【三橋貴明】亡国のチプラス

アーカイブス

【小浜逸郎】技術文明との向き合い方

アーカイブス

【藤井聡】真面目な政治を、心から、祈念いたします…..

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【三橋貴明】思想の対立

  2. 2

    2

    【藤井聡】吉川洋氏の「地震に備えて消費増税を」論を完全撃破し...

  3. 3

    3

    【藤井聡】元内閣官房参与として、「令和日本・再生計画」を出版...

  4. 4

    4

    【角谷快彦】ドラッグ・ラグで岐路に立つ国民皆保険制度(前編)

  5. 5

    5

    【小浜逸郎】令和元年6月10日経済罪政諮問会議議事録

  6. 6

    6

    【三橋貴明】ピボット(軸)のモーメント

  7. 7

    7

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

  8. 8

    8

    【藤井聡】近い将来、リーマンショック級の危機が「絶対」起こる

  9. 9

    9

    【三橋貴明】MMTと政府の選択と集中

  10. 10

    10

    【角谷快彦】ドラッグ・ラグで岐路に立つ国民皆保険制度(後編)

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】近い将来、リーマンショック級の危機が「絶対」起こる

  2. 2

    2

    【藤井聡】<号外速報>「内需冷え込み」による輸入急落が無けれ...

  3. 3

    3

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

  4. 4

    4

    【藤井聡】吉川洋氏の「地震に備えて消費増税を」論を完全撃破し...

  5. 5

    5

    【藤井聡】「財政悪化」を導く消費増税が生み出すのは、「害のみ...

MORE

最新記事

  1. 日本経済

    【角谷快彦】ドラッグ・ラグで岐路に立つ国民皆保険制度(...

  2. 政治

    日本経済

    【藤井聡】元内閣官房参与として、「令和日本・再生計画」...

  3. 日本経済

    【角谷快彦】ドラッグ・ラグで岐路に立つ国民皆保険制度(...

  4. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】ピボット(軸)のモーメント

  5. 日本経済

    【三橋貴明】思想の対立

  6. 日本経済

    【小浜逸郎】令和元年6月10日経済罪政諮問会議議事録

  7. 日本経済

    【藤井聡】吉川洋氏の「地震に備えて消費増税を」論を完全...

  8. 日本経済

    【室伏謙一】「増税の前にやるべきことがある」、「身を切...

  9. 日本経済

    【三橋貴明】MMTと政府の選択と集中

  10. 日本経済

    【三橋貴明】財政民主主義派 対 非・財政民主主義派

MORE

タグクラウド