日本経済

2021年8月2日

【三橋貴明】妄想の政府

【今週のNewsピックアップ】

PB黒字化目標という「国民赤字化目標」(前編)
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12688591775.html

PB黒字化目標という「国民赤字化目標」(後編)
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12688782215.html

内閣府が半期に一度、公表する
「中長期の経済財政に関する試算」は、
妄想としか表現のしようがない
シミュレーションですが、とりあえず
「政府が何をしたか」「どうしたいのか」は
見えてくるので、毎回、取り上げています。

財務省は、2020年秋頃まで、
20年度のPB赤字が
90兆円台になると試算していました。

それが、その後の
「中長期の経済財政に関する試算」の度に、
減少していきます。

21年1月の「試算」では、
内閣府は20年度のPB赤字が
69.4兆円になっていました。

当初見込みから、
およそ20兆円ほど
小さくなってしまったのです。

さらに、20年度が終わり、
初の「試算」となる今回の最新版では、
20年度PB赤字は56.4兆円。

21年1月の見込みから、
さらに13兆円も減ってしまった。

理由は、想像がつくと思いますが、
「20年度に組んだ予算を使い切らず、
繰り越しが激増した」
「消費税収が増え、増収になってしまった」
ためでございます。

プライマリーバランスとは、
国債関連費を除く「政府の歳出」と
「政府の歳入」の収支になります。
支出が減り、税収が増えると、
当然ながらPB赤字は縮小します。

つまりは、現在の日本政府や財務省は、
1.PB黒字化目標があるため、
  可能な限り財政拡大を妨害する。
  補正予算についても「短期」
  「小規模」「限定的」にとどめようとする

2.予算を組む際に、国民にまんべんなく
  所得が移転する政策は可能な限り避ける
  (中小企業淘汰! デジタル化!
   グリーン! 等々)

3.予算が組まれたとしても、執行せず、
  翌年度に繰り越すことで、
  PB赤字拡大を抑制する

と、「国民」よりも
「PB黒字化」を徹底的に重視した
財政運営ポリシーを
持っているわけでございます。

また、内閣府の「試算」では、
「成長実現ケース」において、
2027年度にPBが
黒字化することになっています。

成長実現ケースとは、
実質GDP成長率1.5%前後、
GDPデフレータ(インフレ率)1.4%前後、
名目GDP成長率3%前後と、
「日本がデフレ脱却した」
という想定になっているのです。

PB黒字化目標を維持する限り、
日本のデフレ脱却は「妄想」です。

何しろ、PB黒字化を優先する政府は、
「歳出抑制」「増税」と、
緊縮路線をひた走ることになる。

政府自ら需要抑制策を推進する以上、
日本のデフレ(総需要不足)が
解消することはありません。

となると、現実の経済成長率が
「成長実現ケース」から乖離していく。

すると、ますますPB黒字化の時期が遠ざかり
(そもそも、PBを
黒字化してはいけないのですが)、
「更なる歳出抑制だ! 増税だ!」
と、日本のデフレを
深刻化させる緊縮財政が進む。

緊縮財政が継続すると、
総需要不足が解消せず、
日本経済はデフレから脱却できないため、
成長実現ケースから益々遠ざかる。

内閣府が毎年1月、7月に公表している
「中長期の経済財政に関する試算」は、
我々が「妄想の政府」を頂いている
現実を、明確に示してくれるのです。

◆「日本をダメにした財務省と経団連の
欺瞞(小学館)」が刊行になりました。
https://amzn.to/38q1LPW

◆「自民党の消滅(ベストセラーズ)」
(書籍版)が刊行になりました。
https://amzn.to/3dEIFqS

◆週刊実話 連載
「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」 
第427回 連携して立ち向かう

◆メルマガ 週刊三橋貴明 Vol637 
国民経済のトリレンマ
http://www.mag2.com/m/P0007991.html
「誰かの黒字は誰かの赤字」と
「民間、政府、海外の三者は
同時に黒字になれない」
トリレンマを理解すると、
国民経済の「あるべき姿」が
明確に見えてきます。

◆メディア出演

三橋TV、続々公開中です。

連携して立ち向かえ! 
飲食店の皆さん、早急に
政治団体を作って欲しい
[三橋TV第421回] 三橋貴明・高家望愛
https://youtu.be/9rwrOMZ8oOY

実際に政治家への陳情活動を
続けている勇者代表にお越し頂いたよ
[三橋TV第422回] 三橋貴明・齊藤拓樹・高家望愛
https://youtu.be/40VJHwxrpL0

国家主導の産業政策は正しい 
理由は不確実性を許容できるからだ!
[三橋TV第423回] 三橋貴明・高家望
https://youtu.be/39pYEwZ3jFQ

特別コンテンツ配信中。

【林千勝】知ってはいけない
裏世界史の研究(新講座)
https://youtu.be/DJpTp88-kTI

ロスチャイルドvs
アメリカ国民の100年戦争(林千勝)
https://youtu.be/3UF-Y-Z36AY

日米戦争80年目の真実
~7名の金融資本家による極秘会議(林千勝)
https://youtu.be/P3Dzj7tRsek

◆三橋経済塾

7月17日 三橋経済塾第十期 
第七回対面講義を配信致しました。
https://members10.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=1552
ゲスト講師は浜崎洋介先生でした。
インターネット受講の皆様、
お待たせいたしました。

三橋経済塾第十期の入塾お申込は以下から。
https://members10.mitsuhashi-keizaijuku.jp/

◆チャンネルAJER 
今週の更新はありません。

関連記事

日本経済

【三橋貴明】デフレ循環

日本経済

【平松禎史】「霧につつまれたハリネズミのつぶやき」:第四十九話

日本経済

【施 光恒】ビジネスと政治の癒着に厳しい目を

日本経済

【平松禎史】「霧につつまれたハリネズミのつぶやき」:第五十五話

日本経済

【三橋貴明】愚者たち

【三橋貴明】妄想の政府への4件のコメント

  1. この世は既にあの世 より

    陽性者が増える中で山形に行かれたそうですね。で、他人には「補償さえやっとけばおとなしくしている」??

    何か自分は特別だとでも思ってる?小池や菅と同じですわな。

    オリンピックが大好きなテレビが友達の高齢者にワクチンを優先的に打たせましたよね?それでいて若者ら現役世代に「動くな、帰省するな」??

    筋が通らないね。

    それにコロナを危惧するならば、ウイルスを早く運ぶ新幹線や近代化は要らないのではないか?石川、福岡、北海道。明らかですよね?

    鳥取、島根は新幹線が無いから陽性者が増えにくい。

    さあ、コロナは風邪としてしまいインフラを推進するのか、コロナは危機と認識し、新幹線やインフラ整備を諦めるか?です。ね。

    人流。ね。人流。地方に行きにくい方が陽性者は増えないんちゃう?

    簡単に地方に行っちゃうとウイルスを新幹線で運ぶことになるんですよ。

    いやあ楽しいね。

    パンダはこの点はまだ筋が通ってる「1人や2人亡くなったくらいで、ピーピー泣くんじゃない!」で、あちこち行って街宣活動。

    三橋さんは「私は用事があるんで山形行きました、でも他の人は金を渡しとけばじっとしとくだろう」←間違いです。

    人それぞれ用事や都合があるのです。

    ボランティアですか?

    10年くらい前に「ボラバイト」というのがあったんですよ。「農業体験出来ます」という触れ込みで。

    半分バイトで半分ボランティアだから時給は400円くらい。

    人を平気で安く使おうとするその神経に感心しちゃいましたよね。

    そんな農家は潰れれはいいんです。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. 通りすがり より

    2ヵ月前に定量的に私は予想していた
    高橋洋一

    後半部分で1.5兆円のコロナ専用病床、医療の拡充の補助金が執行されていない。

    追加します
    不作為の作為
    会計検査院に調べてもらいましょう

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. 通りすがり より

    別件だが、民主党時代かな、
    10年前に会計検査院に平民の私が言ったら、
    動いてくれましたよ、ふふふ
    だから、三橋さん、やってみせて下さい。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  4. 大和魂 より

    三橋先生、私も散々色々考えたのですがここまでくれば、もはや我々が何をやっても社会の実情は矛盾した行動になりますから、それならば地上波放送を皆さんと立ち上げて荒唐無稽の社会を変える試みぐらいしか術はないですよ!

    つまりは根本の国際社会の支配者たちの目的こそ集団の団結をさせない為に、様々に矛盾を引き起こし互いの対立を謀り分断しながら、あらゆる立場で搾取することが彼らの本懐なのですから、国際機関の実態も含めメディア関係者たちと同調しているのは一目瞭然で、政府や知事会や小池百合子ら関係者勢力の新自由主義社会へ向けた寝ぼけた浸食と愚劣な花畑思想は、ここで断ち切るべきです。

    ちなみにですがメディア関係者も含めて我々の保守派界隈に巣食う海外から帰化した方々や仲間のフリした外国の方々の発言もほぼ全部が、分断を謀る為の国内外の非難ですから、いい加減その部分にも気づくべきなのです。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

最新記事

  1. 政治

    日本経済

    【藤井聡】日本再生のためには『プライマリーバランス規律...

  2. 政治

    日本経済

    【藤井聡】政治家・河野太郎氏を客観的に評価する:緊縮・...

  3. 政治

    日本経済

    【室伏謙一】自民党総裁選―大手メディアの「河野推し」に...

  4. 日本経済

    【三橋貴明】日本の潜在成長率を高める第一歩

  5. 日本経済

    【三橋貴明】「財政出動への競争」への王道

  6. コラム

    【竹村公太郎】江戸湾、東京湾の謎―利根川の地下水の奇跡...

  7. 政治

    日本経済

    【小浜逸郎】ワクチンによる世界制覇 その2

  8. 政治

    日本経済

    【藤井聡】我々は今、多少の思想信条の相違を超えて「経済...

  9. 日本経済

    【三橋貴明】財政出動への競争「高市 対 岸田」(後編)

  10. 日本経済

    【三橋貴明】財政出動への競争「高市 対 岸田」(前編)

MORE

タグクラウド