アーカイブス

2013年3月25日

【三橋貴明】ガチンコで

————————————————————

●「いいね!」をくれた方には、三橋貴明の音声ファイルを
無料プレゼント。世界を読むための3つの原則とは。

三橋貴明の「新」日本経済新聞 公式Facebookページ
⇒ http://www.facebook.com/mitsuhashipress/app_109770245765922

————————————————————

FROM 三橋貴明

【今週のNewsピックアップ】
●一歩後退、半歩前進
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11494941307.html

●戦った相手は・・・
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11495552836.html

日本最東端の南鳥島のEEZ(排他的経済水域)の海底から、レアアースを含む泥が採掘されました。(何と、水深5600〜5800メートル)しかも、採掘された海底の泥は、レアアースの鉱床としては世界最高濃度だったのです。

また、愛知県沖の東部南海トラフからは、次世代資源と言われるメタンハイドレートが採掘されました。一週間のガス産出試験で取り出されたメタンガスの量は、1万3千立法メートル。このメタンガスの量は、08年にカナダが陸上で産出試験に成功したときを上回っています

さらに、より有望と考えられている日本海側のメタンハイドレートの本格的な調査が始まりました。

この手の海底資源の採掘事業は、民間企業がリスクをとって投資をするのは、なかなか難しい分野です。特に、デフレ環境下では尚更です。

だからこそ、政府が率先してリスクを引き受け、資金を投じ、「資源大国日本」実現のためにイニシアティブをとる必要があるのです。この種の事業こそが、アベノミクスの三本目の矢、すなわち「成長戦略」であったはずです。

しかも、日本海側のメタンハイドレートの採掘事業が本格化すると、間違いなくロシア、韓国、中国が妨害をしてきます。彼らは「海軍」を動員しても、日本のメタンハイドレート事業化を食い止めようとするでしょう。

近隣の無法国の妨害に立ち向かうには、こちらも「軍隊」を出動させるしかありません。表向きは知りませんが、海上自衛隊の装備や練度は、間違いなく「海軍」です。日本を資源大国化するという「大目的」のためには、海軍である海上自衛隊を採掘試験船の護衛のために派遣しても、国家としては一向に構わないはずなのです。別の言い方をするならば、海底資源を「我が国の国富」にするためには、国家の管轄下にある軍隊が必要です。

あるいは、スーパーコンピューターや宇宙開発、先端医療など、民間がリスクを負うことが難しい分野に政府資金を投じ、成長をもたらすイノベーションの土壌を造ることこそが、アベノミクスの「成長戦略」だったはずなのです。

現実の「成長戦略」は、妙な方向に進んでいるように思えてなりません。

電力自由化、労働規制の緩和、そしてTPP。いやいや、産業競争力会議の皆様がお気に入りのこれらの政策は、単なる構造改革ではありませんか。十年一日のごとしとは、まさにこのことです。と言いますか、いつまで同じことを言っているんですか、あの連中は。

もちろん、三橋は経済産業省の官僚が、

「○○の産業を活性化させるのだ! 産業政策だ!」

などとやることについても反対です。何しろ、経済産業省の官僚に「○○の産業」が成長産業か否かなど、分かるはずがありません。と言いますか、「○○が成長産業になる」などということは、この世の誰にも分かりません。成長産業になるかどうかは、それこそ市場が決める話です。

とはいえ、だからと言って構造改革主義者たちが「○○産業」の規制(法律)を政府に変えさせ、レント・シーキング(過剰利潤の獲得)の草刈り場とすることも願い下げです。国家には、競争にさらしても構わない産業と、そうではない産業があるのです。この種の「国家の階層」を意識しない構造改革主義者とは、今後は真正面から戦っていかなければならないと思います。

昨年まで、三橋は構造改革主義者、新自由主義者、グローバリスト、新古典派経済学「かぶれ」の方々と、あまり面と向かって衝突するケースはありませんでした。理由は、当時は「民主党」という、より問題がある連中が政権の座についていたためです。

とはいえ、現在は戦いのフェーズが変わりました。今後の三橋は、構造改革主義者の皆様とガチンコで戦っていくつもりですので、引き続きご支援よろしくお願いいたします。

PS
日本経済は中国に依存していません。なぜ、そう言えるのか?
http://amzn.to/16NeczN

PPS
「ようこそ」のページから「いいね!」してくれた人には
三橋の特別音声ファイルを無料でプレゼントしています。

http://www.facebook.com/mitsuhashipress

メルマガに書ききれない号外記事をアップしていく予定。
「いいね!」を押して、メンバーになりましょう。

関連記事

アーカイブス

【三橋貴明】マルサスの過少消費説

アーカイブス

【藤井聡】吉川洋氏の「地震に備えて消費増税を」論を完全撃破します

アーカイブス

【藤井聡】大阪都構想騒動、今こそ「事後検証」が求められています。

アーカイブス

【藤井聡】「美しい国」の条件

アーカイブス

【三橋貴明】財務省が日本を滅ぼす

【三橋貴明】ガチンコでへの2件のコメント

  1. ハン・テペペ より

    >昨年まで、三橋は構造改革主義者、新自由主義者、グローバリスト、新古典派経済学「かぶれ」の方々と、あまり面と向かって衝突するケースはありませんでした。理由は、当時は「民主党」という、より問題がある連中が政権の座についていたためです。>とはいえ、現在は戦いのフェーズが変わりました。今後の三橋は、構造改革主義者の皆様とガチンコで戦っていくつもりですので、引き続きご支援よろしくお願いいたします。この言葉、信じていいんですね?(たとえ相手が首相でも?w)期待してます!

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. Yuriya Kaito より

    三橋さん、エネルギー戦略、成長戦略のお話、全く持って同意します。私も微力ながら応援しています。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】政府与党の「増税」断行で、日本の「先進国からの脱落...

  2. 2

    2

    【三橋貴明】MMT週間が始まる

  3. 3

    3

    【三橋貴明】数字は残酷で素晴らしい

  4. 4

    4

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

  5. 5

    5

    【竹村公太郎】不思議な日本共同体(その3)情報共有の日本共同...

  6. 6

    6

    【三橋貴明】ステファニー・ケルトン教授の出演

  7. 7

    7

    【小浜逸郎】熊さん、増税に大いに憤慨

  8. 8

    8

    【室伏謙一】その場しのぎの御都合主義の説明の先にある外交の破...

  9. 9

    9

    【三橋貴明】史上最悪の緊縮政権

  10. 10

    10

    【施 光恒】外国人労働者受け入れは誰の利益なのか?

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】政府与党の「増税」断行で、日本の「先進国からの脱落...

  2. 2

    2

    【三橋貴明】ステファニー・ケルトン教授の出演

  3. 3

    3

    【藤井聡】「事を荒立てず、仲良くしようとする」だけの、情けな...

  4. 4

    4

    【三橋貴明】思想の対立

  5. 5

    5

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

MORE

最新記事

  1. 未分類

    【saya】TBS〝音楽の日〟〜歌は世につれ、世は歌に...

  2. 日本経済

    【三橋貴明】数字は残酷で素晴らしい

  3. 日本経済

    【三橋貴明】MMT週間が始まる

  4. 未分類

    【竹村公太郎】不思議な日本共同体(その3)情報共有の日...

  5. 政治

    【小浜逸郎】熊さん、増税に大いに憤慨

  6. 日本経済

    【藤井聡】政府与党の「増税」断行で、日本の「先進国から...

  7. 政治

    日本経済

    【室伏謙一】その場しのぎの御都合主義の説明の先にある外...

  8. 日本経済

    【三橋貴明】史上最悪の緊縮政権

  9. 日本経済

    【三橋貴明】社会科学からのアプローチ

  10. 政治

    日本経済

    【施 光恒】外国人労働者受け入れは誰の利益なのか?

MORE

タグクラウド