アーカイブス

2013年1月1日

【藤井聡】勝負の年

FROM 藤井聡

新年あけましておめでとうございます。

昨年のお正月も、一昨年のお正月も、はたまたその前のお正月も、
当方は、「日本の悪化・劣化の速度が、少しでも小さなものとなりますように。。。」
という、大変後ろ向きな願をかけていたことを覚えています(笑。

ですが今年は、「日本が良くなっていくその幅が、少しでも大きくなりますように。。。」
という種類の、前向きな願をかけたいと思います!

日本という国家、国の家のいろいろなものごとの「運営」の中心は、
やはり政治であり、政府であり、その中心におられるのが、
総理大臣であります。

したがいまして、その総理大臣がどのような方であるのかによって、
良くも悪しくも、国の方向が大きく差配されてしまうこととなるわけです。

しばしば、「政治家なんて誰がやったって同じだ」「どの政党が勝ったって同じだ」
という台詞が巷では、よく口にされています。

しかし、この三年数ヶ月の経験は、
治家なんて誰がやったって同じ「ではないこと」を、
どの政党が勝ったって同じだ「ではないこと」を、
圧倒的なリアリティでもって理解するには、
十分すぎる経験だったのではないかと、当方はしみじみと感じております。

もちろん、国政に何らかの形でお関わりになる政治家の方々は、
「一様」に、「ニッポンをよくしていきます!」という種類の言葉を口にされます。

しかし、国の運営において何よりも大切なのは、
美辞麗句を並べ立てることそれ自体なのではなく、
どのように国を運営したのかという一点にあります。

(「美辞麗句」と呼ばれるものは、
そうした運営を図るために有益である場合に限り、
血肉の通った、真正の「言論」と呼ぶことができるわけです。)

そして、そんな国政の運営において、
その運営者の能力が不十分であれば、
復興はおざなりにされ、
エネルギーの安定供給問題もおざなりにされ、
領土問題をはじめとした国家主権問題も無用に悪化してしまい、
デフレ不況もまた、放置され続けてしまうのです。

しかし、それらの運用が適切に行われさえすれば、
復興もいち早く進み、
エネルギーの安定供給問題も保持され、
領土問題も改善し、
デフレ不況も緩和、解消していく、
という未来を期待することは決して不可能ではないのであります。

その意味において、この元旦に改めまして、
そんな問題が一つでも多く、そして少しでも大きく「改善」していくことを、
強く祈念いたしたいと思います。

そして……日本国民の一員としてそんな願いが少しでも叶うべく
当方の立場の中でできうる最大限の努力をすることを、

すなわち、より具体的には、去年の暮れに誕生いたしました
新しい安倍内閣が推進せんとしておられます、
適切な財政金融政策に基づく適切な強靱化政策を展開せんとする取り組みに、
当方の立場でできうる最大限の力でご支援・尽力申し上げることを、
この元旦に、改めてお誓い申し上げたいと思います。

それでは、「来年の元旦」もまた、
今年と同様に、あるいは、「今年以上」に明るい希望の下で迎えらる…..
今年がそんな一年となりますように、
日本復活に向けて「勝負の年」となることが「必至」(!)なこの平成25年、
それぞれの立場で最善を尽くしてまいりましょう!

では!

PS
列島強靭化でGDP900兆円の日本が生まれる理由とは?

『救国のレジリエンス』
http://amzn.to/UK4e9F

関連記事

アーカイブス

【三橋貴明】昔からの財産

アーカイブス

【藤井聡】デフレは未だ継続中。アベノミクスの完全成功のために、今こそ大型景気対策を。

アーカイブス

【藤井聡】永遠に「ゼロ」?

アーカイブス

【施 光恒】「集まるの禁止!」の国

アーカイブス

【佐藤健志】「トランプ列車」の大脱線、またはポピュリズムへの歯止め(後編)

【藤井聡】勝負の年への4件のコメント

  1. 比嘉 英信 より

    新年明けましておめでとうございます。いつもこの無料でのメルマガありがたいとおもい読ませて頂いてます。 「救国のレジエンス」、自分には難しく読みかけですが、今年一年で東北の震災がどれだけ復興するかが周囲の敵国に対する牽制になると思ってます。 又、世界からもやはり日本は違うと、尊敬される国になるとも思ってます。場違いなコメント投稿になってないか心配ですが、「君が代」をこれまで一度も合唱したことのない世代の人間です。 今年は、天皇陛下への想いを取り戻す一年にしたいと強く思っています。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. デフレ脱却 より

    あけましておめでとうございます。全力で応援します。少なくとも、政策が形に表れて、7月の参院選では高支持率が得られるよう応援します。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. 真田清秋 より

    藤井先生、あけましておめでとうございます。おっしゃるように、それぞれが自分の立場で、日本復活を目指して、さらに発展する基点の意義或る年としていきたいと念じています。 反対派との熾烈な戦いでしょうが、御身体大切にご自愛ください。                                        真田清秋

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  4. ヨコタミチ より

    藤井先生おめでとうございますダブルの意味で、この新年の年頭の挨拶をお送りします。先生のご活躍が日本の政治空気にほわっとした参加意識が改良されることを願っています。 ガッツリと本気勝負の政治意識が日本中に定着する契機になりますように。でも、なによりご健康を大切にご活躍ください、時には死ぬ気も必要ですがね・・・・。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

まだデータがありません。

まだデータがありません。

最新記事

  1. 歴史

    【三橋貴明】グローバリズムという疫病

  2. 日本経済

    【小浜逸郎】エリートたちの思考停止

  3. メディア

    【藤井聡】『防災対策、行政頼み限界』(日本経済新聞20...

  4. 日本経済

    【室伏謙一】実情を無視した消費税軽減税率はかえって消費...

  5. 日本経済

    【三橋貴明】最も少子化を推進した内閣総理大臣

  6. 日本経済

    【三橋貴明】電力は生命維持装置

  7. 日本経済

    【竹村公太郎】不思議な日本共同体(その5)東京の消費を...

  8. 未分類

    【施 光恒】公開シンポジウムのお知らせ(中野剛志氏来る...

  9. 政治

    【藤井聡】保守の、保守による、保守のための「安倍晋三総...

  10. 日本経済

    【三橋貴明】裏切りの国民

MORE

タグクラウド