政治

2020年10月4日

【三橋貴明】構造改革推進のための三つのプロパガンダ

【近況】

「真・国家論」の最終章で詳しく解説し、
https://pages.keieikagakupub.com/cpm_38koka1_s_d_39800/

[三橋TV第296回]でも取り上げましたが、
https://youtu.be/K_brhkr6Nfw

グローバリズムは主に三つの手法で、
「国民主権国家」において
「特定の誰か」の利益最大化を推進します。

1.ルサンチマン・プロパガンダ
 「誰か」が新規参入したい市場で
 所得を得ている勢力に「既得権益」という
 レッテルを貼り、攻撃。

 ルサンチマン
 (社会全体に対する漠然とした怨恨、
 憎悪、妬み、嫉み等)を抱えた多数派の
 国民の攻撃心を煽り、国民同士を
 敵対させることで「誰か」の
 「利益最大化のための構造改革を実現する。

2.国民の祖国への愛を利用
 多数派の国民が嫌悪する
 「仮想敵国(日本の場合は中韓朝)」や
 「反国家主義者(日本の場合は
 「反日日本人」)」を攻撃する。

 結果、「祖国への愛情」を
 持っている多数派の国民の支持を
 得ることが可能で、構造改革を推進できる

3.過去全否定
 過去から存在する制度、慣習等を全て否定し、
 「古いものは、とにかく悪」という考え方を浸透させる。

 国民に「新しくする改革は全て善」
 というレトリックを広め、構造改革を推進。

 改革を否定、抑制しようとする勢力に対しては
 「改革を後戻りさせるな!」というレトリックで封殺を図る

日本国の場合、いわゆる「自虐教育」が
過去75年間も続けられ、「過去の日本は悪」
という間違った認識が国民に浸透しています。

となると、「過去全否定」の「3」の
プロパガンダが特に有効になってしまうわけです。

過去から存続するものは、全て悪。
古臭い。旧態依然としている。
逆に、新しいものは、常に善。

という、幼稚で単純なレトリックですが、
この種の考え方が、どれほど狂っているのかは、
以下の一文で多くの日本国民が理解できると思います。

「過去二千年間、継続してきた皇統は、
 古臭いから悪なのか?」

◆一般参加可能な講演会のお知らせ
令和2年10月16日(金) 
2021年 日本経済の危機とは 
日本をダメにした財務省と経団連の欺瞞
https://zuuonline.com/seminars/detail/64

◆「日本をダメにした財務省と
 経団連の欺瞞(小学館)」が刊行になりました。
 https://amzn.to/38q1LPW

◆「自民党の消滅(ベストセラーズ)」
 (書籍版)が刊行になりました。
 https://amzn.to/3dEIFqS

◆週刊実話 連載「三橋貴明の
 『マスコミに騙されるな!』」 
 第387回 国際競争力と生産性

◆メルマガ 週刊三橋貴明 Vol593 
 財政均衡主義とベーシック・インカム
 http://www.mag2.com/m/P0007991.html

 財政均衡主義、緊縮財政から脱却しない
 状況でのベーシック・インカムは、
 実は「保険会社のビジネス拡大」が目的という真実を知って下さい。、

◆メディア出演

三橋TV、続々公開中です。

資本主義の王道 
賃金を引き上げ国際競争力を高める
[三橋TV第294回]
https://youtu.be/plyNIl7WtXI

デービット・アトキンソンの正体について
林千勝先生に教えて頂いた
[三橋TV第295回]三橋貴明・林千勝・saya
https://youtu.be/lDWJ187SkPU

グローバリズムは我々の
「祖国を愛する気持ち」までをも利用する
[三橋TV第296回] 三橋貴明・saya
https://youtu.be/K_brhkr6Nfw

特別コンテンツ、続々配信。

【緊急配信】
菅政権誕生、日本は竹中平蔵に乗っ取られるのか?
国民の9割が知らない菅内閣が日本を滅ぼす3つの理由(三橋貴明)
https://youtu.be/59yX_r1o2AM

竹中平蔵がぐうの音も出なかった三橋貴明の反論
https://youtu.be/ahQ25mb8Iec

【MMT理論】御用学者が認めない正しい経済学
https://youtu.be/qh_BAnzbWfg

10月2日 チャンネル桜
「Front Japan 桜」に出演しました。

【Front Japan 桜】
グローバリズムはあなたの祖国への愛すら利用する
/ 中小企業のシャッター街化を防げ
[桜R2/10/2] https://youtu.be/xOY-YUWsmZU

10月3日 チャンネル桜
「日本よ、今…「闘論!倒論!討論!」」に出演しました。
【経済討論】菅政権と日本・世界経済[桜R2/10/3] https://youtu.be/b6mPtc2yTfA

◆三橋経済塾

10月17日(土)開催 
三橋経済塾第九期 第十回対面講義のお申込受付を開始しました。
https://members9.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=1259
ゲスト講師は佐藤健志先生です。

一般参加可能です。お申込は、以下から。
https://ws.formzu.net/fgen/S30917843/

※ご入塾は以下から。
https://members9.mitsuhashi-keizaijuku.jp/

◆チャンネルAJER 
今週の更新はありません

関連記事

政治

【三橋貴明】思想の対立

政治

【藤井聡】終戦記念日に考える、「戦後レジームからの脱却」と「デフレ脱却」。

政治

【小浜逸郎】高度大衆社会における統治の理想

政治

【三橋貴明】プライマリーバランス黒字化目標を破棄せよ

政治

【三橋貴明】日本を破壊するグローバリズムのトリニティ

【三橋貴明】構造改革推進のための三つのプロパガンダへの5件のコメント

  1. スマホ握り締めるバカ より

    男で特に多い自分の性器を握り締めるオナニー野郎、
    スマホを朝から晩まで握り締めやがって 同類だ アホ。
    山本 オマエの事だよ 在日w

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. 大和魂 より

    これでフランス革命当時の仏国民は自国のブルボン王朝をみすみす滅亡させて真実の歴史を闇の中に消し去ったのです。それで次の段階では恐怖政治によるギロチンの露に有望な人材を何人も送り込む失態をおかしたのです。それでやっとの思いで仏国にバラ色の未来かと思いきやワイマール共和国が後世たどり着く未来とかロシアでもボルシェヴィキ革命と同じような画策を碌でなしの金融屋からされて、ナポレオンを担ぎ出しロシア制服を目論み失敗するよう画策されて金融屋の手に墜ちたのです!だから我々もそうならないようにあらゆる手を打ってあらゆる可能性を構築しなければならないわけなのです。しかし何故かその歴史は伏せられて無視しといて、それで何が法治国家とか遵法義務とかかね嘘の歴史で点数とって偏差値の高い高学歴の奴等のバカさ加減にオイオイって感じですよね。ちなみに特に感じるのが村尾信尚などのカス財務省の関係者!

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. TEaD より

    グローバリズムは、「あらゆるものの移動の自由化を無条件に至上の善である」を教条とする宗教である。その質の悪さは、公的権力が加担している点において彼のオウム真理教よりも上であるといえる。そのうえで、最も三橋氏が危惧するところ、即ち過去の全否定に対して、私は次のように反論したいと思う。

    「古いものは、とにかく悪である」
    この命題が真であるならば、「自虐史観も含め」歴史を学ぶ意味がないはずである。
    イエスの教えも、仏陀の悟りも、ムハンマドの預言も、ソクラテスの問いも、孔子の考えも全て無駄と断じなければならない。無論、現代のビジネスマンたちがありがたがっている孫子の兵法も同様である。これらは全て、2000年以上も前の言葉たちであり、グローバリズムが説くところの悪なのである。

    それでもよく判らぬというならば、こういう他はない。
    「有史よりも前より続く、ヒトという種、すなわち人間は滅ぶべき悪の存在である」が、グローバリズムの主張のつまるところとなりうるのである。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

      1. TEaD より

        グローバリストは、少なくとも日本人であるばらば「過去の日本国は悪である」をいわゆる「自虐史観」より学んでいる。
        しかし、GHQなどが拵えた偽りの歴史とはいえど、「自虐史観」もまた一つの歴史である。
        過去を全て否定するとは、あらゆる歴史をことごとく否定することでもある。「自虐史観」もまたはたして、その例外とはなりえないであろう。

        「過去の日本は悪である」は「古きは悪(=切り捨てるべきもの)である」に則っている。この古きを「残り続けているもの」と定義するならば、「自虐史観」を含めた全ての歴史も悪と断じなければつじつまが合わない。日本を悪たらしめている「自虐史観」ですら、75年の年季が入っている。これをどうして悪とは言えないのであろうか?

        切り捨てるべきものである歴史より、「過去の日本は切り捨てるべき」を学んでいるという時点において、彼らは矛盾しているのだ。
        「過去から存続するものは、切り捨てなければならない」ならば、歴史は切り捨てられるべき最たるものである。どうして、切り捨てるものを後生大事にしなければならないのか? 「古きが悪」ならば、「自虐史観」を含めたあらゆる歴史に学ぶ意味(=価値)がないというのは、そういうことである。

        返信

        コメントに返信する

        メールアドレスが公開されることはありません。
        * が付いている欄は必須項目です

  4. タカアキ より

    この世は今も昔も地獄である。
    その証拠に、赤ん坊は泣き叫びながら生まれてくる。
    そのような世の中で、いいことがあったとすれば、それは地獄の泥沼に咲く蓮の花のようなものである・・・
    と、某作家がおっしゃってました。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

最新記事

  1. 政治

    【施 光恒】トランプ再選を望むトッドの議論に共感

  2. 政治

    【藤井聡】大阪都構想で「行政サービスは下落する」~サー...

  3. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】経済政策ゆえに亡ぶ

  4. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】緊縮志向の産物としての大阪市廃止構想

  5. 政治

    【小野盛司】[特別投稿]シミュレーションで発見した日本...

  6. 政治

    【小野盛司】[特別投稿]シミュレーションで発見した日本...

  7. 政治

    【藤井聡】『大阪都構想で日本は没落する』という真実をし...

  8. 政治

    【小浜逸郎】いわゆる「大阪都構想」は日本解体構想

  9. 政治

    【室伏謙一】冷静に政治・政策を考えるなら、まずは制度論...

  10. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】デフレ期には「デフレ対策」を

MORE

タグクラウド