日本経済

2017年8月27日

【三橋貴明】奴隷文化のない日本

From 三橋貴明

【近況】
ソーシャルレンディング最大手maneoの
瀧本憲治氏との最新コンテンツ
「【大人が知るべき(日本の)歴史:奴隷文化のない日本】第0次グローバリズム 」
が、早くも5万6千視聴を突破いたしました。
https://youtu.be/Y-3f6zB1dQo

な、なぜ、これほどまでに視聴されるのでしょう。
分かりません。理由を知っている方、
教えてください(どこかに転載された等)。

南蛮貿易の時代、ポルトガル人が「日本人の交易」、
つまりは奴隷交易に手を染めていたことが
ショックだったのでございましょうか。

日本には歴史的に、奴隷文化が根付きませんでした。

そのため、他者(しかも同じ国民)の権利を剥奪し、
商品として外国に売るといった「ビジネス」は、
日本人の想像の範疇外にあるのです。

とはいえ、欧州諸国やアジア諸国(日本除く)では、
普通に奴隷交易が行われてきました。

例えば、古代ギリシャやローマ帝国では、
外国人が奴隷として働いていました
(もちろん、条件を満たせば「市民」になれるケースもありましたが)

ローマ帝国滅亡後、アルジェリアやチュニジアの
アラブ人海賊が地中海を渡り、
イタリア半島やガリア南部、イベリア南部を襲撃。

人々をさらい、奴隷としてアルジェの
市場で売り飛ばしていました。

キリスト教徒の奴隷を救うべく、
当時のキリスト教会は大変な苦労を重ねたのです。

お隣の中国には「蓄婢制度」があり、
最終的に奴隷制度がなくなったのは
中華人民共和国の成立後でした。
(もっとも、中共成立で、中国人民は
全て毛沢東の奴隷になったわけですが)

我が国は、奴隷文化を持ったことがない。

他の国々は、アメリカ大陸含めて「ある」わけです。

その時点で、我々と外国の人々は
「違う」という現実を受け止める必要があります。

大東亜戦争敗北前、台湾や朝鮮半島の人々を
「植民地の住民」ではなく「同じ日本国民」として
扱ってしまった我が国が、
移民国家として繁栄できるはずなどないのです。

というわけで、新ためて日本国民は
「日本の歴史」を知る必要があると考え、
月刊三橋から
「真・日本近代経済史 日本近代の歴史は、グローバリズムとの戦いだった」
をリリースします。
http://pages.keieikagakupub.com/38kzai5_lp/

◆月刊三橋「「真・日本近代経済史 日本近代の歴史は、グローバリズムとの戦いだった」」がリリースになります。
新コンテンツのダイジェスト版はこちら。
http://pages.keieikagakupub.com/38kzai5_lp/

◆採図社「生産性向上だけを考えれば日本経済は大復活する  シンギュラリティの時代へ」が刊行になりました。
http://amzn.to/2qf0rck

◆徳間書店「今や世界5位 「移民受け入れ大国」日本の末路: 「移民政策のトリレンマ」が自由と安全を破壊する」が刊行になりました。
http://amzn.to/2r2hj9K

◆経済界 2017年 10月号 に、連載「深読み経済ニュース解説 世界と日本の人口問題」が掲載されました。
http://amzn.to/2wct4tQ

◆月刊WiLL (ウィル) 2017年 10月号 に、連載「反撃の経済学 リビアに見るグローバリズムの本質」が掲載されました。
http://amzn.to/2wFMZEC

◆週刊アサヒ芸能 連載 列島報告書 第130回「日本の「国の借金」を増やしているのは財務省自身である!」
http://www.asagei.com/

◆週刊実話 連載「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」 第235回「仏マクロン大統領のグローバリズム」
なお、週刊実話の連載は、以下で(二週遅れで)お読み頂くことが可能です。
http://wjn.jp/article/category/4/

◆有料メルマガ 週刊三橋貴明 Vol431 世界を変えた「綿製品」
http://www.mag2.com/m/P0007991.html
アメリカの南北戦争は、イギリスのキャラコブーム、産業革命が遠因であることを知っていますか?

◆メディア出演

8月30日(水) 6時から文化放送「おはよう寺ちゃん活動中」に出演します。
http://www.joqr.co.jp/tera/

8月25日(金) チャンネル桜「Front Japan 桜」に出演しました。
【Front Japan 桜】ビットコインと日本円 / 男の弱体化[桜H29/8/25]
https://youtu.be/DzZx8B7JtN4

8月26日(土) チャンネル桜「特別番組「種子法廃止から視えてくる日本農業の未来」」に出演しました。
http://www.ch-sakura.jp/programs/program-info.html?id=1655

◆三橋経済塾
8月20日(日)三橋経済塾第六期 第八回対面講義が開催されました。
http://members6.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?page_id=8
ゲスト講師は上島義郎先生(元産経新聞社 『月間正論』編集長)でした。
インターネット受講の皆様は、しばらくお待ちくださいませ。

◆チャンネルAJER
『第零次グローバリズム(後篇)①』三橋貴明 AJER2017.8.22
https://youtu.be/-5uKaphgykI

関連記事

日本経済

【施 光恒】「言葉は城なり」

日本経済

【佐藤健志】ドナルド・トランプのファンタジー、または民意をめぐるパラドックス

日本経済

【佐藤健志】「トランプ列車」の大脱線、またはポピュリズムへの歯止め(前編)

日本経済

【三橋貴明】EUの罪

日本経済

【島倉原】グローバリズムの軌道修正?(その2)

【三橋貴明】奴隷文化のない日本への1件のコメント

  1. Komiyet より

    カントとかフロイトとかアドラーとか日本でも流行っていますが、彼らは奴隷文化がある国の恵まれた人たちです。

    その人たちの心理学や哲学は、奴隷たちを人間と思わない人の理屈なんですよね~。

    そういうのが分かると、今の心理学とか精神科医の話って、ありがたがるもんじゃないってわかると思うんだよな~。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】終戦記念日に考える、「戦後レジームからの脱却」と「...

  2. 2

    2

    【三橋貴明】安藤裕衆議院議員と対談しました

  3. 3

    3

    【三橋貴明】「国の借金」プロパガンダを打破せよ!

  4. 4

    4

    【三橋貴明】黄金の氏族の婿たち

  5. 5

    5

    【三橋貴明】スウェーデン・ショック

  6. 6

    6

    【三橋貴明】民主主義の国民であるならば。

  7. 7

    7

    【竹村公太郎】都市の下に住む大蛇 ―なぜ「決壊」と書くのか―

  8. 8

    8

    【三橋貴明】治水の後れは国家の怠慢

  9. 9

    9

    【三橋貴明】巨費

  10. 10

    10

    【三橋貴明】“人間の屑”がいるとするならば

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】防災に「国債」を発行しない政治家は、馬鹿の誹りを免...

  2. 2

    2

    【藤井聡】政府は「異常気象緊急対策」を速やかに推進せよ。

  3. 3

    3

    【三橋貴明】“人間の屑”がいるとするならば

  4. 4

    4

    【藤井聡】政府の「東京一極集中」対策、未だ成果まったく見られ...

  5. 5

    5

    【藤井聡】吉川洋東京大学名誉教授が『詭弁』を弄して、『防災を...

MORE

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】巨費

  2. 政治

    【三橋貴明】民主主義の国民であるならば。

  3. 日本経済

    【三橋貴明】粒子加速器、なるか産業ビッグバン

  4. 欧州

    【三橋貴明】スウェーデン・ショック

  5. 日本経済

    【三橋貴明】治水の後れは国家の怠慢

  6. 日本経済

    未分類

    【藤井聡】終戦記念日に考える、「戦後レジームからの脱却...

  7. 日本経済

    【三橋貴明】「国の借金」プロパガンダを打破せよ!

  8. 政治

    【三橋貴明】安藤裕衆議院議員と対談しました

  9. アジア

    【三橋貴明】黄金の氏族の婿たち

  10. 日本経済

    【竹村公太郎】都市の下に住む大蛇 ―なぜ「決壊」と書く...

MORE

タグクラウド