政治

日本経済

2022年6月17日

【藤井聡】「ウクライナ」からの教訓~来たるべき“有事”にどう備えるか?~

From 藤井聡@京都大学大学院教授

 

この度、表現者クライテリオンから、

 

「ウクライナ」からの教訓
~来たるべき“有事”にどう備えるか?~

 

の特集号を出版いたしました。


https://www.amazon.co.jp/dp/B0B28FSXK9

この特集は、言うまでも無く、ウクライナへのロシアの侵攻についての特集。

 

ですが、このクライテリオンの特集は、一般的なテレビや新聞、雑誌の論調とは全く異なる角度からの記事をとりまとめたものです。

 

そもそも、ウクライナとロシアは今、国家の命運をかけて真剣に戦っているのです。その真剣な戦いが、幼児向けの戦隊ものや漫画の「勧善懲悪」の図式だけで語れる筈もありません。

 

しかしそれにもかかわらず、本年2月のロシアのウクライナ侵攻以後、国内のメディアは、そんな幼稚な「勧善懲悪」の図式の報道一色に染め上げられています。

 

このままでは、我が国日本の外交が適切なものから大きく歪められ、将来に対して巨大な禍根を残すことともなりかねません。それではまるで、重要なビジネス上の交渉を、物事を単純にしか理解出来ない小学生に任せるような事になるからです。

 

本誌クライテリオンではこうした危機意識の下、「ウクライナ」の問題を多面的に考えるための様々な記事に基づいて特集を企画した次第です。

 

もちろん、米国を中心としたNATO諸国が言う様に、今回のウクライナ侵攻の様な「力による状況変更」は国際法違反であり、かつ、ブチャであったと言われているロシア軍による残虐行為は、それがもし真実であるとするなら徹底批難すべき事柄であることは間違いありません。そして、隣国の軍事大国からの具体的な侵略のリスクを抱えた我が国日本としては、同じような境遇の中で、ロシアから自らの主権を守るために必死になって戦う姿には、エールを送る他ないこともまた事実です。

 

しかし、伊藤貫氏の本特集記事『三十年間、ロシアを弄んできたアメリカ』の中で詳しく語られている様に、アメリカは執拗にロシアを摘示し、その国力を脆弱化せんための様々な破壊的工作を行い、安全保障問題についても「約束破り」を繰り返してきた事もまた否定しようの無い事実です。その事は、外務省の重鎮、東郷和彦氏『「ウクライナ」は極東に何をもたらすのか?』の中で詳しく語っていることでもあります。

 

したがって、アメリカはこの戦争を、ロシアを追い詰めるための重要な好機として捉えている疑義が濃密にあるのです。というよりむしろ、伊藤貫氏が主張する様に、アメリカは、ちょうど日本が戦争を始めるまでABCD包囲網をはじめとした様々な外交政策で日本を追い詰め続けた様に、ロシアが「暴発」するまで、NATO東進を軸として徹底的に「刺激」「挑発」し続けたと言う側面が濃密に考えられるわけです。

 

ではなぜ、そこまでロシアはウクライナに拘るのかと言えば、座談会『戦争と人文学』金子宗徳教授らが口を揃えて指摘している様に、ロシアのナショナルアイデンティティの確立と維持・確保において、ウクライナは無くてはならない存在だからです。

 

ロシアにとってウクライナは、地政学的に重要な国であるのみならず、ロシアを中心としたスラブ民族の「自決」において必要不可欠なのだと認識しているわけです。

 

そしてこの発想に基づく国際的、国家的運動は、「英米を中心としたアングロサクソン支配体制」に対抗する、非アングロサクソン国家において普遍的に見られる反発運動なのです。それは、今日の中国にしても、アラブ諸国にしても、そして、かつての「大日本帝国」にしても、そうした運動が繰り返されてきているのであり、そうした連綿と続く、英米・アングロサクソン支配に対する挑戦運動の一つに、今回のロシアのウクライナ侵攻が位置づけられているという次第です。

 

……

 

しかし、こうした議論をTV等で展開すると「お前はロシアの回しものか!」「侵略を是認するのか!」といった激しいバッシングが起こるのが、今日の日本の世論環境です。

 

しかし、辻田真佐憲氏が「ウクライナ政府にプロパガンダはないのか?~情報戦のリアリズムを見よ~」で詳しく論じている様に、ロシアは何の申し開きも出来ない完全に悪い国である、と見なす勧善懲悪図式は、自らの防衛をかけて必死で戦うウクライナ政府の「プロパガンダ」であると考えるのが冷静な態度というものです。

 

しかし、驚くべき事にそうした「冷静な態度」が日本国民において大きく不足しているのみならず、日本のリーダーであるあの岸田文雄総理においてすら全く見いだすことができない、というのが、我が国が今、置かれている最大の危機の一つなのです。

 

この問題は、先にも紹介した元外交官の東郷和彦氏が、当方との対談の中で、深く憂慮しておいででした。

 

東郷氏曰く、岸田氏のロシアに対する態度は、完全に「敵国」に対する態度そのものであり、その帰結として、ロシアが日本を単なる「非友好国」以上の「敵国」と見なすことが真剣に危惧されるということを指摘されています。

 

そうなれば、日本は遙か彼方のウクライナ問題についての首相の「リップサービス」で、北方領土交渉が全てご破算になることは当然のこと、来たるべく「日中有事」において、ロシアが明確に中国を支援する公算が高くなってしまうわけです。そうなれば、中国はますます尖閣を侵略し易くなる一方、米国は日中有事、台湾有事の際に、中露両国と事を構えることに怯え、参戦しなくなるリスクがグンと高まってしまうわけです。

 

そしてそれを予期した中国が、ますます台湾、尖閣を侵略する可能性が高くなってしまう事になるわけです。

 

つまり、勧善懲悪だけを信じこんだ愚かな岸田文雄は、世論とアメリカに媚びるためだけにリップサービスを繰り返し、ロシア外交官を追い出し、あまつさえNATO首脳会談に出席し、それを通して、ロシアを敵国化させ、尖閣有事のリスクを高め、アメリカから見捨てられるリスクを拡大してしまっていることが真剣に危惧されるのです。

 

……日本の安定的な安全保障環境を守るためにも、愚かな岸田首相によってもたらされるこうした最悪の事態は是が非でも避けねばなりません。

 

そのために必要なのは……予断と偏見を棄て、この「ウクライナ」の問題を客観的、大局的、俯瞰的に眺める冷静な議論を国民で共有することなのです。

 

本特集、『「ウクライナ」からの教訓~来たるべき“有事”にどう備えるか?~』を是非、そうした視点から、一人でも多くの国民にご一読いただきたいと考えています。


https://www.amazon.co.jp/dp/B0B28FSXK9

 

何卒よろしく、お願い致します。

 

追伸:勧善懲悪でしかモノを考えられない愚かな岸田氏はホントに最悪です……

 

『岸田氏はイメージ対策のためだけに何も考えず「外交官追放」「NATO参加」等を続け、結果的に日本を地獄に突き落とす最低最悪の総理になる。』
https://foomii.com/00178/2022060510080895365

 

是非、ご一読ください……。

 

 

関連記事

政治

日本経済

【佐藤健志】トランプ来日と横田基地

政治

日本経済

【藤井聡】全ては、夢を「イメージ」するところから始まる

政治

日本経済

【東田剛】ゾッコク・ジャパン

政治

日本経済

【三橋貴明】世界屈指の「豪雪国」

政治

日本経済

【三橋貴明】誰も言わない問題

【藤井聡】「ウクライナ」からの教訓~来たるべき“有事”にどう備えるか?~への2件のコメント

  1. 別府愼剛 より

    基本的なことは、何を考え何お言おうが自由であり問題はないが、暴力(侵攻)は許されない。ロシアの侵攻を正当化するいかなる理由も存在しない。京大教授でありながら、こんな単純な理屈が理解できないのか?

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】高市政調会長、いや、お前は何を言っているん...

  2. 日本経済

    【三橋貴明】「君たちはまだ長いトンネルの中」がシン・ウ...

  3. 政治

    日本経済

    【藤井聡】『プライマリー・バランス亡国論』こそ、参院選...

  4. 政治

    日本経済

    【室伏謙一】緊縮か積極財政かの方向性を決定づける参院選...

  5. 日本経済

    【三橋貴明】大転換

  6. 日本経済

    【三橋貴明】君たちはまだ長いトンネルの中

  7. 政治

    日本経済

    【藤井聡】「ウクライナ」からの教訓~来たるべき“有事”...

  8. 日本経済

    【三橋貴明】国民の敵

  9. 政治

    日本経済

    【藤井聡】 『プライマリーバランス亡国論』が、今、時代...

  10. 日本経済

    【三橋貴明】フードロスと食料安全保障

MORE

タグクラウド