政治

日本経済

2021年5月24日

【三橋貴明】道義心に欠けるおぞましき自民党の緊縮派政治家たち

【今週のNewsピックアップ】
本日夕刻、 二度目の
自民党財政再建推進本部会議
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12675585594.html

道義心に欠けた道義心を
振りかざす政治家たち
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12675763504.html

自民党の財政再建推進本部の
「平場(全体)」会議が開催され、
指導部(西田昌司先生を除き、全員が緊縮派)の
原案のまま「PB黒字化目標の堅持」が
最終報告書に書き込まれてしまいました。
(目標年度は削除されましたが)

昨年から、自民党の平場の会議における
「緊縮派」と「財出派」の激論が
次第に公開されるようになっています。

昨日、取り上げた長尾たかし議員のツイート、
「前回2時間半の主張は
一文字も受け入れられず再審議。
コロナ禍ではPB論削除、会議主旨に免じ
提言は是とするも骨太の方針には記載しない等、
発言者の多数を占める我々の主張に対して、
その主張は「恥ずかしい」と発言があり、
平場、雛壇から、「そうだ!」の声。
これが現状。』

のみならず、石川あきまさ議員のブログ、
『財政再建推進本部の提言案とりまとめ
https://ameblo.jp/ishikawa-akimasa/entry-12675801786.html

安藤裕議員のブログ、
『財政制度等審議会が
PB黒字化と国債減の建議を提出
https://ameblo.jp/ando-hiroshi/entry-12675902713.html

などにより、自民党の緊縮派がいかに
「貨幣観」「財政観」を間違えているかが、
あからさまになったのです。

まさしく、天動説 対 地動説の
「議論」が本格的に始まりまった。
2019年までは、
「議論」すらなかったわけで、
MMTという黒船様様です。

また、自民党の緊縮派は
歳出削減目標(事実上)の策定に際し、
「次の経済社会の危機時における
財政上の対応余力を確保して、
次世代の選択肢を奪わないように
することは政治の責任」

と、「道義心」を前面に
打ち出してきています。
(何しろ、データでは勝ち目がないので)

破綻派がいう「国の借金」は、
長期債務残高ベースで、
2020年度は1970年比で166倍。 

日本政府の債務残高(2015年時点)
ベースで、名目の金額で
1872年の3740万倍! 
実質でも1885年の546倍!

過去の先人たちが正しく政府債務を増やした、
つまりは「貨幣を発行した」からこそ、
日本経済は成長し、我々は今、
それなりに豊かで快適な
暮らしをできているのです。

【日本政府(中央政府・地方自治体)の
長期債務残高(左軸、兆円)、
インフレ率・長期金利(右軸、%)】

http://mtdata.jp/data_74.html#choki

【1872年-2015年 
政府債務の金額及び実質残高
(2015年基準)の推移(単位:億円)】

http://mtdata.jp/data_53.html#Seifusaimu

自民党の緊縮派政治家は、自分たちの先人は
「道義心がなかった」
「次世代の選択肢を奪った」と、
主張したいのでしょうか? 
あるいは、我々は、
過去の政府債務=貨幣発行増加により、
選択肢を奪われているのですか?

真実は、
「過去の日本の先人が「道義心」に基づき、
国債発行(=貨幣発行)残高を増やし、
投資をしてくれたからこそ、
我々の今がある」
のです。

この手の事実を考えず、
思考停止的に緊縮を信じ込み、
正当化のために道義心を振りかざす、
おぞましき自民党の緊縮派政治家たち。

このコロナの状況で、国民を救うための
国債=貨幣発行を制限するべく、
狂った報告書を政府に提出する方が、
道義心に欠けているのですよ、間違いなく。

◆時局2021年6月号
(藤井聡先生が表紙)に、
連載「三橋貴明の経世論 
第50回 「選択と集中」という愚行」
が掲載されました。
http://www.jikyokusya.com/

◆「日本をダメにした財務省と経団連の
欺瞞(小学館)」が刊行になりました。
https://amzn.to/38q1LPW

◆「自民党の消滅(ベストセラーズ)」
(書籍版)が刊行になりました。
https://amzn.to/3dEIFqS

◆週刊実話 連載
「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」
第418回 国の借金=国民の純資産

◆メルマガ 週刊三橋貴明 Vol627
日本の国債発行額から「政策」を読む
http://www.mag2.com/m/P0007991.html
1995年11月国会の武村正義大蔵大臣
(当時)の財政危機宣言以降の
新規国債発行額を見ると、
日本の政治が「いかに間違えていたのか?」が
明確になります。

◆メディア出演

三橋TV、続々公開中です。

なぜ「米中対立」は必然なのか?
日本が緊縮財政を転換する最大の理由
[三橋TV第391回] 三橋貴明・高家望愛
https://youtu.be/x1BCeNGLe1o

財政破綻論は崩壊した 
苦境に陥った地方自治体を
救うのは「超」簡単だ
[三橋TV第392回] 三橋貴明・高家望愛
https://youtu.be/UwhBDNKF3ZM

就職氷河期世代の救済は
「公務員増強」以外にない!
[三橋TV第393回] 三橋貴明・高家望愛
https://youtu.be/ezUZkyRRkcc

特別コンテンツ、配信。

『南北戦争に隠された謎~アメリカが
人類史上最速で覇権国に成り上がった秘密』
https://youtu.be/o5iBmWMMAZs

◆三橋経済塾

5月15日(土) 
第五回講義(会場:札幌)を配信しました。
https://members10.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=1521
ゲスト講師は室伏謙一先生でした。
インターネット受講の皆様、
お待たせいたしました。

三橋経済塾第十期の入塾お申込は以下から。
https://members10.mitsuhashi-keizaijuku.jp/

◆チャンネルAJER 

【新番組】
「安藤裕と三橋貴明の日本経済論 第一話」
(前半)三橋貴明 AJER2020.5.5
https://youtu.be/MRWR7Deodgc

関連記事

政治

日本経済

【三橋貴明】大平正芳の呪縛

政治

日本経済

【施光恒】ヨーロッパ文明の死?

政治

日本経済

【柴山桂太】1937年との類似?

政治

日本経済

【佐藤健志】正義感と自己欺瞞

政治

日本経済

【藤井聡】「消費増税と緊縮」で日本経済は最悪「ミャンマー級」に凋落する

【三橋貴明】道義心に欠けるおぞましき自民党の緊縮派政治家たちへの4件のコメント

  1. 三橋さんはいつもやり方が逆 より

    「みなさまの左手に見えてまいりました、こちら自民池でございます。防共の砦として、また明日の日本を夢見る青雲の志を広く集め育んできた池でございます。絶滅危惧種の財出メダカが生息している池としても知られておりますが、周辺の霞が関や本郷、三田、都区外の国立などから散布される夥しい均衡主義、さらには数十年前からいまなお続く危険な外来種の流入によって池の汚染が年々深刻化、猛烈な勢いでその貴重な数を減らしているのでございます。自民池でございます。まもなくバスは三宅坂に入り警視庁永田庁舎前を通過いたしますが、こちらはかつて」

    この手の観光ガイドはもうじゅうぶん。

    西田や長尾、安藤、石川各氏の名を挙げて暗に推すのではなく、緊縮財政派の自民党議員名と選挙区名を片っ端から列挙しないと、見せかけの寝返りすら増やせないと思う。

    「前回の衆議院九州・沖縄選挙区に続いて今回は中国・四国選挙区の緊縮派の自民党議員のご紹介です」

    「緊縮派で大阪○区の自民党衆院議員○○先生、このたび財出派に転じて○○委員会で以下の行動を取られました。財出派に転じた動機については判り次第追ってお知らせします」

    既存の財出派に対するチェックも忘れずに。

    「財出派の○○先生、超緊縮で有名な○○先生の財政政策に期待し時期総理に推すとの応援コメントを自身のブログに掲載。どういった了見によるものなのか、ぜひ伺いたいところです」

    新聞と称するのならこのくらいは適宜書いてほしい。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. 通りすがり より

    若手アニメーターに、
    高度成長よ、もう一回、もう一回
    お立ち台、アンコール、アンコール
    財政出動詳細項目含めて
    つくってもらいましょう

    アニメオタクの麻生太郎に読んでもらう。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. 日本晴れ より

    今回の事で思ったのは自民党って特に平成以降は財務省に忖度する議員や財政再建を推進する議員の方が政治的権力がある出世できるんだって事が分かったと思います
    結局国の借金問題とか財政破綻問題は理論や事実じゃなくて政治的権力の駆け引きの問題で こっちが幾ら正論を言っても彼等に通じないのは そういう政治権力の土台が出来てしまってる
    これを崩さないとありもしない財政破綻論という妄想を崩すのは
    出来ないんだなと思いました

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  4. 大和魂 より

    そこは要するにに、菅義偉にしろ官邸の連中にしろ財務省の連中にしろ霞が関の役人連中にしろ松井一郎にしろ、チャンネル桜の代表にしろ高橋洋一にしろ大阪の間抜け弁護士にしろ、スキャンダルや知識に乏しく政党を変更する永田町の間抜け議員連中にしろ属国根性丸出しの日本会議の連中にしろ、各々の付き合いや保身のために国家観に欠けた醜い言論人等にしろ、私から観れば自身の存在を懸けるだけの苦悩や苦労から客観的に捉えるだけの度胸と謙虚な心が欠如しているか、単に他からお金を掴まされて虚心坦懐に行動に制限がかかり内々に中途半端に妥協して庶民の負担は増え続けているから自民党がアウトなんです。

    しかも一般的に、タレントやスポーツ関係者で政治家に転身するなら複雑な国際社会を認識するだけでも、十年近くは掛かりますから、その負担を現実には庶民が負っているわけで、それでも森下千里オシだから日本国民はコケにされているのです。

    ちなみに私も林先生くらいの国際社会の情報は、ぶっちゃけ認識していてアヘン戦争で暗躍していたサッスーン財閥とか、その関係者の元米国大統領一族や、その婚姻関係で近い関係の米国特史の方などの情報も知っているから米国の民主党と共和党の関係も【陰と陽の関係】に過ぎないのです。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】誤解を招く経済学の「式」表現

  2. 政治

    日本経済

    【施 光恒】東京五輪と「上級国民」

  3. コラム

    【平松禎史】「霧につつまれたハリネズミのつぶやき」第七...

  4. 政治

    日本経済

    【藤井聡】「ゼロコロナ病」が社会と経済を疲弊させ、挙げ...

  5. 政治

    日本経済

    【室伏謙一】身を切る改革派の伸長?―兵庫県知事選を考え...

  6. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】国土の均衡ある発展は絶対に正しい

  7. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】公的サービスの費用

  8. 政治

    日本経済

    【藤井聡】【木村もりよ医師の告発】TV局は楽屋裏で「こ...

  9. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】国民殺しの政権

  10. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】国際公約違反の東京五輪

MORE

タグクラウド