政治

日本経済

2021年1月18日

【三橋貴明】緊縮財政の転換なしに、コロナ禍の収束はない

【今週のNewsピックアップ】

菅政権のコロナ対策「紅衛兵方式」
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12650347570.html

菅内閣は、なぜ嘘をつくのか? 
グローバリズム政治の本質
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12650545395.html

MMT(現代貨幣論)を持ち出さずとも、
「表券主義」「国定信用貨幣論」は汎用的に正しい。

すなわち、「インフレ率が許す限り」において、
政府は「自らの負債」となる貨幣を発行し、
国民を救うことができるのです。

かつての「君主」は、金貨・銀貨などの
「貨幣」を支出し、人々を救うことができた。

(もちろん「戦争」のために
 支出するケースもありましたが)

現代においては、国債発行+財政支出。

「政府の国債発行+財政支出は、
 かつての国王・領主による金貨による支払いと同じ」

これは、単なる事実です。

何しろ、双方ともに、
「通貨発行権を持つ「権力」」による、
 共同体構成員(国民・領民など)への貨幣の供給」

「国債発行+財政支出も、金貨による支出も
 、共にバランスシート(以下、BS)の
 貸方で負債「のみ」を増やす」

「結果、BSの純負債が増えるが、
 反対側で国民・領民の純資産が同額、増える」

「政府も国王・領主も、自らのBSの貸方に
 負債計上された国債や金貨について、
 返済・利払いの必要はない」
のでございます。

「国債は償還や利払いが必要だ」と、
反論したくなったかも知れませんが、
「日銀が国債を買い取れば終わり」です。

国債発行+財政支出は、
金貨による支出と同じく、
「返済が不要な政府による貨幣発行」なのです。

同時に現代も中世も、あるいはそれ以前も、
権力による支出の制約は「インフレ率」のみ。

現在の日本はデフレです。

いや、インフレであったとしても、
日本政府は国債を発行し、
財政支出により国民を救わなければならない。

医療サービスを強化し、
所得激減(あるいは消滅)に苦しむ国民を救済し、
感染症を収束させることができる。

それが「国家の権力」なのです。

権力は、共同体(例えば「国家」)に
属する人々のために振るわれることで、
正当化されます。

ところが、菅内閣は誤った貨幣観に支配され、
財務省が主導する緊縮財政を転換できず、
国民を見捨てている。

もっとも、完全に国民を見捨ててしまうと、
国民主権国家の政治家は「選挙」で
落選するという憂き目に会う。

だからこそ、
「緊縮財政+自粛要請+自粛警察」
という感染症対策にならざるを得ない。

緊縮財政さえ転換できれば、
「自粛強化+全面的な補償」により
コロナ化を収束させることができます。

逆にいえば、緊縮財政が続く限り、
コロナ禍は終わらない。

緊縮財政の転換なしに、
コロナ禍の収束はない。

この現実を、早急に国民が
共有する必要があるのです。

◆「日本をダメにした財務省と
 経団連の欺瞞(小学館)」が刊行になりました。
 https://amzn.to/38q1LPW

◆「自民党の消滅(ベストセラーズ)」
 (書籍版)が刊行になりました。
 https://amzn.to/3dEIFqS

◆週刊実話 連載
 「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」 
 第401回 国民に国民を攻撃させる!?

◆メルマガ 週刊三橋貴明 Vol608 汎用的貨幣理論
 http://www.mag2.com/m/P0007991.html
 
 MMT(現代貨幣理論)が説く「信用貨幣論」
 「表券主義」「国定貨幣論」「租税貨幣論」は、
 実は「現代」でなくても汎用的に成立します。

 汎用的貨幣理論に「銀行制度」などが加わると、
 MMTになるわけですね。

◆メディア出演

 三橋TV、続々公開中です。

 表券主義 三百年前の偉大なる
 先人「荻原重秀」に学ぼう
  [三橋TV第337回] 三橋貴明・高家望愛
 https://youtu.be/m77hKh4Un9o

 攻撃すべきは「補給は寄越さず
 背後に敵軍を誘導する菅内閣」だ!
  [三橋TV第338回] 三橋貴明・高家望愛
 https://youtu.be/K5C9F-QD_A0

 共同体を断ち切るコロナ禍 
 我々はどう立ち向かうべきなのか?
  [三橋TV第339回] 三橋貴明・高家望愛
 https://youtu.be/ntwV9-cHHio

 特別コンテンツ、配信。

 菅政権が猛プッシュ?
 銀行法改正の闇 ウラの思惑、全て暴露します(室伏謙一)
 https://youtu.be/I3Ce6_uDsS4

 藤井聡教授の提言
 政府が47都道府県を救うウラ技
 地方債の日銀引受と地方交付税交付金の増額(室伏謙一)
 https://youtu.be/A4kn6_dBALY

 1月18日(月)、
 チャンネル桜「Front Japan 桜」に出演します。

 【Front Japan 桜-令和3年1月18日号】
 https://youtu.be/fVzRuLCfwqE

◆三橋経済塾

 1月16日(土) 
 三橋経済塾第十期第一回対面講義が開催されました。
 https://members10.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=1399

 ゲスト講師は京都大学大学院教授、
 藤井聡先生。

 インターネット受講の方は、
 一週間ほどお待ちください。

 三橋経済塾第十期の入塾お申込は以下から。
 https://members10.mitsuhashi-keizaijuku.jp/

◆チャンネルAJER 
 今週の更新はありません。【近況】

関連記事

政治

日本経済

【小浜逸郎】コロナ全体主義をいつまで続ける気か

政治

日本経済

【室伏謙一】ショックドクトリンによる日本改造、破壊が止まらない

政治

日本経済

【小浜逸郎】コロナ騒ぎで頭の病が悪化したインテリ愚民たち(その1)

政治

日本経済

【小浜逸郎】女帝・小池百合子のあくなき野望

政治

日本経済

【三橋貴明】繰り返される異様な政策と認識共同体

【三橋貴明】緊縮財政の転換なしに、コロナ禍の収束はないへの2件のコメント

  1. 通りすがり より

    ネズコ型の竹マスクなしに
    コロナ禍の収束はない

    愛なしに
    コロナ禍の収束はない

    きれいな空気なしに
    コロナ禍の収束はない

    、、、、なしに
    コロナ禍の収束はない

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. うかた より

    規制に巻き込まれてブログに書き込めないので
    ここに書く
    日本の予算は社会保障費は増えていて、他を削っています。
    社会保障費の扱い方次第で緊縮財政に見えなくすることも可能だった気がします
    コメントのやり取りで社会保障費について気が付かないのか少し残念です

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

最新記事

  1. 政治

    日本経済

    【小浜逸郎】厚労省よ、民衆の生の声を聞け!

  2. 政治

    日本経済

    【藤井聡】積極財政派への転換を果たした立憲民主党。自民...

  3. 日本経済

    【三橋貴明】「財政が~」の縛りから脱却せよ!

  4. 日本経済

    【三橋貴明】シンガーsayaの3分間エコノミクス

  5. 政治

    日本経済

    【藤井聡】日本再生のためには『プライマリーバランス規律...

  6. 政治

    日本経済

    【藤井聡】政治家・河野太郎氏を客観的に評価する:緊縮・...

  7. 政治

    日本経済

    【室伏謙一】自民党総裁選―大手メディアの「河野推し」に...

  8. 日本経済

    【三橋貴明】日本の潜在成長率を高める第一歩

  9. 日本経済

    【三橋貴明】「財政出動への競争」への王道

  10. コラム

    【竹村公太郎】江戸湾、東京湾の謎―利根川の地下水の奇跡...

MORE

タグクラウド