日本経済

2020年3月2日

【三橋貴明】店じまい国家の断末魔

From 三橋貴明

【今週のNewsピックアップ】

店じまい国家の成れの果て
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12578317719.html
安倍政権の朝令暮改と臨終
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12578536890.html

グローバリズムのトリニティ
(緊縮財政、規制緩和、自由貿易)を
究極まで推し進め、政府を限りなく
「小さく」することを「国家の店じまい」
と呼んでいます。

元々、「国家の店じまい」とは、
佐藤健志先生が紹介された、
達増拓也岩手県知事のツイートが元ネタです。

達増拓也 TASSO 幸福を守り育てる希望郷いわて
@tassotakuya 2016年3月24日

経済は市場にまかせ、民生は地方にまかせ、
国家が店じまいするように、人口減少で
地方が末端から消滅するのが必然とばかり、
大震災を奇貨として地方消滅の加速を図ろう
というのは良くない。
https://twitter.com/tassotakuya/status/712980527293140992

達増知事は地方交付税交付金などを減らし、
地方の衰退を加速している安倍政権について
「国家が店じまいするように」と表現されて
いますが、国家の店じまいは地方行政に
限りません。

そもそも、グローバリズムという
「小さな政府」を目指す政策は、
国家の店じまいなのです。

国家の店じまいは、様々な分野に
及んでいますが、今回の
COVID-19感染症の襲来で明らかに
なったのは、日本国民の公衆衛生、
健康促進が役割の厚生労働省、医療サービス
までもが、国家の店じまいを進めていた
という衝撃的な事実になります。

【日本国内の保健所数(合計)】

http://mtdata.jp/data_68.html#hokenjo

【日本の病院病床数の推移】

http://mtdata.jp/data_68.html#bed

日本政府は(第二次安倍政権発足前から)
全国の保健所を次々に閉鎖していきました。
さらに、病院の病床数も削減。

安倍総理大臣は2019年10月28日、
経済財政諮問会議において、

「持続可能な地域医療体制を構築するため」

とのお題目で、病院の統廃合(=削減)や
「過剰な」ベッド数の削減などを進めるよう
関係閣僚に指示しています。
ただでさえ減っている病床数を、
さらに減らせ、と。

もっとも、何しろ日本政府の政策の
コンセプトは「国家の店じまい」で
ございますので、非常事態に国民を救う
可能性がある医療サービスなど「ムダ」
という話でございますよ。

閉店作業中の店舗が、
客からの要望を受けますか?
新たな仕入れや什器のために支出しますか。
するわけないでしょ。

というわけで、特に「非常事態への備え」を
中心にカットし、国家の店じまいを続けてきた
日本政府が、実際に非常事態が到来した途端に
大混乱に陥っています。

安倍政権は、間もなく終幕です。

問題は、むしろ「安倍政権の後」になります。
何しろ、グローバリズムのトリニティ、
国家の店じまいが続く限り、誰が政権を
担おうとも、我々国民の「豊かで安全な生活」は
実現しないのです。

というわけで、日本国民は現在の非常事態が
「なぜ、ここまで深刻化したのか?」について
理由を正しく知らなければなりません。
そもそも、国家の店じまい、
小さな政府化という日本政府の
グローバリズム推進は、初めから非常事態に
対応不可能なのです。

その上で、次の政権において、
グローバリズム路線を「ピボット(転換)」
させる。小手先の変更ではダメです。
政権の基本コンセプトからのピボットが
必要なのです。

すなわち、令和の政策ピボットです。

令和の政策ピボットを実現するためには、
現在の日本の絶望、店じまい国家の断末魔を
しっかりと見届ける必要があります。
少なくとも日本において、
希望は絶望の先にしかないのです。

◆週刊実話 連載「三橋貴明の
『マスコミに騙されるな!』」 
第359回 壮絶!アベ・ショック!
なお、週刊実話の連載は、以下で
(二週遅れで)お読み頂くことが可能です。
http://wjn.jp/article/category/4/

◆メルマガ 週刊三橋貴明
Vol562 国債償還による貨幣消滅
http://www.mag2.com/m/P0007991.html
国債を発行し、政府が支出すると国民の貨幣
(普通は銀行預金)が増えます。
逆に、国債を償還(返済)すると、
本当に我々の預金が消えるのです。
バランスシートで証明してみました。

◆メディア出演

三橋TV 続々とアップされています。

三橋TV第201回
【「家計簿にたとえると~」に
 対抗可能な子供国債券】
https://youtu.be/LQxin53cxUw
三橋TV第202回
【浜崎洋介先生登場!
 元祖「安倍晋三『器』論」の恐怖】
https://youtu.be/_TonqeS3r0s
三橋TV第203回
【「戦後レジーム脱却」という
 総理のポジショントーク】
https://youtu.be/ftg7BRfsLfo

2月28日(金) チャンネル桜
「Front Japan 桜」に出演しました。
【Front Japan】店じまい国家のなれの果て
/ 遅すぎた日本の対応と中国経済の行方
[桜R2/2/28] https://youtu.be/2Ppdb8jqb0E

3月2日(月) チャンネル桜
「Front Japan 桜」に出演します。
http://www.ch-sakura.jp/programs/program-info.html?id=1651

◆三橋経済塾

2月15日(土)三橋経済塾第九期
第二回対面講義が開催されました。
https://members9.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=1007
ゲスト講師は藤井聡先生でした。
インターネット受講の皆様、
お待たせいたしました。

◆チャンネルAJER 
『数字から分かるアベノショック(前半)』
三橋貴明 AJER2020.2.25
https://youtu.be/LHniTtqKpmY

関連記事

日本経済

【三橋貴明】安倍"移民受入"内閣

日本経済

【施光恒】国民経済を重視したエコノミストの迫力

日本経済

【島倉原】国民を不幸にするPFI法改正

日本経済

【三橋貴明】ナヴァロ・ドクトリン

日本経済

【施 光恒】「脱グローバル化」時代の秩序構想を!

【三橋貴明】店じまい国家の断末魔への4件のコメント

  1. 赤城 より

    >安倍政権は、間もなく終幕です。

    もうほんとに長すぎましたが今すぐ退陣させることもまだできないのではと
    今必死にネットの安倍工作員が情報工作しまくってますし、
    終わりが見えているのははっきりしているんですが、
    東日本大震災当時の民主菅政権の時と同じように、
    緊急事態で辞めさせることもできないような状況であるように思います。
    1秒たりとも早く終わってほしいし、安倍が長くやればやるほどにとてつもない売国政策をやってしまう恐ろしさがある。
    レームダックになり果てて何もできないことが確定しているならば延長でも良いとは思うが、もうこれまでの実績が怖くて。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. 大和魂 より

    我が国に於いての奴隷プロパガンダ機関こそ、Yグループなんです。それと歩調を合わせているのが財務省ですから。と言うことは、高学歴だけ金だけ自分だけが成立するわけですね。それで後は知らんぷりですから少子化も当然の成り行きなんです。天晴れ財務省!大日本帝国万歳!でお解り頂けたと思います。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. 斑存・不苦労 より

    >持続可能な○○体制を構築するため

     どんなそんなあんなこんな体制を持続可能にする為には、
    どんなそんなあんなこんな状況が来るとしても、基本にはインフレーション(ワイルドではない、マイルドな貨幣価値下落)を構築した上でしか有り得ない。

     リーマン・ショック級の意味にタックス・ショックを含める考えの無いと思われる日本の(オールとは言わない)限りなくほぼ全員に近い政治家はいい加減(消費税制等に)自信過剰をやめて自己否定過剰に成っても良いと思わざるを得ない。

     有り得ない言葉かり10年に渡って書いてきてしまった。まったくなんの効果もありゃしねぇ。一体全体本当に時間と言うものは未来へ進んでいるのか?
    本当は時間なんて概念は進んではいなくて、物質や細胞の劣化、老化を観ることで時間が進んでいると錯覚しているだけのような気がしてならない。

     とうとう自分の頭も劣化と老化が進んでしまい手の付けられない域にまで達して来てしまった。日本政府様のお陰です。これからも茶番劇で国民を楽しませてください。
    なーんて思うわけ有り得やしないわいな。頭に電極を差し込んで今の思考回路を早く治せっちゅうんじゃ!
    このっ!おたんこなすっ与野党!

     失礼しました。と添えますが本意ではあらへん。不本意でっせっ!

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

      1. 同一人物 より

         国会での麻生大臣が目をつぶって椅子に深く座っている姿を見ると、
        すべて逆(ギャグ)政策が間違っていることは認識しているものの、
        今のところはとりあえず諦めている雰囲気のような気がしてなりません。

        だってこのままじゃ筑豊は救われませんし。

        返信

        コメントに返信する

        メールアドレスが公開されることはありません。
        * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント



メルマガ会員登録はこちら

最新記事

  1. コラム

    【竹村公太郎】インフラを守るソフトー江戸を守った江戸市...

  2. 日本経済

    【藤井聡】日本を守るためにも是非『コロナから「日常」を...

  3. 日本経済

    【室伏謙一】日本否定の元凶は何だろう?

  4. 政治

    【三橋貴明】苛烈なり!第二次世界恐慌

  5. 政治

    【三橋貴明】「理念なきバラマキ」とは何なのか?

  6. 政治

    【施 光恒】意地でも続ける?「観光立国」と「クルーズ船...

  7. 日本経済

    【藤井聡】『こんなにヤバいコロナ大不況~消費税凍結とM...

  8. 政治

    【三橋貴明】人類が悪夢の未来を回避するために

  9. 歴史

    【三橋貴明】イギリスのブレグジットと「歴史」

  10. コラム

    【平松禎史】「霧につつまれたハリネズミのつぶやき」第七...

MORE

タグクラウド