政治

日本経済

2018年12月23日

【三橋貴明】グローバリズムの欺瞞

From三橋貴明

 

【近況】

三橋経済塾第八期、申込受付開始になりました!
http://members8.mitsuhashi-keizaijuku.jp/

三橋TV、続々とアップされています。

三橋TV第30回【グローバリズムのトリニティ】
https://youtu.be/geE6QuAWc3w
三橋TV第31回【水を売った日本政府】
https://youtu.be/K_iUZRaicDA
三橋TV第32回【日本で最も重要な職業とは?】
https://youtu.be/0mq1Ga0MOc4

アメリカ産の小麦は刈る際に
ラウンドアップをぶっかけているという話を聞き、

赤ちゃんに何を食べさせたら良いのか
悩んでいるという話をしたところ、

講演先の清里町農協さまが小麦粉を送って下さいました。
ありがとうございます!

日本政府はアメリカの言うがままに、
食の安全基準を「規制緩和」していっています。
つまりは基準値を引き上げているのです。

ラウンドアップの主成分は、
発癌性の疑い濃厚で、

かつ妊娠期間短縮や精子減少といった
人体への悪影響があると言われているグリホサートです。

昨年12月、
厚生労働省はグリホサートの残留基準値について、

小麦はそれまでの六倍、
ライ麦やソバが150倍!
ヒマワリの種子は400倍!!!
に引き上げています。

モンサント(現バイエル)のビジネスと
「日本国民の安全」をバーターしたとしか思えません。

「モノの国境を越えた移動の自由」を妨げない、
グローバリズム万歳!という話なのでしょうか。

モノの自由といえば、
日本政府が中国通信機器大手の
ファーウェイとZTEの製品の排除を決定しました。

それ自体は、三橋が、
「帝国対民主国家の最終戦争が始まる」
https://amzn.to/2BvUdLe

で「さっさとやるべき」と主張していた政策で、
まことに結構でございます。

といいますか、日本政府は
ファーウェイ、ZTEの排除は当然として、

さらに「中国への投資制限」
「中国との交易制限」に踏み切らなければなりません。

それはともかく、改めて考えてみると、

日本政府がファーウエィの機器を排除するというのは、
「モノの国境を越えた移動の自由」に反しています。
つまりは、反グローバリズム政策です。

中国共産党支配下のファーウェイの
「移動の自由」を止めるのは当然ですが、
グローバリズムとの整合性は成立しなくなります。

何を言いたいのかといえば、
「国民の安全や健康を守る」
「国家の安全保障を維持する」ために、

グリホサートを使用した農産物や、
オーウェリアン化している国の製品を排除するのは、
国民国家として「善である」という話です。

とはいえ、もちろんグローバリズムには反します。

竹中平蔵氏は、以前、三橋に
「三橋さん、TPPは自由貿易です。自由だからやるんです」と啖呵を切りましたが、

竹中氏は、
「日本国家の安全保障が脅かされても、
ファーウェイの機器の導入を妨げてはならない。

日本国民の安全や健康が壊されたとしても、
モンサントのグリホサートをぶっかけた小麦の輸入を制限してはならない」

と、主張されるのでしょうか。もちろん、無理でしょう。

要は、「グローバリズムは善である」
というドグマが、いかに現実を無視しており、
欺瞞に満ちているかというお話。

◆時局 2019年 01 月号 に
連載「三橋貴明の経世論
第22回 銀行預金の真実」が掲載されました。
https://amzn.to/2QtQVCC

◆週刊実話 連載
「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」
第301回 欧州の姿から見える日本の未来
なお、週刊実話の連載は、以下で(二週遅れで)お読み頂くことが可能です。
http://wjn.jp/article/category/4/

◆メルマガ 週刊三橋貴明 Vol500 唯物史観(中編)
http://www.mag2.com/m/P0007991.html

マルクスの唯物史観に基づく
経済発展段階説「原始共産社会⇒封建制・専制君主制⇒資本主義社会⇒共産主義社会」は、
なぜ間違えたのか。

「間違えたマルクス」を理解することで、
今後の日本国が進むべき道が見えてくるのです。

◆メディア出演

12月28日(金)11:00~14:15
チャンネル桜生放送「今年の三大ニュース」に出演します。
http://www.ch-sakura.jp/programs.html

◆三橋経済塾

三橋経済塾第八期、申込受付開始になりました!
http://members8.mitsuhashi-keizaijuku.jp/
皆様、是非とも来期もご入塾くださいませ!

平成30年12月15日
三橋経済塾第七期 第十二回対面講義を開催しました。
http://members7.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?page_id=8
インターネット受講の皆さまはしばらくお待ちください。

◆チャンネルAJER

今週の更新はありません

関連記事

政治

日本経済

【三橋貴明】国民の統合を破壊されるドイツ

政治

日本経済

【三橋貴明】ベーシックインカム

政治

日本経済

【三橋貴明】抽象的移民受入論を打破せよ!

政治

日本経済

【小浜逸郎】冷房装置代ケチって亡国へ

政治

日本経済

【三橋貴明】全道ブラックアウトと発送電分離

【三橋貴明】グローバリズムの欺瞞への1件のコメント

  1. たかゆき より

    善 と 自由

    こういう お話しは だいすき
    はて さて 善と自由 
    上位は どちら、、それとも 同位

    あるいは まったく 次元の異なる概念か

    自由は善と 仰る アホ(失礼)は まず
    同じ 次元の 概念と
    認識なさって いる のか しらん。。

    次元の異なる お話しということで
    いきなり 飛んで 電力

    太陽光やら風力のような 屁みたいな
    ピーク電源が 原子力やら石炭のような
    ベースロード電源に
    なりうるかのごとく

    宣伝なさる 方々

    自死をなさるなら なんの お邪魔も致しません
    が、、
    小生を 道連れには なさらないで ください
    ませ ♪

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】ケルトン教授来日! そのお気持ちに応えるためにも「...

  2. 2

    2

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

  3. 3

    3

    【三橋貴明】MMTが提供してくれる「正確な理解」

  4. 4

    4

    【三橋貴明】MMT週間が始まる

  5. 5

    5

    【三橋貴明】ケルトン教授の「おカネのプール論」

  6. 6

    6

    【藤井聡】「プライマリー・バランス目標は国際公約だから撤廃で...

  7. 7

    7

    【藤井聡】政府与党の「増税」断行で、日本の「先進国からの脱落...

  8. 8

    8

    【三橋貴明】ステファニー・ケルトン教授の出演

  9. 9

    9

    【三橋貴明】数字は残酷で素晴らしい

  10. 10

    10

    【saya】TBS〝音楽の日〟〜歌は世につれ、世は歌につれ〜

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】ケルトン教授来日! そのお気持ちに応えるためにも「...

  2. 2

    2

    【藤井聡】政府与党の「増税」断行で、日本の「先進国からの脱落...

  3. 3

    3

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

  4. 4

    4

    【藤井聡】「事を荒立てず、仲良くしようとする」だけの、情けな...

  5. 5

    5

    【三橋貴明】ステファニー・ケルトン教授の出演

MORE

最新記事

  1. 政治

    【室伏謙一】「大きな政府」はダメで、「小さな政府」を目...

  2. 日本経済

    【三橋貴明】MMTが提供してくれる「正確な理解」

  3. 日本経済

    【三橋貴明】ケルトン教授の「おカネのプール論」

  4. 日本経済

    【藤井聡】ケルトン教授来日! そのお気持ちに応えるため...

  5. 未分類

    【saya】TBS〝音楽の日〟〜歌は世につれ、世は歌に...

  6. 日本経済

    【三橋貴明】数字は残酷で素晴らしい

  7. 日本経済

    【三橋貴明】MMT週間が始まる

  8. 未分類

    【竹村公太郎】不思議な日本共同体(その3)情報共有の日...

  9. 政治

    【小浜逸郎】熊さん、増税に大いに憤慨

  10. 日本経済

    【藤井聡】政府与党の「増税」断行で、日本の「先進国から...

MORE

タグクラウド